沼原から南月山周回

9月8日(月)
行程の終わりに寄った沼原湿原からの白笹山です。
奥に南月山の長い稜線が見えます。
f0003138_9584268.jpg


天気予報は北のほうがよかったのですが、どうにも南を目指してみたくなりました。
最近、有料だった那須甲子道路が9月1日から無料になったニュースや
工事中が永遠に終わらないように思えた甲子トンネルがいよいよ21日から
使えるようになることなど、東北と関東の堺あたりの話題を耳にすることが多くて
予定箱にいれたままだった南月山を思い出したのでした。

高速を145キロ走って白河ICで下り、そこからは一般道を約40キロ走って
沼原調整池そばの駐車場に6時半頃着きました。
朝ごはんを食べて日焼け止めをし、到着から30分後に歩き出そうとしたら
霧雨が降り始めました。
ドライブ途中に眺めた那須山は中腹に掛っていた雲がしばらくのちには山頂に移動し
かと思うとまた下がったりしてやきもきしましたが、沼原まで下りてきたようです。
標高が1270mほどあるので外でじっとしているとひやっと感じますが
雨具を取り出すまででもないようなので薄着のまま歩きだすことにしました。
登りに転じると湿度のせいかやはり汗は結構出てくるのでした。

ところどころで沼原の調整池と湿原を見下ろしながら白笹山に登ります。
調整池のそばの山は標高1410.1mの西ボッチ山のようです。
f0003138_1014341.jpg

白笹山への登りは地図では急に見えましたが、ジグザグに道が切ってあるので
それほど辛いものではありませんでした。
展望のきかない通過点のような白笹山の山頂を過ぎると南月山が見えてきました。
こちらの斜面のほうが笹が白っぽく輝いて白笹山のようにもみえます。
奥に茶臼岳もみえてきました。
f0003138_1021536.jpg

歩き出してから2時間ほどで南月山の山頂に着きました。
吹きわたる風に冷たさが感じられウィンドブレーカーが必要になってきました。
ここからは茶臼岳方面に向かって進みます。
途中南月山を振り返ります。右手は白笹山です。
f0003138_10475582.jpg

茶臼岳を眺めながら進みます。
f0003138_1050675.jpg

牛ヶ首からロープウエーへの巻道をしばらく進み茶臼岳を目指すつもり
でしたが、途中で気が変って(早起きで疲れが出てしまった、沼原湿原を
ゆっくり見るほうがいいと思った)引き返してしまいました。
牛ヶ首からは三斗小屋の道標に従って(としか書いてなくて沼原の字が現れる
のは三斗小屋への分岐のあたりから)姥ヶ平へ下ります。

紅葉時期の姥ヶ平から茶臼岳は写真などでおなじみの紅葉スポットのようです。
写真のようなテーブルと椅子が3~4か所あり、広々とした気持ちのよい場所でした。
f0003138_113628.jpg

そこからわずかでめだま沼(名前がちょっとあやふやになってしまいました)
への分岐があり寄ってみましたが、小さい沼で樹木が邪魔をして沼の水面はあまり見えませんでした。

三斗小屋との分岐を過ぎるころから樹木の背丈も高くなり心地よい樹林帯の
下りとなりました。
f0003138_11131811.jpg

山歩きの締めくくりに沼原湿原に寄ってみました。
朝には雲に隠れていた大倉山から流石山がすっきりとした姿を現していました。
f0003138_11163251.jpg

湿原ではリンドウやトリカブトが多く見られましたが、今回の一番のお目当ては
サワギキョウでした。もう終わりがけでしたが、数はうれしいくらいたくさんありました。
でも写真にうまく取り入れることができませんでした。
アップにしてもとらえどころのない花ですね。
f0003138_11185039.jpg


約13キロ。沼原湿原までは約6時間の歩きでした。

f0003138_11445894.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-09-12 11:39 | 関東・山と旅
<< 旗坂から船形山周回 蔵王今日の夕焼け >>