2014.2.26三本槍岳

おととい安達太良山を歩いたばかりですが、休みで穏やかな晴天
となれば疲れは吹き飛んでお出かけです。

三本槍岳を目指すことにしました。
この山もスキー場のゴンドラを利用すれば冬でも難しいこともなく2時間半くらいで登れる山
のはず、です。
アクセスもよいですね。白河ICから一般道を20キロも走らないで駐車場到着です。
リフト運行は8時半からなのでそのへんを目指して出かけました。
ゴンドラは1回1350円とHPに書いてあったので、往復なら2700円?往復割引とか
ないのかな?と思ってたのでしたが、1350円で往復でした。
「往復」と書いてある切符を係りの人が返してくれないので、下りは?と聞いたら
「券なしで乗れます」とのことでした。
得した気分になったので帰りは食堂でなんか食べて帰ろうかな、と思ったのでしたが
やっぱり億劫になったし、お腹がいっぱいになったら居眠り運転しそうな気もしたので
やめたのでした。

楽ちんゴンドラに乗り込んで降りた山頂は標高1417m。なのに歩いたら汗が出そうに暖かい
お天気。ジャケットを脱いでちょうどよいくらいでした。

スキー場の滑走コース区域外とテープの張ってある所から先も広い道のようにならしてある
ところを進みました。以前あったリフトトップを過ぎると展望台がありました。ここまでは
来れるようなはからいなのですね。
f0003138_16283476.jpg

ミズナラ、ブナ、シロヤシオ、ナナカマドのあるだらだらした林間を進み抜けるとあとは
展望ほしいままの登りです。
左朝日岳から右これから進む1880mピークまで。
TSLらしきスノーシューの足跡があったので誰か先行しているなとは思っていたのですが、この人
だったようです。途中広い斜面の急なところで追い越しましたが、三本槍岳までは来ないで
引き返したようです。
このへんから風が出て少し寒くなってきたのでジャケットを着て進みました。
f0003138_16295311.jpg

熊見曽根付近の1900mピークと朝日岳が双耳峰のように並びます。朝日岳の奥に
ちょっとだけ茶臼岳が頭をのぞかしていました。
f0003138_16383799.jpg

「清水平ー赤面山」の標識のところ。
右1880mピークと左奥の三本槍岳が見えてきました。
ところどころ地面がむき出しになってきたのでスノーシューを外して歩きました。
f0003138_16391424.jpg

ピラミッド形のかっこいい旭岳。右手奥に大白森山から小白森山の連なり。
奥にところどころ白く見えるのはほかの人のHPを見てみたら右手中規模の連なりが
安達太良山や吾妻で真ん中の尖がったのが磐梯山、左手に長く伸びているのは
飯豊連峰だそうな。
f0003138_1648191.jpg

北温泉分岐に着きました。ここからみる朝日岳はマッターホルンみたい。
f0003138_16481195.jpg

三本槍岳。すぐそこ、に見えました。
f0003138_16554556.jpg

すぐそこ、で三本槍山頂到着です。
朝日岳が1900mピークにかくれわずかばかり頭をのぞかせています。
ボリュームのある茶臼岳の右、南月山が繊細な姿を見せました。
f0003138_16562540.jpg

ふたたび登場ですが、こちらの旭岳は相変わらずの存在感です。
f0003138_1715898.jpg

なぜかそそられるものがある流石山~大倉山~三倉山。
大倉山奥の白いのは会津駒ヶ岳なそうな。
左手前は男鹿岳かな。
f0003138_1735050.jpg

タイマーで撮ってみました。
こんにちは~。
f0003138_1773411.jpg

ゆっくりしたいところですが、紫外線が怖いのですぐに戻りにかかります。
1880mピークの鞍部に向かって下ります。
f0003138_179171.jpg

スダレ山の標識付近。正面は鬼面山。
f0003138_17103526.jpg

左手に見ながら下る赤面山。この山は来年かな。
f0003138_1712387.jpg

スキー場のある中の大倉山に向かって。
下りも地面むき出しのところでスノーシューを外したのですが、
つけるのが面倒でしばらく壺で通しました。
どぼっどぼっと何度かはまり、腰に来てしまいました。
f0003138_17264450.jpg

スキー場まで戻り、ゴンドラ駅近くの茶臼展望台でお山を眺めました。
茶臼岳~朝日岳~右1880mピーク。
1880mピーク=スダレ山でいいのでしょうか?と疑問に思いながら。
f0003138_17333067.jpg

9キロ弱の4時間でした。
f0003138_17512714.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2014-02-27 17:51 | 関東・山と旅
<< 2014・3・17不忘山 2014.2.24安達太良山 >>