2013.6.2階上岳

折爪岳から眺めた階上岳(左)ですが名峰という名にふさわしい山容をしていますね。
f0003138_11455139.jpg

ずっと上の大開平まで車道が通じ、そこからは山頂まで15分で登れるほど便利な
山ではありますが、樹木と林床の下草が美しい、癒される空間の広がる山でもありました。
なかでもシラネアオイの大群生にはただただ感激でした。
f0003138_1157962.jpg

あちらもこちらも。
亘理人さんもお花畑にすっかりとけこんでしまいました。
f0003138_1310955.jpg

フォレストピア階上では6月1日2日お祭りがあるということで交通整理が行われていました。
山開き行事?と思ったらそうではなくて物産展だったようです。

フォレストピア階上から歩き出している人を車で追い越ししるし平に車を停めて歩き出しました。
(写真は帰りに撮ったものです)
f0003138_126255.jpg

つくし森はあとで寄ることにして、まっすぐ登るコースを進みました。
杉林の中に白いエンレイソウが咲いていました。
f0003138_12113366.jpg

広葉樹の森に代わると
クルマバソウが一面のところや
f0003138_12114318.jpg

マイヅルソウが一面のところ
f0003138_12123159.jpg

花はないけど、トリカブトやエンレイソウ、フキがまとまって見られるところも出てきました。
緩やかな傾斜には幾本も道が付けられてどれをとったらよいのか迷いますが、どこを
すすんでも気持ちのよい道でした。

エゾノコリンゴかな。普段みなれない花をみるとうれしい。
f0003138_12181729.jpg

山頂の鳥居が見えてきました。
f0003138_12212639.jpg

太平洋と八戸市街を見下ろします。
f0003138_12244421.jpg

南にある南岳まで足を延ばしてみることにし龍神水、田代口コース方面へ進みます。
最初の分岐右は「田代口コース」と書いてあったので左へ入ったら種市町へ下るコースだったようです。
f0003138_12325634.jpg

途中軌道修正して南岳へ向かう道に合流しました。
f0003138_12332263.jpg

南岳は独立した山というよりは階上岳のだだっ広い山上台地の南端っていう感じです。
ヤマツツジはほとんど蕾ですが、彩を添えていました。
昨日歩いた山上が長い折爪岳(左)と尖がった名久井岳が見えています。
f0003138_12364996.jpg

手前に久慈平岳を見ます。奥の北上高地方面はぼんやりしています。
f0003138_1241428.jpg

暖かい日差しを浴びながらお昼を食べて戻りました。

龍神水に寄って水を飲もうとしたら「飲料水ではありません」と書いてあったのでやめました。
でも途中の急坂ですれ違った人によると毎月水質検査をしていて飲める水とのことでした。
f0003138_12445599.jpg

階上岳山頂には大勢の人が登ってきていました。
f0003138_12472934.jpg

途中ルイヨウボタンを見
f0003138_12475361.jpg

シラカバ林を通り
f0003138_12493927.jpg

トクサを懐かしみ
f0003138_12493739.jpg

つくし森の神社でお参りをして
f0003138_1250617.jpg

下山しました。
f0003138_12521321.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-06-05 12:57 | 青森県
<< 2013.6.10八方台から厩岳山 2013.6.2せっかくだから... >>