2013.4.27連れられて。山王森~ツクシ森~八ツ森縦走

昭文社で出している「山と高原地図」の1998年版「栗駒・早池峰」では営林署が毎年
手入れをしているということで赤の実線で登山道が入っていた、高剥向から山王森~
ツクシ森~荒雄岳のコースは、そのあと放置され藪が濃くなったと聞いていました。
そのコースを歩くから一緒にどうかと声が掛ったら、もちろん二つ返事で「行く!行く!」
です。
複雑で難しいコースは、何度か歩いたことのあるSONEさんの案内で、
『迷う心配のない安心お任せコース』になりました。
ご一緒させていただいたマスさん、morinoさんマロさん、楽しい一日をありがとうございました。

待ち合わせの「あ・ら・伊達な道の駅」ではまだ雨が降っていませんでしたが、オニコウベに
進むにつれぽつぽつの間隔が狭まってきました。
もしかしたらもっと簡単な山に変わるのかな?なんて考えながら車を走らせましたが
もちろんそんなことはなかったようです。

雨具をつけて歩き出しました。
民家の敷地内を声をかけて通過させていただきました。
おー、これはすごい!力の出そうなものが畑いっぱいに植えられていました。
f0003138_1130418.jpg

しばらく沢沿いを進みますが、なにやらみなさん探し物?
f0003138_11304919.jpg

私はミチノクエンゴサクを見つけました。
f0003138_11311382.jpg

奥に見えるのは山王森かな。
f0003138_11313285.jpg

大きな株立ちのカツラを通り
f0003138_11322941.jpg

少ししてから右手の斜面に取りつきました。
f0003138_11333558.jpg

山王森の西側の尾根が見えてきました。
f0003138_11335541.jpg

西北に開けた展望の先で目立っているのは片倉森ですって。
f0003138_11352296.jpg

やせた尾根を登って行きます。
f0003138_1136493.jpg

今回のコースはずーっとイワウチワが群生していて踏まずに歩くのが大変でした。
f0003138_11372711.jpg
f0003138_11374014.jpg

急斜面の巻き道や急斜面の直登で山王森に到着です。
石碑のピーク。
f0003138_1153660.jpg

休憩場所を探しに行ったSONEさんの右奥の高見が三角点のあるピーク。
f0003138_11543499.jpg

山王森から先の一番藪の濃い所は雪堤が残っていて快適に歩くことができました。
f0003138_11555054.jpg

そのあと雪が消えたところを歩くようになりました。ツクシ森と右手に荒雄岳を見ながら。
f0003138_12124247.jpg

夢中で歩いていたら、(北側)展望あるよ、と後ろから余裕のマロさんの声が掛りました。
f0003138_1204324.jpg

灌木に苦労しながら急坂を登って大きなブナの立つツクシ森に着きました。
f0003138_1215749.jpg

下りは雪の帯が一定の幅でつながっていましたが、私には急すぎるので藪を通って
鞍部に降りると、気持ちのよいブナの疎林が広がっていました。
f0003138_1263898.jpg
次の小ピーク。
f0003138_1274629.jpg

小ピークを越えた所で振り返ってツクシ森。下った白い帯の所が見えています。
f0003138_12171877.jpg

荒雄岳の山頂は何度も来ている、いつでも来れるということでパスして八ツ森コースで
下ることになりました。
おまけで八ツ森にもよることになりました。
写真を撮る余裕のなかった藪を漕いで最後はおもいっきりの急坂で、手ごわい山でした。
f0003138_12344350.jpg

半ば埋もれ掛った三角点を掘り出すメンバーです。
f0003138_12372382.jpg

下りどうなるんだろう?と心配していたら、そのまま南西に下って簡単に伐採地に
でることができました。
f0003138_1239880.jpg

道路に出てみんなで八ツ森の撮影会で〆ました。
GPSは雨除けのためザックに入れていたせいか、少しくるいがでてしまいましたが
10キロ6時間の行程でした。
f0003138_12393667.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-04-30 12:30 | 宮城県北
<< 2013・5・9宝珠温泉から宝... 2013.4.22万寿山(410m) >>