2013.4.22束稲山(経塚山(519.1m)と駒形山(430m)

岩手県の経塚山といえばなんといっても焼石連峰の経塚山が有名ですが、今回は
平泉町と奥州市の境に位置する小さいほうの経塚山を歩いてみました。
経塚山と音羽山と駒形山とを合わせて束稲山ということらしいのですが、またこの三山とは
別に束稲山(595.7m)と名の付く山もあり、少し紛らわしいのでした。
かつては西行法師が吉野の桜と比較するほど有名な桜の名所だったそうですが、ヤマザクラ
の季節にはまだはやい、雪の季節に逆戻りした束稲山の一日となりました。
f0003138_16504670.jpg

西行桜の森とは反対側の北側にある月山神社キャンプ場から歩き出すことにしました。
南側のほうがポピュラーな感じなので、少しあまのじゃくしてみたくなっただけなのですが
前日の日曜日に降った雪が残り、ハラハラの運転で駐車場に着きました。
しばらく階段歩きが続きます。
f0003138_16551494.jpg

鮮やかな黄色い花が目に飛び込んできました。
アブラチャンだと亘理人さんに教えてもらいました。
f0003138_1656862.jpg

アブラチャンを見ながら登って行きます。
f0003138_1721926.jpg
f0003138_1723044.jpg

より山頂に近くなったあたりに胎内石がありました。
f0003138_176426.jpg

石っていうよりは岩って感じですね。
f0003138_1765928.jpg

この岩の上で北上川側の展望が開けてきました。
奥の山は焼石連峰の経塚山でしょうか。
f0003138_1774816.jpg

音羽山方面との分岐にあった看板が苔むしてしたので亘理人さんがお掃除して
字が見えるようにしました。
f0003138_1792324.jpg

山頂から100mほど手前に立つ展望台です。
f0003138_1713294.jpg

展望台での展望に感激して山頂に向かったら、山頂からの展望のほうがずっと良く
栗駒山から焼石連峰が一望できました。
f0003138_1717397.jpg

ここから駒形山に向かいました。一旦ぐっと下ったあと緩やかな道が続きましたが
あまり歩く人がいない雰囲気でした。
f0003138_17202418.jpg

駒形山にも展望台がありました。ここは展望台がないと手前の樹木に邪魔されて
見えづらかっただろうからあってよかった展望台でした。
f0003138_17254689.jpg
f0003138_1726666.jpg

帰りは辿った道の西側にある破線の道で戻ろうとしたら違ったようです。
途中枯草がごちゃごちゃしたところに道の入口があり、藪で隠れてしまったのかも
しれません。近道をするつもりでしたが、経塚山まではおとなしく来た道を戻ることにしました。
f0003138_17382079.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-04-25 17:46 | 岩手県
<< 2013.4.22万寿山(410m) 2013・4・14 赤見堂岳 >>