2013.2.12久しぶりの高舘丘陵

去年暮車でのアプローチに失敗して歩き出す前に挫折してしまった高舘丘陵でしたが
那智が丘3丁目からであれば高舘山まで舗装の道が上がっているのを思いだし
わたりびとさんと歩いてみることにしました。

前回から4年以上経って歩く高舘丘陵に変化はあるのでしょうか?

舘山堤そばの遊歩道を進みます。
f0003138_9392013.jpg

広場に出た所で沢沿いに続いている足跡を追いかけて尾根に上がり進んでいくと採石場の真上にでました。
f0003138_9465815.jpg

奥には中央に笹谷峠を挟んで左側蔵王連峰と右側に二口山塊がずらりと並びます。
f0003138_9492011.jpg

主稜線に伸びる林道に入ってしばらく進んだ後、今度は棟沢(さいかっつぁわ)に下る尾根を
辿ってみることにしました。
f0003138_9543522.jpg

こちらも砕石場がすぐ下に見えてそこに向かって下りて行くように思われましたが
杉林に入ってからは歩きやすい林道歩きで棟沢に出ることができました。

この沢沿いの山は両側とも伐採が進んで様変わりしていました。
民家を2件過ぎたところから斜面に取りつき、まだいばら藪に支配されていない作業道を
登ってみました。
右手の団地が相互台、真ん中あたりの小高い山が大八山です。
f0003138_10248100.jpg


向こう側に見えているのが山道のある尾根です。
f0003138_105184.jpg

向こう側も伐採が進んでいるようです。
伐採されたところには伐倒木が横たわり直で沢をまたぐのは困難なので、一旦上に上がり
杉林からアプローチすることにしました。
f0003138_1063322.jpg

山を活用するための道があちらこちらに伸び、どこにも道が付いている感じです。
f0003138_1015963.jpg

主稜線にでました。
見晴が良いですねえ。
奥には蔵王連峰がばっちり見えています。
f0003138_10124177.jpg

伐採はここまでで、この先は今までと変わらない雰囲気の樹木の中の道でした。
f0003138_10195949.jpg

熊野那智神社まで戻り、大きな山門から名取市街や太平洋を見下ろしながら
わたりびとさんとあそこはどこだ、あっちはどこだとひとしきり場所の同定をしたあと
車に戻りました。
f0003138_10252130.jpg


伐採された場所はどんなふうに変わるのでしょうか?
また変化を見に行きたいと思った高舘丘陵でした。

9キロ弱を休憩込で4時間半でゆっくり歩きました。
f0003138_10241915.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-02-13 10:53 | 仙台近郊
<< 2013.2.14セイコウ大橋... 2013.1.31薬莱山と荒沢... >>