2012.7.10安達太良山

久しぶりのコースを歩くシリーズ、今回は安達太良山の一般周回コースです。
奥岳登山口~奥岳自然歩道~勢至平~峰の辻~牛の背~山頂と歩いて薬師岳からは
あだたらエクスプレス利用という膝にやさしいコースで歩いてきました。
勢至平先の分岐から峰の辻の下は堀のような所をもくもくと歩くだけのせいか、すっかり
記憶から消されていて、初めて歩く気分で歩きました。
平日ながら、好天となれば登山者は結構な人出の安達太良山でした。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
福島市に猛暑日の予報が出た10日だが、標高900mの高原の朝はさわやかだった。
三々五々登山者が準備を終えスタートして行く。
一緒に歩き出した男の人は、薬師岳までの登山道は少し荒れていると聞いたが行ってみようと
思う、と問わず語りをしてくる。
私は久しぶりに烏川渓谷を歩いてみることにしていたのですぐに分かれて川へ下る道へ入った。
川底に着くとすぐに二階滝が涼風を運んで来た。
少しあるいて魚止滝。
f0003138_13583357.jpg

昇龍の滝。
f0003138_141517.jpg

平滑の滝。ちょっと洗濯板みたい。
f0003138_141438.jpg

こういうところは木道が滑りやすくないかとか心配だけど、ここは古くなる前に付け替え
されているのか、安心して歩けた。

登山道に合流してからは日陰の直登コース(旧道)を登る。
標識に馬車道となっているほうは日当たりがよいので夏の暑い日には辛い。
直登コースが滑りやすくなっている時は、特に下りなどは歩きやすくて良いだろう。
直登コースが終わり馬車道に合流したところでエンジン音が聞こえてきた。
車は走れないだろう、と思っていたが、さすがジムニーである。
f0003138_14115349.jpg

勢至平の入口があったので入ってみたけど、終わりがけのマルバシモツケとウラジロヨウラク
が目立つくらいであとは藪化した低灌木帯だった。保護されているのはなになのか?
お宝発見はならなかった。

近道で峰の辻へ登る。
堀状の道は歩きにくい。もくもくと登るのみだ。
あまり話題には上らないけど、今の季節あちこちで見かける樹がある。
ハナヒリノキだ。ハナヒリとはくしゃみのことだそうだ。
粉に加工して駆虫剤として利用したそうだが、この粉が鼻に入ると激しいくしゃみが出ることから
名前が付いたそうだ。
全体としてはこんな感じで目立たない。
f0003138_1424512.jpg

でも花の一つ一つは壺形であんがいかわいい。
f0003138_14252673.jpg

安達太良の稜線が見えてきた。やれやれである。
f0003138_142629.jpg

マルバシモツケに停まった2匹の昆虫。色合いがまるでペア。
模様がおしゃれ。長い触角だけみればカミキリムシの仲間みたいだけど。
f0003138_14283960.jpg


このへんからは景色や花を見ながら楽しいだけの山歩きだ。
f0003138_14341524.jpg

ネバリノギラン。地味で、これで花って感じだけど、中をのぞかせてもらうとしっかり花だった。
f0003138_14344779.jpg

驚くほどの密集度で群生していたモウセンゴケ。
f0003138_14354381.jpg

アカモノ。
f0003138_1437287.jpg

オノエランも多い。
f0003138_1437481.jpg

秋が待ち遠しいクロマメノキもたくさんあった。
f0003138_14375894.jpg

何回みても感動する沼ノ平の眺めだ。秋元湖もはっきり見えた。
f0003138_1442448.jpg

歩いてきた峰の辻からの登山道を振り返る。
f0003138_14442830.jpg

進む方向には中央が山頂と右は和尚山。
f0003138_14454252.jpg

和尚山と船明神の間からは猪苗代湖がうっすらと見えていた。
f0003138_1446995.jpg

山頂から奥に吾妻連峰を眺める。
f0003138_1452197.jpg

下りは次々と人が登ってきた。
こちらは花は少なめだ。ハクサンシャクナゲが数本咲いていた。

薬師岳まで下って眺める矢筈森ははるかかなた上になっていた。
f0003138_14523463.jpg

ここからは標高400m約1時間の下りだけど、なんだか楽をしたくなった。
最近疲れやすくて、根性もなくなってきたのであだたらエクスプレスで下ることにした。

お風呂はすぐそばの奥岳の湯もあるけど、ゴンドラ出費をしてしまったので
土湯温泉の旧国道沿いにある「こけし湯」(250円)にしましたとさ。
「こけし湯」は程々のひなびた感(ひなび過ぎてはいない)が良くて結構利用してます。
[PR]
by miyagi1305 | 2012-07-11 15:11 | 福島県
<< 2012.7.19刈田峠から不忘山 2012.6.24田代岳 >>