2012.6.11村山葉山(畑~葉山神社~大円院跡)

どこからでも目立つ大きな村山葉山は山懐奥にまで人々の暮らしが息づいている山なのでした。
開墾の苦労が思われますが、御多分にもれず放棄地が多くなってきたのは心が痛みます。
****************************************
先日登った禿岳で村山葉山を眺め、まだ畑コースを歩いていないことを思い出した。
南東北では先週後半に梅雨入りしたが、11日は梅雨の晴れ間となり展望も期待できそうと
出かけてみた。
大円院跡(岩野コース)からこの山を歩いたのは記録を振り返ってみたらもう14年も前の
ことだった。どうやって登山口まで行ったのかもう全然覚えてない。
検索してみたら国道458号線の幸生小学校手前から入る車道が出てきたので、遠回りに思えたが
従うことにして進んだ。
清水山地区から眺める葉山。
f0003138_11261644.jpg

国道458号線の入口から8.6キロ進んで登山口の葉山市民荘に着いた。
まわりに民家があり隠れ里みたいな雰囲気がある。
長命水という水場があるのもいい。
ここから歩き出すのはいろんな意味で心強い感じがする。

林道をしばらく歩いてキャンプ場があり、その先から登山道に変わる。
振り返る。
f0003138_11591497.jpg

しばらくは沢状の湿った所をニリンソウやサンカヨウ、ズダヤクシュ、ヤマエンゴサクをみながら登る。
f0003138_1204273.jpg

標高1000mを越えたあたりからブナの美林に代わった。
f0003138_1245049.jpg

何度か残雪を越えて進むと大きな残雪が残る開けた場所に出、小僧森や大僧森が視界に入ってきた。
気持ちいいなあ、なんてそのまま残雪を登ってしまい、その先に道がないことを確かめて引き返す。
登山道は右手ブナ林の中に続いていた。
f0003138_1264770.jpg

そこからはわずかで大尊仏見晴台。左に下りで使う尾根と下に寒河江の市街地を見下ろす。
f0003138_1215327.jpg

この曲がりブナの葉っぱの奥には月山も大きく見えてきた。
f0003138_12165422.jpg

樹木がだんだん低くなってきて岩野コースとの分岐のお花畑に出た。
お花畑とは言っても花はない。前に8月に歩いた時もなかった。
山であった人も花はあんまりみたことがないという。乾燥化がすすんでしまったのだ。
f0003138_12191483.jpg

ここからは楽しい稜線コースだが、小僧森大僧森と越えて行くのでアップダウンアップダウンで
たいへんでもある。
ムラサキヤシオとオオカメノキの花が咲く大僧森。
f0003138_12205570.jpg

朝日連峰。大朝日の山頂部分は雲が取れない。
f0003138_12255915.jpg

大ツボ石。高度感を出すために一期一会さんにモデルになってもらった。
ザックの下あたりに鳥海山が見えている。こちらは山頂の下に雲の帯がかかっていた。
f0003138_12294928.jpg

葉山神社奥の院手前の残雪から葉山山頂を振り返る。
f0003138_1233541.jpg

山の内コースの古御室山方面を眺める。
f0003138_1234298.jpg

葉山神社でお昼を食べて引き返した。
大ツボ石の所でまた展望を楽しむ。
月山が大きい。
f0003138_12463756.jpg

お花畑で畑へピストンするという一期一会さんと分かれて岩野へ下る。
お田沼はまだ残雪がたっぷり残っていた。
f0003138_12472915.jpg

ブナの多い尾根をぐんぐんと下り、三宝荒神、うば神さま、カラマツ林から
杉林に代わると大円院跡だった。
f0003138_12505087.jpg

ここからは車道を1.8キロ歩いて畑に戻った。
畑分校の跡地に建つ葉山市民荘。車は長命水を汲む人たちのもの。
名水の誉れ高く、混雑するので汲み口をパイプで5つに分けたそうだが、それでも休日には
行列ができるそうだ。
私もありったけの容器に入れて持ち帰り、お茶とコーヒーで飲んでみたら確かにおいしさが
数段アップしました。

*残雪が消えたばかりの所はぐちゃぐちゃで靴とズボンがどろだらけになりました。
*畑コースは単独行が3人、岩野コースはグループの人が多くてすれ違ったのは全部で9人でした。

畑~奥の院6.85km、奥の院~お花畑2.5km、お花畑~大円院跡3.5km
車道戻り1.8キロでした。(8時10分スタート戻り15時)
f0003138_130503.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-06-13 13:09 | 山形県
<< 2012.6.15微温湯温泉か... 村山葉山の花たち >>