2012.5.5大沢山~大倉山

maronnさんを誘って車2台で大沢山から大倉山を続けて歩いてみることにしました。
maronnさんが、このへんの山を歩くときには「さいち」で惣菜を買ってから山に向かうのが
このごろのトレンドらしい、というので私たちも倣うことにしてさいちで9時に待ち合わせをしました。
おはぎで全国的に有名になったけど、そうは大きくない店。まさか探せないことはないだろう
と思っていましたが・・・早めに着いたmaronnさんと定時に着いた私。
すごい賑わいぶりの行列のずっと後ろのほうについた私はあちこちきょろきょろ探せどmaronn
さんの姿を見つけることはできず、駐車場も違っていたため秋保里センターで改めて待ち合わせ
たのでした。
すごいぞ、さいち!

車1台を大倉山側に置き、秋保工芸の里にもう1台を置いて大沢山のほうから歩き出しました。
新緑がこの上なく気持ちいい登山道をヤマツツジやムラサキヤシオ、シロヤシオ、オオバクロモジ
などの樹木の花々も楽しみながらのゆっくり山歩きでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大沢山の山頂あたりの伐採地はだいぶ樹木が育ってきたけど、まだなんとか展望が利いて
中青葉あたりは白沢五山が目立って見える。
f0003138_659364.jpg

ムラサキヤシオ。
f0003138_6594765.jpg

途中2か所道が分かれて迷いやすいところがあった。
最初の分岐は左の鉄塔に向かって下り斜面を巻いて進んだが、以前はまっすぐ尾根沿いに進んだ
記憶があるし、先に合流点もあったのでどちらでも大丈夫だったのではないかと思う。
次の分岐も左へ進んでみたら、これは鉄塔の所で行き止まり。強がりではなくこんな寄り道も
私は楽しいと思ってしまう。
正しい道に戻り、道幅が広がってくると大倉山に向かって進むようになる。
f0003138_7121547.jpg

斜面左を巻いてしばらく進んで最後の下りは急だ。ジグザグに切ってあるが幅が狭いので
注意してゆっくり下った。

大沢山から大倉山へは林道を300mほど東に向かって進み、林道本線にぶつかったところで
左に進んで巡視路の印から山中に入った。
深山の趣がありよい雰囲気だが、沢を2本越え、急坂を登るので大沢山を歩いたあとでは
少しやれやれという感じかもしれない。
ミツバアケビの花を見つけて写真を撮ろうとmaronnさんと二人で頑張ったが、二人ともなぜか
どうしてもピントが合わなかった。
今年初めてのフデリンドウ。
この花は写真が撮りやすくて写真映りがよいのでうれしい花だ。
f0003138_7482522.jpg

国生からの林道に出てしばらく歩いたら、クマよけの笛を吹きながら幼稚園児や小学生
を連れたグループが近づいてきた。子供の日に無料になるような行楽地はどこもすごい混雑だ
ろうから、ただでしかも静かな山へ来たのは大正解だよ、と内心エールを送りながら
すれ違った。
この日山で会ったのは彼らと大倉山の山頂であった単独の人だけ。
とっても静かな山歩きになった。
f0003138_7464376.jpg

締めくくりは今ふうに言えば
「女子会」
かな。
さいちで買った惣菜でいつもより豪華な山昼をおしゃべりしながらゆっくり楽しんだ。
f0003138_732112.jpg

下界ではみんながあっちへこっちへ忙しかったようだ。
釜房湖そばを通ったら、なぜか両方向とも流れが悪くて、どこでもこんなだろうから
近場の山で正解だったと思ったのだった。

最近釜房湖に導入された水陸両用バスを初めてみた。
なんだか普通のバスより簡単な作りのような外観でこれで水の上も走れるなんてちょっと不思議だ。
前輪がぐりっと曲がる感じが面白かった。
f0003138_7362040.jpg


約7.6キロ。
f0003138_7505720.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-05-07 07:51 | 仙台近郊
<< 2012.5.8権現森 見れてうれしかったあの花この花... >>