2010・12・30今年のしめは谷山で

大晦日前日の朝、蔵王は完璧な雪化粧でほれぼれするような美しさだった。
f0003138_12472813.jpg

2週間山らしい山歩きをしていない。
山を歩かないと寝付きが悪くなるが、ここのところそんな感じになってきている。
この好天だ。ぱっとした山歩きをしたいとも思ったが、アクセスに時間を掛けるよりも
近くの山を好きなように歩くことを選んだ。
自宅から谷山遊歩道の東口までは6キロもない。
毎日散歩に出かけられる距離だが、1年以上御無沙汰してしまった。
谷山は何度かこのブログに取りあげたが、なにを書いたかは書いた本人がすっかり忘れて
しまったので、以前の記事は時効にしてまた書いてみようと思う。

民家の前から遊歩道はスタートするが、そこの空き地は駐車に堂々と使ってよいのか
私有地を使わせてもらっているのか、ちょっと迷うところなので、いつもは先の村田ダム
に車を停めていた。
この日はなんの根拠もないが、スタート地点に停めても良いような気がしたのでそうした。
遊歩道から外れて少し沢筋を歩いてみた。小さな滝があってすぐに行き止まり。
沢沿いの斜面はどこも急で、こんな感じはやっぱり谷山かと思う。
f0003138_13234174.jpg

荒川を何度か浅瀬で渡り返して孝行息子だった「孝子長吉の碑」
親を大事にしているかと自分に問えばいつも心が少し痛む場所だ。
f0003138_1318412.jpg

荒川から尾根の登りは岩が掘られ階段状になっている。
松尾観音堂への参道として作られたものだろうか。
f0003138_13395483.jpg

「タカノツメ」が樹木名を付けたまま倒れていた。
冬芽が鷹の爪に似ているからの名前だという。
「イモノキ」の別名もある。いも虫みたいな枝先の模様からしてなるほどだ、と思ったら
そこは関係なくて、枝が弱いから付いた名前らしい。
f0003138_13574924.jpg

松尾観音堂は相変わらず屋根にブルーシートだが、そのブルーシートもほつれてきた。
正月飾りを掛けにくる人はいるのだろうか。

義母はこの松尾地区に生まれ育った。
義母が若いころの話だから終戦前後のことだと思うが、松尾観音堂は馬の神様を祀ってあるので
6月の例大祭は遠くは岩沼あたりから、馬をひいたり、自転車で馬の絵を描いた木札(絵馬で良い?)を持って大勢参拝にきたそうだ。
地域の人たちは参道入口に臨時の自転車置き場を作って小遣いを稼いだり、
馬の好物のクズの葉を束って売ったりしたという。
観音堂には出店が出、暑いころのこととてかき氷が飛ぶように売れたそうだ。
おしゃべり好きな義母はお参りにくる人たちとのやり取りがことのほか楽しかったようだ。
義母は今もなにかお願い事は松尾の観音様にするといい、少なくとも義母の心には
残り続ける観音堂である。
f0003138_13425741.jpg

一人勝手におセンチになっていてもしょうがないので先に進もう。
一本ブナもなんだか元気がなくなってきている気がする。
ブナはだいたい標高500m位から上にある。
この辺で見られるのは結構珍しいので貴重なブナなのだ。
f0003138_141366.jpg

野外活動センターへの分岐からは南雁戸と北雁戸が白く輝いて見えた。
f0003138_1431046.jpg

「蔵王町」への看板に従って巡視路を進み、展望を期待して179番鉄塔に寄り道した。
f0003138_1453156.jpg

巡視路上にある180蕃鉄塔は展望がよい。去年うららかな春の日ここで4人で
のんびり休んだことを思い出しながら、一人で青麻山を眺めながらお昼にする。

眺めのよい向こうの鉄塔まで今日は行ってみることにしよう。
f0003138_14122631.jpg

下って車道に出、鎌倉温泉側に200mほど下ると巡視路は反対側の山に続く。
滑りそうで怖い丸太橋の雪にはカモシカの足跡が残っている。
去年秋にT瀬さんと四方峠まで歩いた時岩の上でじっとこちらを見ていたカモシカがいた。
今日も会えるとうれしいんだけど、と思ったけど、そう思い通りにはいかない。
そのあとも巡視路を進む足跡を追いかけたけど、姿は現わしてくれなかった。

目的地から蔵王を眺める。だいぶ霞んできた。
f0003138_1420648.jpg

ふりかえれば村田や川崎町の支倉が見え、奥には坪沼の愛宕山と太白山が見える。
f0003138_14222330.jpg

太白山と愛宕山をアップにしてみよう。
f0003138_14233297.jpg


冬は冬芽の観察が結構面白い。
面白いけどやっぱりこれも識別は難しい。
オオバクロモジだよね。枝を折ってさわやかな香りをかいでみればよかったな
なんて今頃思っている。
f0003138_1425639.jpg

トゲが互生のイヌザンショウ。青い実がかわいい。
ちなみに「イヌ」というのは「否(イナ)」から来ているのだそうだ。
f0003138_14264784.jpg

黄色い実はヘクソカズラ。花も実もかわいいのにね。葉っぱがねえ。
f0003138_14281341.jpg

1時半ころから雪が降り出し急ぎ足で戻る。
今回のコースで11キロほど。
f0003138_1441537.jpg


みなさんよいお年をお迎えください。
[PR]
by miyagi1305 | 2010-12-31 15:00 | 宮城県南
<< 2011.1.2千貫山からグリ... 伊豆沼 >>