2010.11.11片洞門

片洞門は113号線の、並行して走るJRでは羽前沼沢駅と伊佐領駅の間
トンネルが連続する明沢川沿いの厳しい地形に明治に開削された旧国道跡である。
廃道マニアには人気が高いようで、雑誌風情報誌の『廃道を行く』でも高い評価?
を得ておりいつか歩いてみたいと思っていた。

弁当沢トンネルのそばに広い駐車場があり端っこには片洞門休憩所の建物がある。
去年歩いた人のHPを見るとその時はやっていたようだが、今回はすでに冬仕舞い
したのか板が打ち付けれれていた。

標高250mほどのこのあたりは今が盛りの紅葉だった。
まず上流に向かって歩いてみる。入口には車止めがあるが車も走れそう。
と思っていたらすぐに落ち葉の堆積した道に変わった。
f0003138_8391074.jpg

明沢川は音をたてて流れ豊富な水量だ。
f0003138_839536.jpg

上流側は危険もなくのんびり気分で紅葉を楽しみながら歩けた。
f0003138_8403733.jpg

もう魔法にでも掛けられたかと思ったほどの紅葉だった。
f0003138_8505044.jpg


駐車場に戻って今度は下流側に進んでみた。
f0003138_8441463.jpg

道幅が狭まった。崖の淵を歩くので、気分的に緊張しながら歩く。
柵とかはないので、うっかりすれば危ないことになる。
対岸には細長く水を落とす滝が目立っていた。
f0003138_8465745.jpg

片洞門が現れ始めた。
f0003138_8461198.jpg

説明板は古くて字も読めないところが多いが、工事は難航を極め、通行時も
事故が続いたという。
小さな観音様だけどどれだけの願いが込められたことか。
f0003138_855698.jpg

川は狭いゴルジュに変わり、水はあっちの岩、こっちの岩にぶつかりながら
荒れ狂ったように、ものすごい音を立てて流れ落ちて行く。
音付きの動画だったらすごさがわかったかもしれないが、写真ではなかなか感じが
とらえられずに残念だ。
振り返って。113号線の下を通りJR線を越えて進んできた。
f0003138_902824.jpg

更に進んで古い橋を渡った所が絶景ポイントだった。
滝がふた筋流れ込む。
f0003138_944745.jpg

引き込まれてしまいそうだ。
f0003138_96857.jpg

f0003138_965531.jpg

振り返った形で撮ったので写真ではさっきのと同じ向きだけど、こちらは
橋を渡り終えた左岸に付けられた片洞門。
f0003138_9102480.jpg

廃道は産直店「森のめぐみ」あたりまで続くようだけど、枯れ草の藪でズボンが
濡れてきたことだし、すばらしい景色をみたからもういいか、と引き返すことにした。
f0003138_914136.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2010-11-19 09:21 | 山形県
<< 2010・11・21駒ヶ岳金ヶ... 2010.11.11大里峠と赤芝峡 >>