2010.11.4季節はずれの高柴山と十月桜

分県登山ガイドには「ヤマツツジ開花時のすばらしさを知ってしまえば
それ以外の時期は魅力が激減してしまう」とまで書かれてあるヤマツツジで超有名な山である。
上の文はヤマツツジ以外の季節はあんまりお勧めできない、とも読める。
そんなわけでヤマツツジの季節にとずっと残してあったが、その時期になると人が多いだろう
ことへの杞憂が膨らんできていつまでたっても行けない。
二山歩いたあとのついで的、かつ下見的な動議付けでがっかり対策をしてこの山を選んでみた。

以前R49号線を通った時に次々で3箇所現れた立派な登山道入口の看板が印象に残っていた。
3つの登山口のうち登山ガイドに載っているのは船引町からの門沢コースと小野町の
浮金コースである。この2つのコースは両端に位置するので、郡山側から進んだ場合は
門沢コースに引き込まれるだろうし、いわき側からの場合は浮金コースにふらふら~と
進んでしまう、という場合も多いだろう。
そうしてみると真ん中の大越町からの牧野コースは部が悪くてかわいそうな気がしてきた。
エールを送る意味もあり(ほんとか?)牧野コースで歩いてみることにした。

最後の民家から2キロほど舗装の狭い道を車で走って広い登山口に着いた。
f0003138_1729312.jpg

山頂までは2キロとある(ほんとはもっと短かった)。この先も車で入れそうだが
あんまり歩きが短いと満足できないのでここから歩くことにした。
杉林が終わると水場があり、そこで車止めがしてあった。
ここから旧道と車も走れそうなくらい立派な道に分かれる。
登りは旧道を進んでみることにした。
f0003138_17332369.jpg

掘状にくぼんで両側の笹が高く圧迫感があった。
f0003138_1736643.jpg

あっさり山頂の避難小屋のそばに出た。
日当たりがよいので草藪が出やすい。
ヤマツツジの季節には整備されるだろうツツジ巡りの道が藪に隠れてしまっていた。
ひっつき虫を気にしながら展望のよさそうな所へ進んでみた。
大滝根山は石灰岩でできているので大きく削られてしまったんだね。
f0003138_17402388.jpg

山頂の展望台に登って見降ろしてみる。
北西方向は石の切出しで削られた黒石山だ。
f0003138_17462976.jpg

ツツジ科の樹木は鮮やかに紅葉するものも多いけど、ヤマツツジのはくすんでぱっとしない
ということに遅まきながら気付かされた高柴山だった。
f0003138_1811463.jpg


三春ダムのさくら公園に寄ってみた。
f0003138_18204642.jpg

今の季節だからさくらは期待していなかったが、なんと咲いていた。
入口の案内板によると十月桜というそうだ。
晩秋のサクラらしくさびしげだった。
違う種類に見えるけど?
f0003138_1817142.jpg
f0003138_18174164.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2010-11-13 18:24 | 阿武隈山地
<< 2010.11.11大里峠と赤芝峡 2010.11.04芝山(81... >>