2010.11.03土岳

阿武隈山地のほぼ南端に位置する茨城県北東部の山である。

茨城県といえば遠い印象があるが、この山に一番近い高萩IC(常磐道いわき勿来IC
の次の次)まではうちから200キロちょっと。盛岡と同じくらいの距離だ。
高速を降りてから登山口までも15キロと短く、アクセスしやすい山であった。

登山口に選んだ花貫渓谷は紅葉の名所らしい。混雑のことがガイドブックに書いて
あったが、渓谷沿いの車道は10月31日から朝の9時過ぎは通行止めと注意書き
があった。(8時頃着)
まだ紅葉には少し早いが、早朝からすでに歩いている人たちが結構いる。
ゆっくり車を走らせて遊歩道上部の土岳登山口に着いた。
5~6台くらい車が止まっていたので、深く考えずに私もここに停めて歩きだす
ことにした。

登山口そばの花貫渓谷。
下山後ゆっくり歩こうと思っていたけれど。。。
f0003138_5252795.jpg

登山道下のほうはきれいに整備された杉林が続く。
f0003138_5273124.jpg

ほどなくごろごろした岩も現れる急坂になってきた。
道の両側には笹が垣根のように続くが、なぜか枯れていた。
まだ早いけど太陽の光できれいだ。雰囲気はよい。
f0003138_530147.jpg

蕃山の感じに似てるな、と思いながら進むが、こちらは山頂で突然解放感のある
広場に出た。
左端が春の花で有名な高鈴山。右端は太刀割石が山名の由来と言われる堅破山
(たつわれ山)。中央奥に薄く筑波山も見える。
f0003138_532414.jpg

展望台もあるが、視界的にはあまりかわらなかったような気がする。
f0003138_541758.jpg

高鈴山方面をアップで。
f0003138_5433853.jpg

西側登山口のけやき平までは距離が短そうなのでそっちまで行ってみることにした。
センブリがまだきれいに咲いていた。
f0003138_5511690.jpg

大きなけやきの木を4~5本みるとすぐにキャンプ場の設備が整ったけやき平登山口だった。
10分ほど下っただけで、コース的に面白みはないが、紅葉の混雑時期には
こちら側に車を停めて花貫渓谷まで足を延ばすほうがよいかもしれない。
お話し好きの管理人さんに茨城の紅葉名所を教えてもらい(一番のお勧めは大子の
そばにある滝川渓谷だそうだ)しばらく立ち話。山道と車道で周回も出来ると
言われたけど、実はこのあともう一山予定があるので、時間が短いほうを取り
引き返すことにした。
f0003138_5495077.jpg

管理人さんに花貫渓谷側は登山口にも停められないと聞いて不安を覚えていたの
だが、登山口に残っていた車は私の一台のみ。
国道のほうから歩いてくる人たちもけげんそうにこちらに視線を送ってバリケードの
はられた渓谷沿いの道に進んでいく。
国道への道は渓谷沿いの道とは違うけど、そちら側も出られるのか?
どうなる私?
または怒られたりして楽しい気分が台無しになったらどうしよう?
ここから無事脱出出来るかの心配が大きく、花貫渓谷をゆっくり歩く気分ではなくなってしまった。
案の定、国道側にもバリケードが張られ、警備員の人がいたが、とがめられることもなく
無事出してくれたのであった。

山頂までは2キロ40分位だった。
f0003138_652767.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2010-11-07 06:18 | 関東・山と旅
<< 2010.11.3 四時川渓谷... 2010.10.21甑岳ハチカ... >>