またまたザンバラン、今度はペルモGT

登山靴が壊れたので新調した。
ザンバランはこれで3足目である。
足の長さ(脚の長さ、ではない。あしからず)がありすぎるため横幅は細めということに
なるのだが、そうするとこんな足にあうのはやはりこのメーカーのものということになるらしい。
ただ、外反母趾の部分だけはあたるので幅出ししてもらった。
水曜日に届いたので早速木曜日にためし履きに出かけた。
(山形神室にでも行ってみようか、と思っていたら、朝の予報が曇りから晴れに
変わり、喜んで月山に出かけてしまった)
靴の国のイタリア製である。
履き心地は今までの2足同様よい。
まだちょっと外反母趾が当たるが、足馴染みには苦労しなくてすみそうだ。
デザインがシンプルなところと色も気に入って買った。
ビブラムソールのパターンも色々だけど、どんな違いがあって、どれが良いのかなあ。
オーダーメイドじゃないから選べないんだけど、気にはなる。
f0003138_20102446.jpg

ソールを張り替えしてもらった時に、ゴムの部分が以前のものより浅かったため
以前ゴムにおおわれていた部分が破けてしまった古い靴。
ずいぶん使ったことは使ったので、しょうがないかとも思う。
f0003138_20163715.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2010-07-02 20:23 | なんやかや
<< 月山も山開き(7月1日) 大戸岳(6月18日) >>