大滝根山(3月15日)

f0003138_10311695.jpg
大滝根山にはずいぶん前に仙台カルストの鬼石のほうから登ったことがあります。
山頂に自衛隊の巨大レーダーがあるせいで幾分評価が低くなってしまっている山
ですが、堂々とした山容と自然度の高さは阿武隈の盟主にふさわしい山と
私はお気に入りにいれた山でした。

そんな大滝根山の南側に石ポッケという岩場があり、どうやら下から登山道があるらしい
のをSONEさんが以前の山歩きで次回の課題に残しておいてくれました。
私はといえば石ポッケとペラペラ石や高塚山(高塚ボッチ)をごっちゃにしてもうめちゃくちゃ
です。これは是非とも私の誤解を解かなくては、と思ったか、そのうれしい登山道探しに
加えていただくことになりました。

常磐道の小野ICで高速を下りてからはSONEさんのいつもの山(歩き)勘とタッシーさんとの
コンビネーションで難なく入新田の登山口着。
最奥の民家の前には広い駐車場と「石ポッケ入口」の看板が資材小屋に貼ってあって
うれしいおどろきでスタートしました。
最初は植林地でしたがほどなく二次林に変わり気持ちのよい道を進んで行きます。

笹の下生えもない緩やかな斜面に喜びましたが、やがて笹やぶが一時的に現れ
急坂を登ると「ヤレヤレ石」
ここからは風あたりが強い尾根歩きになり、強風でいろんな形に枝を広げたブナが
見られるようになってきました。
感心したり納得しながら「黒岩」と「黒石」2つの名前が書いてある岩に到着。
ここからは面白い展望岩が次々と現れてきました。
一番上の画像はこの黒岩から撮ったものでした。

すぐに「石ポッケ」です。
この岩場の大きさは半端ではありませんでした。
どうしてもっと早くにもっと多くの人に知られていなかったのか不思議なほどの
存在感がある場所でした。
f0003138_10575386.jpg

その上に進んだ岩場からレーダー施設。だいぶ近づいてきました。
f0003138_111490.jpg

ちょっとアングルを変えての山頂。
f0003138_1113439.jpg

岩場の上に立つのは最高にいい気分。(風が強くてちょっと怖かったけど)
お二人さんは石ポッケを見下ろしています。
f0003138_1183221.jpg


山頂手前では新雪が結構積もっていて足をずぼずぼと取られながら進みました。
f0003138_1165673.jpg

山頂到着です。
あらっ!神社があったのね。前回はこちら側に来ていませんでした。
楽しい写真の構図に余念のない二人。
SONEさんが撮ったタッシーさんはどんなふうに写っているでしょうか。
f0003138_11141620.jpg

金網の中の三角点も今回初めてみました。
f0003138_1114112.jpg

ちょっと戻って風あたりの少ないところでお昼にしていると雲が幻想的な景色を作りました。
f0003138_11162830.jpg


戻りは途中から周回コースを取りました。
うまい具合にピンクのリボンがついていましたが、これがなければわかり難い地形の
所をしばらく進みました。
藪藪なところも。
f0003138_11303075.jpg

尾根に乗ってからはまた手洗い岩や屏風岩などの展望岩が次々と現れるように
なりました。
スパイダーマン?
f0003138_1132288.jpg

ザックの中にはパラ・シューターが入っているらしい。
f0003138_1136313.jpg

ここを下るとやっぱり、の植林地に入って西隣りの民家の裏に出ました。
車で走ったのとは違う一本上の道を進むと楽しかった今日の山歩きの終わりが
近づいてきました。
私のはいつもながらの簡単案内ですので詳しくは
SONEさん
タッシーさん
をご覧ください。

6キロ休憩入れて4時間のほどよいコースでした。
f0003138_1139260.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-03-16 11:30 | 阿武隈山地
<< 土湯峠と仁田沼・男沼(3月18日) 大頭森山~明手山(3月9日) >>