2014.9.21鉄山(僧悟台・湯川渓谷周回)

塩沢スキー場から鉄山と箕輪山の鞍部、笹平に登る僧悟台コースはヤエハクサンシャクナゲの
季節か紅葉シーズンに歩きたいと思いしばらく実行に移せないでいました。
笹平には「僧悟台コースは自然保護のため刈り払いなどされずに整備不良で迷いやすい」との
注意書きもあり、少し心配なコースでしたが、思い立って出かけてみることにしました。
9月は朝晩涼しい日が多かったせいでしょうか、紅葉は期待していなかったのですが、思いのほか
色が付いていて、一緒に歩いた亘理人さんと喜びながら歩いたのでした。

7時ちょっと過ぎにスキー場をスタートしましたが、ちょっと前に男性2人組とちょっと後に男女3人
組もスタートし僧悟台コースに進んだので少しほっとしながら歩を進めました。
湯川コースとの分岐を右に進み、すぐに湯川を3本橋で渡ります。
f0003138_1219138.jpg

このあと湯川からはだんだん離れますが、上のほうから落ちてくる小沢は4本橋で渡ります。
f0003138_12204658.jpg

新しい標識がありました。
f0003138_12211782.jpg

これを過ぎると急坂の上りが始まり、しばらく続きます。
f0003138_1222748.jpg

緩やかになってくると細い木の多い林になってきました。
f0003138_12231315.jpg

見晴台からは北側が展望できました。
f0003138_12245478.jpg

ワレモコウやエゾオヤマリンドウが秋の気配を感じさせます。
f0003138_12271855.jpg

「霧降滝分岐」とある小湿原に出ました。
進行方向奥に箕輪山と鉄山の鞍部が見えます。
f0003138_12275647.jpg

「霧降滝」へのコースは廃道になっており、ロープが張られた先には道は見えない状態でした。
奥には安達太良山のぽっちんです。
f0003138_1230633.jpg

思いのほか色づいた斜面を眺めながらの楽しい歩きが始まりました。
f0003138_12311313.jpg

箕輪山の斜面もきれいです。
f0003138_12312621.jpg

笹平が近づいて背丈の低い植物だけの道になってきました。
f0003138_1235821.jpg

笹平で10時ころでしたが、2人ともお腹がすいたのでゆっくり休憩しましたが、上のほうは
風もあり座ってゆっくりするには寒かったのでここで休んで正解でした。
そのあと鉄山に向けて登って行きました。
途中の大岩の所から眺める箕輪山方面の色づきがまだちょっと早いけどきれいでした。
f0003138_12352826.jpg

鉄山山頂からくろがね小屋を見下ろします。
f0003138_12354797.jpg

矢筈森に向かって進みます。
f0003138_12422721.jpg

矢筈森でたくさんの登山者が休んでいたので、私たちも寄ってみることにしました。
矢筈の片割れ東側のピークと奥に篭山を眺めます。
f0003138_1243460.jpg

安達太良のピークもこちらから眺めるとよい形ですね。
f0003138_12483775.jpg

先に進み分岐の所で沼ノ平と船明神山の眺めを見納めて下りにかかりました。
f0003138_12465796.jpg

最近は勢至平のコースを使うことが多かったので久しぶりでくろがね小屋へ下りました。

さすが日曜日です。大勢の登山者が往来していました。

くろがね小屋が下に見える見晴場で鉄山を見上げます。
f0003138_12573013.jpg

ころがね小屋の前でも多くの登山者が休んでいました。
塩沢スキー場へ下る湯川渓谷沿いの道へ入るととたんに人影がなくなりましたが、
それでも3組とすれ違ったのは時間が12時半を過ぎていたので驚きでした。
小屋泊まりなのか、途中で引き返すのか?なんて余計な心配を亘理人さんとしながら
下りました。
上のほうに1か所だけ小さな湿原があります。
f0003138_136026.jpg

渓谷は去年紅葉の盛りに歩いたばかりなので、緑の状態でみると物足りなく
感じてしまいました。
天狗岩に寄って滝を眺めたあとはもくもくと下ったのでした。
f0003138_138697.jpg

2時10分頃に駐車場に戻った時には12台ほど車が停まっていました。

私のGPSでは14キロほどの歩きでした。
[PR]
# by miyagi1305 | 2014-09-22 13:09 | 福島県

2014.9.8姥沢から月山大雪城まで

晩夏から初秋の月山は大雪城あたりに咲く花が楽しみで2~3年に一度のペースで
訪れています。
今回はもしかしたら草紅葉と花が一緒に見られるかな、と期待して出かけました。

リフトの時間(8時から16時半)には早かったので姥沢から歩くことにしました。
見慣れた風景ですが。
f0003138_12544271.jpg

オニシオガマが咲いていました。
f0003138_12553415.jpg

フキユキノシタ。
f0003138_12554446.jpg

オタカラコウとミヤマシシウドのお花畑。
f0003138_125617.jpg

チョウジギク。
f0003138_12561048.jpg

シロバナトウウチソウ。
f0003138_12583461.jpg

ミヤマリンドウ。
f0003138_12584643.jpg

ニッコウキスゲも数本咲き残っていました。
f0003138_12585484.jpg

とても鮮やかな蛍光色が目に付いた虫。
調べてみたらヒゲボソゾウムシの仲間に似ているようです。
f0003138_1314352.jpg

サクラはいち早く紅葉しますが、山でもミネザクラが色づき始めていました。
f0003138_1315694.jpg

今回は三角点も神社もお参りせずに、すぐに岩根沢のほうへ下りました。
清川小屋と岩根沢の分岐(帰りに取った写真ですが)
f0003138_1322718.jpg

前回は岩根沢のほうへ進んだので今回は清川小屋のほうへ進んでみることにしました。
チングルマの花がまだ少し残っていました。
f0003138_1345693.jpg
f0003138_135949.jpg

目立ちたがり屋?ウサギギク。
f0003138_1353281.jpg

雪渓を見上げるところまで下ってきました。
道はあるような、ないような。ロープが目印です。
賑やかな月山において人影をほとんどみないし、こんな自然ぽい感じが気に入って
また足を運んでみたくなる場所なのでした。
f0003138_136014.jpg

アオノツガザクラの塊があちらにもこちらにも見られました。
f0003138_13111788.jpg

山頂まで戻るころには青空が見え、草紅葉の色づきが見頃なのが見て取れました。
f0003138_13113445.jpg

急斜面のところは登ってくる人たちがまだまだ多くてたいへんでしたが、このへんから
少し静かになってきました。
f0003138_1311469.jpg

[PR]
# by miyagi1305 | 2014-09-10 13:23 | 山形県

2014.8.31羽後本庄市の八塩山(713m)

黒森山のあと30キロほど車を走らせて八塩山に向かいました。
こちらも同じくらいの標高なので暑くてたいへんかなと思ったのでしたが
林に入ると風も吹き割と気持ちよい山歩きができました。
鳥居沢登山口からスタートしましたが、ほかにも3台車が停まっていて今の季節も
そこそこ登られている印象の山でした。
f0003138_12155273.jpg

コースが3つ半(真ん中のコースは途中2手にわかれるので)あるなか、風ぴらコースから
う回路を進むコースを取ることにしました。
f0003138_12194087.jpg

ぐるっと回り込みます。
f0003138_12195043.jpg

途中林道から登ってくるコースと合わさったあと急な登りになりました。
大きなコブのあるブナがこのコースのシンボルになっているようです。
f0003138_122051.jpg

ブナが両側にある気持ちのよいコースでした。
f0003138_12202276.jpg

オクモミジハグマと
f0003138_12251159.jpg

オオカニコウモリが咲いていました。
f0003138_12252579.jpg

三角点のそばに東屋があり
f0003138_12255269.jpg

その反対側には鳥海山を展望できる切り開き地がありました。
やっぱり山頂部は雲に隠れたままでした。
f0003138_1226561.jpg

山頂付近は横に長くブナ林でよい雰囲気でした。
f0003138_12382873.jpg

先についた3組の人たちはどこへ行ったのか?
東屋の奥に進んだところにある八塩山荘の中や前で休んでいたのでした。
八塩山荘は人がいたので中の写真は撮りませんでしたが、のんびりごはんを食べたり
昼寝をしたりできる快適な山荘でした。
山荘前からの展望。
右側の目立つピークが保呂羽山で左の山頂ギザギザの横に長い山が鬼倉山と案内板にあります。
f0003138_1236613.jpg

八塩山神社は傾いてきていました。新しい感じの奥の建物が八塩山荘です。
f0003138_12395796.jpg

下りは前平コースを使いました。
上部はやっぱり結構急でした。
f0003138_1240289.jpg

途中東側の田園風景を展望できるところがありました。
f0003138_12404537.jpg

ぼろい建物、と思ったら神社でした。ごめんなさい。
f0003138_12405937.jpg

しろっぽいけど、ルリソウ。
f0003138_12434386.jpg

車道に出ました。
昔はこの道が参道であり、往来に利用されていた道だったとの案内書きがこちらの地図には
入っていました。
f0003138_12435889.jpg

[PR]
# by miyagi1305 | 2014-09-10 12:46 | 秋田県