<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014.1.14遊びのワンダーランド青葉丘陵

歩いたことのない道を探して歩くのが大好きな私にとって蕃山萱ヶ崎山の西側に広がる
青葉丘陵は山と沢が複雑い入り組み、いつも楽し探検の場を提供してくれる魔法のワンダー
(さまようwanderのほう?)ランドになっています。
今回はずっと気になっていた中身山を通る林道と熊沢林道を結ぶ破線の道を探してみようと出かけました。
メールをもらっていた亘理人さんと待ち合わせて錦ヶ丘の天文台のそばの池のところからスタート
です。
前回去年の春に歩いた時(未投稿)よりも伐採が進んでいました。
f0003138_12212054.jpg
ほどほどに気持ちのよい林道を進みます。
f0003138_122146100.jpg

中身山を通る林道に出て東へ進み257mピークから点線の道へ入りました。
入口は少し藪っぽかったので心配しましたが、そのあと割と歩きやすい道が続きました。
f0003138_1227135.jpg

この道は尾根が川に突き当たったところで突然消えてしまいました。
f0003138_1229415.jpg

道は川の下流へ続いているはずですが、偵察してきた亘理人さんによると少し荒れているとのこと。
f0003138_12295814.jpg

反対の上流側はとても気持ちのよい渓相なので上流へ進んでみることにしました。
f0003138_12305730.jpg

どこまで行っても滑らかな沢が続きます。
f0003138_12314750.jpg
沢歩きができない私でも楽々遡上することができるのでなんだかうれしくなってどんどん進んでしまいました。
f0003138_1232182.jpg

いい雰囲気です。
f0003138_1233882.jpg

二岐に分かれると沢がぐっと細くなってきました。
f0003138_12342898.jpg

沢から斜面を登ると中身山からの林道に戻ることができました。
小さな祠が林道上の目印変わりになっています。
f0003138_12361836.jpg

まだ歩いていないところに寄り道しながら中身山手前のピークに入りました。
青葉丘陵らしい雰囲気の所を進みます。
f0003138_12382190.jpg

山頂が伐採され展望が得られました。
12月23日に歩いた尾根と太白山、茂庭団地のタワーマンション、太平洋が一望できました。
f0003138_1242532.jpg
萱ヶ崎方面です。
f0003138_12421918.jpg

薄い踏み跡を辿って下ったらまた沢につかまってしまいました。枯草が雪に半埋もれの
歩きにくい草地から錦ヶ丘に出る林道に無事抜けることができてほっとし冒険が終わりました。
f0003138_12454662.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2014-01-16 12:49 | 仙台近郊

2014.1.8坪沼の愛宕山を眺めながらぐるっと

ここのところしばらくは山を一緒に歩いてはいなかったけど、なにかにつけ「元気にしてる?」メール
をくれるT瀬さんと「新しい年だね 山歩き」をすることになりました。ちょうどメールをもらって
いたmaronnさんにも声をかけて3人で坪沼の愛宕山を歩くことになりました。
山頂にある2本の杉と北側を大きく削られた形であちこちから同定できる山ですが
愛宕山だけでは往復に1時間もかからない簡単過ぎる山です。
私のお気に入り、送電線の巡視路を利用した西側の丘陵も歩く一周コースで三方から愛宕山を
眺めながら歩いてもらうことにしました。

手前のお蕎麦屋さんの駐車場に車を停めさせてもらい歩き出しました。
鳥居からいきなりの急坂登りです。
f0003138_12142100.jpg

下のほうはずっと杉林の登りが続きます。
f0003138_12144429.jpg

片側に広葉樹が出、明るくなってくれば
f0003138_12153669.jpg

すぐに山頂です。
「今年もたくさん山が歩けますように」
f0003138_12162752.jpg

最近あちこちで目に付く鹿ノ上山です。
f0003138_12172728.jpg

山頂から南西方向に進みます。
こちらからみる愛宕山も急に見えました。
f0003138_1220446.jpg

舗装路に出、西にさらに進んで巡視路に入りました。
ここは奥羽山脈のパノラマ展望が得られるコースなのですが、この日は曇り。
残念ながら遠くの山を見ることはできませんでした。がっかりして近くの景色を取るのも
忘れてしまいました。
北側の山の一番高い鉄塔から進行方向の高寺山(三角点名に山をつけた仮称です)を眺めます。
f0003138_12255028.jpg

このコースを最後に歩いたのは3年前でしたが、高寺山は伐採が進んで開けた感じになっていました。
f0003138_12341841.jpg

切られて重ねられた丸太に座ってのお昼は風がなく気温も高めなのでゆっくりすることができました。
お腹を満たしてから三角点を見に斜面を登りました。
f0003138_12315121.jpg

樹木で展望はよくありませんが、maronnさんはスリル岩に登って楽しんでくれたようです。
f0003138_12334830.jpg

東に進んだ最後のピークも伐採されて見晴がよくなっていました。
f0003138_12345750.jpg
南側から眺める愛宕山は傾斜が幾分緩く見えました。
f0003138_12351387.jpg
車道をトコトコ戻ります。
南東側からみる愛宕山は周りの風景と相まって穏やかな里山に見えました。
f0003138_12352540.jpg
赤は6日に歩いた三方境の藤ノ入コースで緑が愛宕山です。どちらも8キロ強でした。
f0003138_12354486.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2014-01-09 12:47 | 仙台近郊

2014.1.6仙台市・名取市・村田町の三方境 藤ノ入

新しい年も9日目になってしまいました。
のんびり度がさらに増したような新年の始まりになってしまいましたが
今年もよろしくお願いいたします。

年明けはふるさとの里山歩きからスタートです。
仙台市との境を成している菅生の余柄から東北電力の送電線新JR仙台線を東に辿りました。
f0003138_11301260.jpg
モミの大木が残っているところがあり圧倒されながらひと山越えました。
f0003138_11303915.jpg
地図をみると仙台市の境田から林道が延びているはずですが、ズブズブともぐりそうな湿地帯で車はとても走れそうにありません。底なし沼が思い浮かんで急いで横断しました。
f0003138_11305995.jpg

あとは歩きやすい林道歩きのあと山道をちょっと歩くと藤ノ入(三角点名よりの仮称)でした。
山頂は樹木で展望が利きませんが、少し下の鉄塔はよい見晴らし台になっていました。
鹿ノ上山と中ノ森が目立ちます。
f0003138_11384885.jpg
茂庭団地と太白山方面。泉ヶ岳や船形山は重い雲に覆われて見えずに残念でした。
f0003138_1139127.jpg
ちょうど仙台市・名取市・村田町が合わさるあたりから藤ノ入山を眺めます。
f0003138_11391770.jpg

北東に伸びる境界の稜線を進んでみましたが、ひっかかれ藪が出てきました。
274mピークを越えるとまた歩きやすい道になるのはわかっていましたが、この日は
服の都合で無理に進むのはやめることにしました。
[PR]
by miyagi1305 | 2014-01-09 11:55 | 宮城県南