<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013.10.28紅葉の湯川渓谷(塩沢~くろがね小屋)

渓谷美に魅せられ、塩沢スキー場から湯川沿いに歩く塩沢コースはずいぶん前に続けて
歩いたことがありました。
ここしばらく、なぜか
(このコース注意を要するところが数か所あり、たぶん足脚肩の故障が
続いていたときには歩く勇気が出なかったんだと思う)
忘れてしまったようにご無沙汰していました。

ふっと湧いたようにこのコースが思い浮かんだので出かけてみました。

駐車場付近の道路やスキー場の紅葉が見ごろになっていました。
月曜日だけど4台くらい車が停まっていて、私のすぐあとにも1台やってきました。

スキー場では結構見事な紅葉の見られるところが多いけど、ここの紅葉もきれいでした。
f0003138_10502261.jpg
森の中に入り、金剛清水付近はまだ始まったばかりの紅葉でした。
f0003138_10512734.jpg

三階の滝入口。滝をみようと下に降りてみましたが、樹木に邪魔されてすっきりとはみえませんでした。
水量はかなり多くすごい音がしています。
以前下の道を使って屏風岩のところまで行った記憶がありますが、今回は上の道に戻ることにしました。
f0003138_10532533.jpg

渓谷の紅葉が鮮やかな中、滝のような水音をずっと聞きながら屏風岩に着きました。
f0003138_10573464.jpg

山肌の紅葉が鮮やかです。。
f0003138_1057598.jpg

八幡滝に寄り道(といってもすぐそば)します。
f0003138_10585852.jpg

遊歩道沿い沢。
f0003138_1191451.jpg

上の二つの沢が合わさった下流をみおろします。
f0003138_1182347.jpg

遊歩道に戻って先に進みます。
えっ!ここ渡るの。。。滑らないかな。靴に水はいらないかな?
ちょっと不安になりましたが、両方大丈夫でした。
こんな感じの橋が3か所とアルミの穴あき橋が3か所かかり、右岸左岸と渡り返しながら進みました。
f0003138_1110937.jpg

鮮やかな紅葉が続きます。
f0003138_11114377.jpg

天狗岩付近の小滝。
f0003138_11143139.jpg

引いて、紅葉がきれいです。
f0003138_11152161.jpg

荒龍岩付近。
f0003138_1117065.jpg

小さな湿原のそばを通ります。
f0003138_1119613.jpg

勢至平からの広い道と合わさるところが近づいてくると左岸の斜面の展望が開けてきました。
f0003138_1122336.jpg

広い道からくろがね小屋や奥の山頂稜線を眺め、戻ることにしました。
f0003138_11255044.jpg

帰りも紅葉を楽しみながら歩きました。
紅葉越しに天狗岩を見上げます。
f0003138_11272336.jpg

ちょっと怖いヘツリの所を無事通過してほっ。
f0003138_11284493.jpg

屏風岩でちょうどお昼。
岩の上に腰かけて紅葉を眺めながらゆっくりランチを食べました。
f0003138_11292321.jpg

朝、光の関係でいまいちの紅葉に見えた斜面も鮮やかになっていました。
f0003138_11315555.jpg

さびしくない程度にすれ違いのあった湯川渓谷でした。
帰りに塩沢温泉の湯川荘で汗を流そうと思ったら、もうやってませんでした。
残念。ここのお風呂から眺める雰囲気が結構好きだったんですけど。
[PR]
by miyagi1305 | 2013-10-30 11:44 | 福島県

2013.10.21紅葉近くの穴場 山形神室

10月後半はパッとしないお天気の日が続いていますが、ちょっと心細くはありながらも
晴れマークがついた21日、予報に裏切られても近くならあきらめもつくかなと
山形神室に行ってみることにしました。
9時から15時くらいが割とよくなる予報だったので、朝のんびりしてから出かけました。

そういえば山形神室は花を見に出かけることが多く、紅葉の最盛期には歩いたことがありません
でした。
標高からいえば、今の時期が見頃と思い、内心期待に胸を膨らませて出かけました。

紅葉は想像以上!なんだ、なんだ、こんな近くに紅葉の穴場があったんじゃないか!
と、この日もわくわく続きの山歩きになりました。
紅葉の特にきれいだったところだけ拾って載せてみます。
ハマグリ山付近から。下には山形道の山形側が見えています。
f0003138_1125842.jpg

ハマグリ山付近から宮城県側。
f0003138_1143129.jpg

いろどり豊かな斜面をアップで。
f0003138_1151162.jpg
トンガリ山に向かって登って行きます。
f0003138_1153117.jpg

ハマグリ山を振り返って。奥で雁戸は雲に隠れたり現れたりしていました。
f0003138_1162578.jpg

山形神室の山頂部は落葉が進みさっぱりした感じになっていました。
f0003138_1181845.jpg

今日は仙台神室まで行く元気はないので、急な下りが始まる手前の展望石まで行って
戻ることにしました。
展望石の上に腰かけてお昼を食べている間、雲は忙しく動いていましたが、ほんの一瞬
陽に照らされると鮮やかな斜面が姿を現しました。
f0003138_11111317.jpg

南側。奥に雁戸山。相変わらず見えたり隠れたりしていました。
f0003138_11144420.jpg
山形神室まで戻ってからは次々に登山者とスライドしました。
トンガリ山に進みます。
f0003138_111596.jpg

トンガリ山から宮城県側をみおろします。
f0003138_1117387.jpg
トンガリ山から山形神室を振り返ります。仙台神室はすっぽり雲に包まれてしまいました。このころから雲が重くなってきました。
f0003138_11173675.jpg


笹谷峠の駐車場ではドライブに来た人たちもうれしそうにテンションを上げていました。
軽トラックに木をつけている人がいたので、まさか山で掘った?!と心配しながら近づいたら
鉢に入った盆栽風ウメモドキでした。それを見て写真を撮る人。
知り合い同志がこんな山の中でばったり。そんなうれしさに舞い上がる人。
ちょっと賑やかな駐車場でした。
[PR]
by miyagi1305 | 2013-10-23 11:35 | 蔵王~面白山

2013.10.10古寺鉱泉から小朝日岳

この日(10月10日)の3日前(10月7日)に道路事情が分からずあきらめた小朝日岳に再度トライしに出かけました。
今度は寒河江SAで降りて朝日町の宮宿経由で行ってみることにしました。
ところが。
なんということでしょう。
こちらこそ、朝日自然観への道が分岐するところで朝日鉱泉方面への道は
ゲートがしてあって、≪道路欠落 全面通行止≫となっていたのでした。
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛
でもこの日はなにがなんでも〔小朝日岳〕の決意のもと、大井沢へ廻って
1時間ほど時間をロスしながら古寺鉱泉に着いたのでした。

仙台ナンバーの女性4人が出発するのを朝ごはんを食べながら見送り、こちらは
8時半にスタートしました。
歩きやすい登山道をよいペースで上がると1時間ほどで明るい黄葉が迎えてくれました。
f0003138_1721405.jpg

そこそこの水量がある一服清水。
f0003138_17231694.jpg

鮮やかな紅葉がもう少しでみられそうな古寺山の斜面が見えてきました。
f0003138_17243272.jpg

すぐにハナヌキ峰への分岐。ピンクのテープが2本の樹に張られて通行止めのようになっている
ということは、日暮沢小屋ー根子間の林道に問題があるのでしょうか。
今の車では根子から日暮沢に入る林道を走ることはできないのでこちらのコースは初めから
あきらめモードです。
f0003138_17455081.jpg

分岐からは古寺山に向かって登って行きますが、深くえぐれてしまった登山道を細かく迂回
する道が数か所できていました。
中間頃にある三沢清水はしずくがしたたるくらいの水量でした。
f0003138_17375754.jpg

紅葉がきれいな古寺山に到着しました。
朝日の主稜線にはところどころ雲がかかってましたが、中岳の山頂だけはわりとよく見えていました。
f0003138_17401866.jpg

ダケカンバがやわらかい感じです。
f0003138_17404618.jpg

大朝日岳の山頂は雲に隠れたままでした。
f0003138_17423158.jpg

きれいな紅葉の中を小朝日岳に向かいます。
f0003138_1750402.jpg

11時半、ちょっとそっけない感じの小朝日岳山頂に到着しました。
f0003138_17522558.jpg

西側の一段低いピークに進んで景色を眺めながら休憩することにしました。
f0003138_17571757.jpg

f0003138_1759845.jpg
f0003138_17592998.jpg
f0003138_1759452.jpg
来年こそは久しぶりに大朝日岳に向かってこの道を登ってみたいものです。
f0003138_180741.jpg

30分ほど景色を楽しみ、引き返すことにしました。
陽があたれば古寺山の西斜面は鮮やかな紅葉がうかびあがりました。
f0003138_1845497.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-10-16 18:12 | 山形県

2013.10.7ふたたび姥ヶ岳(月山)最盛期の紅葉にあう

自然博物園から石跳川沿いに装束場に上がり、姥ヶ岳経由で姥沢に下るコースで
黄葉を楽しんできました。
装束場手前からは黄金色に輝く草紅葉とミネカエデに包まれながら夢見心地で歩を進め、
姥ヶ岳頂上から見下ろす牛首下の草紅葉とミネカエデの黄葉もこれ以上ないというほどの
鮮やかさで感嘆符がいくつあっても足りない満足度の高い山歩きになりました。
リフト上駅そばの姥ヶ岳と牛首の分岐の所は写真撮りの人たちがずっとカメラを構えていました。
f0003138_9184585.jpg


実はこの日は小朝日岳に登ろうと古寺鉱泉を目指して車を走らせていました。
距離は長いけど走りやすい大井沢経由にするか距離は短いけど細いくねくね道が続き運転は
大変な朝日町経由にするか迷ったあげく、ナビの奨めもあり高速代を奮発して大井沢経由で
行くことにしました。
順調に進み、残り20キロを切った月山料金所を過ぎたところで、ナビが突然一般道を戻る、残り
68キロの案内をはじめたのです。なにか誤作動でもしたのか、はたまた、と少し気になりながらも
車を進め大井沢への道を進んで行くと、道路がズタズタ状態で工事のためのう回路ができていました。
そうだ、ここはこの前の集中豪雨で甚大な被害を被ったのだっけ、と初めて思いだしたのでした。
道路情報掲示板には大江町へは全面通行止めの表示もされていました。
県道27号線大頭森山そばを通る大井沢トンネルだけをさすのか、それとも古寺鉱泉のほうの道も
入るのか?誰かに聞こうにもこんな時は誰も歩いていません。

同じ山を続けて歩くようなことはほとんどありませんでしたから仕方なくといった感じで月山に
方向転換したのでしたが、月山の山の神様は私にこの景色を見せたくて呼び寄せたに違いない
と、歩いては大大大満足の月山でした。

ちなみに古寺鉱泉に道路状況を聞いてみたところ、大井沢からもちゃんと入れるとのことでした。
まったく。ナビに翻弄されてしまいました。
前夜までは仙台に買い物に行く予定だったのに、朝天気予報で晴れマークをみたら、磐梯山に
行こうと思いだし、準備中にいやまてよ、なぜか紅葉の時期に出かけられない小朝日岳のほうが
いいかも、とコロコロ変えての出発でした。
下調べもしないまま急に変えるからこんなことになるんだなあなんて、暗い雲に同調しながら
自然博物園を歩きだしたのでした。

湯殿山の斜面の紅葉はまだこれからでした。
f0003138_109639.jpg

一方、反対側の姥ヶ岳の斜面は鮮やかでした。
f0003138_10102677.jpg

石跳川をみおろしてみます。
f0003138_10111446.jpg

装束場にあと少しというところで鮮やかな黄金色が目に飛び込んできました。
花の季節にしか歩いていなかったので、季節を替えてのこんな素晴らしい景色には
出合えていなかったのでした。
f0003138_10124381.jpg

湯殿山も北斜面は紅葉が進んでいました。
f0003138_10154545.jpg

すんなり通り過ぎてしまってはもったいないような景色が続きました。
f0003138_10172586.jpg
f0003138_10174063.jpg
振り返って湯殿山。
f0003138_1018439.jpg

9月28日に紅葉がきれいだった金姥から上の広葉樹はほとんど葉を落としきっていました。
その時にきれいだと思った牛首下の窪地の草紅葉は鮮やかさを増していました。
f0003138_10215113.jpg
f0003138_10223827.jpg

この鮮やかな黄金色の景色の中を歩いてみたいので、姥沢まで歩いて下ることにしました。
f0003138_1026118.jpg
f0003138_10262166.jpg

姥沢小屋跡からはしばらく志津温泉への道を下りました。
月山リフト下駅を見上げます。
f0003138_1030983.jpg

日当たりが良く、シダが茂っているところや、クマの糞数か所を通り、大きなブナが
現れ始めた急坂を下ってから車道に出て3キロの車道歩きで戻りました。
山道歩きは12.5キロでした。
f0003138_10351534.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-10-09 10:35 | 山形県

2013.9.28草紅葉を見に。姥沢から月山へ

牛首下に広がる草紅葉が見頃のはず、と月山に出かけてみました。
朝7時半に歩き出した時にはまだ静かでしたが、下山を始めた10時半頃からから
すごい数の団体?
と思うほど数珠連なりで人が登ってきました。
山歩きを終えて戻ると、広い駐車場(250台くらい?)は9割以上が埋まっていました。
紅葉時期の週末、月山はやっぱりすごい人出になるということを実感した今回の山歩きでした。
もちろん、紅葉にはうっとりの山歩きになりました。

更地になった姥沢小屋跡から山道に入り、湧水2か所で喉を潤しながら登りました。
最初の「雄宝清水」。このへんからは月山の斜面の色付きを見ながら登りました。
f0003138_545476.jpg
草紅葉が期待に応えてくれました。
f0003138_5452417.jpg

紫灯森に向かって登って行きます。
f0003138_5465514.jpg

リフトからのコースとの分岐から振り返ります。
f0003138_550233.jpg

牛首に上がってからは西斜面の紅葉が特に鮮やかでした。
f0003138_551301.jpg

登っている間は汗を絞られましたが、山頂に着いたら、ひんやりする風が吹いていました。風当りのいくらかでも弱そうなところを選び、念仏ヶ原のほうをみおろしながら休憩しました。葉山の手前には雲が湧いています。
f0003138_552645.jpg

神社から少し戻ったところにある西側展望の所から北側を眺めます。
前回の山歩きで、あちら側からこちら側をみた鳥海山が見えていました。
f0003138_632967.jpg

山頂台地の北斜面越しに姥ヶ岳や湯殿山が眺めます。
f0003138_664962.jpg

枯草の間でハクサンイチゲがまだ花を咲かせていました。
f0003138_5592672.jpg

鍛冶小屋跡から下は人人人がぞくぞくと登ってきました。
f0003138_69739.jpg

牛首からは姥ヶ岳を経由して戻ることにしました。人混みも一段落でほっとしながら
紅葉を楽しみながらゆっくり歩きました。
f0003138_6121288.jpg

紫灯森から姥ヶ岳。
f0003138_613242.jpg

紫灯森西斜面。
f0003138_6135743.jpg

こちらも草紅葉がきれいな姥ヶ岳から月山を振り返ります。
f0003138_6192593.jpg

牛首下の草紅葉は微妙な色合いのグラデーション模様が浮き上がりきれいでした。
f0003138_6202183.jpg

姥ヶ岳山頂から月山。
f0003138_6224364.jpg

紅葉越しに湯殿山を眺めながら小休止しました。
f0003138_6233784.jpg

月山と草紅葉の見納め、リフトで下りました。(560円)
f0003138_6242146.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-10-02 06:46 | 山形県