<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013・3・27 快晴!湯殿山で展望を楽しむ

山頂からは360度、山また山と日本海の展望が楽しめた湯殿山でした。
f0003138_15121469.jpg


前夜まで会津の山を予定していましたが、朝天気予報を最終チェックしたら、どうやら
日本海側のほうがお天気に恵まれそうです。
急遽地図を入れ直して湯殿山を目指すことにしました。
西に進むにしたがってどんよりしていた空が明るくなり、蔵王連峰北側や二口山塊の山が
輝いてきました。
これなら月山周辺の山も期待できそうです。
今のエコ車は高速走行と坂道走行はがくっと燃費が落ちるので、逸る気持ちを抑えながら
ゆっくり車を走らせました。

8時ころ着いた志津の駐車地には5台の車が停まっていて、両隣は遠くから来たボーダー。
こんなお天気ですから、みんなワクワクしながら歩き出したに違いありません。

ガードレールでゲートが閉まっていましたが、除雪作業の人たちでしょうか、車が数台
通っていきました。
雪の壁はまだ結構高いですが、除雪は着々と進んでいるのでしょう。
f0003138_15301164.jpg

石跳川の右岸壁を避けるべく、六十里街道のほうへ入った所から取りつきました。
硬い雪の上に新雪が10~15センチほど積もっています。
標高800mの場所にいるとは思えないほど暖かく、アウターはすぐに脱ぎ捨てシャツも
脱いで軽装で歩きますが、それでも登り斜面では汗がでるほどでした。
そんなわけでスノーシューにも雪が付き重い足取りで進みます。
ちょっと登ると小朝日や大朝日岳がさっそく見えてきました。
f0003138_1538048.jpg

進行方向に目指す湯殿山(左)を見ながら進みます。
姥ヶ岳(中央)と月山(右)と3山が並んで見えて得した気分です。
f0003138_15434177.jpg

行きはカワクルミ沼の沢の様子がわからない(上の写真のようにばっくり割れていたら大変)
ので西側を巻いて湯殿山の南東尾根に取りつくことにしました。
大きく目立つ右側の山。赤見堂山でしょうか。
標高をあげて行くとこの山も高みを増すように朝日連峰の手前で威風堂々と存在感を
増すのでした。
f0003138_15543163.jpg

ブナ林がきれいです。
f0003138_15484086.jpg

標高1200mあたりでブナ帯は終わります。終わったところの上の斜面が一番急でした。
f0003138_15563962.jpg

疲れては足を停めて朝日連峰方面を眺めます。
f0003138_15564782.jpg

大分登ってきましたが、上のピークの上にも隠れたピークがあります。
ノウサギの足跡があります。
こんな高い所まで遊びに来たのか?と思いましたが、背の低い樹木の芽は届きやすくて
食糧になるのかもしれませんね。
f0003138_1558485.jpg

振り返って。中ほどに小さな雪庇もあり、最後は這い上がるようにして乗りました。
(下りはどうしようと不安でしたが、場所をずらして下ったらどおってことありませんでした)
f0003138_1612492.jpg

姥ヶ岳に隠れていた月山が見えるところまで登ってきたら、山頂はもうすぐです。
f0003138_1683689.jpg

山頂ではぐっと月山の存在感が増してきました。
f0003138_16112424.jpg

鳥海山と日本海が見えています。
f0003138_16141623.jpg

西側ビューの奥も日本海です。
f0003138_16143777.jpg

何度も登場の朝日連峰ですが、山頂からの展望もやっぱり入れたくなってしまいました。
f0003138_162198.jpg

姥沢へ続く山岳道路側。奥には蔵王連峰が見えてます。
f0003138_16232526.jpg

風もさほどなく、のんびりもできるのですが、紫外線は心配なのですぐに下ることにしました。
少し下ったところで男の人とスライドしました。
湯殿山であったのはこの方だけでした。
下りはこの方のトレースを使いカワクルミ沼の東側を通りました。
新雪の下で硬かった雪はびしょびしょ状態で、スノーシューが重く、荷物も重いしで
終わりごろは腰に来ました。
平坦なところは楽なようで結構疲れますね。

などと言いながらも、とっても楽しかった湯殿山でした。

10.5キロほど。登り3時間半、下り2時間でした。
f0003138_16321739.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-03-28 16:32 | 山形県

2013.3.20県境の山 手倉山(672.2m)

福島県との県境いに沿って長く東西に伸びる手倉山は山頂すぐそばまで牧草地が広がり
山というよりは高地の一部といった感じがあります。
またdocomoなどの中継所があり管理道路が山頂まで延びているため山頂を目指すために
訪れる山ではありませんが、山頂の北東部には美しいブナの多い林が広がり癒しの空間を
作っています。
そんな雰囲気にひかれて6~7年前ころまでたて続けに訪れた手倉山でした。
今はどうなっているんでしょう?気になりだしたので亘理人さんを誘って歩いてみることにしました。
山頂付近だけでは物足りないので、今回は青葉川沿いの『南青葉のモミ原生林』を通る林道
を利用して下から登ってみることにしました。

一番奥の民家の所に車を置かせてもらいスタートです。
さっそくキクザキイチゲの出迎えを受けました。
曇天のせいか開ききらずうつむき加減ですが、今年のお初なのでうれしくなりました。
f0003138_1155444.jpg

きれいな渓流沿いにしばらく歩きます。
f0003138_1156784.jpg

道が二岐に分かれるところ。
前はずいぶん上まで車で入ったのでしたが、今回は小さな落石がこの手前で起きていて
歩きにしてよかったと亘理人さんと話ながら歩きました。
f0003138_11584991.jpg

進んでいくと山の斜面に道が見えました。
モミの原生林もどうなったか気になるところでしたが、やはり山道の誘惑には逆らえません。
すーっと引き込まれてしまいました。
f0003138_12236.jpg

所々で少し邪魔な灌木が現れるもののおおむね歩きやすいところが続きました。
f0003138_1243870.jpg

明瞭な作業道に出て進むと突然こんな看板が。
f0003138_126375.jpg

モミ林からここまで歩道が続いているように書いてあります。

見下ろせば、モミの木の深い色と対照的に元気のない薄緑色の樹木(針葉樹
のようですが・・・)も目立っていました。

急な尾根をぐんぐん登っていきますが、笹がないので広葉樹のところはとても開放的で
よい雰囲気でした。
f0003138_1211161.jpg

北東方向から延びてきたすっきりした尾根に出ると、よい雰囲気の所と交互に
赤松に細い灌木が少しごちゃごちゃした所を繰り返しながら進みます。
ほとんど傾斜もないような緩やかなところに続く踏み跡を拾いながら進むようになりました。
分岐の所。どっちに進んでも林道に出られそうですが、まっすぐに手倉山に近づくように
選んで進みました。
f0003138_12152087.jpg

斜面の向こうに山頂のアンテナが見えて手倉山が大分近づいて来ましたが、それよりも
地面にびっしりと敷き詰められたようなイワウチワの葉に感動しました。
f0003138_1217515.jpg

無事林道にでました。
振り返って。左手が歩いてきた山道です。入口はずいぶん広いですが、中は薄い踏み跡程度の
道が続きました。
f0003138_12192628.jpg

お昼を食べてから林道の反対側に入りました。
歩きにくい藪はないのでどこでも歩けますが、なるべく雰囲気のよい所を選びながら進みました。
f0003138_12224331.jpg

途中、配置が絶妙で人工的に作られた庭のような美意識の高い空間がありました。
すぱっと切ったような岩もあり、自然の妙に感心しながら通りました。
f0003138_12233741.jpg

中継所の建物がすぐそこに見えていますが、写真では魔法のように消えていました。
(なんてね)
f0003138_12255533.jpg

亘理人さんの車が主をじっと待っていましたが、もうちょっと辛抱してもらい、遊歩道が
どうなったか見に行くことにしました。

その前に一番標高の高そうなところにある貴重な三角点を見に行きます。
宮城県は一等三角点の数が少なくて、たったの14個ですがその中の一つがあります。
前は白い棒?に一等三角点と書いてあったのに、建て直されたものは『三角点』としか
記されていません。
f0003138_12334052.jpg

遊歩道がどこなのか忘れて少しうろうろしました。落ち葉に埋もれてはっきりしなくなって
来たようです。林は疎林なだけに萌芽しやすいのか細かい灌木がずいぶん出てきていました。
前はもっと広々した感じだったのに、あれはやはり人の手が入ってのあの空間だったのだ、
と改めて気づいたのでした。
以前は気づかなかった(知らなかったので)シロヤシオの樹の間を通り抜けながら山頂に戻りました。
f0003138_12372992.jpg

これはなんの実なのか?翼が付いていて、実の部分全体で10センチ以上の長さがありました。
f0003138_12402767.jpg

遊歩道歩きも入れて6.4キロ。4時間ほどでした。
f0003138_1242427.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-03-21 13:01 | 阿武隈山地

2013.3.16 名取市の大沢(三角点名)山

2月に高舘山(高舘丘陵)を歩いた時に棟沢を挟んだ西隣の大沢山の伐採が進んでいる
のを見て、作業道を利用して大沢山の尾根を歩けるのではないかと気になっていて
確かめに行ってきました。
結果は思った以上に楽しいものになりました。
棘藪のまだ出ていない今だから歩ける期間限定で展望が楽しめる山でした。
蔵王から泉ヶ岳までが見えています。
f0003138_15305641.jpg


樽水ダムの湖畔公園駐車場に車を停めて歩き出しました。
大館山を歩いた時に使った林道を更に奥に進み、ところどころに表れる枝道に適当に
入り、山歩き気分を味わいながら進みます。
f0003138_15373351.jpg

そのあと林道に戻って歩いて行くと大きな『山の神』碑が斜面の上に見えひと歩きで
大沢山到着です。
四等三角点があったと記憶しているのですが、今回目に付いたのは下のものでした。
国土地理院の普通の三角点と違い、これは地籍を明らかにすることを目的に設置された
ローカルなものらしいですが、普通の三角点よりは見る機会が少ないような気がします。
f0003138_15434058.jpg

ここまでは7年前に歩いたことがあり、その時はさらに北に続く道が気になりながら
諸事情でここで引き返したのでしたが、今回は思うぞんぶん歩いてみましょう。
誰が歩いているのか、藪もない歩きやすい道がずっと続きました。
f0003138_1555888.jpg

進行方向右手にはすっかりおなじみになった東京石灰の採石場が見えています。
f0003138_15562415.jpg

一旦沢筋に降り、右手の杉林を登り返すと伐採地に出ました。
棟沢の民家と2月に歩いた高舘丘陵の尾根が見えています。
f0003138_155897.jpg

ブル道が無数に張り巡らされていて、あみだくじみたいです。
とりあえず東の端っこを選んで下って行くと北東部にわずかに残っている林に続く道へ導かれました。
f0003138_161793.jpg

下の道路が見えてくると四阿みたいなのが見えてきました。
地区の集会場かなにかでしょうか。
f0003138_165203.jpg

農家の人たちは畑作業にせいをだしていますが、このあたりは団地の人たちの格好の散歩
コースになっているようで人影が結構みられました。
f0003138_1675479.jpg

すぐ西隣の尾根を登ってみましたが、上でさらにその西隣に移れることがわかり移ってみました。
こちらは笹原が広がっていました。東の尾根よりは早い時に伐採されたのか、棘植物が出始めて
いましたが、まだ快適に歩ける範囲内でした。
抜群の展望を楽しみながら歩きました。
刈田岳から熊野岳。
f0003138_16114551.jpg

大東岳。
f0003138_16124350.jpg

後白髪山と三峰山方面です。
f0003138_1613162.jpg

また近いうちに展望を見にきたいと思った大沢山でした。
f0003138_16175792.jpg

10キロ弱でした。
f0003138_16233768.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-03-18 16:31 | 仙台近郊

2013.3.13 とことん蕃山

大崎市のチームabcさんごいっこうをお迎えし、亘理人さんと5人で蕃山を歩いてきました。
大梅寺で待ち合わせをし、車2台を残して茂庭台奥の鍋田に移動しました。
ここから送電線の巡視路を利用して萱ヶ崎山へ登り、そのあとは気分任せで、白滝~蛇台蕃山
~西風蕃山~蕃山開山堂~大梅寺と、8.5キロをゆっくりペースの約5時間半で歩きました。

蕃山にはつい最近まで雪があったことを忘れるようなきれいな落ち葉斜面があちこちにあり
癒される思いで歩くことができました。

錦ヶ丘へ抜ける林道からスタートです。
f0003138_115238.jpg

入ってからしばらくは広葉樹、中ごろに杉林が続いたあと展望のある鉄塔に出ます。
南側の赤石山や鹿ノ上山が見え、その右奥には南蔵王が見えました。
f0003138_11554691.jpg

一旦下って広葉樹の尾根を登って行きます。
f0003138_11585894.jpg

まだらに雪が残る斜面を巻きながら進んだあと、急坂を一登りで萱ヶ崎山に着きました。
数年前巡視路沿いが整備されたばかりの時にできた展望はあっという間の樹木の成長に
つれてさらに窮屈な感じになっていました。
f0003138_1205657.jpg


休憩の話は酒談義。
なになに?wさんは芋焼酎とゴマ焼酎は癖があるので好きじゃない?
そば焼酎が好きなんだって。
またaさんのお奨めはフルーティーで超甘なカナダ産のアイスワインですと?
う~む。私は飲めなくなってからすっかりお酒関係には疎くなってしまいましたが、飲める
ものなら是非にも飲んでみたくなるような魅力的なお話でした。
などと楽しくおしゃべりして元気を取り戻し、先に進みます。

このまま西風蕃山から蕃山へと歩いたのでは歩き足りない気もしてきmした。
しばらく寄っていなかった白滝へ行ってみることにしましょう。
途中ブーケのようなヤドリギが落ちていました。この山にはこんなにヤドリギが多かったんですね。
f0003138_12115476.jpg

後ろのほうで足が止まったのでなにかな?と思ったら下の斜面の所でなにか動くものが見えたとのこと。
クマ?にも見えるけど白い紙みたいなものを持っていたそうです。
そんなクマはいないからたぶん黒い服を着た人なんだろうということになりました。
あとで遊歩道で出会った東北大生と話をしたら9月にあるオリエンテーリング大会の準備調査
をしていた学生さんだったようです。

錦ヶ丘に下り切って白滝不動尊に出ました。
f0003138_12191325.jpg

白滝というよりは白糸の滝だよねえ、とaさん。
確かにね~。画像で大きく見せようとしても無理な小さな小さな滝ですね。
f0003138_12193018.jpg

さて、ここからどうするか?
同じところを戻るのは嫌なので、蛇台蕃山のほうへ登れないか試してみることにしました。
関係者以外立ち入り禁止の看板があり、道路のようになったところにゲートもありましたが
横に通れるところがあったので、ちょっとだけ道路を横断させてもらい、蛇台蕃山への斜面に
取りつきました。
歩く人が結構いるのかしっかりした道ができていました。
蛇台蕃山を眺めながら登ります。
f0003138_12234331.jpg

途中そこだけ紫色の石と土のあるところがありました。
f0003138_12243382.jpg

山頂付近に出ました。
亘理人さんは前回歩いた時に見逃してしまったという石祠にご対面できて感激だそうです。
横に明治41年3月という日付が掘ってありました。宮城県の県民手帳の満年齢早見表は
ちょうど明治41年から始まっているのですが、105年経つ石碑なのですね。
私もおばあちゃんが明治41年生まれだったのでなにか縁を感じた石祠でした。
f0003138_12255815.jpg

『蛇台山』と書いてある『蛇台蕃山』の山頂です。
f0003138_12315363.jpg

お昼をゆっくり食べたあと西風蕃山へ向かいました。
去年9月に歩いた時ヘリコプターが一生懸命ナマコンを運んでいましたが、工事はまだ
続いていて作業する人たちが忙しそうでした。
f0003138_12351257.jpg

途中鉄塔の所で権現森の右側に泉の観音様と左側奥に泉ヶ岳が見えました。
真ん中の邪魔そうな樹はマンサクです。花が咲いていたので撮る側としてはOKだったのですが。。。
f0003138_12382010.jpg

気持ちの良い登山道を下り大梅寺に戻ってきました。
大梅寺はいままで見学したことはなかったのですが、亘理人さんの案内で進んでみると
なんと!ユーモラスでユニークなお顔の羅漢様がずらーっと並んでいたのでした。
f0003138_1245433.jpg

大梅寺は1650年の開山だそうですから363年経っているんですね。
下の樹は300年前に植えられたという歴史を感じさせるヒヨクヒバの大樹でした。
f0003138_12493446.jpg

北へ帰る大崎チームとは再会を誓ってここでお別れをしました。
f0003138_135171.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-03-14 13:29 | 仙台近郊

2013.3.4割山峠から七峰山

これまでに大沢峠から割山峠へと繋いできた阿武隈地塁山地の残り
割山峠から北端の七峰山までを3月4日亘理人(ワタリビト)さんと歩いてきました。

車1台を槻木大橋にデポし、車を停めるスペースが十分あるという角田市側の沢入地区
を通る車道に向かいました。
入口にバリケードのある林道そばに駐車スペースがありました。
しばらく林道を歩きます。
f0003138_591885.jpg

杉林の急なところを登り稜線に出ましたが、割山峠まで繋いでみようということになり一旦
南に進みました。
割山峠のすぐ上に石碑がありましたが、八方と神は読めますが神の上の字はなんと
読むのでしょうね?
f0003138_51226100.jpg

直下りで割山峠に下ってみました。
車道付近は濃い藪でした。
f0003138_5142998.jpg

そのあと、沢入を通る車道の入口付近から稜線に戻りましたが、割山峠からもらさず
繋げるということであればここからのスタートがよさそうです。

割山峠の砕石土取場はすごい勢いで山が削られていました。159mのピークはこんな
感じになっていました。
f0003138_5191149.jpg

ぐるぐる巻きのブル道を辿ってみると
360度展望の山頂まで登ることができました。
f0003138_5205592.jpg

三門山の左手には泉ヶ岳から船形山が見えます。
f0003138_522345.jpg

近くは右側愛宕山と左手堂捨山。
f0003138_523125.jpg

南西に安達太良と吾妻連峰。
f0003138_5243988.jpg

杉木立に邪魔されながらも南蔵王が見えていました。
f0003138_526325.jpg

大展望でもうけた気分に浸ったあとは縦走路に戻り北上します。
大きなケヤキの樹が2本立っていました。
今回一番印象に残った樹でした。
f0003138_5322381.jpg

ここから少し藪っぽいところが現れてきました。
f0003138_534883.jpg

箕輪峠に一番近づいたところ。
f0003138_535233.jpg

削られたところは下れないので迂回しました。
ダンプの埃をかぶりたくないので下のほうに出て角田市側から登ってみようか?と
亘理人さんと話をしていましたが、お昼になってダンプの動きが止まったので
急いで亘理町側に進むことにしました。
先ほど上から見下した削られ山が三角形になって見えています。
f0003138_541398.jpg

峠北側の削られた斜面のすぐそばにリボンがあり、歩いたような跡があったのでここに
取りつきました。
急な斜面の登りはほこりまみれの枝をつかみ、つかんだと同時に舞い上がるほこりを鼻先で
かぶることになりたいへんなところでした。
f0003138_5432028.jpg

砕石土取場のそばの稜線にはピンクと青のリボンが付けられ、杭や測量に使う道具が
残っていました。
まさか登山道を整備してくれるんじゃないよね?なんて冗談を言い合いましたが
土取場との境界を決める目印だったようです。
f0003138_5462512.jpg

土取場から離れた次のピークのところでお昼にしてから三門山に向かって進みました。
藪っぽいところばかり歩いてきたので三門山の車も走れる道路(数年前下から歩いた時は
管理車両以外は通れないということで下の入口にチェーンが掛っていました)に少しほっと
しながらまずは展望を楽しみました。
一番奥に四方山が見えています。
f0003138_550058.jpg

車道をしばらく進んで左手の林道に入ります(亘理人さんは車道の工事の様子を
見に行っています)。
f0003138_5515090.jpg

177mの鳩原峰山まで林道は続きましたがそのあと道が細くなり藪もひどくなってきました。
下の写真はまだよいほうで、このあと段々濃くなってきてまわりの景色が全然見えない中を
かき分けるようにして進みました。
f0003138_5533227.jpg

七峰山に掛ると大きなモミの木があらわれました。
f0003138_555237.jpg

三角点と福島勤労者山の会の山名板がある七峰山にやっと着きました。
白石川が阿武隈川に合流するのが見下ろせました。
阿武隈川の中州がよい感じです。
f0003138_623514.jpg

北側に進んで砕石土取場で削られた端っこに出ました。
グリーンピア岩沼のある深山が見えています。
f0003138_643765.jpg

下りはどこを取っても藪に悩まされそうです。車を槻木大橋に停めてあるのでまっすぐ
下るのが近いのですが、西山の神社に下ってみようということになり少し戻りました。
でも倒木がごろごろ横たわって歩けなかったり藪がひどかったりで思うように進めません
でした。
東側に下ることになってしまいましたが、やっぱりいばら藪には悩まされてしまいました。

車道歩きも入れて11キロ強でした。
時間は前半のんびり寄り道したりしたせいもあって7時間近く掛ってしまいました。
藪の深いところもあって大変でしたが、心構えをしていたせいか乗り切ることができました。
f0003138_615413.jpg
f0003138_6154654.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-03-07 06:45 | 阿武隈山地

2013.2.28 地蔵山から熊野岳と三宝荒神山

日本中移動性の高気圧に覆われ絶好の雪山日和となった2月28日。
良い状態の樹氷をみる今年最後のチャンス、と山形蔵王温泉からロープウエーを利用して
熊野岳まで歩いてみようと出かけました。

9時ちょっとすぎロープウエー前の駐車場はすでに満車でした。
ぎりぎりですぐ隣りの横倉第2駐車場に停めることができてほっとしてロープウエー駅に向かいました。
地蔵山頂駅まで往復2500円を払って乗り込みます。
蔵王ロープウエーの山麓線はギューギューの寿司詰め状態。
10分間隔で運行されていましたが、次々に乗るの人たちがやってくるのでできるだけ
詰め込むのでしょう。
ザックに付けたスノーシューが邪魔になり、すみません、とまわりの人に謝りながら、
身動きできない状態で身を縮めるようにして7分を過ごしました。
山頂線は16人?乗りで、みんなが着席できるので写真を撮るゆとりがありました。
広大な蔵王スキー場と、蔵王中央ロープウエー線の山頂駅のある鳥兜山や瀧山を眺めながら上りました。
f0003138_9251870.jpg

地蔵山頂駅に近づくにつれガスが出始めました。
4年前の3月初めにトライした時の荒天が思い出され、今回も?と不安がよぎりました。
ロープウエーを降りると下の穏やかな天気からは思い及ばなかった強風と寒さです。
強い風に運ばれたガスがかかったり取れたりを繰り返しています。
樹氷は?
よかった~。まだしっかりと残っていました。
f0003138_9322337.jpg

地蔵山に向かって樹氷の間を進みました。
f0003138_9324861.jpg

青空と地蔵山に向かって高度を上げます。
f0003138_9332683.jpg

振り返って地蔵尊のあるあたりにみえている人たちと三宝荒神山を眺めます。
f0003138_934617.jpg

地蔵山から熊野岳に向かって進んでいきます。
ワシ岩の左側の雲は掛っては取れ、を繰り返しています。
f0003138_9384591.jpg

南・北雁戸山の奥に続く奥羽山脈の山並みは船形山まではっきり見えていました。
f0003138_9441398.jpg

ワシ岩に近づいて直登コースで熊野岳に登りました。
f0003138_9474319.jpg

これな~んだ?
答えは熊野神社です。すごいえびのしっぽですね。
ちなみに左側のマウンドは避難小屋ですが、この上に乗って山頂気分を味わうことができました。
ここに乗っただけで風あたりが全然違い、長居はできませんでした。
f0003138_952296.jpg

中丸山を見下ろします。
f0003138_9525554.jpg

ここまで来たらやっぱりお釜は眺めなくちゃ、と東側に歩きました。
やはり風が強いので斜面が急に落ちているそばまでは近づけませんでした。
馬の背に人影はないようでした。
f0003138_9563180.jpg

巻き道で戻ります。
熊野岳の斜面と地蔵岳・三宝荒神山の間に朝日連峰と月山が入りました。
f0003138_9583997.jpg

朝日連峰をアップで。姿よい大朝日岳もしっかり見えていました。
f0003138_100466.jpg

手前はワシ岩から中丸山を眺めます。
f0003138_1004217.jpg

地蔵尊まで戻り、今度は三宝荒神山に登りました。
瀧山を眺めます。
f0003138_1023063.jpg

熊野岳と地蔵山を眺め下りました。
f0003138_1044845.jpg

ロープウエー山頂線の上のほうでは兵馬俑を思わせる樹氷が立ち並んでいるのを眺めることができました。
f0003138_1065638.jpg


無雪期何度も経験のあるコースでも、季節をかえれば新鮮な気持ちで歩ける、ということを再確認できた
地蔵山~熊野岳でした。
[PR]
by miyagi1305 | 2013-03-01 10:15 | 蔵王~面白山