<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012.6.23森吉山(ヒバクラコース)

初めて森吉山に登ったのは15年前こめつが山荘からでした。
そのあとどこかの山であった人にヒバクラコースは山人(やまびと)平のお花畑がすごいから
ぜひ歩いてみて、と勧められ毎年チャンスを狙っていました。しかし森吉は遠い。
休みが数日間取れること、今ならという時期、それと気力がある時が合わないとなかなか出かけ
ることはできず、延び延びになってやっと願いがかないました。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
阿仁前田から県道309号線を東に進む。
この道は大平湖、砂子沢峠を通り大舘市比内の大葛に抜ける道だ。
標高を少し上げていくと大きな「森吉山ダム」が現れてきた。前はなかったはず。いつの間に?
と思ったら出来立てほやほやだったみたいだ。ちなみに私が使っている山旅クラブの地図ソフト
にはまだ載っていなかった。
このダムはちょうどこめつが山荘へ登る道を挟むように大きく横たわっていた。
それにしても、こんな名前のダムが奥にもあったような?と思ったら、奥にある大平湖のは
「森吉ダム」だった。
紛らわしいね。

さて、阿仁前田から20キロ近く走っただろうか。森吉山荘を過ぎるとすぐに右にヒバクラ岳登山口
のある森吉山麓高原への入口があった。
ここから8キロ上るといろんな施設がある「奥森吉青少年野外活動基地」に入る。
f0003138_951569.jpg

高原の雰囲気はこんな感じ。
f0003138_9532137.jpg

中は標識に従って進んで登山口に着いた。
(写真は雨のため、下りで撮ったものがほとんどで、進行逆撮りです)
きれいな簡易トイレがあったのがうれしい。
f0003138_9594655.jpg

雨の日はできれば歩きたくないけど、こんな遠くまできてしまったらやっぱり歩くしかない。
それに少し幸いなのは雨具をつけようかどうしようか迷う程度の雨だということだ。
気温が9度と寒く、上に行ったら降りは強いに違いないので最初から上下をつけて
歩くことにした。

先行して行った人がいるので、なんとなく安心して歩いて行く。
木道などでよく整備され幅も広く、水気が抜けていればとても歩きやすいに違いない道が
水場あたりまで続いた。2・5キロあたりだったと思うが(ちょっと曖昧)、そのへんまではブナが
多く雰囲気がいい。
ちなみに水は池の中に湧き出しているので汲むのはちょっとたいへんだった。

上のほうの急な所や道幅の狭い所はどろどろの道に悩まされながら歩くことになった。
f0003138_10213393.jpg
f0003138_1021505.jpg


ヒバクラ岳の山頂には広い湿原が広がっていて、イワイチョウの葉っぱが一面を占めて
いたが、花はほとんどなく、ヒナザクラがまばらにさいていた。
のんびりしたいところだが、ここは風が強く雨も一段と当たるので休むわけにもいかない。

ドロドロ道に悩まされながら進んでいくと湿原の入口が近い雰囲気の斜面に出た。
ここは雪が融けたばかりだ。花には早かったかなあ、なんて不安に思いながら進んで行くと

うわあァァ!すごい!
沿道を埋め尽くすチングルマの大群落の歓迎を受けた。
ピンクのイワカガミも彩りがきれいだ。
雨でもなんでもこのお花畑をみることができて幸せいっぱいだ。
f0003138_10345042.jpg
f0003138_10345179.jpg
f0003138_10352058.jpg
f0003138_10352083.jpg
f0003138_10355198.jpg

そのちょっと上の湿原ではミズバショウが咲きだしたばかり。湿原に一面ちりばめられたような
ヒナザクラが数で目立っていた。
f0003138_10424773.jpg
f0003138_1043578.jpg

ここを過ぎると最後の登り。割と急斜面に残雪がついて登れるんだろうか?と
不安に思いながら進んでいくと、、、
うれしいことに階段状に雪が削られていた。
f0003138_1048334.jpg

もしかしたら山頂だけ雲から顔を出していたりしてね、なんてことはもちろんなかったけど
山人平のお花畑ですっかり虜になった森吉山だった。
f0003138_10504553.jpg


12キロ。この天気にも関わらず30人以上の登山者がいました。
中には阿仁ゴンドラで上がってきて山人平まで足を延ばしたなんて人たちもいました。
f0003138_1053782.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-06-27 11:05 | 秋田県

2012.6.22大白森

6月22日から24日の3日間で秋田県の山の湿原巡りをしてきました。
天気予報は3日間とも曇りのぱっとしないものでしたが、あわよくばに賭けてみましたが。。。
やっぱり梅雨らしい天気の歩きとなってしまいました。
よかったことは気温が低かったためレインウエア着用でもあまり汗をかかずにすんだことと
それほど苦にはならない程度の霧雨や弱い雨だったことです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
今回はなにがなんでも出かけるぞ、の決意のもと、前日ばっちり準備をした。
高速の半額深夜割に間に合うように2時半には起きて3時半にはうちを出るというやる気満々の
滑り出しでスタートした。

初日、本当は中生保内口から金十郎長根で秋田駒を目指す予定だった。
桧木内林道まで車を進めたはよかったが、入口に横倒しの樹があったり、枝が邪魔だったり、大石が
今にも崩れ落ちてきそうなところがあったりして、帰りに通行不能になってたらどうしようと不安になる
ような道路だった。
天気も霧雨で、さすがにあまり歩く人のいないコースを無理して歩くこともないような気がしてきたので
登山口のちょっと手前まで進んだけど引き返すことにした。

林道入口の倒木のところで、見事車の横腹を枝でひっかいてしまった。
なんだか秋田駒にはダメ、と言われている気分になってきた。
弱い雨が降っているので、バスに乗って8合目に行く気にもなれない。

そうだ!
と思い出したのが大白森だった。
忘れていてゴメン。
鶴の湯に着いたら雨は止んでいた。
こっちの山にはおいでおいでをされているぞ。
鶴の湯は朝から賑やかだ。さすが全国区の温泉だ。
とはいっても駐車場が車で埋まることはなさそうなので、登山口のそばに置かせてもらって歩き出した。
f0003138_1622259.jpg

階段を上ってすぐに感じのいいブナの森になった。
f0003138_163168.jpg

すぐに蟹場温泉への分岐があるが、ギンリョウソウが咲いていた。
水滴が付いていい感じだったので写真を撮ってみた。
f0003138_16105326.jpg

一旦林道に出て500mほど奥に進み今度は本当に登山道に入る。
車が3台停まっていたのはタケノコ採りの人たちだろうか。
カラマツ林から杉林を進み緩やかに登って行くが、道はぬかるんで歩きにくい。

ホウチャクソウが咲いていた。
f0003138_1612277.jpg

道はずっとどろどろだ。
登りはまだいいが、下りはたいへんそうだ。
杉林が終わると開けた日当たりのよい所を進み振り返ると田沢湖が端っこだけ見えてきた。
f0003138_169823.jpg

田代平へ分岐するあたりの山を見ながら登る。
f0003138_16142044.jpg

ブナ林をしばらく進んで分岐。
ここから先はほぼ平坦な広い道を進むが、これまた泥沼化していて歩きにくいことこの上ない。
ここはバイパスができていたが、そちらもずぶずぶの道になっていた。
だいたいこんな感じのところがずっと続く。
f0003138_16162331.jpg

小白森山はだいぶ低木化が進んだ湿原だった。
f0003138_16265228.jpg

イワイチョウの葉っぱが多いが花は少なかった。
f0003138_1628682.jpg

男の人が一人やってきた。
この日山であったのはこの人だけ。
今日は八瀬森山荘泊で明日は豪華に藤七温泉に泊まるんだそうだ。
明後日は焼山を通って玉川温泉に抜けるという。
そうか、その手があったか、と関心したが、重い荷物は背負えないので私には無理だ。

大白森へは一旦下りしばらく平坦な広い道を進むが、こちらもずぶずぶ状態は変わらず。
でもブナが多くて雰囲気はいい。
f0003138_1634877.jpg

最後に急な坂を登って大白森の湿原に飛び出した。
真ん中あたりに山頂標識があった。
振り返って。
f0003138_16363796.jpg

すぐ近くにわりと新しいクマの糞。湿原のど真ん中でなんて、わざわざ場所を選んだのかも
なんて思ってしまった。
f0003138_16385822.jpg

反対側まで行ってみた。
f0003138_16395717.jpg

800mほど進んで湿原の木道は終わり。そこからの道もぬかるんで大変そうなので
ここで引き返すことにした。
f0003138_1642348.jpg

右手は乳頭山、中央は三ツ石山かな。
ここは本当に山上に浮かんでいる感じがして気分が良かった。
f0003138_16485980.jpg

湿原には小さなヒメシャクナゲの花がたくさん咲いていてうれしかった。
f0003138_16542946.jpg

ムシトリスミレもいっぱい。スミレに似ているのでスミレとついているけど、スミレの仲間では
なく、タヌキモ科の植物だ。食虫植物で、花の中の毛のように見えるところで捕まえるのかなと
思ったら、そうではなくて葉に止まった虫を葉で消化するというから面白い。
f0003138_1655057.jpg

正面に小白森山が見えてきたら広大な湿原にそろそろ別れを告げなければならない。
f0003138_1652528.jpg

田代平への分岐を過ぎて眺める秋田駒。上の雲はやはりとれないようだ。
f0003138_17165570.jpg

ずるりと足を取られる泥土に注意しながらゆっくり下った。
11.2キロ。
f0003138_17295957.jpg


鶴の湯(500円)に入ったが、洗い場がないので、そのあと向かった阿仁前田のクウィンス森吉
(450円)で本日2回目の入浴をした。私はこっちのほうがよかった。
[PR]
by miyagi1305 | 2012-06-25 17:30 | 秋田県

2012.6.15微温湯温泉から吾妻小富士(1707m)

15日。文句なしの晴れ予報の日本海側に比べ、太平洋側は心細い晴れマーク。
お天気からしたら山形県でしたが、4日前に足を運んだばかりだし、手軽に歩ける山も
思い浮かびません。
福島県に賭けて、久しぶりに微温湯(ぬるゆ)温泉から吾妻小富士を目指してみることにしました。
ノートで振り返ってみたら前回からなんともう10年も経っていました。
10月初旬に歩いたその時はクロマメノキのエンジ色とミヤマヤナギの薄黄色とガンコウランの
緑の取り合わせがきれいだったと書いていました。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
初めて微温湯温泉まで入った時は車を延々と走らせた覚えが強く、こんな高い山奥に一軒家の
温泉があるなんて、とびっくりしたものだ。
フルーツラインの入口に「微温湯温泉10.5キロ」の標識があり、標高900mまで車で登る。
3キロほど過ぎると民家も終わり山道らしくなってきた。一部未舗装部分が混じるが、しっかり
した道だ。
旅館手前の駐車場に車を停めて100mほど桜並木を戻り登山道に入る。
f0003138_13484188.jpg

最初石のごろごろしたところを登るが、徐々に歩きやすい道に代わる。
f0003138_13575432.jpg

1時間ほど歩くと吾妻小富士が見えてきて、ところどころで眺めながら歩くようになる。
f0003138_1485346.jpg

キタゴヨウの若木が多くなって日当たりが良くなってきた。笹の刈り払いがされたばかりだ。
おいしそうなネマガリがたくさん出ているけど、今年はあまり採る人もいないのだろうか。
f0003138_14223672.jpg

1時間半ほど歩くと一切経山方面が開けてきた。
f0003138_14262247.jpg

ここからは同じような景色を見ながら緩やかに登っていくわけだけど、そのスケールが
だんだんと大きくなっていく感じがこのコースの醍醐味だ。
あまり歩く人もいないので草花を踏まないよう足元に注意しながら歩き、ちょっとワイルドな
気分が味わえる。
f0003138_1430559.jpg

クロマメノキがかわいい花をつけていた。
f0003138_14473126.jpg

ミヤマヤナギとガンコウランに囲まれながらもイソツツジの白い花が目立っている。
あちこちに群生していて数が多い。まだ蕾がほとんどで残念。一斉に咲いたらさぞ見事なことだろう。
それにしても標高の高いところにあるのにイソツツジとは不思議な名前だ。
f0003138_1457131.jpg

左手に吾妻小富士を見上げながら進む。
f0003138_14395091.jpg

形はあまり変わらないが、スカイラインに近づくにつれてキタゴヨウや低木がなくなり
大石が目立つようになってきて、小さな変化なんだけれど、印象がだいぶ違って見える。
f0003138_14353025.jpg

スカイラインに出てから反対側に登山道が続くはずなのだが、探せず少しうろうろしてしまった。
ガードレールが切れるところに目立たなくペンキで印があったのは帰りに見つけた。
こちらも草花を踏まないように注意しながら歩くことになった。
f0003138_1446284.jpg

それにしてもイワカガミがすごい数だ。
こんなに多いとさすがに感動ものだ。
f0003138_1523116.jpg

ミネズオウが終わりがけで残っていた。
f0003138_1532227.jpg

浄土平から久しぶりで吾妻小富士に上る。
反時計まわりに進み、蓬莱山と東吾妻山を眺める。
f0003138_15112083.jpg

一番高い1707m部分から歩いてきたコース付近を見下ろす。
東側には一面雲海が広がっている。
そうか、下界は曇りなのだね。
こんな時、私はとってもうれしい。
f0003138_15181423.jpg

高山(中央右)と鬼面山箕輪山をバックにはしゃぐ若者3人組。あんまりうれしそうなので
つい撮らせてもらった。
f0003138_15143718.jpg

浄土平は乾燥化がだいぶ進んでしまったが、スカイラインに近いあたりにはワタスゲが
一面に見事だった。
f0003138_15234287.jpg

同じ道を引き返す。
山の上では暑いくらいだったのに終わりに近づくにつれガスが濃くなって気温が低くなってきた。

微温湯温泉はその名の通り温泉の温度が32度しかないぬるい温泉だ。
眼病や皮膚病によい温泉として聞こえている。
貸切状態なのにすごい勢いのかけ流しが贅沢だ。
長く入っていると少し寒くなってくるという人のために浴室内には循環の温かい浴槽もある。
「含アルミニウム泉」すこしかたくて重い感じのする泉質だった。(私の印象)
庭のネモトシャクナゲ(ヤエハクサンシャクナゲ)は終わりがけだったので、写真は撮らないでしまった。
f0003138_15352317.jpg

全部で13キロくらい。
吾妻小富士は一周1.5キロだった。
f0003138_15371472.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-06-19 15:49 | 福島県

2012.6.11村山葉山(畑~葉山神社~大円院跡)

どこからでも目立つ大きな村山葉山は山懐奥にまで人々の暮らしが息づいている山なのでした。
開墾の苦労が思われますが、御多分にもれず放棄地が多くなってきたのは心が痛みます。
****************************************
先日登った禿岳で村山葉山を眺め、まだ畑コースを歩いていないことを思い出した。
南東北では先週後半に梅雨入りしたが、11日は梅雨の晴れ間となり展望も期待できそうと
出かけてみた。
大円院跡(岩野コース)からこの山を歩いたのは記録を振り返ってみたらもう14年も前の
ことだった。どうやって登山口まで行ったのかもう全然覚えてない。
検索してみたら国道458号線の幸生小学校手前から入る車道が出てきたので、遠回りに思えたが
従うことにして進んだ。
清水山地区から眺める葉山。
f0003138_11261644.jpg

国道458号線の入口から8.6キロ進んで登山口の葉山市民荘に着いた。
まわりに民家があり隠れ里みたいな雰囲気がある。
長命水という水場があるのもいい。
ここから歩き出すのはいろんな意味で心強い感じがする。

林道をしばらく歩いてキャンプ場があり、その先から登山道に変わる。
振り返る。
f0003138_11591497.jpg

しばらくは沢状の湿った所をニリンソウやサンカヨウ、ズダヤクシュ、ヤマエンゴサクをみながら登る。
f0003138_1204273.jpg

標高1000mを越えたあたりからブナの美林に代わった。
f0003138_1245049.jpg

何度か残雪を越えて進むと大きな残雪が残る開けた場所に出、小僧森や大僧森が視界に入ってきた。
気持ちいいなあ、なんてそのまま残雪を登ってしまい、その先に道がないことを確かめて引き返す。
登山道は右手ブナ林の中に続いていた。
f0003138_1264770.jpg

そこからはわずかで大尊仏見晴台。左に下りで使う尾根と下に寒河江の市街地を見下ろす。
f0003138_1215327.jpg

この曲がりブナの葉っぱの奥には月山も大きく見えてきた。
f0003138_12165422.jpg

樹木がだんだん低くなってきて岩野コースとの分岐のお花畑に出た。
お花畑とは言っても花はない。前に8月に歩いた時もなかった。
山であった人も花はあんまりみたことがないという。乾燥化がすすんでしまったのだ。
f0003138_12191483.jpg

ここからは楽しい稜線コースだが、小僧森大僧森と越えて行くのでアップダウンアップダウンで
たいへんでもある。
ムラサキヤシオとオオカメノキの花が咲く大僧森。
f0003138_12205570.jpg

朝日連峰。大朝日の山頂部分は雲が取れない。
f0003138_12255915.jpg

大ツボ石。高度感を出すために一期一会さんにモデルになってもらった。
ザックの下あたりに鳥海山が見えている。こちらは山頂の下に雲の帯がかかっていた。
f0003138_12294928.jpg

葉山神社奥の院手前の残雪から葉山山頂を振り返る。
f0003138_1233541.jpg

山の内コースの古御室山方面を眺める。
f0003138_1234298.jpg

葉山神社でお昼を食べて引き返した。
大ツボ石の所でまた展望を楽しむ。
月山が大きい。
f0003138_12463756.jpg

お花畑で畑へピストンするという一期一会さんと分かれて岩野へ下る。
お田沼はまだ残雪がたっぷり残っていた。
f0003138_12472915.jpg

ブナの多い尾根をぐんぐんと下り、三宝荒神、うば神さま、カラマツ林から
杉林に代わると大円院跡だった。
f0003138_12505087.jpg

ここからは車道を1.8キロ歩いて畑に戻った。
畑分校の跡地に建つ葉山市民荘。車は長命水を汲む人たちのもの。
名水の誉れ高く、混雑するので汲み口をパイプで5つに分けたそうだが、それでも休日には
行列ができるそうだ。
私もありったけの容器に入れて持ち帰り、お茶とコーヒーで飲んでみたら確かにおいしさが
数段アップしました。

*残雪が消えたばかりの所はぐちゃぐちゃで靴とズボンがどろだらけになりました。
*畑コースは単独行が3人、岩野コースはグループの人が多くてすれ違ったのは全部で9人でした。

畑~奥の院6.85km、奥の院~お花畑2.5km、お花畑~大円院跡3.5km
車道戻り1.8キロでした。(8時10分スタート戻り15時)
f0003138_130503.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-06-13 13:09 | 山形県

村山葉山の花たち

村山葉山で出会った花のうち、今年初めて見た花や面白いと思ったものを取り上げてみたいと思います。
サンカヨウ。今年初めて花をみました。
この花は露に濡れた時の半透明な感じがきれいですね。
f0003138_1046989.jpg

喘息薬種でズダヤクシュ。ぜんそくのお薬だったんだ、と知るととたんにありがたい植物に思えてくる現金な私。
f0003138_10484568.jpg

残雪の上に生えた木なので芽吹いたばかりです。まだ冬芽の状態のものもたくさん
残っていました。くるんと丸まった葉っぱを最初見たときは感動したものでした。
f0003138_1051482.jpg

ミツバオウレン。稜線上で群生していました。アップしたらとてもきれいでした。
f0003138_1056771.jpg

妻取り草、じゃなくて褄取り草でした。花びらの縁(褄)が赤みを帯びるからというのですが、
肉眼じゃ見えない?いつも白い花って感じなんですが。。。
f0003138_105951100.jpg

蕾はちょっときもい?稜線上はもうすぐこの花が登山道を埋め尽くすことでしょう。
f0003138_1134912.jpg

f0003138_1163347.jpg

ハクサンチドリはこれ1本だけが咲いていました。
f0003138_117301.jpg

100万ドルのドウダン。
花を期待して帰路は岩野コースにしてみましたが、蕾が上のほうに少し見られるだけでした。
近くにあったサラサドウダンは少し花をつけているものがありましたが、これから増えるのか
それとも今年はお休みモードの年なのか?花数は少なめでした。
f0003138_1195469.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-06-13 11:17 | 植物

2012.5.31新前峰コースで禿岳(小鏑山)

禿岳(かむろだけ)名前は山頂部分が切れ落ちて草木が生えないところがあることからきているのでしょうか。
標高の割に荒々しいダイナミックさを見せる山ですが、特に新中峰コースはぐんぐんと高度を稼ぎ
そのあとは展望に目を奪われる爽快な山歩きのできるコースでした。
別名の小鏑山が示す通り、北に辿れば大鏑山にいたり、その先は軍沢山から
神室山へと、大いにやまんどの夢を掻き立てる稜線の連なりの、ほんの入り口を
見ただけで大満足になった、そんな一日でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この景色が見たくてオニコウベスキー場入口から花立峠に上る道路に車を進める。
というかここから「すすき野原」の標識に従って禿高原を通り進む道で以前下見したので
間違いなく登山口まで辿れると思ったからでもある。
f0003138_14365477.jpg

無理な林道走りは嫌なので、この看板の所から歩き出すことにした。
この軽トラックのほかに作業しに来たと見える軽トラックが2台。
ほかに乗用車2台があったけどワラビ採りにきたようだ。
ワラビ園は閉園で気の毒だけど、気にせずに採りに来る人たちもいるようだ。
f0003138_14435734.jpg

作業道は禿岳を見上げながら進む。
f0003138_14491562.jpg

800mほどで登山口。歩いてもさほどではない距離だった。
f0003138_14502263.jpg

いきなりの急坂は階段で始まった。新コースができてからもうそんなに経ってしまったのか
と思うような年月を感じる木の階段になっていた。
この上も急な登りが続いたが、階段はなかった。
f0003138_14525472.jpg

5合目で1000mを越えるとだんだんと上が明るくなってきて展望が得られるようになった。
北隣の1259.5mピークがやたら気になる。
f0003138_14542033.jpg

5合目。まだブナが木陰を作る道を進む。
f0003138_1455417.jpg

振り返れば平らな山頂の須金岳(左)と荒雄岳に挟まれた栗駒山が目立つ。
こちらからみると栗駒の残雪は大分少なくなったようだ。
f0003138_1457194.jpg

6合目で稜線上に出た。南に進む。
ここで初めて禿岳方面が見えてきた。
f0003138_1513743.jpg

荒々しい岩肌を間近に眺めながら進む。
f0003138_1524343.jpg

右側奥にオニコウベスキー場上の小柴山から花淵山へ続く稜線が見える。
f0003138_1532683.jpg

神室連峰の奥に鳥海山を眺め、南西に月山を眺め、草花を愛で、なかなか進まないが
山頂が近づいてきた。
f0003138_1583472.jpg

山頂には花立峠から来た男性と女性がおり、男性はすぐに下山していったが女性から
山頂展望の山を教えてもらった。
小又山と天狗森の間の鳥海山。
f0003138_15114577.jpg

神室連峰。
f0003138_1513013.jpg

月山と左は村山葉山。
f0003138_15132751.jpg

虎毛山は避難小屋までくっきりと見えた。避難小屋は近々立て直しの予定だそうだ。
左は高松岳と山伏岳。
f0003138_151858100.jpg

いろいろ教えてもらい、とてもやさしそうな人だったので
「帰り道下まで乗せてもらえませんか?」
なんてお願いをしてしまった。快諾してもらい花立峠までの周回コースができることになった。
横に長く伸びた残雪の所から新中峰コースで近づいた山頂付近を振り返る。
f0003138_15275020.jpg

古川のAotaさん。すごい健脚。私は下りが苦手なので先に行ってもらうが、乗せてもらうのに
待たせては、とこちらもすこぶる急いで歩いた。
f0003138_15271537.jpg

この辺で立て続けに登ってきた人たちとすれ違う。
肩のリハビリ中にはこの下の坂が登れず引き返したのでこの景色を眺めることができなかった。
f0003138_15293613.jpg

その下のブナ林の美しさにはずいぶんと慰められた。
f0003138_15353422.jpg

禿高原の市営牧場入口で下してもらおうと思ったら車近くまで送ってくださった。
Aotaさん本当にありがとうございました。
スタートから花立峠までは6.5キロ。車に乗せていただいての戻りは9キロほどでした。
f0003138_15494873.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-06-01 15:39 | 宮城県北

2012.5.31禿岳で出会った植物

去年ブナの実が豊作だったせいでしょうね、今年はブナの芽生えが目立ちます。
無事大きなブナに成長してほしいと思いますが。。
f0003138_13525147.jpg

ここ数年眺めるだけで通り過ぎていたイワカガミをなぜか久しぶりに撮ってみたくなりました。
f0003138_13535474.jpg

今年最初のツバメオモト。
そういえばどうしてツバメがつくのでしょうか?
ネットで調べてみたら葉が開くときの感じが刀の鍔に似ているから、とか実がツバメの頭に
似ているからとかはっきりしないようです。
私としては鍔のほうに一票です。落ち葉を割って芽を出した開ききらない葉っぱの真ん中に
白い花が咲きそうにして顔を出したら刀と鍔に見えなくもないと思います。
というシチュエーションは???でしょうか。
f0003138_1415612.jpg

シラネアオイは薄暗い林に生えているかと思えば、こんなふうに明るい稜線にも顔を出し
たりしますね。別の急斜面の所にはもっと群生してましたが、うまく撮れませんでした。
f0003138_1421896.jpg

下ではとっくに終わったキクザキイチリンソウ。淡いブルーの色合いがきれいでした。
f0003138_146115.jpg

イワナシ。花はよく見かけるのですが、実はずっと気付きもれかな、記憶ナシ。
ナシのような味がするのかぜひ試食してみたいものです。
f0003138_1479100.jpg

ミネザクラ。このサクラにはバックに山を入れたくなります。
f0003138_1411345.jpg

ノウゴウイチゴ。日本海側で見かけることが多いかな。
f0003138_1419364.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-06-01 14:20 | 植物