<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2011.11.4青麻山周回

歩いた日の前日3日、勤務先に向かって車を走らせていると見なれた青麻山が
色づいていました。
この山の紅葉はどんなだろう?そういえば紅葉の盛りには歩いていないことに気づき
(単に忘れているだけだったりして)
出かけてみることにしました。
以前電波塔からスタートする南東尾根と東尾根を周回した時は長い車道歩きをしましたが
送電線の巡視路を利用すれば車道歩きの何分の1かの距離で済むことになりそうなので
その道を探ってみるのも今回の目的でした。
----------------------------------------------------------------------------------------
矢附から松川に沿って車を走らせて行くとセイタカアワダチソウの向こうに端正な形で
青麻山が眺められた。
f0003138_613658.jpg

東尾根の登山口からまずは送電線の巡視路を進んでみることにした。
青麻山林道の遊歩道入口看板そばに巡視路の入口(左側黄色の標識)があった。
f0003138_6184098.jpg

いきなりで薄暗い杉林の急坂をジグザグに登る。振り返って見降ろしてみた。
f0003138_620296.jpg

急斜面を登りきると日当たりのよい緩斜面を小さくアップダウンしながら進む。
日当たりがよいので藪がある。
f0003138_624266.jpg

二つ目の鉄塔を過ぎてすぐに右手に方向を変え、少し登るとあっけなく車道にでた。
ここまで距離で800mの歩きだった。
f0003138_6273097.jpg

車道歩き500mで電波塔が近くに見えてきたが、まずは展望台に久しぶりで寄ってみることにした。
東屋があって落ち着いた雰囲気。青麻山の山頂からの眺めと同じ方向が見えるので山歩きの場合は
わざわざ寄る必要はないかもしれない。
f0003138_6323591.jpg

電波塔から青麻山を眺めてコーススタートだ。
2008年の2月に歩いた時私の背丈ほどだったと思った杉が倍以上に育っていたけど日差しを遮る
ほどにはなっておらず穏やかなこの日は少し汗ばみながら歩くことになった。
f0003138_6355838.jpg

ウリハダカエデやハウチワカエデなんかの紅葉を楽しみながら進む。
鮮やかな黄色はオオモミジ。
f0003138_6462251.jpg

山頂には季節外れのヤマツツジ。
f0003138_6493357.jpg

まずは山頂で、この日車で通ったあたりやその奥大河原町との境の丘陵を見降ろす。
f0003138_653148.jpg

あけら山は青麻山から見るときれいな三角ピークで行ってみたい気になるけれども
山頂は案外奥に長くてぼんやりした感じ、展望もないことからあんまり御褒美はない山だ。
青麻山側からと反対側(北原尾そばから)からも登っているのでもう充分と思っていたが
藪の状態が知りたいので進んでみることにした。
下ってすぐはよい感じだったが、やはり白石市との境界あたりまで進むと足元が見えないほどに
なり、そんな無理して行かなくてもいいかな、という気になってしまった。
f0003138_723413.jpg

戻って独り占めの山頂でゆっくり休んでから東尾根を下る。
電波塔のコースから比べるるとこちらのコースは自然度が高い。
カエデ類やシラキの紅葉がきれいだった。
f0003138_752696.jpg
f0003138_763959.jpg

沢に下りて少ししたら杉の植林地だけど、伐採整備が進行中で以前よりも明るい感じになっていた。
f0003138_791849.jpg

全行程6キロ。
東尾根を往復する場合は青麻山林道から遊歩道側に100m位入った所に広めの駐車スペースがあります。
f0003138_7125882.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-11-07 07:25 | 宮城県南

2011.10.30堂木沢山(1003.3m)

標高がなんとなくよい感じの数字なのでタイトル部に入れてみました。
数年前から名前が挙がっては消え、また挙がっては消えしていた堂木沢山。
やっと実現したって感じです。
メンバーはSONEさん、(沼沢沼だけの)みいらさん、マロさん、morinoさんと
マスさん、と今回初めてお会いするナカシィさん。
いつの間にかすっかり歩きの遅い人になって急坂をやっとの思いで付いて歩いたのでした。
(ブログのアップも断トツでビリになってしまった)
------------------------------------------------------------------------------
苦手な林道走りはマロさんの車に乗せてもらって沼沢沼に到着。
結構たいへんな道だった。

沼畔に沿って進む。
f0003138_17464141.jpg

対岸の景色がちらりと見えたりする。
f0003138_17482259.jpg

200m位進んで斜面に取りつく。
本来の登山ルートはもうちょっと林道を進んだ西側についているということで帰りは途中から
そちらを下ったが、この登りで使ったルートのほうが藪も少なく歩き易かった。
みいらさんとはここでお別れだ。
f0003138_17524396.jpg

キノコを探しながらの山登りは最初にクリタケを見つけてからはみんな結構本気で
探し始めてふたたびクリタケを探しあてた。
f0003138_17544939.jpg

食べられるキノコがみつかったのは割と下のあたりだけでそのあとは見つからなかった
ようだ。と他人事の書き方をするのは私は急坂でみんなに付いて行くのに必死で
キノコを探しながら、なんていう余裕がなかったからだ。
f0003138_17571740.jpg

ずいぶんきつい急坂が続いたけど、キノコを探しながら休憩も入れて1時間半位で標高差
500m位を登って山頂に着いた。
あいにくガスの中だ。晴れていればどんな展望が得られただろうかとちょっと残念。
f0003138_1811948.jpg

反射板の所に山名板が掛っていたのでこれにマロさんが作ってくれた私たちの登頂記念を
下げてもらった。
f0003138_184585.jpg

ちょっと下った所でうれしい山の恵み。
ヤマブドウが鈴なりで迎えてくれた。
(みんな気付いていたんだろうけど、登るのに必死な私は教えられて初めて気づいた)
手の届くところにたくさんなっていたのもうれしい。
f0003138_18133952.jpg


山頂ではよい休憩場所がなかったので、登りで休んだ750m付近まで下ってお昼にした。
おうちで取れた甘い柿や抹茶としろあんの手づくりようかんとピタサンド、あつあつおでんに
あつあつのクリタケ入りサンマのつみれうどん、別腹にスイーツ、とおいしいものを
色々御馳走になった。
なにか私も気のきいたものを、と思うけれど毎回失敗である。とほほ。

沼に戻って山頂が見えるのを待つ。
f0003138_18175045.jpg

ほんのもうちょっと。
f0003138_18182095.jpg

私のGPSで登り3.4キロ。キノコやヤマブドウを取ってゆっくり休憩して3時間位。
f0003138_18235843.jpg


時間が早いので、よってけポポラで買い物した後、面白山紅葉川渓谷を歩くことになった。
ずいぶん前に歩いたことがあるけど、紅葉に少しずれた時だったのでどんな紅葉が
見られるか楽しみに向かう。
距離は2キロ位とのことで車を面白山高原駅に1台置き、下流からスタート。
f0003138_18292145.jpg

すぐに真っ暗なトンネルで仙山線をくぐったがそんなことすっかり忘れていた。
記憶力の悪さで新鮮な気持ちで歩けて紅葉川渓谷だった。
f0003138_1831193.jpg
f0003138_18313922.jpg

f0003138_18321968.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-11-03 18:34 | 山形県