<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

突発性難聴

このところ嘆いたり喜んだりショックを受けたり忙しい。

10日ほど前から左耳が詰まって音が響く感じがし始めていた。
この感じは朝起きた時にあったり、疲れた時にあったり、標高の高いところに
いる時にあったりするものの、症状が治まる時もあった。
断水の時は風呂水を何日も変えずに洗髪もその水でしていたので黴菌が入ったに
違いないと思っていた。耳の中で水が動く感じはないが、違和感は似ている。

すごく辛い、という場合を除けば、医者に行くタイミングは難しい。
行ったほうがいいかなと思いながら1週間が過ぎてしまった。
昨日ガソリンが満タンに入れられた安堵感もあって隣町の耳鼻科に行ってみることにした。

聴力検査と鼓膜の状態を調べてもらったら軽度ではあるが正常な右耳より聴力が落ちていて
低音域に障害が出ていた。
地震による突発性の難聴の疑いがあるとのこと。
突発性の難聴は1週間以内に治療をすれば効果があるがそれ以上になると治りにくいのだそうだ。
1週間の薬をもらって様子を見ることになった。

薬局に行き薬を受け取ると薬剤師さんがめまいの話をしてくる。
イソバイドというのはメニエール病の治療薬なのだそうだ。
先生は私が突発性難聴にショックを受けていたのでこれ以上ショックを与えるのは
よそうと思ったのだろうか?

アデホスコーワは血管を広げて血液の流れをよくしたりめまいの症状を改善する薬で
メチコバールというのはビタミンB12を補給し貧血や末梢神経障害を改善する薬とある。
なんだか更年期障害にも大いに効きそうな薬ばかりである。
f0003138_1329599.jpg


大震災後
揺れてなくても揺れを感じる
耳の中に圧迫感を感じ音が響いて聞き取りにくい
は確かにひどくなった。

しかし
体が時々ふらふらっとすることは以前からあったし、男性の声が聞き取りにくいというのも
感じていた。
ということはメニエール病の可能性のほうが高い気もしてくる。

薬をもらったあとすぐに近くのスーパーに寄ってお腹を満たし、もらった薬を飲んだ。
(この服用が私を突発性難聴から救ってくれるかもしれない)

近くの公園を散歩し買い物をしてから帰る予定で出かけたが、そんな気力もうせて
帰宅したのであった。

私には大きめの声で話しかけてね。というお話でした。
[PR]
by miyagi1305 | 2011-03-31 14:01 | なんやかや

満タンありがとう山形/ハマグリ山

昨日なかなか解消しない宮城県のガソリン不足について嘆いたところだが、
今朝みいらさんから
山形市のガソリン事情が劇的によくなった
とメールをもらった。
山形市が良くなったのなら宮城県ももうすぐ良くなるかな、とも思ったけど
一刻も早く入れておきたい気分になっていた。
給油出来るかどうかも不確かな長い行列に並んで20Lとか3000円分とか入れてもらう
なら距離はあっても山形市まで出かけるほうが私の場合得策だと思った。
山形市に入って一番手前のガソリンスタンドは道路の両側とも営業していた。
並ぶことなくハイオクを満タンに入れてもらう。
本当によかった~。
ほっとした。
これで宮城県の給油状況が良くなるまでなんとかなるだろう。
f0003138_173039.jpg

このまま帰ったのではもったいないのでハマグリ山まで行ってみることにした。

残雪がたっぷり残っている。この小沢を渡る所があるが、まだ分厚いスノーブリッジ
で残っていた。
f0003138_17324852.jpg

数年前笹谷峠から少し登った所で空模様が怪しくなって引き返していたので
残雪歩きで目指すハマグリ山は初めてである。
稜線に登る急斜面はキックステップがよく食いこんで割と歩き易かった。
夏道は斜面の西側を巻いて付いているので、残雪歩きの景色は新鮮だ。
f0003138_1734433.jpg

稜線沿いに進むと山頂看板のあるところのほうがやっぱり低いように思う。
f0003138_17385858.jpg

山頂看板は冬の厳しさに耐え抜いたようだ。
山形ナンバーの車が一台停まっていたが、トンガリ山へ向かって進む黒い点で
見えていた。
f0003138_1740586.jpg

少し風当たりの弱い所を選んで休んだが、オーバーグローブを取ったら指が冷たく
なってきたので、急ぎめにお昼を食べて引き返すことにした。
瀧山から蔵王熊野岳あたりまで少しぼんやりと遠望できた。
(と書いておいて熊野岳までは入ってないけど)
f0003138_1742369.jpg

奥に三角形できれいに見えている雁戸山はまだまだ真っ白だ。
(と書いておいてあんまり白く見えてない)
f0003138_17434130.jpg

登りはちょっと寄り道したので3.5キロだった(下りは3.1キロ)
登り2時間ちょっとで下りは1時間ちょっとのほどよい歩きになった。
f0003138_1753121.jpg


川崎町のるぽぽに寄って汗を流した。
水曜日は男性が300円で木曜日は女性が300円になっていて普通より200円安く入ることが出来た。
男物のジャンパーを着ていたので男性に間違われたらどうしようと意識したら声が裏返ってしまった。。。
f0003138_17493062.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-03-30 18:02 | 蔵王~面白山

嗚呼ガソリン。いつになったら?

今回の大震災では
食べ物や紙類などいろいろ買いだめしてあった
実家からポリ容器を借りられたし空ペットボトルもたくさんとってあって水も近くから
とることができた
プロパンガスはずっと使えた
電気と電話は1週間ほどで使えるようになった
灯油も間に合うくらいあった
水道は12日目で復旧した
ということでたいへんはたいへんであったが生活の不便さについては喉元過ぎれば
になってきた。

が、ガソリンである。
これも大地震の前日に満タンにしてあったのは幸いなことであったが。。。
仕事先は片道20キロ以上あるが、3月は休館ということになり、この事情では内心
ほっとしていた。その間にはガソリンも安定供給がされるようになると楽観していた。
車に乗るのは必要最低限にしてきたつもりだが、残り1目盛りとなってしまった。

今日は歩いて町の2大ガソリンスタンド(ほかの2か所はとっても小さいのでたぶん
やっていないはず)を巡ってみたが、1か所は本日はガソリンの販売はなしの張り紙で
もう1か所はまだ10時をちょっとすぎたばかりというのにもう残り僅かで並んでも入れ
られるかどうか、次回入荷の予定もわからないという。

さすがにこれはまずい、と帰ってネットで調べてみたら、来週いっぱいくらいはこの状態
が続きそうとの書き込みがあった。

道路を歩いていると自動車は何事もないように、あるいはいつもより交通量が多いんじゃ
ないかと思えるほど走っている。
みんな並んでガソリンいれたのかな。

私の車は近場走りでは燃費は極端に悪くなる。エンジンを切ったり点けたりしたら
余計燃料を消費してしまう車でもある。
すすが出やすいとその後悪名高くなったGDIエンジン車であり、ハイオク仕様だ。
ハイオクは今扱っていないスタンドも多い。
そんなわけで並ぶに並べない事情なのだ。

この車を買う時はシートがフラットになる、なるべく小さめの車ということで選んだが
次の買い替えは絶対燃費で決める。
今の車に乗っていると、信号待ちでエンジンが自動で切れて燃費が良くなる
なんてうそみたいに思えるが、絶対そんな車を選ぼうと思う。

なんだか酒でも飲まなきゃやってられない気分だ。
というわけで梅酒をちびっとやって飲酒投稿である。
でちょっと気が大きくなって、なんとかなるさ。
[PR]
by miyagi1305 | 2011-03-29 12:33 | なんやかや

2週間ぶりの宮城県蔵王野鳥の森

大震災後まだまだ続くガソリン不足の中みなさまのお仕事状況はいかがでしょうか?
私は今月いっぱいは自宅待機となりましたが、
昨日は出勤できるなら来てくださいと連絡をもらい、いつもよりうれしい気分で蔵王に
向かいました。
自分の仕事が終わったので午後からの遊歩道点検に付いて行きました。

ヤマハンノキの雄花が風に揺れています。
ハンノキの仲間は窒素などの栄養分を取り込んで根に蓄えるため土壌改良に役立つのだそうです。
かわいい実はクラフトにも使えます。
f0003138_12471835.jpg

ところどころ日陰の雪だまりでは膝くらいまでもぐるほどの雪がまだ残っていました。
標高はあまり変わらないはずなのに澄川近くでは沢風で気温が低いせいか残雪が残り
その上に新雪が10センチ位ありました。

澄川に近い一番奥まで進んだあたりでは吹雪いてものすごい風の音がし、もうすぐ4月とは
とうてい思えない天気でした。
f0003138_1371289.jpg

折れて転がっている枝を退かし、路を跨ぐ横倒しになった木を切ってコゲラコースと
ホオジロコースはすんなり歩けるようになりました。
f0003138_1345321.jpg

ワサビ沢に掛る橋はびくともしなかったようです。

今月初めから咲き始めていたオオバマンサクですが、時間差で咲きだしたばかりのものも
ありました。マンサクの花は咲きだしのこのくるくるっとした感じがたまりません。
f0003138_13142729.jpg


いつもどおり、そこにある蔵王の自然にほっと出来た一日でした。
[PR]
by miyagi1305 | 2011-03-27 13:31 | なんやかや

水のこと(お世話になりました)

私が住む町では仙南・仙塩広域水道を使っています。
七ヶ宿ダムから取水し、仙台市(部分的)及び周辺の7市10町に水を供給する名前の通り
広域の水道です。今回のような場合はやはり復旧には時間が掛るようです。
昨日町の配水池まで来たようで点検が済み次第各家庭に送水されるそうです。
ちなみに屋根にブルーシートをかぶせたお宅、瓦屋根です。
今回は瓦がずれた被害が多かったようです。
f0003138_17212363.jpg

えっ?!これって?
f0003138_17221972.jpg

今日で給水所に水をもらいにいくのも最後かな(であってほしい)と、記念に写真を撮ってきました。
2か所の給水所に通いましたが、どちらにもはるばる熊本県から給水車が来てくれていました。
f0003138_17252713.jpg

f0003138_17255475.jpg

自衛隊も兵庫県から駆け付けてくれました。
f0003138_172763.jpg

あとは加茂市の給水タンクを使わせてもらいました。
各地からこんな小さな町まで本当にありがとう。

災害ボランティアは若い子たちの姿が目立ちました。
f0003138_1729978.jpg

ペットボトルを取り出すとすかさず受け取ってくれました。
写真撮っていい?ってきいたらなにに使うの?って。
ブログだよって言ったらちょっと照れくさそう。
f0003138_17311876.jpg


気付かなかった、というか、気に停めていなかっただけだったけど、町には
あちこちに水の湧きだしているところがあったのでした。
一番近いところでは500mほど坂道を登った田んぼの畔の所から出ていて
飲めるの?と思いましたが、人の入らない所から来ているので安全度は高いよう
でした。(給水所2か所に出かけて疲れたので写真はまたいつか)

ですからここの水だけで済まそうと思えば済んだのですが、水道が出ないとなると
水道水がほしくなる心理、というか、どうせ健康のための散歩をするなら水も
汲んで一石二鳥をねらいたい心理というか、の贅沢な話でした。

汚れた食器は買いだめしてあったウエットティッシュ(台所まわりやトイレ、床など
の掃除はこれを使うほうが便利で安上がりです)で拭いて水を節約しても風呂には
入りたい。
幸い実家からポリタン4個を借りられたし、クーラーボックス、バケツ、ペットボトル
にあれやこれやを総動員し、車で運んでもらったり、私もザックで運んだりして
お風呂にも入ることができました。

ちなみにこちらは給水所に行く途中にある水場。
沢水なので桃太郎に出てくるおばあさん的利用です。
彼女ってもしかすると私より年下だったかもしれないなあ、なんて思いながら。
f0003138_17574728.jpg


おまけ。カルガモがいるとなんとなくのどかって感じがします。
カモ類で日本で繁殖するのはカルガモだけとは教えてもらって気が付いたことでした。
f0003138_17592252.jpg

手づくり的な橋。
f0003138_1843844.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-03-22 18:04 | なんやかや

腰が抜けそうになった大震災(無事報告)

大震災から早くも10日になろうとしています。
私は無事でしたが、しばらく携帯も家電話も使えず大勢の方々から心配していただいて
いたのに連絡が取れない状態でした。
携帯は12日土曜日お昼ごろから圏外になり、そのうちバッテリー切れ。
車で充電するなんていつもは必要ないからそんなことが出来るものも持ってなくて。
電気が17日に使えるようになってやっと充電することが出来て多く寄せていただいていた
大丈夫?メールをとてもうれしく読ませていただいたのでした。
翌18日の夜になってから電話回線が使えるようになりました。

11日の地震発生時はうちで石原都知事が再出馬するニュースをみていたらぐらぐらぐらーーーー
と来て、テレビの画面が消えました。2mくらい先のオーブンレンジが落ちそうなのを
見ながらもコタツにしがみついたまま体が動きませんでした。本とか物とかばたばた
落ちたけど、家具とかが倒れることはなく、壊れたものはレンジのみ。
余震が次々来るけどもう大きいのはこないかな?なんてとりあえず片付けを済ませて
安否確認に出かけ車のラジオですごいことになったことを知りました。
近くかならず起きるといわれていた宮城県沖地震がとうとうやってきたのか?と思い
ましたが、これとは違う?じゃあまたまた大震災が起きるの?その時は?
不安からつい考えが先走りしてしまいます。

まだ水道が使えず、ガソリンも手に入らず、不自由な生活ですが、なんとかやっている
様子はこの次に書いてみたいと思います。

大震災で亡くなられました方々のご冥福をお祈りいたします。
避難所暮らしの方々が一日も早くちゃんとした生活を送れるようになりますように。
[PR]
by miyagi1305 | 2011-03-20 17:20 | なんやかや

2011.2.27丸森の道場岩(507.4m)

岩岳の南南西3キロあたりに位置する道場岩(どうじょういわ)である。
同じくらいの距離で西側には夫婦岩がある。
検索しても詳しいことはわからず藪を覚悟しながらも送電線の巡視路に
期待しながら出かけた。

県道45号丸森霊山線の筆甫中下から「鷲ノ平」「東山」の標識に従って左折。
峠手前に車を停めて歩きだした。200m位上がった峠に「常磐幹線」の
巡視路入口があり入った。
f0003138_9435674.jpg

巡視路なので整備がよく歩きやすい。
f0003138_9543879.jpg
f0003138_9551281.jpg

正面に長く平らな道場岩の稜線が見えてきた。右手のちょっと目立つ山は
夫婦岩で奥は県境の山並みだろうか。
f0003138_958542.jpg

1キロほどで巡視路と分かれて西に延びる稜線に入るが、最初のピークの所に笹藪が
あった(ここは下で巻いた)ほかはどこでも歩けそうなところばかりだった。
f0003138_9593980.jpg

すぐに道場岩の山頂。
f0003138_10813100.jpg

この山の名前の由来は?を探して少しうろうろしてみることにした。
阿武隈山地の山は見た目のおだやかさに反して石や岩がごろごろしている箇所の
あるところが多いが、この山にもそんな岩があるんだろうか?
西に進んでみた。
f0003138_10125061.jpg
三角点のあるところは幅のある2段になっていたので下が見えなかったが、牧場の建物が割とすぐ下にあったのだ。
f0003138_10132711.jpg

下から三角点のあるあたりを見上げる。果樹園ぽい雰囲気だ。鉈目があったので
手入れもされているようだ。
f0003138_10175359.jpg

ぐるっと歩いてみても道場岩の名前の由来がわかるような場所はみつからなかった。
わかったのはイノシシが多いということである。
藪がなくどこでも歩けそうなのもそのせいかもしれない。
私も入れそうなイノシシのお風呂ぬたば(猪倉山を歩いた時にみんなに嘘を
言ってしまったが、こっちはほんもの)。
f0003138_10213687.jpg

ぽかぽかの日差しを背中に受けながらお昼を食べ、小さい山ながら満足感を味わった。

巡視路まで戻ってから反対側に進んでみた。
沢まで下り
f0003138_10254826.jpg

また小ピークに登り返すころから臭いが立ち込め始めた。イノシシの棲家?
と思ったが、牧場からの臭いだったかもしれない。
別の沢沿いに下ると南側の入口にでた。
未舗装路は西野牧場へ続く道。
駐車できるスペースもあったが、巡視路の入口には「関係者以外立ち入り禁止」の看板があった。
ここに車を停めるのは躊躇われそうだ。
f0003138_1028961.jpg

道路を回り道することも考えたが、来た道を戻ることにした。
途中踏み跡を見つけ、これは絶対人間が付けたもの、を確信して下に下ったが
途中でわからなくなり、どこでも登れそうな斜面をよじ登って巡視路に戻るという
プチ冒険も楽しんだ。

全行程5キロちょっと。ゆっくり歩いてゆっくりやすんで2時間40分。
岩岳側から道場岩を往復するだけなら1時間で済みそうだ。
夫婦岩と岩岳を歩き、別腹扱いでこの山に寄って三山制覇なんてのもいいと思う。
道路の反対側の標高474.7mは疣石山であったことに帰ってから気が付いた。
そのうちまた久しぶりで岩岳に来た時にでも寄ることにしよう。
ちなみにここまでの車道は車の往来が少ない分鷲ノ平側のほうが走りやすいように思った。
f0003138_1037714.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-03-02 10:37 | 阿武隈山地