<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2011.2.23摩耶山(1019.7m)

際立った山容から憧れる人の多い摩耶山である。
振り返ってみたら越沢からこの山に登ったのはもう8年も前の7月のことだった。
倉沢コースからなら達成感も違ったに違いないが、登りやすい日本海側からのコースを
真夏に選んでのこととて、山頂では暑くて大変だった以外特別感を味わうことはなかった。

今回冬の摩耶山を歩いてみて、この山はやっぱり特別の別天地、とランクがぐ~んと
上がった最高の山歩きになった。

火曜日朝なにげなく東北の山MLを覗いたら翌日佐藤@鶴岡さんが摩耶山に登る予定という。
佐藤さんは毎年冬の摩耶山登山を恒例にして今年で9年目だそうである。
ラッセルがたいへんな時には5時間を掛けて山頂に到達していたのを読んでいたので
憧れはあってもなかなか参加させてとは言えないでいた。
今回は晴天の予報に後押しされて是非歩いてみたい思いが強くなった。
ひそかに追いかけて行けるところまで、と思っていたが、入山口やらなんやら
聞いてみたいこともありメールを入れ教えてもらった。
当日朝は佐藤さんの予定に間に合うように着けるか自信がなく先に行ってってもらおう
と思ったが、櫛引PAでメールを入れたらなんと入山口で待っていてくれた!
その間たぶん私の車も停めやすいように駐車スペースの雪をどけたりしていてくれたに違いない。
おんぶにだっこの、足ひっぱりまくりで本当にごめんなさい。

雪が締まっているので壺足で大丈夫だろうとアイゼンを着けて7時半前にスタート。
2mを越す道路脇の壁は佐藤さんが土曜日に下見に来た時に作ってくれていたステップで
登る。9回歩くうちに最短距離を見つけたのだそうだ。
雪がない時でも車は通れないという作業道のような所を進む。
土曜日の佐藤さんのわかんの跡がはっきり残っていた。
f0003138_10552277.jpg

林道を歩くより距離を半分以下の1.3キロに縮めて夏道登山口に30分で着いた。
広いスペースがあり、奥に小さく摩耶山が見えていた。
f0003138_1057688.jpg

606.5mのピークからよい雰囲気になってきた。
f0003138_10582859.jpg

急斜面を下って登り返すと開放的な緩やかな尾根道となる。
f0003138_10592817.jpg

越沢への分岐がある小屋はすっぽり雪に埋まっていた。
f0003138_110332.jpg

摩耶山がぐっと近づいてきた。
f0003138_1111918.jpg

振り返れば日本海は粟島が見えていた。
f0003138_1121165.jpg

鳥海山がちょこっと頭を出し。
f0003138_1132880.jpg

こちらは以東岳もどうだ!の雪化粧をしている。
f0003138_1141928.jpg

いよいよ最後の急登懺悔坂が始まる。
f0003138_1151752.jpg

爽快な登りで
f0003138_1161688.jpg

間もなく山頂。
f0003138_1174470.jpg

月山が見えてきた。山頂へはこの雪庇を越えて行くんだって。

f0003138_1184245.jpg

高所恐怖症には怖い。佐藤さんにカメラを託した。
f0003138_11135718.jpg

山頂は鳥海山をバックに。
f0003138_11151483.jpg

佐藤さんが戻ってきてから大展望を御馳走にのんびり。スープやコーヒーも御馳走になる。
手前鑓ガ峰と鉾ガ峰の真奥に以東岳が見え、少し離れた左側、かっこいい三角峰は障子ヶ岳だそうだ。
f0003138_11172361.jpg

人懐っこいホシガラスがやってきてガーガーと挨拶している。
f0003138_1122984.jpg

1時間以上のんびりしてなお立ち去りがたい思いの摩耶山だった。
佐藤さんは今回初めて誰かのトレースを辿ったという。
楽して登山、がモットーの私は助かったが、いままで足跡の付かない山頂を独占してきた
佐藤さんは複雑な心境だったようだ。

懺悔坂を下り終えたあとは見えている稜線伝いに下る。
f0003138_11235618.jpg

606.5mのピークへ登り返すところは雪が緩んでずぼっと腰まで潜り脱出に一苦労。
スタミナダウン。荒い息でピークで待っていてくれた佐藤さんに追いつく。
f0003138_11275376.jpg

606・5mピークからの下りはカラマツ林から日本海との間にある山並みに向かって下る。
この下で、今度は足が埋まって抜けなくなりしばらくもがくことになってしまった。
f0003138_1132993.jpg

楽しい急斜面の下り。下に見えている作業小屋の所からは右手の植林地に入る。
f0003138_11324440.jpg

1時10分道路が見えてきた。
f0003138_11334833.jpg

往復9.5キロ。
f0003138_1135227.jpg

近くの商店で鍵を開けてもらって入るという湯田川温泉の正面湯は一度入ってみたいと
思っていた温泉だ。でもわからないと入りにくい。佐藤さんに案内してもらい入ること
が出来た。温泉には入らないで帰るという佐藤さんとはここでお別れ。
本当になにからなにまでありがとうございました。
ほどよい湯加減の温泉で筋肉をもみほぐし帰路に付いた。
[PR]
by miyagi1305 | 2011-02-25 11:35 | 山形県

2011.2.20水引入道(1656m)

遠くの低山を敗退するよりは近くの高い山を敗退のほうがまだまし・・かな、と
かねてから念願ながら行きかねていた冬の水引入道に挑戦してみることにした。
8時半に白石スキー場を出発。神嶺林道は今までにないくらい締まって歩き易く
本日の山歩きに期待を膨らませ目的の山を眺めながら進んだ。
(写真では雲が被って見えにくいけど、コガ沢の右奥に三角形で山頂が見えている山)
f0003138_1732145.jpg

スキー場から1キロ進んだ所から林に入ったが、コガ沢を渡ってすぐの所から入って
もよかったかもしれない。
林の中はどこを歩いてもよしって感じだ。気付けば古いトレースやわりと新しい
ものなど、結構付いていたが、雪が締まって歩き易ければ自分のトレースで歩いて
みるのも楽しい。
夏道よりも解放感を感じながらゆるりと登って行くと、進行方向右側には下から見上げる
のとは違った丸っこい形の馬ノ神岳の白い頭が見えている。
f0003138_17422460.jpg

振り返れば写真ではわかりにくいけど青麻山がうっすらと見えている。
f0003138_17432849.jpg

ヒメコマツの生えているたわんだ所を2か所過ぎるが、このあたりから水引入道の
山頂も近くに見えるようになってきた。
f0003138_1746484.jpg

南側はすっくと延びた不忘山の東尾根が美しい。
f0003138_17505829.jpg

ちょっとしたオープンバーンのようになっている所を登れば山頂だった。
林道1キロを含めて4.7キロ。3時間掛らないで着くことができた。
思ったよりもずっと歩きやすい水引入道だった。
下を見降ろす。
f0003138_17544398.jpg

左は今月初めに登った後烏帽子岳と右馬ノ神岳。下から見上げると同じくらいの
高さに見える馬ノ神岳だけど、こちらより100m位低いのでだいぶ見降ろす感じだ。
f0003138_17583187.jpg

屏風と後烏帽子の間から一番遠くに見えているのは雁戸みたいだ。
f0003138_1815547.jpg

ちょうど不忘山と南屏風の上には雲が掛ってなかなかとれなかったが、一瞬山頂が見えた。
f0003138_1821729.jpg

f0003138_1875125.jpg

下りは少し南側を進んでみた。
しばらく展望の稜線コースが続く。
f0003138_18104191.jpg

不忘山や水引入道もよく見える。
f0003138_1811323.jpg

左水引入道右馬ノ神岳。
f0003138_18141420.jpg

コガ沢に引っ張られるとまずいかなと途中からは気持ち左よりに進路を変えて
登りに歩いたルートに戻った。
下りもほいほいで2時間掛らず。夏道より楽に歩くことができた。
スキー場近くにあった雪だるま。
帰りに見たら、思わず笑ってしまった。
両性具有って感じ。
親子3人で来て、お母さんと子供のを作ったところで
子供に「お父さんさんのは?」ってうれしいことを言ってもらったけど
いい加減疲れたお父さん、腹筋を入れて、「これはお父さんとお母さん両方の
だよ」なんてごまかした、というのが私の推理だけど、真実は?
それともダイエットしすぎてアバラが浮き出たお母さん?
f0003138_18235587.jpg

それにしても日曜日ならだれかほかに歩いている人もいるはずと思ったのに誰にも会わない水引だった。
f0003138_18271768.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-02-24 18:28 | 蔵王~面白山

2011.2.16山頂すぐそこで涙、、、百石山(598.8m)

飯豊の展望台の百石山(ひゃっこくやま)である。
しかしネットで検索してみると展望に恵まれた人は案外少ないようである。
冬の間このあたりの天気はかなり気難しいのだろう。
全国的に穏やかな晴天が予報された16日、こんな日は蔵王あたりを目指すほうが
いいんだろうな、なんて思うが、目の中がごろごろして調子が悪い。
簡単に登れる山を選ぶことにした。
車の中は暑い位の日差しの中113号線を日本海側に向かって車を走らせて行くと
先々で排雪(道路脇に積まれた雪をどかす)作業が行われていた。
駐車できるか心配になってきた。

113号線から百石山の南尾根がいい感じで見えてきた。
f0003138_136309.jpg

さて、どこに車を停めようか。車を停めるスペースはあったが、作業の邪魔に
なってはいけない。
伊佐領の駅近くの家でスノーダンプをいじっていた人に聞いてみると長い時間で
なかったらうちに停めてもいいよ、と言ってくれたので好意に甘えることにした。
元の小学校跡から登るのが一番近いということなのでそのルートを試してみることにした。
少し戻ってから山側に続く道に入るとすぐに小学校跡があり、この奥に適当に
取りつく。
砂防ダムの上に作業道らしきものが続き、ここから杉の植林地に入って急坂を登る。
f0003138_13134959.jpg

植林地を過ぎると傾斜の緩い雑木林に変わった。
樹木が邪魔だが展望が得られた。
小国側。
f0003138_1316535.jpg

南側。
f0003138_13191830.jpg

アップで見てみる。
飯豊本山かな。
f0003138_1321144.jpg

南尾根に近づくとブナ林に変わってきた。
左手に山頂を見ながら進む。
f0003138_13223094.jpg

南尾根に入りちょっとだけ下り登り返していく。
f0003138_1323137.jpg

東側の展望が見えてきた。
f0003138_1324132.jpg

なんの足跡だろう?
大きさと形からするとクマっぽいけど。。。
f0003138_13245824.jpg

山頂の下は結構急だ。
気温の上昇で緩んだ雪がずるずると滑る。
山頂から張り出している雪庇は大丈夫なんだろうか?
もうすぐ山頂というのに不安が湧いてきた。
西側に回り込むのが正解だったか。
恐怖が膨らんできた。
ほんとにもう少しなのに、山頂をあきらめすたこらさっさと下った。
しまった、写真を撮るのを忘れてた、と少し下ってから撮ってみる。
山頂のすぐ下の樹木がまばらになった所まで登った。
f0003138_13293875.jpg

再度西側をトライしようかとも思ったが、なんだかやる気がなくなってしまった。
展望は極楽山に期待しよう、とそのまま下ることにした。
下りは南よりを進んでみた。
樹木が邪魔だが飯豊連峰のスカイラインが見えていた。
f0003138_13333410.jpg

横川ダム湖の奥にまた飯豊本山(たぶん)を見ながら緩やかな尾根を下る。
f0003138_1335134.jpg

最後は杉林の急斜面をちょっとで踏み切の所に下りることができた。
車を停めさせてくれたおじさんは双眼鏡でみていたけど、見えなかったという。
やっぱりもっと西寄りに進まなくちゃいけなかったんだ。
「山頂からは景色がよかったんだけどねえ」と残念がってくれた。
ほんとにねえ。

期待しながら極楽山に車を走らせたが、こっちはもっと道路の壁がすごい。
乗り越えるのにステップを切ることが必要だし、それになによりこちらも
排雪作業が入っている。邪魔になったらたいへんなので、車を停めることが
ためらわれてすごすごと退散したのだった。

百石山は登り1.7キロ、1時間ちょっと。
f0003138_13415143.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-02-21 13:57 | 山形県

2011.2.13立石山~的場山(720m)

みいらさん、マロ7さん、morinoさんと県境の二ツ森山を歩く予定だったが、この日は
二ツ森を歩くには天気が厳しすぎるということで、宮城県の山を歩くことになった。
宮城県も西部は雪の予報だけど、距離がそれほど長くなければなんとかなるだろう
と先月あきらめた立石山から的場山を提案してみた。
川崎町野上の雷神社で待ち合わせをし、長い林道歩き節約で行けるところまでということで
マロさんの車に苦労を掛け運んでもらってスタートだ。
林道を歩いているうちに湿った雪がやんで明るくなってきた。
f0003138_10494026.jpg

風の音はするものの遮られているのか穏やかな東尾根の登りになった。
f0003138_1053312.jpg

振り返ればししなご山と・・熊棚である。この山は熊棚だらけだった。
f0003138_10545391.jpg

山頂ポーズのマロさん。
f0003138_10555861.jpg

ちょっと休んで的場山に向かう。morinoさんの奥に横たわっているのが目的の山だ。
f0003138_10574177.jpg

あっという間に林道に下りた。振り返って。
なぜか前面撮影禁止のみいらさん。っじゃなくてスノーシュー調整中。
f0003138_10584792.jpg

林道歩きはやっぱり飽きる、ということで突然急斜面を登ることを思いつく
アドベンチャラーマロさんであった。
f0003138_1173419.jpg

邪魔な灌木もそれほどない歩きやすい稜線を進む。
f0003138_11102982.jpg

的場山の山頂部は3つに分かれているが、一番高い中央部分に向かう雪屁の所では抜群の
展望が得られ、ししなご山と立石山を見降ろすことができた。
ししなご山の奥右上には釜房湖が青く見えている。
f0003138_11142542.jpg

樹木に囲まれてあまり展望はない山頂に着いた。
振り返って右側黒っぽい所は手前のピーク。
f0003138_11165314.jpg

記念撮影。
f0003138_11533749.jpg

山頂に目印を付けた。
f0003138_11194384.jpg

三角ピーク右奥は雁戸だそうである。
f0003138_1121154.jpg

風の当らないところでお昼にすることにして引き返した。
雪庇の所で再び展望に足を止める。
青麻山が見えていた。
f0003138_1129171.jpg

雪庇の反対端には名前通りの三森山も見えていた。
f0003138_11302362.jpg

西側から吹きつける風は強く、すでに登りで付けたトレースが雪で埋まって平らになっていた。
下で尾根が分かれるところは三様に下りたい所を下ることにした。
私は一番緩やかな大周りコースを取ってみた。
立石山は林道はぼうずの急斜面があったので来た道で戻ることにした。
つるを取ってもらい、かわるがわる運んでもらう、なんてこともやってもらって持ち帰った。
うまく作らなきゃね。
往復8キロくらい。4年前の念願がやっとかなった楽しい1日になった。
f0003138_1140261.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-02-18 11:55 | 宮城県南

2011.2.11菅生館跡から山伝いで愛宕山(坪沼)

蔵王手前の山から仙台方面を遠望するときにえぐられた独特の山容で同定しやすい坪沼の
愛宕山である。
山頂には神社があり参道が続いていると知ってからずいぶん経つが、ただ登ったのでは
あっという間の山頂であまり面白そうでもない。なにかよいアプローチはないかと考え
つつも忘れては思い出し、思い出しては忘れを繰り返していた。
天気が怪しげで、遠くへ行く気がしない時のために取っていたともいえるが、11日はそんな
感じで愛宕山探索にはぴったりの日になった。

仙台と境を接する菅生折越地区の菅生館跡が中山間地総合補助支援事業の対象になり
数年前に整備されて県道31号仙台村田線の分岐に案内板が立っていた。
新JR仙台線の送電線巡視路はNO44を過ぎた所で町道(というか仙台市の坪沼と続いた道)
に下るが、この道路沿いに車を停めるのはためらわれる。
この菅生館跡(のうそんこうえん)から繋げないか試してみることにした。

道路沿いに雪がでてきたので下の適当な所に車を停めて歩きだしたが館跡に広い駐車場が
あり、ここまでは問題なく進めたようだ。
f0003138_11343133.jpg

鎌倉時代後期と戦国時代に使用されたとある。
263mの高寺山から東南方向へ延びた狭い丘陵地とあるが、2007年の11月にこの辺
を歩いた時もこの高寺山というのがどこかよくわからなかった。
鉄塔が立つピークはどれも300mを越えている。尾根が緩んで山のように見えるところ
なのだろうか?などとすっきりしないまま林道を奥に進んでみた。
向こうに見える鉄塔に出ることができればあとは問題ない。
f0003138_1142929.jpg

こちら側の林道終点からは狭い連絡通路みたいのがあって心配無用に終わった。
東側に下る鉄塔。
f0003138_11492776.jpg

NO42で標高310mを越えるピークまで登ったら手前釜房山と大倉山の奥に大東岳(右)
から山形神室までの展望が得られるようになった。
あとは小ピークをアップダウンしながら進む。
f0003138_11533575.jpg

f0003138_1245019.jpg
321.7mの三角点ピークそばに立つNO42の鉄塔からも北側の展望がすばらしい。
これから越える横長のピーク(NO38の鉄塔)を境に、向かって左側は大東岳から
二口山塊の山並み、右側が泉ヶ岳までのパノラマが広がる。
f0003138_11583748.jpg

右はじにはこれから向かう愛宕山も見えてきた。
f0003138_1201626.jpg

NO38の手前で歩いてきたピークを振りかえってみる。
f0003138_1271549.jpg

NO38からは青麻山から泉ヶ岳の展望が大パノラマで広がる道を進んだ。
不忘山から笹谷峠まで。
f0003138_1293191.jpg

泉ヶ岳のスキー場マークにばかり気を取られてしまった。
f0003138_1295988.jpg

NO37で愛宕山の西を巻く林道に下りるが、この鉄塔の所で休日にも関わらず
作業が行われていた。
ひょえ~の高所作業だ。ぶらんぶらん揺れたりして見ているだけで気が遠くなりそうだ。
f0003138_12173531.jpg

西を巻く林道からあてずっぽうでチェーンの掛る林道に入ってみたら愛宕山が近づいてきた。
f0003138_12193738.jpg

杉と雑木の境はけもの道みたいに薄い踏み跡があって山頂はあっという間だった。
f0003138_12214460.jpg

なんども名前の変わるゴルフ場が目に入る。
鹿ノ上山が円錐形で目立ち、大倉山もランドマークの存在感を示している。
f0003138_12232613.jpg

思ったよりしっかりした神社が立っていた。
f0003138_1224426.jpg

広い参道を下る。
f0003138_1225383.jpg

すぐに林道にぶつかった。
まっすぐ下の鳥居に下るにはどっちへ進めばいいんだろう?
右手に進んでみたらこっちじゃなかった、で来た道に戻ってしまった。
しかたない。堤にでて山沿いの道を戻ることにしよう(車道歩きを考えていた)。
堤そばの山斜面は伐採されて4年前と雰囲気がずいぶん変わっていた。
f0003138_12285240.jpg

約12キロ。
f0003138_12294754.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-02-14 12:31 | 仙台近郊

2011.2.2後烏帽子岳(1681m)

後烏帽子岳は4年前の1月にスノーシュー初体験で雪山に踏みだした記念すべき山だったりする。
その時見た屏風のヒダの美しさはずっと目に焼き付いていた。
4年ぶり訪れた山頂からはあの時の魔法に掛りそうな景色が再び目の前に展開された。

2日は久しぶりに全国的に穏やかな天気に恵まれた。
前日まで断続的に続いていた雪はどれだけの積雪になっているのか?
心配ではあったが、距離の短い後烏帽子岳ならなんとかなりそうな気がして出かけてみた。

久しぶりの好天と雪山挑戦に浮足立ってしまったか、用意していた地図、お風呂セット
登山届けを置き忘れてきてしまった。
登山届けは漢字が出てこない、順序がめちゃくちゃをみみずののたばったような字で書いた
が、なんとか受理されて、ゴンドラに乗りこむ。
ゴンドラってどれくらいの速さなんだろう?と途中からGPSを付けてみたら時速15キロ
だった。
カモシカリフトに乗り換える。この澄みきった青空はどうだ。
知らず知らず顔がほころんでしまうじゃないか。
f0003138_10421492.jpg

登山届を出すときに確認したら私が最初らしい。
4年前を思い出しながらアオモリトドマツ林に入る。
積雪は思った通り多めで樹林帯では風で寄った雪が至る所で小山を作っていて歩き難い
ことこの上ない。歩きやすい所を探しながら右へ進んでは左へと右左右左を繰り返し
ながらくねくねと登って行く。
もっと歩きやすい所があるに違いないとは思ってもモンスターのような大木で遮られて
いるので探すのも簡単には行かない状況だ。
ゲレンデトップから山頂までは標高で300mちょっとの登りだが、最初の100
位がえらく長く感じられた。
f0003138_10513312.jpg

それでも振りかえって雁戸や大東岳が見えてくるようになるとなんとか頑張り通せる
気もしてきた。
f0003138_10573952.jpg

気配を感じて振りかえってみると別ルートで2人連れが登って来ていた。
f0003138_1105258.jpg

ふう~。助かった。力尽きる前に助っ人登場って感じであった。
ありがたくトレースを使わせてもらう側に回った。
f0003138_1143461.jpg

解放斜面のまっすぐの登りは気持ちいい!の一言(楽してるからでしょ、ってその通りです)
f0003138_116264.jpg

熊野岳から雁戸を右手に見ながら進む。
f0003138_1165513.jpg

今年の寒さで後烏帽子岳の樹氷もとてもよく育ったようだ。

f0003138_1121302.jpg

1.7キロ。1時間40分ほどで山頂到着。
f0003138_1111479.jpg

屏風へ向かうというスノーボーダーさん達にお礼を言ってお見送り。
f0003138_1113388.jpg

↑の写真ではトリック的に刈田岳と熊野岳がすぐ近くに見えているが、ちょっと
場所を変えると、やっぱり遠い。
f0003138_11151558.jpg

アップにすると樹氷原の奥に朝日連峰がくっきりと見えた。
f0003138_11161047.jpg

いつまでも眺めていたいけど山頂の風は冷たいのだった。
下りは面白いように足跡を付けて自由に下る。
途中で3人組みと単独のスキーの人たちが登ってきた。
みんなこの天気ににこにこ顔だった。
で、登ってきたのとは別のルートを下ってみたら、まっすぐの気持ちよいルートだった。
スキーコースのプレートもあり、そういえば4年前もプレートを頼りに登れば
良かったんだね、なんて話をしたことを思い出した。

えぼしスキー場は長い。ゴンドラに乗りこむ時に片道ですか?と念を押されたけど
往復にすればよかったかな、とちょっぴり後悔したほど長い4キロだった。
前回はスキー場南側の千年杉コースを下ったけど、今回は北側の白瀧の滝コース側
を下ってみた。長いなあ、と思ったのは同じだった。
f0003138_11304467.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-02-04 11:31 | 蔵王~面白山