<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大戸岳(6月18日)

タケノコ採りと順序が逆になってしまったが、台倉高山と帝釈山を歩いた翌日
大戸岳に寄っていた。
この山は秋に取り上げられることが多い。
やっぱり秋が良いんだろうが、そう思って何年取っておいてもなかなか機会が
ないし、今回のもう一座には都合がよいので歩いてみることにした。
会津盆地の南の扉に見立てて付けられた名前だけあって、堂々とした立派な山容の山である。
R121号線を北上して芦ノ牧温泉のちょっと手前から東に4キロほど入ると
闇川(くらかわ)地区の神社前に登山者用の駐車場がもうけてあった。
f0003138_1747237.jpg

そこから100m位進んで右手の林道に入る。
入口には鍵付きワイヤープラスで車は入れないようになっていた。
f0003138_17502569.jpg

沢沿いの道を1キロほど歩いて登山口だ。
f0003138_17522448.jpg

すぐに大きな堰堤があり、お地蔵さまを見て尾根に取りつく。
樹林帯の中の気持ちの良い道が続く。
f0003138_1754034.jpg

ブナが出てきて、アスナロが優勢になってくると「水場まで300m」の標示が
あって、巻き道に入る。(振り返って)
f0003138_17564910.jpg

中ツ手清水は前々日の雨もあってか十分な水量があった。(振り返って)
f0003138_17583454.jpg

巻き道はアップダウンを繰り返し、なかなか高度があがらない。
焦れて来たころにやっと急坂の上りになった。
f0003138_1804392.jpg

稜線に出て、すぐにロープの付いた急斜面の岩場が目に入ってきた。
写真ではわかりにくいと思うが、北側(右側)はすっぽり切れ落ちている。
このすれすれを通るのはかなり怖かったと思うが、そんな怖がり屋さんのために
南側の木が切られていたのはラッキーであった。
f0003138_184567.jpg

そのあと急斜面のアップダウンを2回繰り返した。
それで又三郎か、と思ったが、ガイドブックをよく読んでみると
風の三郎(または又三郎)というのは風の神様の名前だそうである。
石の祠から来た道を振り返る。あの山の尾根を登り斜面を巻いて来た。
f0003138_1893890.jpg

二俣山が美しい。
f0003138_18105487.jpg

山頂からは樹木が邪魔をしてあまり展望は得られなかった。
芦ノ牧温泉南駅に下る桑原コースは危険のため通行止めと注意書きがある。
一人では周回も難しいコースではあるがあきらめがつくというものであった。
f0003138_1813497.jpg

アカモノの季節になっていた。
f0003138_181754.jpg

オオバスノキ。
f0003138_18181618.jpg

(私には)ちょっとめずらしいベニバナツクバネウツギ。
f0003138_18184733.jpg

f0003138_18211020.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2010-06-25 18:28 | 福島県

祝。タケノコ採りデビュー(6月20日)

タケノコ採りはササやぶ漕いで、採ったら採ったで重い荷物持ってたいへんそうだ。
絶対自分には向いてない、とずっと思っていたのだけれど、なぜにそんなに
人々を夢中にさせるのか、もずっと不思議に思っていた。
体験してみないことにはわからないので、去年みいらさんに弟子入りして、タケノコ採り体験をさせてもらう
ことになっていたのだけれど、肩の都合で無理になってしまった。
ということで、一年待ってのデビューとなった。
タケノコ駐車場にはすでに20台近い車が停まっていて、この場所の人気の高さがうかがえる。
入口のほうでごそごそにぎにぎやっている人が多いが、みいらさんは御用達の持ち場に
向かってどんどん進んで行く。
すれちがう人たちはあんまり採れなかったと、疲れ感だけにじませていた。
どうなることやら。
であったが、私にすれば収穫はどうあれまずは体験できればよい、という気持ちのほうが
大きかったので、のんきにみいらさんに付いて行く。

最初はなかなか見つからなかった。
もがきながらあちこち探しているうちにタケノコがこちらにやってきた。
一つみつかったら、あっちにもこっちにも見つかるようになった。
突然見えてくる楽しさにはまって、夢中になってしまった。
そうか。こういうことだったんだね。

今日は入門なので軽く2時間位で引き上げ。
ちょっと延びたやつや細いのもまじってるけど、こんなに採れた。
f0003138_18392413.jpg

みいらさんが採れたてクッキングをセッティングしてくれた。
f0003138_18415079.jpg

いただきま~す。
採りたての焼きタケノコは甘くてとってもおいしかったのだ。
味噌汁も歯触りがよくてまいう~。
ごちそうさま。
f0003138_18422553.jpg

タケノコ採りだけじゃなくてこの辺は散策しても良い場所なのだ。
ブナあり、沢あり、で気持ちがよい。
実はエコーラインの冷水山のほうから昔道を歩いてこっち側に来たことがあった
のだけど、2度とももうちょっと、というところで、すごい藪に阻まれて引き返していた。
今回はその藪が刈り払われて通しで歩くことができたおまけまでついて、とっても
すっきりした一日になったのだった。
今の季節は涼しげなツリバナがうれしい。
f0003138_18503570.jpg

どうしてこんなところに、と思うような泥の水たまりの上にモリアオガエルの卵塊が。
(それはカエルの勝手でしょ、なんて言葉が昔流行ったような?)
f0003138_18523492.jpg

この日の展望は偶然出会ったある家族の悲しい思い出とともに。
f0003138_18554682.jpg


うちに帰って早速タケノコに取りかかる。
どっちが主役かわからない存在感を示す中央のものであるが、主役はもちろん
右上で小さくなっている各々である。
みいらさんにサバ缶を使った調理法を聞いたけど、買い物に寄るのも面倒くさく
(タケノコ採りのすごい格好のままだった、というのもある)
うちに買い置きしていた鮭の中骨缶で代用したけど、わたし的には全然OK.
おいしくいただいたのであった。
でももっとおいしかったのはやっぱりてんぷらだったね。
f0003138_1921248.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2010-06-22 19:13 | 山エトセトラ

帝釈山(6月17日)

馬坂峠まで戻り、今度は帝釈山に向かう。
猿倉登山口から田代山を越えて帝釈山に登ったのはもうずいぶん昔のことになった。
その時は田代山からの針葉樹林の中の道が長く感じられた。
辿りついた山頂は大勢の登山者でいっぱいだったことが思い出深く残っている。
今回のコースはぐっと短くて1時間を切る。
f0003138_110195.jpg

台倉高山方面のオサバグサの群生にこれ以上すごい群生はないだろうと感激したばかりで
あったが、群生の多さ・広さ・整然としたきれいさでは帝釈山側のほうがすごかった。
f0003138_112383.jpg

f0003138_114361.jpg

f0003138_114347.jpg

こちらも登山道沿いにも。
f0003138_1161746.jpg

登山口に「整備が進んでストックは必要ないので持たないで下さい」
と書いてある、と言っている人がいたので、私は置いてスタートしたのだが、
すれちがった人で持っている人は結構多かった。
良く読みもしなかったが、田代山湿原を配慮してのことだったのかもしれない。
整備がされているとは言っても普通の登山道であった。
台倉高山よりこっちのほうが急ではあった。
f0003138_1192591.jpg

台倉高山ですれちがった女性3人組とはこちら側でもすれちがって、お互い
「こちらもですね」
あっという間ではあるが、急坂には結構堪えた。
2時近い時間なので、山頂には田代山まで行ってきたという男性一人がいただけで
前回訪れた時よりはずっと広く感じた山頂であった。
f0003138_11142362.jpg
会津駒が近づいた。
f0003138_11145950.jpg
台倉高山方面。ピークの間中央奥に三角に見えるのが台倉高山である。
f0003138_11152434.jpg
林道に軌跡が入ったのは消し忘れただけ。(その部分を消すこともしないずぼら者である)
f0003138_11155291.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2010-06-21 11:28 | 福島県

台倉高山(6月17日)

11年前に『会津百名山』が発行された時「だいくらたかやま」(2066.7m)
は超上級の山として紹介されていたが、この本でも触れられている通り、舟岐林道が
開通し登山道も整備されて、ポピュラーな山の一つに変わってきたようだ。
今の時期はオサバグサが見ごろなこともあり、平日にあってもなかなかの賑わいであった。
2066.7m。普通はずいぶん頑張らないと登れない標高であるが、桧枝岐の
「ヒウチ(漢字が出ない)の湯」の所から入り14.5キロ走って辿りついた
馬坂峠はすでに1800m近い標高なのであった。
オサバグサ祭り期間中ということで20台近くの車が停まっていた。
祭り実行委員の方にバッジをいただき、山歩きスタート。まずは台倉高山に向かう。
f0003138_9424555.jpg

実はオサバグサを見るのは初めてである。長いこと見たいと願っていて念願がやっと
かなったことに加え、すごい群生に迎えられて感激のスタートとなったのであった。
ズダヤクシュと似ていると見る前は思っていたのだが、実際みてみると似て非なる、
なのであった。花に丸みがあってとてもやさしげな可憐さがある。
オサバグサとタケシマランのコラボ
f0003138_9165626.jpg

圧倒的に若いオオシラビソの多い林をずーっとオサバグサを見ながら進む。
巡視員の方にオサバグサはオオシラビソやコメツガの林を好むことや栃木県側には
ないこと、田代山から黒岩山まで20キロ近くに渡って続いていることなどを聞いた。
オオシラビソの甘い香りに包まれた森であるが、若い木のほうがこの香りを出すのだそうである。
針葉樹は二酸化炭素の吸収に役立っていること、若い木のほうがその力が強いこと、
森林セラピーにも針葉樹のほうがよいことなどを今受けている講座で習ったばかりであるが、
このかぐわしいかおりを嗅いでいると確かにそんな気がしてくる。
f0003138_9541966.jpg

2033mピークのあたりがほぼ中間で、3つにわかれた三段田代があった。
雪が融けたばかりの田代には花はショウジョウバカマとタテヤマリンドウくらいでまださびしい。
タテヤマリンドウ。
f0003138_9181537.jpg

一番奥の田代にはまだ雪が残っていた。
f0003138_9593015.jpg

小さなアップダウンを2回ほど繰り返し、山頂が近づいて見えるようになった。
右手の丸い山の斜面を巻いて左側のとんがったピークが台倉高山であった。
f0003138_1032625.jpg

イワナシも好きな花である。
f0003138_9172762.jpg

3.75キロを2時間位で歩いて山頂に着いた。
看板の奥、南側は日光の山々が見えている。
ここから黒岩山までは古い山地図には黒岩新道の名前も出ているが、ここから先
藪の刈り払いはされていないようで、困難なルートになりそうだ。
f0003138_1064982.jpg

西側に向かって並んでいるのは左から至仏山、ちょっと手前のヒウチヶ岳、平ヶ岳だろうか。
f0003138_1015337.jpg

さらに北に向かうと長く残雪を抱いた会津駒の山並みが美しい。
f0003138_10164133.jpg

北東は歩いてきた小ピークが重なって見え、その奥に左側のとんがりが帝釈山で
右側の丸みを帯びたピークが田代山である。
f0003138_10212012.jpg

3組とすれ違い、追い越してきた2組は途中までのオサバグサ鑑賞組だったか
独り占めの山頂でのんびり景色を眺めお腹を満たして下山に掛った。
[PR]
by miyagi1305 | 2010-06-21 10:48 | 福島県

氷上山(6月7日)

六角牛山から下山してまだ10時前。車で1時間ほどの氷上山にも寄ることにした。
何本かコースがあるようだが、遠野から進んで一番近いのは玉之湯からのコースだ。
玉之湯に車を置いて歩きだしてもよかったが、最近は体力がない。
いくらでも歩行時間を縮めたくて林道を更に500m進んで出合いの所に車を停めた。
f0003138_12583532.jpg

ちょっとぶならしくないブナ。
下がごつごつしていてとてもそうはみえなかったけど、上を見上げればやっぱりブナだ。
なにかの木と合体しているのかと思ったがそうでもないようだ。
f0003138_1323980.jpg

一本杉と標識のある水場を過ぎると落葉樹の気持ちのよい道に変わる。
f0003138_134504.jpg

稜線に上がると5合目で、ここからは標高差約100mをのんびりと歩くことになる。
7合目に「もう一息!」とあるので、もうちょっとかと思って歩いたら案外長かった。
f0003138_1373955.jpg

運動会でもできそうな広々とした祈祷ヶ原に入った。
f0003138_1310626.jpg

ここには中央コースが登ってきており、広田湾が一望できた。
f0003138_13212511.jpg

もう一回樹林帯に入ってツツジが鮮やかな山頂に着いた。
東の御殿もツツジに囲まれ、眼下には広田湾が広がる。
(神社はこのほかに西の御殿と中の御殿があり、両方とも同じような作りで同じ色に塗られていた)
f0003138_13155492.jpg

東側には大船渡の湾が見えた。
f0003138_13191268.jpg

祈祷ヶ原に建つ登奈孝志(となこし)荘の中を覗いてみた。
登山ノートを見ると冬場に登る人も多いようで、寒い時期にはうれしいね。
でもバーべキューのコンロも外にあったからいろんな人に利用されているんだろう。
f0003138_13244980.jpg


玉之湯(500円)には男女それぞれ大小2つづつの浴室があり、気持ちのよい温泉であった。
[PR]
by miyagi1305 | 2010-06-11 13:39 | 岩手県

六角牛山(6月7日)

前日歩いた石上山の欄でも書いたが、六角牛山も遠野三山の一つである。
東北百名山にも入っているのだが、アクセスの長さとガイドブックに載っている2時間半という短めの歩行時間を考えるとなかなか出かける機会を作れないでいたのだ。

石上山で足指の痛みが出なかったのでほっとした。
せっかく遠くまできているのだからもう一日歩いて帰ることにしよう。
去年の10月に歩いた片羽山(雄岳)に行く時に通った県道35号釜石遠野線に入って4キロほどで右手に立派な六角牛神社があり、ここから入って未舗装路を道なりに3キロ余り。
この山も割と取りつきやすい。
石上山では6組の登山者に会ったが、こちらは平日とあってか、ほかに登山者はいなかった。
f0003138_1152658.jpg

雨量観測所までは車も通れそうな広い道を歩く。
f0003138_1235437.jpg

見たことあるような、ないような花。
花弁は簡単に落ちるようで完全に咲いた状態で残っているものは探せなかった。
(「ヒメゴヨウイチゴ」と里山文庫で教えていただきました。)
f0003138_11592183.jpg

7合目下から9合目までは岩がごろごろした急な坂が続く。
f0003138_120407.jpg

合目標示のほかにメートル標示もある。
入口に「山頂まで2210m」の標識のあとは2000m、1500、1000m(この間急坂)800m、200mで現れ、ツボを得た付け方と感心しながら登った。
残り1000mまではだらだらとした緩やかな登り、距離感が分からなくなる急坂では目安を教えてもらい、残り200mではもうちょっとだから頑張れよ、と励まされて山頂というわけだ。
f0003138_12133175.jpg

片羽山。去年秋には向こうからこちらを眺めたのだ。
f0003138_12152992.jpg

奥に五葉山のシルエットがきれいだ。
f0003138_12161191.jpg

遠野市街と前日の石上山は中央右寄りあたりに見えているはずだ。
f0003138_1217935.jpg

クロミノウグイスカグラの下でのんびりしていたヘビは怒りもせずに「私は嫌われ者ですから」と急いで逃げて行ってしまった。
別名ハスカップ。
北海道では低地でも栽培が出来るそうだが甘酸っぱいジャムは高級品だ。花の割には実を付けないことを考えれば当然なのだろう。
f0003138_12184741.jpg

ルリビタキ(たぶん)のさえずりとハチの羽音と虫たちのおいかけっこで賑やかな山頂でブランチを食べて山頂を後にした。
[PR]
by miyagi1305 | 2010-06-11 12:42 | 岩手県

石上山(6月6日)

早池峰山、六角牛山とともに遠野三山の一つに数えられる『いしがみやま』(1038.1m)である。
4年前の新・分県登山ガイドでは三角点頂上までは藪で展望もないと紹介されていたが
最近刈り払いが行われたようである。
アンドロメダ岩の山頂から400m10分ほどで三角点頂上に到達することが出来、山頂
からは早池峰山など300度位の展望が得られた。

日曜日は地域の草刈りがあり8時過ぎないと出発できないのであったが、これは実は
不幸中の幸いといえばいえたのだ。
というのも度重なるおっちょこちょいで書くのもはばかれていたが、せっかくリラックス
しに入った温泉でちょっとした段差で躓いて足指を強打した。
またまたお天気にもじっと我慢の日々が続いていたのだ。
なんとか山も歩けそうにはなってきたもののまずは軽めの所から試してみたい。
あんまり頑張らない山歩きを目指すには8時過ぎの出発がちょうどよかったというわけである。

東和ICから国道283号線を進み、遠野駅の一つ手前の綾織駅に近い交差点から国道396号線に入り、ほどなく標識に従って右折。4.3キロ舗装道を走って登山口である。
f0003138_19214334.jpg

まろやかな山容であるが、これには騙されるな、といいたい。
f0003138_19271749.jpg

下のほうは確かにゆるゆるとした登りが続く。
余裕で不動岩へ回り道してみよう、と寄ってみた。
別名「まぼろしの滝」。
水量が少ないのでただの岩の連なりのように見えるが、雨後などにはどんな滝に
なるのか・・・ならないのか。。。
f0003138_19303413.jpg

登山道が急になりはじめると中之堂である。
f0003138_19322376.jpg

ガイドブックには確かに鎖や鉄梯子とは書いてあったけど、これですかい。
恐怖心もありほぼ垂直に見える岩ではあるが、この鎖の梯子に足を挟むのはかなり難しそうだ。
f0003138_19332176.jpg

とはいえ、巻道も堂の裏のこんな隙間を通るのだから先はちょっと思いやられる。
f0003138_19352445.jpg

やっぱりかなり急だ。
f0003138_19362625.jpg

それでもなんとか登ってしばらく進むと今度は鉄梯子だ。
この鉄梯子は中間は固定されていない。登りでよっこらしょ、っと踏ん張ると
結構揺れ動くので、いやでもスリルが味わえる。
下は登り終えて上から撮ったもの。
f0003138_19384187.jpg

それでもなんとかアンドロメダ岩(と書いてある)の山頂に着いた。
f0003138_19401174.jpg

ちょうど三角点峰から帰ってきた人がいて道が整備されましたから是非行って見て下さい
と勧めてくれた。
自然に出来たにしては面白い形の岩があった。
さしずめアンドロメダからやってきた宇宙人が石上山の居心地のよさに故郷に
帰るのが嫌になって宇宙船を石に変えてしまったか、なんて想像してしまいそうな形だ。
f0003138_19451270.jpg

ムラサキヤシオがアクセントの所や
f0003138_19501143.jpg

石橋の所を通り
f0003138_19511257.jpg

三角点の山頂に着いた。
だいぶ雪が薄くなった早池峰山が見える。
f0003138_19523028.jpg

早池峰山をアップで。
f0003138_19531450.jpg

あとはまたプチスリルを楽しみながら引き返したのであった。
[PR]
by miyagi1305 | 2010-06-08 19:54 | 岩手県