<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

弁天山公園から花見山経由十万劫山(5月24日)

花見山公園を南側で囲むように西の弁天山公園から十万劫(じゅうまんこ)山まで丘陵地帯が
続いていて、「信夫の細道」(おもに弁天山公園側?)または「十万劫ハイキングコース」
として整備されています。
大規模に伐採がされた十万劫山周辺を除いては森林浴が楽しめる気持ちのよい道でした。

以前十万劫山から大平山配水池までを歩いたことがありました。
ほとんど傾斜もないに等しい緩やかな道が続きます。
腕を大事にした状態で歩くにはもってこいのコースです。
桜の季節には花は百花繚乱人は狂乱?の花見山公園ですが、今は?
も気になり寄り道してみることにしました。
想像していたとおり花はほとんど見られませんでしたが、ここから登り返したことに
よって十万劫山に登った気分を味わうことができました。

弁天山公園の駐車場は4か所ほどあるようですが、中央駐車場に車を停めました。
f0003138_15352891.jpg

一番西端からのスタートにこだわってみることにしました。
厳島神社そばにある展望台から西側の吾妻連峰が眺められました。
f0003138_15383777.jpg

東側はこれから向かう十万劫山が見えています。
f0003138_15423972.jpg

弁天山公園を出て100mほど車道歩きですぐまた遊歩道に入り大平排水池(跡?)
への階段を登ります。
f0003138_15464028.jpg

安寿と厨子王は児童書で読んだだけなので、舞台がどこなのかしりませんでしたが
ここを歩いたかもと思うと重みが増してきます。
f0003138_15524930.jpg

ボルダリングしたくなるような的(的場)石。
たぬきの置物の意味は?わたし的にはなにかジョークにしか見えません。
f0003138_15564976.jpg

ほどよく風の吹く木陰の道をどんどん進んで花見山の分岐を左に取り寄り道します。
f0003138_1615741.jpg

花見山公園を下までおりてあとは以前十万劫山から降りるときに使った尾根(北西)
を登るつもりでしたが、「茶臼山配水場」の道標で方向違いと勘違いをして違う道に
進んでしまいました。
車道から林道に変わりやがて山道になりましたが、上までなんとかつながっているなら
縦走路のどこかには出ることは間違いなにのでそのまま進んでみました。
下の植林地のほうは石がごろごろしていて草かぶりの所もありましたが中ほどは
気持ちのよい落葉林でした。
赤松が増えてくると道幅が再び広がって大規模に伐採された十万劫山の山頂手前に出ました。
f0003138_16131911.jpg

十万劫山とは変わった名前ですが、こんな由来があったんですね。
f0003138_16171111.jpg

山頂から福島市街と歩いてきた稜線が眺められました。
f0003138_16141843.jpg

帰りはまっすぐ戻って十万劫山から弁天山公園の中央駐車場までは約5キロでした。
f0003138_15405817.jpg

よくある花ですが。
大平配水池には
ニワゼキショウ
f0003138_16235881.jpg

モモイロシロツメクサ?セッカツメクサ?
f0003138_16245187.jpg

オニタビラコ
f0003138_1625364.jpg

のお花畑になっていました。
よ~くみると結構それぞれに美意識の高い花達のように思えて来ます。
シロツメクサは子供のころ摘んであそんだので、それでかな、と思っていたら
詰草だったんですね。
オランダからガラスを運んでくるのに緩衝材として使われたと聞くと見方が少し
変わってきます。
[PR]
by miyagi1305 | 2009-05-25 16:45 | 福島県

間違って消してしまいました。

5月11日の「鵜沢山と上下地獄歩道」の記事を間違って削除してしまいました。
当然コメントも消えてしまいました。
この記事にコメントを頂いたみなさん本当にもうしわけありません。
トラックバックを承認制にしたので、それを消したいと思ってその近くにあった
削除ボタンを押したら、な、な、なんと下記事のものでした。
わかっていてもこんなことをやってしまいます。
とほほ。
[PR]
by miyagi1305 | 2009-05-23 17:45 | なんやかや

升沢自然遊歩道(5月21日) sanpo

5月にしては暑い日が続いています。
本当なら高い山など目指したいところですが、痛めた肩腱板がなかなかよくならないため
今回も楽ちん遊歩道歩きです。
升沢自然遊歩道はまだ一人で歩くことになれていなかったずっと昔に歩いたことが
ありましたが、一人歩きが怖くて景色など見る余裕がなかったか(単にいつものごとくの
観察力不足に過ぎないか?)寂しいところだった、くらいしか思い出せないでいました。
歩いてみて、記憶が戻ってくることもありますが、今回は初めて歩くような、すべてが
新鮮に思えた道と景色でした。
景色はやはり気持ちの持ちようでずいぶん違って見えるものなのでした。

下の「割山の崖」入り口からスタートしました。
「熊に注意」の看板を見ながら林道を少し歩くと広い駐車場と看板がありました。
ここから旗坂キャンプ場までは5.1キロとありますが、車道からスタートしたGPS
は旗坂キャンプ場まで約6キロでしたから、林道歩きは900mということになりますが
そんなにはなかったような気がします。
f0003138_15421539.jpg

すぐにヒコ沢を五宝橋で渡って遊歩道スタートです。
ここは前は沢をそのまま渡った記憶があり、それが唯一の記憶ともいえます。
f0003138_15461157.jpg

少し薄暗い林内。心細かった気持ちが蘇ってきました。
f0003138_1548219.jpg

割山断崖はせせり立つ崖だけれども樹木に隠れて残念ながらそのすごさが半分
も見えませんでした。
f0003138_155273.jpg

割山沢沿いの道は沢音にオオルリ、コルリの囀りが響きます。
エゾハルゼミも鳴き出して森の中は賑やかでした。
f0003138_15562933.jpg

氾濫原の伏流水が一気に湧き出して落ちるという割山大滝です。
f0003138_15594167.jpg

上部をアップで。
f0003138_1603823.jpg

ここで沢と別れて進むとやがてすりばち沼。
終わり近いシロヤシオの花がもう少しはやければ、藍色の湖面と相まってよい
雰囲気だったかもしれません。
f0003138_1662297.jpg

水の色がなんともいえません。
f0003138_1674456.jpg

沼は下の説明板によるとこの地の人たちには「オッカナイ沼」と呼ばれていると
あります。
あまりに色がきれいすぎておっかない?そうか、そんなとらえかたもあったかと
一人ガテンのすりばち沼でした。
f0003138_16113455.jpg

このあたりのどこかで升沢林道に出る近道はないかと探してみたもののそれらしき
ものは見つからず。すぐそばを走るバイクの音は林道が近いことを教えてくれている
ものの、今回は道なき林を進む元気はなく、氾濫原への近道探しも次回に回すことに
しました。
[PR]
by miyagi1305 | 2009-05-21 16:26 | 宮城県中ごろ

シロヤシオ咲く谷山へ(5月4日)

谷山は地元の山で何度も訪れていますが春に登ったのはだいぶ昔のこと。
最近はより標高の高い山が終わった後の遅い紅葉を求めて歩くか、行く場の
ない冬に訪れることが多かったので、ツツジ類の花を見た記憶がありませんでした。
実はシロヤシオの木もつい最近意識してみるようになった樹木音痴なので谷山で
シロヤシオが見られるとはSONEさんに聞いて初めてわかったことなのでした。
GWの喧噪から逃れのんびりしようということでSONEさん、スズ7さんご夫婦と
4人で春の谷山を超のんびりモードで歩いてきました。

おお、ある、ある。
あちらにもこちらにも。少し遠くで真白に花を付けていた木もあり、数の多さに
びっくりでした。
f0003138_10543278.jpg

シロヤシオの色が出ていませんが、トウゴクミツバツツジとヤマツツジの三色が
みれるところもありました。
f0003138_1112148.jpg

松尾観音堂そばの大きなブナを行く。
f0003138_1162510.jpg

山歩きというよりはどちらかと言ったらピクニック。のお昼はスズ7さんが作ったお米
をK子さんがひじきご飯に変えてのみごとなバトンタッチぶり。
その他いろいろごちそうさまでした。

ヒメハギを教えてもらいました。
f0003138_11153614.jpg

お花の好きなK子さんは落ち葉の下に半分隠れた小さなフデリンドウも見逃しません。
f0003138_11163717.jpg


久し振りに谷山石橋にも行ってみました。
それほど大きい石橋ではありませんが、もろい石でなんとか保っているのがこの
石橋のすごいところです。
最近だいぶ崩れたようで、あと何年持つか。
f0003138_11301695.jpg


谷山の沢はマロちゃんも遊べるようなほとんど傾斜がなくて浅いところが多いのが特徴です。
f0003138_1133456.jpg

谷山ダムに戻りのんびり過ごした一日も終わりに近づいてきました。
f0003138_11344068.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-05-07 11:43 | 宮城県南

朝日軍道の山・葛城山(5月3日)

伊東岳登山口のある泡滝ダムそばの葛城山に登りませんか?
とSONEさんに誘いをいただいても、葛城山の名前の覚えがないため、しばらく後に
は山名さえ出てこなくなってしまった、そんな葛城山でしたが、この山も大きな朝日連峰
の一員として、小さいながらも大きな存在感を感じられる山でした。

それにしても昔の人は壮大なことを考え、行ったものです。
朝日軍道のその長大さから比べれば私は以前歩いた南端の葉山部分でちょこっと
今回の北端部分をちょこっと歩いたにすぎません。
武装してこれを通して歩くにはどれほどたいへんだったことか、想像を絶します。
でも山好きの私にしてみれば、それはたいへんなでくじけそうな身体との闘いだけ
だったのだろうか、とも思えてきます。
たぶん山の景色に慰められながら行軍することもあったのではないのか、とこの山を
歩いて感じた次第でした。

今回はリーダーSONEさん、秋の月山雨告山以来の酒田の鯛金さん、
山形のみいらさん、浜のスズ7さんと私の5人の馴染みのメンバーで歩くことに
なりました。
取り付きの左京渕ダムのすぐ手前まで車で入れて林道歩きを節約できたのは
とてもラッキーでした。
東大鳥川はヤマザクラ、新緑と残雪の取り合わせでなんともよい雰囲気です。
f0003138_953630.jpg

急な尾根の取りつきでずるっと足を取られながらもなんとか這うように登っていくと
これまた落ち葉で滑りやすい急坂ですが、踏み跡がしっかりあり、藪を漕がないで
済んだのは幸いでした。
右手は東大鳥川越しに常願寺山を眺めます。ムラサキヤシオが咲きだしていました。
f0003138_9112572.jpg

左手は大カツラギ沢越しに葛城山に続く稜線を眺めながら登って行きます。
f0003138_9142558.jpg

登山ルート上雰囲気のよいところをえらんで。
f0003138_9155633.jpg

残雪が現れたあたりから目を引く甚六山が大きさを増して現れました。
f0003138_9192851.jpg

葛城山の稜線がだいぶ近づいてきました。
f0003138_9211283.jpg

大きな山体でとっても気になる茶畑山は今回一番目が遊んだ山でしょうか。
f0003138_9255265.jpg

葛城山南峰から南西に延びる尾根で朝日軍道に出会うと大きな山々の重なり
が見えてきました。
ちょっとおさらいしてみましょう。
手前が芝倉山への尾根でその奥が茶畑山の尾根
その奥左手の白い山が化穴山で右隣りが甚六山、その奥には桝形山に続く稜線
でいいかな。
f0003138_935487.jpg

まず南峰の山頂を越えます。
f0003138_9412227.jpg

越えると葛城山の三角点峰とその奥に高安山が見えてきました。
f0003138_9464044.jpg

葛城山山頂に11時10分着。
予定より早く着いたのでお昼は山を眺めながらゆっくり過ごしました。

一番奥の伊東岳はちょっと手前になると姿が隠れてしまうので(って写っている
んでしょうね、それくらい小さい)見おさめて下山に掛かりました。
f0003138_9574030.jpg

最後のおなごり大展望を楽しむために南峰山頂を通って下ります。
f0003138_1001820.jpg

そして一番きれいなブナ林ともお別れしたら、あとはどんどん下るのみでした。
f0003138_1013086.jpg


詳しくはSONEさん
みいらさん
をご覧ください。
期間限定の集合写真はスズ7さんでどうぞ。
私のGPSでは8キロでした。
f0003138_1023595.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-05-07 10:26 | 山形県