<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

刈田岳ふたたび(1月28日)

f0003138_11142291.jpg

穏やかな晴天の水曜日、すみかわスノーパークから刈田岳に上がってみました。
最初熊野岳に進もうと思っていたのですが、上に登るに従って風が出てきました。
それほど強い風ではありませんが、冷たい空気を含んでいて体を冷やします。
馬の背を歩くには少したいへんそうです。
刈田峠のほうに歩いていくスキーの人を見つけて、そちらに予定を変更する
ことにしました。
スキーの人が下れるからと言って、自分も大丈夫と思っちゃいけないのは
十分承知しているつもりでした。
雪山を一人で歩く時は下れることを確認しながら登り、そこを忠実に下ること
と自分に言い聞かせてもいたのです。
が、晴天につい浮かれ気分になってしまいました。
登山届とは違うコースを取ってしまったのも問題でしたね。

10時過ぎにゲレンデトップから直線コースに入るとすでにトレースが
できていました。
前日の新雪が10~15センチほど乗り、快適な歩きです。
f0003138_11384993.jpg

避難小屋には11時半ころ着きましたが、まだ休む気になれずに先へ
進むことにしました。
レストハウスを回り込んで山形方面を眺めながらぐるりと歩きます。
f0003138_1142181.jpg

南の前山方面を眺めながらエコーラインに下って行きます。
f0003138_11441742.jpg

エコーラインから下の樹氷を南側から見ると樹がまるみえでつららが垂れた
状態です。おととしの2月末にこのへんを歩いた時も同じ状態でした。
ここは風あたりが弱いため、暖冬傾向の時には樹氷にはなりにくいのかも
しれません。
その先に進むと順調に発達した樹氷がまた見られるようになりました。
f0003138_1152632.jpg

前山への登りに転じたところから刈田岳を振り返ります。
f0003138_11594733.jpg

急斜面の所で引き返して下に下ってみました。
この辺までは気持ちのよい下りでした。
f0003138_123521.jpg

更に下ろうかどうしようか迷っているとスキー跡を見つけました。
あとを辿ると峠ノ沢に下って行きます。ちょっと不安になりながらも
ついていくと、沢底の雪がまだらで埋まらない所にでてしまいました。
跡の人は両側のせり立ったところをスキーを脱いでトラバースしていきますが、
私はここは通過したくありません。
斜面を登ろうとしましたが、上は急すぎました。
少し戻った所から尾根に上がり、北に進んで金吹沢と井戸沢に挟まれた
尾根に出ることにしました。
清渓小屋の下の小屋に出ました。
f0003138_12384667.jpg

ここで上から下ってきたらしい2人連れを見かけましたが、彼らはどこかに
行ってしまいました。
樹海はうねりだらけでどこを歩いてよいものやら。
迷路のようで無事に抜け出せるのか不安になるような複雑さを見せていました。
日暮れ前にスキー場に出ることができるのか?
そんな心もとない気持ちになってきたところで今度はスノーシューらしきトレースを見つけ
ました。
ほっと一安心したのもつかの間、この跡はいくつものうねりを乗り越え進んで行きます。
急なところはスノーシューを外して登り降りしました。
古いスキーリフト跡に出てやれやれ、と思ったのに、またしてもアップダウンが
続きます。
写真でみると平らそうなんですけどね。
このリフトのゲレンデはどこ?と思いながらも最短距離を選ぶことにしました。
f0003138_12445225.jpg

観光道路を通る雪上車の音がこんなに嬉しかったことはありません。
10時10分にゲレンデトップをスタートして、観光道路には3時15分の戻りでした。
5時間しか経っていないのにとても長く感じた一日でした。
f0003138_1251210.jpg


前回3本目のリフトを降りる時に失敗してしまったことを書きました。
ので、乗る時、減速してもらえるんですよね?と聞いてみると
「今日はプロフェッショナルがいますから大丈夫ですよ」と心強い答えです。
(なんていってこの前と同じおにいさんじゃないよね?)
と心の中で思ったことは思いにとどめて笑顔でリフトに乗りました。
今回の人はやはり一生懸命雪慣らしをしていましたが
絶妙のタイミングでリフトの減速のボタンを押してくれて
「はい、ここで降りて」
私もすっかり慣れた人のようにリフトを降りることができました。
[PR]
by miyagi1305 | 2009-01-31 13:20 | 蔵王~面白山

みたびの五社山あちらこちら(1月25日)

前回前々回で西エリア、北エリアと歩いた五社山ですが、今回は里山文庫のみなさんと
東(南寄り)側の2本の廃道と大滝コースから入って南エリアを歩いてみることになりました。
今では中ノ沢から北に回り込んで進む長い林道を利用した道が主な登山道となって
いますが、もとは南東よりのこの2本の道が参道だったのでしょうか
入口を示すと思われる門があり、石碑もならんでいました。
f0003138_928845.jpg

2本の廃道のうち、まずは北側の道を進みましたが、踏み跡はあるような
ないような状態でした。
でも(お勧めはしませんが)里山はこんなところがちょっと冒険心をかきたてられて
結構楽しかったりします。
薄暗い杉の植林から明るい雑木に変った上部の急斜面をがしがし登って山頂に着きました。
しばらく景色を楽しんだあと南側の廃道を下りました。
f0003138_941890.jpg

こちらはずいぶん前に2度ほど歩いたことがありますが、だいぶ荒れたようです。
下の分岐のところは笹がかぶって入口がわかりにくい状態でした。
田んぼが近くなった所に小鳥たちが群れていました。
ほとんど逃げられてなかなか写真を撮らせてもらえませんが
この子にはOKサインをもらいました。ぼけちゃったけどうれしいので。
f0003138_9513468.jpg

ここからは車で大滝の登山口に移動して、大滝をまず目指しました。
実は大滝を見るのは初めてです。
牛道峠に登る途中にあるのだろうか?それにしてはそれらしいものはないなあと
不思議に思っていましたが、本当の大滝は駐車スペースすぐ上の沢を登った
ほうにあったのでした。
水量は少ないですが、何百本はあろうかと思われるつららや氷筍がきれいでした。
f0003138_9561832.jpg

今回初めてご一緒させていただいたHさんに案内していただいて三方塚の少し北側
の縦走路に出ました。
f0003138_1031444.jpg

三方塚からは以前は奥羽山脈が気持よ眺められましたが今は植林木が成長し
樹間からわずかに眺められるくらいになってしまいました。
大東岳から面白山を切り取ってみました。
f0003138_1013982.jpg

牛道峠を過ぎた先から左手の送電線の巡視路に入り鉄塔の下でお昼にしました。
アップダウンを
繰り返してスポ菅そばに出、縦走路で戻り、牛道峠からの道を下って車に戻りました。
里山日和なのに、とてもよいコースなのにほかに登山者もなし。
バイクの音が少し聞こえたけど、静かな五社山でした。
f0003138_10253878.jpg

中の沢から大滝登山口の車移動時にGPSをオフにするのを忘れてしまいました。
五社山から三方塚間の往復を今回のコースのコースにプラスするとなるとかなり
たいへんな歩きになるので車での移動となりましたがそれでもたっぷり充実の
一日になりました。
このエリアにもまだまだ道があり、探索が楽しめそうです。
f0003138_1033529.jpg



[PR]
by miyagi1305 | 2009-01-31 10:52 | 仙台近郊

海の見える山シリーズ・望郷山と御殿峠護天山(1月24日)

携帯に電話をもらっていたのに気がつかないでいました。
携帯は最近は利用頻度が高くなったとはいえ、月の使用料は200円に届きません。
無料通話分を毎月捨てるのはもったいないとは思っても使い道もありません。
2~3日気付かないでいたこともある。
山歩きの万一ためにもったのに山歩きにはたまたま忘れる。
ちゃんと持ったと思えば歩きだしてすぐに電池切れ。
なんのために持っているのかさっぱりわからない状態の不携帯携帯電話です。
ま、そんなことはいいですが、
朝電話してみると〇〇山と〇〇山に行く、といいます。
どこそこ?
と思いながらも地図を見ている時間はありません。
女川あたりの山ということです。
このへんの山は小ぶりなのでアクセスやら登山口さがしやらを秤にかけると
そう簡単には出かけられないので、渡りに船とすっかりおまかせモードで
待ち合わの利府ジャスコに向かいました。
この日はSONEさんもタッシーさんもすっかり行楽モードでジャスコの開店時間を
ちょっとだけ待っての買出しを楽しんだりしています。
車ではタッシーさんの秘蔵っ子のサクラちゃんが荷台でくつろいでいます。
朝ごはん用のパンを食べ始めるとなんとも言えない表情で私を見てきました。
サクラちゃんはとてもよくトレーニングされた犬なのでおねだりはしませんが、
あとで聞いたところによるとパンが大好物なのだそうです。
回りの人が犬っかわいがりして食べ物とかあげちゃうとメタボ管理をしている
飼い主さんにとっては複雑な心境かもしれませんが、この瞳には誰だって
弱いに違いない、のサクラちゃんです。

まずは望郷山です。沖からははっきりとは見えないに違いない山ですが
海と望郷はよく合います。
下の地図は古いので針浜から東に延びる林道は途中で切れていますが
この道は旭が丘まで続いていておまけに舗装道でした。
f0003138_1653569.jpg

明るい雑木林に付けられた気持ちの良い道を登ります。
植樹されたヤマザクラがとてもよい雰囲気を作っています。
f0003138_1674596.jpg

あっという間に山頂です。
f0003138_16105794.jpg

山頂からは女川湾が見下ろせました。
f0003138_16124129.jpg

そして牡鹿半島の名物と言ったらなんてったってこれでしょう。
f0003138_16174248.jpg

旭が丘に続く道路を少し奥に進んだ所からは万石浦が見渡せました。
f0003138_16192258.jpg

小さい山ですが、あのヤマザクラの雰囲気はなんともいえません。
下の地図で林道が大きくカーブしていたところには大六天山の登山口が
ありましたので、組み合わせて山桜の花見の季節にまた訪れてみたいと思います。
f0003138_16273254.jpg


続いて護天山です。
SONEさんは最初御前浜のほうから登るつもりだったらしいのですが
車で向かう途中に下の看板を見つけたので尾浦からのコースに変更になりました。
f0003138_1633435.jpg

こちらも気持ちのよい道が続きます。
f0003138_16392598.jpg

出島(いづしま)と奥に小さく見えるのが江の島だそうです。
NHKの天気予報に登場する江の島、どこにあるのだろうと思ってましたが
ここだったんですね。
f0003138_1649164.jpg

護天山への分岐をすぎると道は倒木に次ぐ倒木の道となりました。
f0003138_1642164.jpg

倒木が終わったところから高梨山とその奥にこの前歩いた石峰山と
小富士山が見えてきたのを教えてもらいました。
f0003138_1654522.jpg

大きな天然杉のあるところが御殿峠でした。
帰りは東側に巻道を見つけて倒木区間をすんなりと歩くことができましたが
この巻道と倒木の道の間には深い笹やぶがあるので探し難いかもしれません。
護天山まで戻ってのんびり海を眺めながらお昼にしました。
昔から悲恋は人の心をそそるようです。
f0003138_16573271.jpg

一人だとどこに寄るのも面倒になってしまいますが、この日やっとマリンピア
女川によることができました。
クキとメカブと吉次の小さいものとイカとカワハギと海苔をゲット。
おいしくいただきました。
そのあと女川駅前の温泉に寄りました。こちらも入ってみたいと思っていた
温泉でした。
こんな山歩きプラスアルファの一日もよいですね。
[PR]
by miyagi1305 | 2009-01-26 17:15 | 宮城県北

黒鼻山、そして泉ヶ岳をぐるっとひと回り(1月17日)

黒鼻山は泉ヶ岳周辺の地図を眺めるたびに気になっていた存在の山でした。
いつか歩いてみたい、そんな思いがSONEさんからのありがたい申し出で
叶うことになりました。
SONEさんの楽しい山遊びの相棒タッシーさんとは初対面でしたが、いつも
ブログでお姿を拝見していたので、前からの知り合いのような気がします。
そんなわけで緊張感をあまり感ぜずにスタートすることができました。

今回の一番の難関はヒザ川の渡渉でした。小さな川でしたが手前の石に
雪がどさっと乗っかり瀬との高さが高くなっています。
怖いなあ~と思っているとSONEさんが下ろした雪でステップを作って
足場を確保してくれました。
感心してみていたので川の状況の写真を撮るのを忘れてしまいました。

もしかしたら藪が出ているかもしれないという古い作業道は十分な雪に覆われ
快適な登りが続きます。
f0003138_168675.jpg

タッシーさんが雪の塊をみつけ、即席雪だるまのドリッピー君(勝手に命名)
を作りました。本当はこの下に私がいるんだけど、私はかわいくないので
カットになりました。
f0003138_1862045.jpg


黒鼻山の北の稜線に出てからは広くて緩やかなところを歩きます。
ああだ、こうだと言い合いながらも楽しそうに歩いて行くSONEさんとタッシーさんです。
f0003138_16115723.jpg

南側が急斜面な鼻、の山頂です。
f0003138_1616061.jpg

お昼にはまだちょっと早いので泉ヶ岳を眺められるところまで進んで食べようということ
になりました。
SONEさんが熊棚を見つけてくれました。あちこちにあります。
クマさんはこの辺から泉ヶ岳に登る登山者を観察していたのかな。
f0003138_16293883.jpg

休憩のひとコマ。恵方巻でびっくり目玉をつけあって喜ぶ2人。
f0003138_16242846.jpg

お昼を食べ終わったら少し日がさしてきました。
樹木が邪魔にならないところで泉ヶ岳を眺めます。
こちらからの泉ヶ岳はたおやかな感じがします。
f0003138_1634473.jpg

三叉路付近の1115mピークに向かってちょっと下り、また登って行きます。
f0003138_16383322.jpg

三叉路で北泉ヶ岳を眺めた後は、ふかふかの雪を膝パウダー(by SONEさん)
で自分だけのトレースを付けて下ります。
こういう所は私などは雪が硬ければ怖くてびびってなかなか下れない所ですが
雪の状態ではこんなに楽しい斜面になるんですね。

あっという間になだらかなところまで下って眺める北泉ヶ岳です。
f0003138_1646458.jpg

この日に付けられたと思われるトレースを辿ってスキー場に出ました。
f0003138_16484663.jpg


SONEさん、タッシーさん、ありがとうございました。
わかりやすいレポは
SONEさん
タッシーさん
をご覧ください。


うれしい出会いがありました。
黒鼻山への分岐に入ったところで、SONEさんタッシーさんに月山と早池峰山で
会ったという人が声を掛けてきましたが、なんとブログにコメントを
いただいているスズ7さんであることがわかりました。
お正月にきっとどこかで会うはず、なんて書きあっていたらすぐに願いが
叶いました。
\(^o^)/

f0003138_1724933.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-01-18 17:03 | 仙台近郊

とことん五社山(1月13日)

あの山宮城の里山文庫で五社山を歩きつくしてみようということになりました。
先月雪の予報で1か月延びていた五社山歩きを、予報より天気がよかった13日に
Mさん、Gさんの3人で歩いて来ました。
それぞれで西側は12月に歩いていたので、今回は里山掲示板に地籍調査のため
に刈り払いがされていたと情報をいいただいていた東側(ナスパ側)を歩くことになりました。

増田川側の送電線の巡視路入口から入りましたが、今までには見えなかった
五社山方面への道が57番を過ぎたところで現れて来ました。
五社山の北にある287標示そばの雰囲気です。
f0003138_15552057.jpg

中の沢から五社山への広い登山道に出、下って送電線沿いにナスパ側にすすんだ
小山からは五社山の全体が展望できました。
f0003138_15571088.jpg

ナスパのテニスコートの西側にでました。
「高舘いこいの森」に続く道を長畑山の三角点(183.5m)まで進んでから引き返し、
この日の一番目的の、下の地図では北側の道(181と標示のある道)へ入りました。
とても気持ちがよくて、また枝分かれする林道を正しく選択しながら進む楽しさも
あって、3人ともにこにこでした。
f0003138_15583416.jpg

送電線の道に戻り、NO.58の鉄塔まで行ってみました。
七ヶ浜から奥松島が見えます。その奥に見えるのは牡鹿半島だそうです。
ここでファインダーの使い方も教えてもらいました。
なんのためについているのかわからなかった私です。
f0003138_1631544.jpg

泉ヶ岳はこんな感じで見えていました。
f0003138_1681192.jpg


今回歩けなかった道がたくさんあります。
歩けば歩くほど楽しみが増える五社山
とことん知るにはまだまだ五社山通いが必要なようです。
f0003138_16101195.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-01-14 16:52 | 仙台近郊

戸神山からぶらり歩きと黒森山(1月11日)

ひょんなことからmorinoさんと戸神山を歩くことになりました。
morinoさんは山頂を目指すタイプの人とお見受けしていたので
私のような、あっちへふらふらこっちへふらふら気ままに足を延ばし
時には延々と林道を追いかけるような山歩きはどうなんだろう?
10歩譲ってそこそこ名前の知れている何山かをかけもちするほうがいいんだろうか?
と悩みながらも、いつもの私の山歩きを押し切ってしまいました。

戸神山はずいぶん昔に折葉からの林道(今は入口にチェーンが張られているとききました)
を使って最短登山したことがありますが、今回の白沢配水所からの道は初めてでした。
ここから戸神山~女戸神山~林道歩きでハイランド側往復~黒森山と歩きました。
2人とも地図を忘れてしまいましたが、morinoさんは里山歩きをほとんどしないとは
思えない確実さで前を進んで行きます。
あとで軌跡をみて勘違いしていたことに気づいた、とほほな地図読みの私ですが
ついて歩いたおかげでなんの問題もなかった一日でした。

f0003138_14413212.jpg

早すぎるよ、で着いてしまった山頂です。
f0003138_14433059.jpg

蔵王方面の展望。白い稜線が気になりましたが、相変わらず山座同定も苦手。
六方山かなあ?手前の峰3っつは三峰山?帰ってから地図と照らし合わせても
わからない私です。
f0003138_14421240.jpg

続いて向かった女戸神山からは裏コースへ続く道のほかにもう一方に道が伸びて
いるようでした。この道も興味がありましたが、地図もないので裏コースへ下ることに
しました。
f0003138_14533945.jpg

下で林道に出てからmorinoさんにお願いしてハイランド側まで行ってみることに
しました。
ここも明るい落葉樹の林が続き気持ちのよい道でした。
途中こんな落し物が。両手で円を作ったくらいの大きさでした。
これで何羽のひなを育てたんでしょうね。
f0003138_14573548.jpg

引き返して今度は黒森山へ。林道からの分岐の標識はペンキがはげて字が
すっかり消えていました。
morinoさんがテープを拾いながら進んで行きます。
沢を渡ってからは、まさしく黒森の薄暗い杉林に入ります。
f0003138_1543348.jpg

morinoさんが泉ヶ岳の水神コースの一番急な所より急だという尾根を登って
稜線に出てから山頂はすぐでした。
f0003138_1573915.jpg

下りは日当たりのよいい落ち葉の急坂を下って戸神山側に戻りました。

今回歩けなかった道や林道を追いかければあと何回かは楽しめそうな
戸神山と黒森山(戸神山の真西)でした。
f0003138_1514138.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-01-14 15:36 | 仙台近郊

そんなに甘くはないよ、の刈田岳(山頂すぐ下まで)

年末から続いていた冬型の気圧配置が緩むということだったので
5日刈田岳に出かけてみました。
朝自宅から見上げた蔵王は後烏帽子くらいまでは山頂が見えますが
刈田岳方面は雲に覆われていました。
いちまつの不安はありながらも里の穏やかさに進んで騙されることにしました。

すみかわスノーパークで登山券1200円を買いリフトを3本乗り継ぎます。
一番上のリフトは降りる所がちょっと怖い。
急いで下りないと足が浮いて降りれなくなってしまいます。
で、はずかしいことにこの日は失敗。
(だってリフト減速してくれないんだもの、とちょっといいわけ)
あやうくまた下に下ってしまいそうなところを停止してもらってなんとか下りることが
できました。
リフトから下りる時の怖さがなければ毎週きてもいいのになあ。。
って、いかに私が鈍いかってことですよね。

山頂の雲ゆきはあいかわらずぱっとしません。
f0003138_13401060.jpg

今回は回りの様子を観察しながら雪上車の走る通りにゆっくり歩いてみることに
しました。
風をさえぎる樹木がなくなると西から強い風が吹き付けてくるようになりました。
尾根コースはかなりきびしいものになりそうと思い、雪上車コースを進むことにしました。
井戸沢を跨ぐあたりの樹氷はこれからといったところです。
f0003138_1345812.jpg

ハイライン入口の標識。積雪はどれくらい?の尺度にしように、もとの高さを
忘れてしまいました。

f0003138_1348477.jpg

さっき登っていったばかりの雪上車が下ってきました。
f0003138_13534048.jpg

続いてスキーの人が下ってきました。
樹氷もこのへんまでくるとだいぶそれらしくなってきました。
f0003138_1356418.jpg

雪上車と人が下っていったので安心して風のあたらないところを選び
道の真ん中でおやつにすることにしました。
と、ガスの中から音もなく突然
未確認物体が近づいてきました。
えっ!なに?
急いで脇によけました。
除雪車も上がってきていたんですね。
ひかれることはないでしょうが、いると思ってなかったのでびっくりしました。

雪上車が引き返すところから先に登ろうと思いましたが、風はますます強く
視界はますます悪く、足元の高ささえわからなくなってきました。
雪も殴りつけてきます。
それにずっとここまでスノーシューを担いできたので、肩が痛くてたまらなく
なってしまいました。
もう山頂は目の前、GPSも持っているからといっても、この視界の悪さでは
広い山頂で迷子にならないとも限りません。
おとなしく引き返すことにしました。
下りはスノーシューで斜面をショートカットしました。
また雪上車が登ってきました。
モノクロの世界に一人でさびしくなったか、色物がうれしく思えました。
f0003138_1413115.jpg

途中少し日の差しそうな感もありましたが、気づいた限りでは山頂の雲がとれることは
なかったようです。
f0003138_1493996.jpg

ゲレンデトップからは長く感じられた30分の下りでした。
f0003138_14123894.jpg

少し木立の中に入ってみたら、うさぎを驚かせてしまいました。
できたてほやほやの足跡です。
f0003138_14184287.jpg


冬季の地蔵山~刈田岳間を歩いてみたいと思っていますが、蔵王スキー場から
だとロープウエーを2つ乗り継いで1800円。長いスキー場をとぼとぼ下るのが嫌と
なれば往復で3600円になります。
雪上車なんて贅沢、と思っていましたが、バックカントリー用の片道が3000円
なので、スノーシューであればこれを使って刈田岳から地蔵山まで歩くほうが
いくらか安上がりになりそうです。

今回は11.5キロで4時間強。寒い寒い蔵王でした。
f0003138_14344173.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-01-07 15:14 | 蔵王~面白山

明けましておめでとうございます。

元旦の朝7時ちょっと過ぎの南蔵王です。
後烏帽子と馬ノ神岳だけ山頂が見えていました。
(その後雲がちょっとずつ下がってきているようです)
f0003138_985692.jpg

今日はこれから折り込みちらしと格闘して、お昼前に近くの神社に初詣。
のんびりと過ごす予定です。


下は鏡もち雲です。
f0003138_9135895.jpg

先日泉ヶ岳の帰りに夕日に照らされて浮かんでいました。
本当は地球を偵察していた2台のUFOが雲に身を隠して情報を交換
しあっているように見えたのですが、お正月ですので、鏡餅ということに
しておきましょう。

今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by miyagi1305 | 2009-01-01 09:21 | 山エトセトラ