<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

蕃山にて(11月27日)

車が車検です。
9年間で13万キロ乗りました。
今年の秋にかけてのガソリン高騰には燃費の良い車への乗り換えも検討しましたが
山歩きの遠征のときに寝食を共にした?
愛車にはまだまだ愛着があります。
約30年の運転歴で4台目のこの車、買ってすぐに三菱のリコール隠しが発覚し
しまった!と思ったものの、故障もなく4台中で一番調子がよい車となっています。
何万キロまで乗れるものなのか。
この前来た任意保険屋さんは25万キロ乗っているとのこと。
私もそれくらいまでは頑張ってみたいと思う今日このごろです。

そんなわけですが代車としてワゴンRがやってきたので乗り心地が気になり
蕃山に出かけてみることにしました。

今回は大梅寺からスタート、白滝不動尊から錦が丘に出て周回できないか
トライしてみることにしました。

まだ紅葉が残っているところとすっかり葉を落してしまったところ、25日に
降った重い雪がまだ残っているところなど、今の季節ならではを楽しみながら
歩きました。
f0003138_12463313.jpg

f0003138_12493137.jpg

開山堂~西風蕃山と進み白滝不動尊を目指して進んで、錦が丘の団地が
見えてきてまっすぐ急坂を下りきれば白滝不動尊というところまで進みました。
ここに左側に続く踏み跡があり、これを辿ってみることにしました。
赤松林にごちゃごちゃした下生えの枝が邪魔で雰囲気がよいとは言えません。
が尾根が終わる斜面の崩れのところにはこんなロープが張ってありました。
だれが使うんでしょう?
f0003138_13623100.jpg

降り立ったところは放置されっぱなしの松畑(松を育てるところ)でした。
f0003138_1391312.jpg

畑の中も道路跡もすすきやカヤに占領され歩いて楽しい場所ではありませんが
絶対萱ヶ崎山へ続く尾根に出られると信じて我慢して進みました。

と、
クマを捕まえるトラップでしょうか?
バケツに入っている餌が新しいので今もつかわれているのでしょう。
餌は何なのだろう?
中に入ると入り口が自動的に閉まるのだろうか?
確かめたいけど、中に閉じ込められてしまったらたいへんですね。
結構広い作りになっていましたが、いつくるかわからな係りの人をずっと
待つことになったら、と思ったらとっても怖くなりました。
残った雪に足跡が一つあったということは一日置きくらいには見回りに
くるのでしょうか?
f0003138_13112911.jpg

このすぐそばから尾根に取りつきました。
最初は杉の植林にびっしりの笹が刈りはらわれた道でしたが、上に行くに
したがって開放感のある尾根に変ってきました。
f0003138_1323068.jpg

萱ヶ崎山でうっすらと浮かぶ南蔵王を眺めてから反対側へ巡視路沿いに下りました。
f0003138_13281615.jpg

クマトラップのあった西端に緑の矢印をつけてみました。
f0003138_13302782.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-11-28 13:59 | 仙台近郊

高舘丘陵で遊ぶ(11月23日)

3年ぶりで3回目の高舘丘陵(北側)です。
今回はほぼ北端の相互台側から高舘山~高舘城跡を通り東端に下るコースを往復で歩いてみました。
前に歩いた時に見かけた道や踏み跡をあちこち辿ってみよう、というのが今回の目的です。
新たに木に名札が付いているところがあったり、街を見下ろせる所に東屋を見つけたり
と少しの変化や少しの新しい発見もあったりして身近な里山歩きを楽しむことができました。
近くの団地のグラウンドで野球の練習をする子供たちの元気な声や灯油売りの車
などの声を聞きながらも山の中のひとけのなさは相変わらずでした。

相互台東側下の道路の入口。数台駐車できるスペースがあります。
路の入口は橋を渡って左側に進みますが、すすきなどでごちゃごちゃしているので
田圃の畔から林の中に突入しました。
朝は天気が悪かったので帰ってから撮った写真です。
f0003138_12572881.jpg

植林地も何か所か通りますが、ほとんどはモミやアオキの下木に雑木が多い
気持ちのよいコースです。
横道にそれるとこんなきれいな紅葉がまだ残っていました。
f0003138_13211926.jpg

ここも気持ちよい。
f0003138_13225158.jpg

2.7キロほどで高舘山から伸びてきた林道にでますが、この林道あちこちに
踏み跡がわかれています。
そのうちの1本を進んでみました。あるようなないような踏み跡を舘山堰のほうに
向って進みました。
f0003138_13264317.jpg

堰からは遊歩道沿いにぐるりと回ります。
奥の古い神社のところにはなぜか愛知揆一先生の碑がありました。
f0003138_1329477.jpg

高舘山の十字路からは高舘城跡の標識に従って東に下りました。
切通しの道に古い「蔵王山」の石碑があったりと昔の面影が残っていますが
薄暗いところが多くてあまりよい雰囲気ではありませんでした。
城跡もたぶんここだろう、というちょっと小広いところが見られるだけでした。
f0003138_13362587.jpg

高舘山まで戻って林道へ入ります。舘山堰へとの分岐の所の雰囲気はこんな感じです。
左に下れば堰です。
f0003138_1341570.jpg

林道を進むと、こんなアンテナあったっけ?
の所にこんな道あったっけ?
どこ行くの?
は那智が丘の真上。仙台を見渡せる東屋に出ました。
f0003138_13474728.jpg

全部で13キロほど。5時間ほど歩きまわりました。
f0003138_13484829.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-11-24 14:12 | 仙台近郊

山刀伐峠・今(11月15日)

一日平均40キロ歩いたとされる芭蕉が、
鬱蒼と木が茂り、夜のように暗くて恐ろしげな雰囲気
篠がはびこり、岩には躓くし、さんざんな目にあった
と書いていることで印象に残るなたぎり峠とはどんなところでしょうか?
いくらかでも面影は残っているのでしょうか?
胡桃ヶ岳を歩いたあとに寄ってみることにしました。
赤倉温泉と尾花沢市を結ぶ県道28号線の山刀伐トンネルの赤倉温泉側の入口
に車を止めて歩きだしました。
f0003138_9331334.jpg

峠道は旧県道?の車道をショートカットして急斜面を十曲(と名が付いている)
で登っていきますが、車道を跨ぐ入口すべてに写真のような立派な石柱が
建っていました。
f0003138_9375344.jpg

案内板によると鬱蒼とした原生林はブナ林ではなかったかということでしたが
今ブナ林として想像する景色としては開放感を感じるところが多いので
謎が謎を呼んでしまいます。
今の山刀伐峠のブナ林もやはり気持ちのよいものでした。
その中に芭蕉の「腰掛石」などと書いてあるので芭蕉がこのあたりを通ったのには
違いないのでしょうが。
f0003138_944983.jpg

500mを30分ほどで旧県道の峠でした。
建物はトイレですが、今は冬季閉鎖に入ったのか使用できませんでした。
f0003138_9462727.jpg

昔の人たちが通った峠はここからわずかに南に進んだところにありました。
f0003138_9503362.jpg
f0003138_9505448.jpg

ここから更に尾花沢市の市野々の山刀伐まで約1.5キロを下ってみました。
雰囲気が良かったのは上500m位、下の1キロは杉の植林地だったり、
雑然とした草地だったりしました。
f0003138_958374.jpg

山道歩きが終わったところから車道に出るとこの景色が待っていて
ほっとしました。
左端の山刀伐峠までは車道歩きのほうが雰囲気がよさそうなのでそちらを
歩いて戻ることにしました。
車は車道を歩いている時は1台通り過ぎただけ。
f0003138_958143.jpg


峠まで戻って、トイレの裏から続く送電線の巡視路を少し歩いてみることにしました。
山刀伐トンネルの真上を歩きます。
f0003138_105544.jpg

郡堺尾根から離れて北に少し進むと南側の展望が開けてきました。
左奥は大森山でしょうか。右側の山刀伐峠から郡堺尾根は緩やかに婉曲しながら
翁山(翁峠)へと延びていきます。
f0003138_10102935.jpg

595.4mピーク下の巻道から北側の神室連峰を眺めて満足し
引き返すことにしました。
全部で3時間半くらいの歩きでした。
f0003138_108491.jpg


f0003138_10181525.jpg

冬季閉鎖はないのかと心配していた(ずいぶん山奥を走る印象を持っていたのです)
県道28号線は大型トラックや観光バスの往来も多く、新庄をまわるよりもだいぶ
ショートカットができる便利な道であることに気付いたのは今回のおまけでした。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-11-19 11:18 | 山形県

潟沼と胡桃ヶ岳(11月15日)

鳴子温泉にほど近い胡桃ヶ岳は分県登山ガイドに載っている山ですが
あまりに簡単すぎて、やはりなかなか出かけられない山でした。
かといって無視することもできず。
宮城県の分県ガイドの山でまだ登っていないのはこの山と牡鹿半島の
大六天山で、この二つは何年と歩き残ったままでした。
〇〇百名山は途中で諦められても、せめて分県ガイドくらいは全部登って
みたい。
出かけてみました。
潟沼の酸性度は日本一?
まわりの斜面からは有毒ガスが噴き出ています。
写真左側斜面、白くなっているあたり(胡桃ヶ岳の下斜面)から煙が上がって
います。
潟沼は観光バスがやってくる観光スポットでした。
f0003138_1525275.jpg

潟沼一周は20分位。結構よい雰囲気でした。
f0003138_15491839.jpg

鳴子温泉にまっすぐ下る車道の分岐のそばの杉の木に付けられた赤テープから杉林に
入って胡桃ヶ岳山頂までは20分もかかりませんでした。
山頂から潟沼。右側の射撃場の建物のそばの白い所からも煙が上がっています。
f0003138_1536445.jpg

尾ヶ岳まで行けないものかと思ってましたが、ご覧の通りの密な笹藪でしたので
あっさりあきらめて引き返すことにしました。
f0003138_153568.jpg

上野々スキー場のほうに車を走らせると「記念植樹の森」というのがあり
歩いてみました。
つたがきれいでした。
f0003138_15423841.jpg
f0003138_15433648.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-11-17 15:53 | 宮城県北

飯坂温泉の大作山(567・7m)(11月13日)

福島市の飯坂温泉の里山に紅葉を探しに行ってみました。
おおさく山はずいぶん前に山渓で紹介されていた山
(もとは福島登高会編の「福島市郊外の山」で紹介されているということでした)
でしたが、歩行時間がそれほど長くないため、この山だけを目的にして出かける
ことがなかなかできないでいましたが、やっとお告げがありました。

記念広場の大きな駐車場(トイレあり)まで舗装路(舗装はその先奥の森の泉まで
続いているようでした)でした。
f0003138_1350775.jpg

まずは東側のひめさゆりの丘へ行ってみました。
朝通ってきたガスの上に霊山など阿武隈高地の山が浮かんでいます。
f0003138_1351294.jpg

樹間からですが、北側の展望も得ることができました。
R399号線を挟んだ北東の御在所山が目立っています。
f0003138_135158100.jpg

駐車場まで戻って本峰を目指します。
車道をわずかに奥に進むと左手に登山道がありました。
f0003138_13555676.jpg

途中東コースと南コースの分岐があり私は東コースを進んでみました。
日当たりがいいので夏は草など邪魔になりそうですが、今の時期は陽だまり
ハイクの道となります。
ゆっくり歩いても40分で東屋のある山頂に到着です。
f0003138_1445453.jpg

ここからは北に続く広い遊歩道を進んで森の泉まで行ってみることにしました。
途中で下から上がってきた舗装路が、外周する未舗装の林道に変るところに
出ますが、森の泉はこれを少し下って左に続く舗装路を進んだ先にありました。
森の泉というからもっと自然な泉を想像していましたが、整備されすぎて
普通の池って感じになってしまったような?
この手前を歩いていた時になにかとても神秘的な泉が現れそうな
とても雰囲気のよい林を歩いて期待感が高まっていたので、開放感に
戸惑ってしまったともいえるかもしれませんが。
f0003138_14114794.jpg

大作山から下りてきたところまで戻って今度は外周する林道を歩いてみましたが
この道はどうってことのない普通の林道でした。
西側まで回り込んで下から登ってきた大作林道にぶつかったところから
西北の眺めです。
左手のピーク(標高470m位)に登れないものかと思って近づいてみたら
ゲート(開いている状態)のそばのレリーフの裏に踏み跡があり思いが叶い
ました。展望も得られない、なんのことないピークですが、ちょっと得した
気分になれました。
f0003138_14171071.jpg

そこからも林道で駐車場まで戻りました。
車が来なかったからいいようなものの、この林道はほこりが舞い上がりそうな道でした。
山歩きに行って林道を選ぶのもヘンですが登山道を取れば急斜面の下りになりそうで
足の爪が剥がれたばかりの身としては傾斜のゆるやかな道を選んだのでした。

林道歩きもそろそろお終いという頃下の景色が見える草地がありました。
白い塔は浄水場の施設です。このあと駐車場でひめさゆりの丘から下りてきた
グループと会いましたが、この人たちは浄水場のそばに車を置いて歩いて
きたのだそうです。帰りに車で距離を測ってみたらこの間1.6キロでした。
大作山だけでは歩きたりない人にはこの手もありですね。
f0003138_14576100.jpg

f0003138_14181174.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-11-17 15:10 | 福島県

消えゆく峠道・奥山寺周回(11月9日)

大道沢千畳敷
f0003138_13522622.jpg

奥山寺から大道沢沿いに登る歴史の峠道は
歩いた人によってはかなり大変な道だったとの情報があり、気になりながらも
なかなか歩けないでいました。
昭文社の95年の山と高原地図蔵王では実線になっていましたが、いつのまにか
「一部道荒廃」の文字とともに赤の破線に変わっていました。
SONEさんにいただいた情報によると
かなりしっかりしたバリケードで通行止め
になっていたということで、そんなコースに出かけるのもどうかと思いながらも
一度は・・
の思いは止められず、前からの予定通りみいらさんに案内をお願いしたのでした。
今回は月山で一緒だったあかねずみさんとこのコースに興味があったという
マルゴさんと4人で歩くことになりました。

バランス、俊敏さなどの身体能力にすぐれる3人はちょっとの緊張とスリルで済んだ
ようですが、バランス悪い、体が硬い、恐がり、の私はひえ~!の連続でした。
それでもみなさんのサポートのおかげで難路をなんとかクリアーでき、達成感に
浸りながらブログを書ける幸せをかみしめているところです。

08年の山と高原地図には赤点線で入ってますが、下入口にあれだけしっかりした
通行止めのバリケード
がしてあるということは来年は廃道扱いに変わること間違いなさそうです。
大道沢沿いもそうですが、下りに取った小東峠からカブト沢に下るコースも
いたるところで脆い地肌は崩れやすく足を取られやすく、足場の悪いトラバースが
次々現れると思えば、急斜面がすっぽり崩れて迂回路を上下する所など
標識に書かれた
「難路」
の文字をかみしめながらの慎重な歩きが続きました。
みいらさんが歩いた5年前よりずいぶん荒れたということで危険度がぐっと
高くなったようです。


二口峠側の下り口には通行止めのバリケードはありませんでしたが、すぐに現れる
足場の悪いトラバースのところがこの道の難しさを表しているようです。
私も以前上から下ろうと思った時にここであきらめましたが、
ここをすんなり通れなかったら下でも苦労するよ
という番所のように思いました。

秋景色を楽しむメンバー。
f0003138_1431595.jpg

千本桂。右にあるのは十八夜の供養碑です。
f0003138_14434715.jpg


沢は苔で滑りやすくて「ひえー」でした。
私(達)にどこを登らせようか考え中。
↑一番危なっかしいので。
f0003138_14445969.jpg

こんなところはうれしい。
f0003138_14482356.jpg

なんとか二口峠到着で、県境縦走路をすすんでいくと先週の火曜日とは
まったく違う雰囲気に変っていました。
今年初の霜柱や霧氷が次々に現れて幻想的な景色に魅了されます。
f0003138_1452661.jpg

先日反対側から登りついた山王岳を過ぎると甲岩が目を引くようになりました。
下りはこの下を通るのです。
f0003138_14565350.jpg

小東峠から所部への分岐の下までは気持ちのよいブナ林が続きました。
f0003138_1459763.jpg

そこからははらはらどきどきの連続でしたがなんとか甲岩の下へ。
f0003138_152782.jpg

滝に打たれてみたい?銚子滝
f0003138_1533534.jpg

そのあとも気の抜けないトラバースが続きます。
下の写真は登山道が寸断されてがけ斜面になってしまったところです。
上を迂回して反対側に渡ったところから振り返って。
f0003138_1564957.jpg

岩屋のようなところで左岸に渡ればあとは難路からは解放されて
「奥山寺まで0.8キロ」を黄葉を見ながら歩きました。
名もない?滝ですが、両側の岩を割ったようにしてまっすぐに落ちています。
f0003138_15141743.jpg

すごいとこ歩いちゃったな~。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-11-10 15:31 | 蔵王~面白山

大東岳裏コースから北石橋・山王岳・糸岳・望洋平・白糸の滝を結んで

11月4日朝6時半。
二口林道から眺める磐司岩は朝日に照らされていました。
f0003138_12135141.jpg


9月にムジナ森石橋を里山文庫で歩いた時に北石橋をまだ見ていないというと、
「え″ー!」とびっくりされました。
どこでも行っていそうな感じを持っていてもらえたのはうれしいことでしたが
こうみえて(どう見える?)案外臆病です。

このコースは山地図に点線で入っています。北石橋手前が急な下り
でしたが、あとはおおむね気持ちよく歩ける道でした。
白糸の滝への分岐からは今は廃道となっている沢沿いを歩いて石橋峠に出るか
藪を漕いで山王岳に出るかの選択肢がありましたが、進みやすいほうに導かれて
藪こぎで山王岳に出ることになりました。
里山文庫の面々はなぜか時々藪こぎがしたくなってしまうようです。
私も一人じゃ絶対歩けないところを歩かせてもらえることにはなんの
異存もありません。
しかし、山王岳の東尾根斜面の笹藪は案外手ごわかった。
ハイウエー登山道に出た時にはみんなでおもわず
「ばんざーい!」でした。
山王岳(1132mピーク)からは景色を眺めながらのたのしい歩きが続きました。
糸滝から望洋台を通って白糸の滝に下るのは初めてでしたが
上部のダイナミックな景観とその下の紅葉、そして糸滝沢の文字通りの美しい
流れに息を飲みながらの下りとなりました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
裏コースを離れ北石橋コースに入ってすぐ大行沢を渡りました。
f0003138_12465125.jpg

登りきったあたり。この先すぐに「姥楢」の老木がありそこから下りに転じました。
f0003138_12525785.jpg

うわあーすごい迫力です。
北石橋は水が流れているのもいいですね。
f0003138_1255932.jpg

ここでちょっと休憩しましたが、石橋を通ってくる風の冷たいこと。
風流を決め込むのはつらいのでした。

上から見下ろします。
f0003138_12582065.jpg

白糸の滝へ入る所に標識があって石橋峠の名前も見えました。
f0003138_1321214.jpg

が、その先沢をトラバースする所などは足場が悪く、廃道というのが
納得できたのでした。
分岐から山王岳までは2時間でした。

向う糸岳。急な登りが続きました。
f0003138_138897.jpg

糸岳からはぐんぐんと下るのみです。
望洋平から見上げる糸岳です。
f0003138_13123133.jpg

風鳴平からの眺めも迫力がありました。
f0003138_1314750.jpg

真ん中の仙台神室や風ノ堂山など、これぞ二口、の景色に見とれました。
f0003138_13142849.jpg

きれいな紅葉の中をしばらく下ると
f0003138_1317079.jpg

美しい糸滝沢にそって下るようになりました。
f0003138_1317346.jpg

そして白糸の滝です。
f0003138_1319331.jpg

西から流れてくる沢(禿沢?)もきれいでした。
f0003138_13205124.jpg

11キロ強を休憩入れて8時間ほど。
楽しい山歩きの一日になりました。

f0003138_13253231.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-11-06 14:11 | 蔵王~面白山

霊山湧水の里からの霊山10月31日 sanpo

紫明峰から眺める霊山です。
f0003138_10345716.jpg


紅葉情報で霊山が見頃となっていたので行ってみましたが
31日金曜日ではまだぱっとしない状況でした。
帰ってから前回歩いたのはいつだったろうとノートで振り返ってみたら5年前の
10月30日でした。
その時もぱっとせずと書いてあり、そうだったと思い出した次第でした。
岩場に映える紅葉狙いは2回とも不作に終わりました。

こどもの村からの霊山は特に紅葉の季節は団体客や山など普段
あまり歩かない人まで入って賑わいます。今回も平日でしたが
霊山城跡より南側ではたくさんの人を見ました。
一方の北側の霊山閣からは静かな山歩きが楽しめます。
4号線から梁川経由だとこちらのほうが近いですね。
今回は霊山閣の手前から左に入る(舗装道で2キロ)湧水(わくみず)の
里から歩いてみることにしました。

湧水の里には大きな駐車場と今の季節も管理人さんがいらっしゃった
ので、きれいに掃除されたトイレがありました。

湧水の里からは今回初めてでしたが、紫明峰を通るコースとは別に
紫明峰の下を通る霊山閣コースの途中からショートカットで戻れるので
紫明峰のアップダウンやスリルは一回で十分という人も周回コースに
すればほどよく回ることができます。


登山道の標識に従って湧水の里から登山道に入ります。
f0003138_10575137.jpg

30分も掛らずに霊山閣との分岐に着き、左折後5分もしないで紫明峰入口です。
ここからは大きな岩が立ち上がる南側を進んでいきます。
f0003138_1122583.jpg

霊山城跡と霊山寺跡と霊山閣の十字路からは霊山寺跡のほうへ進んでみました。
f0003138_1165953.jpg

霊山寺跡は何か所か笹の刈り払いがされて往時に思いをはせることができます。
それにしてもここ一帯に3600もの寺があったとは驚きです。
f0003138_1191287.jpg

東に進んで突き当たった所が東寺屋敷跡でしょうか、ここからは方向を変えて下る道
が続いていました。一周してさっきの十字路近くに戻りました。
入口にはチェーンがしてあって登山道ではなく作業道で一般的ではない旨の
注意書きがありました。
雰囲気はまずまずでした。
f0003138_1113937.jpg

登山道に合流して東の物見~仙人水~甲岩と進みました。
甲岩からの展望です。
南南西。中央に見えているのは?もしかして花塚山でしょうか。
f0003138_11172496.jpg

紅葉はこの通りでまだ早いようです。
f0003138_1118418.jpg

外せない護摩壇を通って大勢の人が休憩中の霊山城跡に出ました。
西の物見から紫明峰を眺めてから引き返しました。
f0003138_11212768.jpg

十字路からは霊山閣のほうに進みました。
なんてったってこちらは静かです。
f0003138_11254612.jpg

分岐から湧水の里に戻ります。
450mとあるのは湧水の里と紫明峰の分岐までということのようです。
f0003138_1127333.jpg

道はこんな感じでよい雰囲気でした。
f0003138_11283413.jpg

点線で入っているのが霊山閣コースからのショートカット道です。
北が右になっています。
f0003138_11292036.jpg

9キロ約5時間の歩きでした。
f0003138_1130286.jpg

f0003138_1141477.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-11-01 12:00 | 福島県