<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

黒伏山周回(10月22日)

f0003138_1320328.jpg


紅葉を追いかけて黒伏山へ出かけてみました。
数年前の同じころに時計回りで黒伏山から姥地蔵を通って御所山の柳沢コース
に出たことがありますが、柴倉山への直登コースはまだ歩いたことがありません。
今回はこの道を使って反時計回りで歩いてみることにしました。

6時半に歩きだしました。
(まだ太陽が心もとなかったので、写真は駐車場に戻ってからのものです)
沢にはもう橋は掛っていませんでしたが、水量が少なく楽々渡ることが
できました。
沢を渡ってすぐ、いきなりの急登です。
f0003138_13274490.jpg

登って行くに従ってジャングルジャングルスキー場の上に面白山なども
顔を出してきました。
f0003138_133283.jpg

最後に回る黒伏山がまだ近くに見えます。
f0003138_13344436.jpg

標高1101mピークからの下りにあるブナの林は下草がほとんどなく
うっとりするほどの美しさでした。樹林越しの柴倉山です。
f0003138_13363741.jpg

柴倉山はどこから見ても際立った山の形でひとめを引きます。
f0003138_1338879.jpg

一方福禄山は東側が急で西側に長く延び捉えどころのない形をしています。
f0003138_1345397.jpg

柴倉山の山頂は前回寄ったので今回はやめて、分岐からは福禄山へ進みます。
せめて写真を、と山頂手前から眺める柴倉山。
f0003138_13472078.jpg

福禄山からはこれから進む三山が見えてきました。
(奥右が銭山、真ん中奥が白森で、左はもうおわかりですね)
f0003138_13562191.jpg

銭山まで進むと邪魔をされない白森が見えてきました。
f0003138_145025.jpg

白森まで進んで進んで眺める柴倉山です。どうにもこうにも目はこの山を
追いかけてしまします。
奥に御所山が見えています。宮城県側の山名は船形山ですが、山形側から
見ても船に見えますね。
f0003138_1404644.jpg

白森から眺める沢渡黒伏。なんとなく踏み跡がありそうにも見えますが
灌木は手ごわそうです。
f0003138_148424.jpg

向かう黒伏山もきれいなシルエットで手まねきをしています。
f0003138_1485939.jpg

黒伏山山頂下のブナ林がよい雰囲気でした。
f0003138_14111061.jpg

黒伏山南峰から黒伏山(右)と奥の白森と銭山を眺めます。
f0003138_14123174.jpg

こちらは標高1000mよりちょっと下にあるブナがこがね色に輝いていました。
f0003138_1413790.jpg

遅沢林道との分岐には黒伏高原まで3.4キロと5.5キロの両方の距離表示が
ありました。
GPSでは3キロちょっとでしたが、きのこなどないかときょろきょろしながら歩いたので
余計長く感じてしまったかもしれません。

赤水沢に着きました。
砂防ダムが新しくできて道も車が通れそうな道に変っていました。
左の斜面が朝登ったところです。
f0003138_14165473.jpg


ちょっと花曇りだけどいい天気。なのに誰にも会わない12キロ。
今日も満足満足の一日でした。
あと何回紅葉がみれるかな?
[PR]
by miyagi1305 | 2008-10-24 14:56 | 山形県

花立峠から鬼首スキー場と鳴子スキー場跡を結んで花渕山       (10月19日)

神秘的な雄沼
f0003138_1142295.jpg


MさんGさんと車2台で二つのスキー場を結んで小柴山~鍋倉山~大柴山~花渕山と
歩いてきました。

歩きだしはガスの中。
灌木帯の歩きを想像していたのですがブナが多い樹林帯の道でした。
複雑に曲がった枝は今にもその手を伸ばして絡みついてきそう・・・
というのは映画の見過ぎ・・・の雰囲気のところもありました。
f0003138_11995.jpg


通過点に過ぎないような小柴山を過ぎるとすぐに鬼首スキー場に掛かり
鍋倉山まではスキー場内の歩きです。
お洒落な建物があり雰囲気のよい草原を歩いているようで結構楽しめました。
f0003138_1115282.jpg

小柴山方面を振り返って。
f0003138_11181986.jpg

鍋倉山へ。のんびり歩きのあとの登り返しは結構急でした。
f0003138_11194359.jpg


鍋倉山からはスカイケーブルで登ってきた人たちがちらほら。
ここから展望台までは小さな子供さんを連れた家族も歩いていましたが
その先はまた静かになりました。
(紅葉時期の日曜日にしては少ない。一人と3人組とすれ違ったのみでした)
大柴山とそれよりわずかに高い隣のピークも越えてぐーんと下ると
小向への分岐。
f0003138_11215944.jpg

更に進んで独特の雰囲気のシロヤシオの純林を通ります。
f0003138_11235347.jpg

ここを過ぎると花渕山はすぐでした。

花渕山からはスキー場跡の下りです。
ありがたいことに刈り払いがされていました。
すすきが秋を演出しています。
f0003138_1127485.jpg

すすきに魅かれてもう一枚。
f0003138_11282620.jpg


資材置き場のようなぼろい避難小屋(跡)からは樹林帯に入り雄沼のそばを進みます。
登山道から少し入った雄沼は上から眺めただけではわからないとても雰囲気のよい場所でした。
何枚も載せたくなってしまいますが、もう一枚だけ。
f0003138_1133362.jpg

この辺が紅葉の境目あたりで下に広がるブナの美林の黄葉はこれからでした。
f0003138_1135397.jpg

やがて斜面を巻いて進んで標高719mにある展望レストハウスでした。
ここからは最初刈り払いされたとおりに進んだのですが、道は東へ進みダムサイト
も見えてきたのでそちらへ通じる道かと不安になりました。
レストハウスまで戻って再度地形図に載っている道を探してみましたが、やっぱり
見つかりませんでした。
間違いなく下れるところを下ろうということでゲレンデの中すすきをかきわけ
樹林帯の薄藪に逃げ込み下っていくと標高500mあたりで横切る道に
でました。東に進んだ道がやがて西に向きを変えてここにつながっていた
のかもしれません。

東側のゲレンデ下に出ました。
f0003138_11374813.jpg


16キロ。9時間ほどでした。
f0003138_1152385.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-10-24 12:57 | 宮城県北

月山・雨告山(西補陀落)(10月13日)

12日の東補陀落からの帰路、月山6合目から望む雨告(あまもり)山(左の尖がったピーク)です。月山の懐に抱かれながらも人目を引き、昔の人が聖域と
崇めた理由がわかる凛としたピークを擡げていました。
f0003138_11124657.jpg


昨日のメンバーにSONEさんとみうらさんが加わって5人で雨告山を目指すことに
なりました。

ゆるやかに起伏しながら続くブナの森は、おととしの秋を堪能した栗駒の湯浜道を
思い起こさせる開放的な空間がどこまでも広がっていました。
f0003138_11562864.jpg


山の恵みがさっそくみつかりました。
きのこ達人のSONEさん
に取り方を教わって恐る恐るナメコ採りを初体験しました。
f0003138_11583146.jpg


豊かな森を感じさせるクマさんの存在があちらこちらに。
月山のネーチャーガイドをされているあかねずみさんが熊棚を見つけ教えてくれました。
f0003138_11502199.jpg

展望が得られる場所にでました。
手前左の三足一部山の奥に見えるピークが高安山で右側の尖がったピーク
は兜岩だとSONEさんに教えていただきました。
f0003138_12102596.jpg

そんなこんなでわいわいと歩いて行くので長い距離も苦にならずに
進んで行くとやがて月山の展望が開ける場所に着きました。
のびやかな稜線に見惚れます。
f0003138_12135525.jpg

雨告山も近くに見えるようになりました。
f0003138_12285758.jpg

ここからはサプライズの連続でした。
小さな池塘のある場所(左手月山の山頂の手前に目指す雨告山が見えます)や
f0003138_1219465.jpg

草原のような場所が現れてきて、思ってもいなかった絶景にみんなから
感嘆が漏れました。
f0003138_12215452.jpg

草原からは急な登りで雨告山でした。
f0003138_12472452.jpg

山頂につき目的を達成したあとは草原でお昼にしようということになってそこまで戻りました。
暖かい日差しに包まれた桃源郷でののんびり休憩は至福の限りでした。

きのこ達人SONEさんとみうらさんのがんばりのおかげで私たちまでたっぷりの
おみやげのきのこが次々と集まりました。
みうらさんの明るい声が森にひびき私たちを励ましてくれます。
往復19キロを超えるロングコースは6時ちょっと前にスタートして3時半下山。
ほとんどが歩きやすい道で、また歩きやすいペースで歩けたので長さの割には
あまり疲れを感じずにすみ、楽しさだけが残った一日でした。

素晴らしい山行を企画してくださったみいらさんありがとうございました。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-10-17 13:15 | 山形県

月山・東普陀落(10月12日)

みいらさん
に月山の東・西普陀落を一緒にどうかとお誘いをいただきました。
東普陀落はおととし誘っていただいたときに膝の調子が悪くて泣く泣く
諦めた場所でしたので、こんなにうれしいことはありません。
みいらさんのお知り合いのあかねずみさんと3人で歩くことになりました。

朝はどんよりと曇っていたものの、次第にお天気が回復してくると
ここ数年見たうちで一番きれいと思える紅葉を味わえる感激の山歩きになりました。
見どころがぎっしり詰まって、写真の整理に困るほどたくさん撮ってしまいました。

剣ヶ峰から目指す藁田禿山が見えてきました。
f0003138_14494237.jpg

剣ヶ峰の東斜面がいい感じです。
f0003138_1451424.jpg

東普陀落のご神体が大きく見える場所まで近づきました。
f0003138_14565296.jpg

スレート状に砕けたような石のごろごろする上を歩いたりする岩場を
登ってご神体に近づきました。
剣ヶ峰を見上げます。
f0003138_14591781.jpg

胎内の中に祭られているのは白観音様だそうです。
f0003138_1513187.jpg

存分に眺めを堪能した後、まだたっぷり時間があるので御浜池まで
下ってみることになりました。
f0003138_1535563.jpg

御浜池から見上げる剣ヶ峰も見事でした。
f0003138_155468.jpg


なごり惜しい・・・御浜池の奥に見えるとんがった山は虚空蔵山だそうです。
f0003138_15101665.jpg


弥陀ヶ原まで戻り、まだ時間に余裕があるのでみいらさんのとっておきの
場所に案内してもらいました。
f0003138_15163927.jpg

f0003138_15175950.jpg


この日のお泊りは田麦俣の多層民家「かやぶき家」さんです。
一階に客間2部屋(下の写真で見えるところ)といろりのある部屋があり、
この日は贅沢に私たち3人の貸切になりました。
朝食なしで税込み6825円。
夕飯はあったらうれしいね、のイワナの塩焼きにきのこいろいろとあけび
などの山の幸の小鉢が食べ切れないほど。
カラトリイモの芋煮になめこ汁も出てごはんがこれまたおいしい栗ごはんと
大満足の夕食でした。
とっても居心地のよい民宿でした。
f0003138_15291799.jpg

おまけで「かやぶき家」さんのうしろにある遠藤家住宅です。
f0003138_15293968.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-10-14 15:58 | 山形県

山の内コースで村山葉山(10月3日)

f0003138_1115896.jpg


分県ガイドでは紅葉の見ごろが10月中旬となっていますが、草紅葉なら
見ごろに違いないと、村山の葉山に出かけてみました。
草紅葉に加え、山頂付近の紅葉も見事でした。

ずいぶん前に登山口までは車で入ったことがあったのですが、不安になって
引き返し、岩野からのコースに変更したことがありました。
そんなことを懐かしく思い出しながら県道から5.6キロで駐車場に着きました。

入口から沢を渡るところまでは草かぶりの道が続きましたが、すぐに尾根に
とりつき、そこからは快適な登りが続きました。
まっすぐにぐいぐいと登る爽快感を味わいながら滝見場に着きましたが
音はすれども糸滝は見つからず。水量が少なく本当に糸くらいしか
流れていなかったのかも知れません。
黒く見える所はたまに現れるまぼろしの滝?かと思ったりしましたが?
ここからは烏帽子岩をところどころで眺めながら登っていきます。
f0003138_1113655.jpg

標高980mにある水場は標高でいうと登山口と山頂のほぼ中間地点にあり
好都合ですが、沢水でした。
左にちょっと下って沢。
ちょっと遡れば湧水になっていたのか・・は確認しませんでした。
f0003138_1117383.jpg

烏帽子岩に近づくと勾配がきつくなってきました。
岩の下をロープを頼りに巻きました。
見上げると圧巻です。
f0003138_11204956.jpg

無時通過すると展望が広がる小ピークに出ました。
鳥海山が優美です。
f0003138_11231880.jpg

ここからは葉山の馬蹄形の山稜を眺めながらの楽しい稜線漫歩、と思うと
樹林(低め)帯に戻って、を繰り返し、アップダウンしながら進みました。
御古室山から月山の眺めです。
f0003138_11271076.jpg

御古室山から眺めおろした湿原です。
f0003138_11304048.jpg

烏帽子岩からはそう遠くないように見えた奥ノ院ですが、そうそうあっという間
には近づいてきませんでした。
f0003138_1134289.jpg

やっと奥ノ院の下まで来ました。草紅葉がきれいです。
f0003138_1138453.jpg

山頂には時間が早いせいか、十部一から登ってきたという秋田のご夫婦のみ。
歩いてきたほうを眺めながら休みました。
f0003138_11403657.jpg

岩手山が見えると教えていただきました。烏帽子岩の少し右側に見えています。
f0003138_11432693.jpg

休んだあと、とんぼ沼まで足を延ばしてみました。
こちら側から見上げる奥ノ院の斜面は見事な黄葉のミネカエデに彩られていました。
f0003138_11472457.jpg


往復11キロ。段差があまりなくおおむね歩きやすいコースでした。
登山口6:50ー清水7:50-烏帽子岩8:45-葉山神社(奥ノ院)9:50~10:35-
清水12:15-登山口13:00
f0003138_11535133.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-10-05 12:14 | 山形県