<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ライザからお田神

2月25日(月)
f0003138_1513768.jpg

荒れに荒れた週末明けの月曜日、お天気は西から回復傾向で穏やか
になって行く、との予報に再び山形に出かけてみることにしました。
西から、と言っても、この場合、宮城の西側に位置する山形のほうが
回復が早い、という意味でないことはわかっていましたが、「西」に
賭けてみることにしました。

笹谷IC付近は明るい日差しが注ぎ、山肌が白く光っています。
何ヶ所か候補がある場合、この辺の様子をみて決めることが多いのですが
この日差しにライザからの刈田岳に賭けてみることにしました。
山形市に入っても晴れは続きました。
山の上のほうの雲もやがて取れてくるに違いない、と予感し
朝の市内の渋滞がもどかしく感じられながら進みました。

しかし、エコーラインに入るころになると山の上には暗い雲が
重く掛かっていているのが見て取れるようになってきました。
今更候補地を変更する気にもなれないので、そのまま進んで
ライザスキー場につきました。
上のほうはガスに包まれているし風も結構ありますが
このコースの良いところはリフト2本を乗り継げばもう樹氷がみられる
ことです。
最悪、上でリフトを降りてちょっとだけ樹氷見物をしてそのまま下って
きてもいいじゃないかと結論を出しリフトに乗りました。

スキー場トップでは風は強さを増し視界も悪いですが、スキー用の
ポールは見えるのでこれを頼りに歩いてみることにしました。
雪の軽さにびっくり。まさしくパウダースノー中のパウの感触は
捨てがたいですが、しかし深みにはまることにもなってしまうので
油断ができません。
新雪が風で吹き飛ばされ硬くなったトレースの上を歩くほうが
スノーシューにとってはやはり楽なようです。

思いのほかの近さで現れたお田神の避難小屋です。
f0003138_160299.jpg

液晶が見えないのでシャッターをめくらめっぽうで押します。
エビの尻尾がよく発達しています。
今年は樹氷まだまだ楽しめそうですね。
f0003138_1604662.jpg

小屋からもう少しだけ登ってみましたが、後ろから吹き付ける風が強く
登りは良くても帰りには顔がかなりつらいことになりそうです。
視界もますます悪くなってきたので引き返すことにしました。
下り始めると太陽の輪郭が現れたりして、しばし行きつ戻りつを繰り返し
ましたが、結局あきらめることになりました。

霧氷もすばらしい芸術を見せてくれました。
f0003138_161826.jpg

雪に覆われ静まり返ったエコーラインに自分だけのトレースを付けるのは
とっても気分のよいことでした。
f0003138_1613792.jpg

雪花をまとったブナの森は白の世界に幹をほの暗く浮かび上がらせて
独特の雰囲気をかもし出していました。
この中を自由に下るのに心が浮き立ちました。
f0003138_162625.jpg

今回のコースです。
f0003138_1623647.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-02-27 16:51 | 蔵王~面白山

盃山から馬見ヶ崎川沿いの東側ピークと丘陵散策

2月18日(月)
山形県は我が家からはアクセスが便利で遊べる山もたくさんある
うれしいお隣さんですが、今の季節は雪マークの日が多く出かける
きっかけがなかなかつかめなかったりします。

18日久しぶりに村山地方に晴れマークがつきました。
行きたいところはたくさんあります。
さてどこにしようか。
と期待に胸を弾ませて車を進ませ、笹谷まで進むと雲行きが怪しく
なってきました。
小雪も舞い始めました。
やっぱり山は違うわ・・
で落ち着いたのは山形市のみなさんの散策コース、盃山でした。

馬見ヶ崎プール(下の写真の建物)に車を停め歩きだしました。
f0003138_1255974.jpg

馬見ヶ崎川に沿うように歩きだてすぐ、登山口方向を間違ったことに
気づきましたが、北側にも登山口があったことを思い出してそのまま
進むことにしました。

完全山支度でザックにはなんだかわけのわからないもの(スノーシュー)
をくくりつけた私の姿は都会ではまったくのおのぼりさん的です。
自分でもおかしくなってしまうほどだから、山形市民のみなさんの
感想やいかに。
と少し目線を下げて歩く(踏み固まった歩道は滑りやすくて足元に
注意が必要、ともいえますが)こと20分。

小さなお墓から入る登山口につきほっとしました。
明るい緩やかな尾根道を登るとすぐに展望台があり更にひと登りで
あっという間に古峰神社の建つ盃山の山頂でした。
f0003138_12143047.jpg

f0003138_12214795.jpg
東側に下ってこの神社?に下りると馬見ヶ崎川から北上してきた車道に
でるので、この先のコースだけであればショートカットしてまっすぐ
こちらに来てもよかったのですが。


f0003138_12295161.jpg
車道終点の「双月の丘」西廻りと東廻りと「じゃばらんど(プール)」
のかわいい標識の所から写真向かって右側にちょっとだけ見えている
尾根に取り付きました。


アンテナ施設がある380.1mピークまでは踏み跡を追いかけました。
この三角点名は「天狗」なのですが、帰りに馬見ヶ崎川に沿って歩き
ながら眺めると、なるほどの尖がった山の形をしていました。
f0003138_12436100.jpg

上の写真右端のピークから380.1mのピークを振り返ります。
f0003138_1335439.jpg

その先はGPSを頼りに歩きやすい所を探しながら北東に進み、
山形蔵王ICから始まり送電線で終わる林道に出ました。
雪が降ってから歩かれた形跡はありませんでしたが、ピンクのリボン
が所々についていました。

日中の高めの気温で雪が重く、筋力トレーニングの趣の林道歩き
になりましたが、所々での展望が慰めになりました。
瀧山方面と
f0003138_1343284.jpg

私の目を引き付けたこの山はどこ?
広域地図を持ってきませんでした。
あとで照らし合わせようと思って記憶しておいた方位はほかの場所と
ごっちゃになって今一定かでなくなってしまいました。
f0003138_1362083.jpg

「山形分収林」の石碑のある分岐で深沢不動への道を左手に分けると
あとは山形蔵王ICまでどんどん下るのみでした。
f0003138_13161812.jpg

馬見ヶ崎川沿いに出て歩きながら振り返ると笹谷峠上の斜面が
白く輝いていました。
f0003138_1317157.jpg


さてこんな標高の低い所にスノーシューは必要だったのか?
長靴にわかんのほうがよかった?
わかりません。
スノーシューは履く脱ぐが簡単なのでつい選んでしまいます。
今回くらいの標高でも雪はかなり深い所もあったので、まあこれで
よかったんだと思ってます。

11キロ弱、6時間の歩きでした。
f0003138_13193687.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-02-20 12:46 | 山形県

刈田岳樹氷鑑賞会

2月10日(日)
昨シーズンからやっと冬の蔵王を歩くことができるようになりました。
自分の足で歩いてみた樹氷はすごかった。
あの時の感動を、関心を示してくれた人達と分かち合いたい・・
そんな思いの
    蔵王の樹氷を見にきてね~

が実現できました。

f0003138_1658983.jpg

山頂でhigurashiさん、佐藤さん、ヤマガラさんエンタシスさんにいっちゃん
ポーズを取ってもらいました。

私を入れた写真も撮ってもらいました。
f0003138_15325564.jpg


南岸低気圧の接近で強風注意報もでていて心配だったお天気も
10日に絶対刈田岳!の私たちの熱い思いが通じたのか
穏やかなお天気に終始し青空も気まぐれにですが見ることが
できました。

1年前はリフトトップから左手に進みスキーのあとを追いかけて
樹林帯を進みましたが、正規の直進コースはトップから右手に
進んだところから樹林帯に入ることをエンタシスさんに教わりました。
ピンクの紐が結んであり、先行者のトレースもあり楽に進むことが
できました。
積雪したばかりの雪はふっかふか。スキー場すぐ上で40センチ位で
しょうか。ついトレースを外れて遊んでみたい衝動に駆られてしまい
ましたが、足を上げるのはとってもたいへんでした。

エコーラインを跨いでからの尾根歩きは風で雪が飛ばされてトレースが
わかり難くスキーツアー用の柱を頼りに歩くことになりました。

ちょうどお昼時に刈田岳の非難小屋に到着。
お天気の回復を願いながらゆっくりお昼を食べ、それから刈田嶺神社
まで行きました。
f0003138_1755197.jpg


お昼で1時間、山頂で1時間。ゆっくり過ごしてゆっくり下りました。
f0003138_1750272.jpg


リンク集にあるhigurashiさんの「イーハトーブの麓からpart2」
とヤマガラさんの「ヤマガラの山旅日記」に
写真がたくさん載っています。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-02-13 18:08 | 蔵王~面白山

様変わりの青麻山

2月9日(土)
樹氷ツアーにヤマガラさんが埼玉県からきてくれることになりました。
埼玉県からきていただいて一日だけではもったいないので、前日
簡単な里山を案内することにして青麻山を選びました。

鉄塔のある所から登るのは本当に久しぶりでした。
初めて広範囲で伐採された山肌を目の当たりにして、やはり少し
ショックを受けました。
f0003138_16275945.jpg

f0003138_16282873.jpg

里山は昔から人のなりわいとかかわってきたので、利用されて然りと
思ってますが、自然を楽しむ山歩きには物足りなさを感じてしまいますね。

鉄塔口から登り東口に回る予定が、事情により来た道を戻ることに
なってしまいましたが、ピストンなら東口にすればよかったと内心
思った青麻山でした。

鉄塔口からのコース名ってあるんでしょうか?
ついてないとやっぱり不便ですね。鉄塔伐採コースじゃあんまり
ですしね。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-02-13 16:48 | 宮城県南

安達太良山

2月2日(土)
腰がよくなってからまだ日が浅いので、歩きやすい、登山者が多くて
安心感もある、ということで安達太良山を選んでスノーシューに出かけ
ました。

あだたら高原スキー場の駐車場はうれしいことに今季から無料になって
いました。早速ゴンドラリフトに乗って感謝の意を表したいところを
ぐっとこらえて勢至平に向かって歩きだしました。
渓谷遊歩道のほうに間違って進み、戻ったらなぜかパーティーの間に
入ってしまってました。
もぐり会員になりすまし、針葉樹林帯がそろそろ終わるころまで一緒に
歩きましたが、日焼け止めクリームを塗るためにグループは立ち止まり
一人での歩きが始まりました。

勢至平を通るコースは無雪期に下りで何度か利用していましたが、景色
が微妙に違って見え新鮮な感じがします。
勢至平で視界が開け開放感が感じられるようになりました。
f0003138_13354361.jpg

分岐で左に折れて篭山に向かうようにして進みます。
f0003138_1338565.jpg

右奥に体を回すようにして鉄山方面を見ると樹氷らしきものが見えました。
おもわずそちらに進んで確認してみたい思いに駆られましたが
立ち入ることのできない世界です。
f0003138_13494758.jpg

峰の辻(上の平らなあたり)が近づいてきました。
f0003138_1414431.jpg

峰の辻からはショートカットで山頂下にでるコースを取りました。
一旦下ってから斜面を巻きながら山頂を眺めて進みます。
f0003138_14101792.jpg

奥岳コースに出ました。夏道を忠実に辿ったようです。
分岐の標識のえびの尻尾がよく育ってました。
f0003138_14123192.jpg

ここからゴンドラリフト上駅までは和尚山の眺めを楽しみながら
下りました。
f0003138_14151950.jpg


スキー場8:50-勢至平10:20-峰の辻11:15-山頂下11:45-
ゴンドラ上駅12:40
8キロ弱でした。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-02-03 14:30 | 福島県