<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

蔵王展望~川原湖ダムと北原尾

長老湖で歩いている時は不忘山は上部が雲に覆われてみることが
できませんでした。
車での帰り道にすっきり晴れてきましたので、蔵王展望お気に入りの
川原湖ダムと北原尾に寄ってみました。

まずは川原湖ダムからの不忘山です。
とてもゆったりした気分になれる景色です。
f0003138_1334247.jpg


蔵王町まで戻って七日原の北原尾からの景色です。
南蔵王を形作る峰峰が自己主張しあいながらも調和を保っています。
f0003138_1342882.jpg

北蔵王の雁戸山はここからも目立つ存在でした。
f0003138_1344562.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-01-31 13:53 | 宮城県南

長老湖でスノーシュー

1月28日(月)
穏やかな天気の予報に七ヶ宿に出かけてみました。
まずは蔵王36景の一つ柏木山放牧場に寄ってみました。
車で登りきった所は吹きっつぁらしがすごい。
穏やかなお天気などみじんも感じられない冷たい強風が容赦なく
吹きつけてきます。
除雪してある車道には吹き溜まりができていて無理して車で進む
気にもなれず。
七ヶ宿の山々の展望に満足してUターンし、やまびこ吊橋に向かう
ことにしました。
f0003138_16521022.jpg


この辺は先週の金曜日にかけての雪がだいぶ多かったようです。
長老湖と周りの3つの駐車場のうち、車がとめられるように除雪してあった
のはここだけでした。
やまびこ吊橋をスノーシューで歩けるか心配でしたが、端っこには
まだ雪がたくさん残っていて、ここを踏んで渡ることができました。
雪は10センチ位の沈みでちょうどよい感じで歩けました。
振り返って、蛤山を眺め、自分のトレースを確かめます。
f0003138_1744162.jpg

湖畔のベンチとテーブルには雪がのっそりでした。
f0003138_1791228.jpg

遊歩道と思ってなめてはいけないのでした。
東岸の急斜面は遊歩道の幅が狭いので、ただの雪の急斜面になっていました。
スノーシューを柔らかい雪に突き刺しながら進みましたが、少し硬い
所で足をとられそうになり、冷や汗が出ました。
こちら側の湖面はまだ凍結していないので、落っこちたら・・あわわわわ
でした。
f0003138_17133755.jpg

湖の東側は急斜面というのはわかっていたのに進んでしまい
思わぬ冒険をしてしまった長老湖でした。

やまびこ吊橋~長老湖一周~第二駐車場~遊歩道でやまびこ吊橋と一周
して2.5キロでした。表示距離よりはだいぶ短いけれど?
スノーシュー歩きは結構時間が長く感じられるので、もっと歩いた感じでしたが
GPSが不正確とも思えません。ちなみに標識での湖一周は1・6キロと
なっていましたがこれは実際よりは長すぎる感じがします。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-01-30 17:29 | 宮城県南

ちょこっと蔵王

1月23日(水)
宮城蔵王の樹氷は少し細めだそうですが
エビの尻尾がとってもきれいについているそうです。

雪がすくないとのことなので、もしかしたらエコーラインの冬季ゲート
の上あたりをスノーシューで歩くのにはちょうどよいかもしれない
と出かけてみることにしました。
曇り空ですが蔵王ははっきり見えています。
風もありません。
明日から暫くは荒れの天気になる、と聞くと、つい今日を逃したら
の条件反射です。
久しぶりの雪道と今期初のスノーシューの期待に少しどきどきしながら
エコーラインを進みました。

ゲートそばに止めて奥をうかがうと、道路の舗装がむき出しになって
いるところがありますが、斜面にはほどよい雪があるのでなんとかなりそうです。
スノーシューで歩いた人の跡もありうまく行きそうな気がして急いで準備します。

車の温度計は-3℃を示していましたが、風がないせいかそれほど
寒さは感じません。
道路上は舗装が見えている所が多いので、そんな所はショートカットで
雪のある斜面を結んで登りました。平均で10センチほどの雪の沈みで
快適に歩ける深さでした。

太陽に雲のフィルターが掛かり、にらめっこしても今日は私が勝ちそう
な曇り空なのにはっきりと展望が得られて得した気分です。
大東岳と奥の一段と白い船形山が目に入ってきます。
f0003138_1482491.jpg

雁戸山も白さが引き立ち更にきりっと見えます。
f0003138_14253474.jpg

樹木を避けながら、そして気ままに歩きたいようにあっちへふらり
こっちへふらりと歩けるのは雪のある季節ならでは。
冬芽を見たり、じっくりみれば風情のある残りものを観察したり。。
f0003138_1404543.jpg

f0003138_1413425.jpg


標高1250mほどの賽の河原の駐車場もまだむき出しの所が
残ってきました。
屏風が尖った後烏帽子岳にかぶさって、一つの山のように見えて
しまいますが後烏帽子岳に比べ屏風はだいぶ色白です。
f0003138_14284985.jpg


この辺から見上げる景色はどうにもとらえどころがありません。
f0003138_14323218.jpg

もうちょっと上まで行きたい気持ちはありましたが、雪上歩きは
やはり腰に少し響いてきます。
無理をしないで引き返すことにしました。

往復3.5キロを約2時間のゆっくりペースで歩きました。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-01-24 15:00 | 蔵王~面白山

川崎どたばた道中で支倉「上楯城址」

1月21日(月)
今日はうちでゆっくりしている予定でした。
でもあまりの好天にそわそわしてしまいました。
そうだ、久しぶりに「みちのく杜の湖畔公園」に行ってみよう
が、有料駐車310円で気が変わり(有料というのは知っていたんですよ)
そうだ、釜房山のほうがいいかも
に変わりました。
釜房ダムから眺める屏風のひだがとってもきれいに出ています。
f0003138_17502074.jpg

でも両登山口の駐車場に作業小屋が建ち工事中の人たちがいるので
気がそがれてしまいました。
2番目の駐車場を車で通りすぎて
なにやってるんだろう・・・
どこかいい散歩道はないものか。。。
思いつきで「ミサワ杜の公園GC」のほうに右折。
この無計画さは
やっぱり
なにやっているんだろう・・・
その時左手に見慣れぬ道が現れ、条件反射でそちらへ進むと
峠に新しい駐車場とトイレが現れました。
支倉常長のおじいさんが築いたという「上楯城址」でした。
平成18年4月に整備されたようです。
支倉地区が支倉常長と関係があることがわかってなんだか
うれしくなりました。
f0003138_1884068.jpg

杉と竹に囲まれて景観的なほめことばはちょっと探せません。
f0003138_18151359.jpg

f0003138_18162511.jpg

でもうれしかったものがありました。
f0003138_1818054.jpg

最近は上のようなチップと土を混ぜて固めたようなものが遊歩道
に使われているんですね。
足底がほどよく柔らかくていい感触でした。

この山は館山といい、支倉小学校と円福寺(県道119号線)の上に
あり円福寺から遊歩道でも上がることができたようです。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-01-21 18:39 | 宮城県南

ふたたびみたびの大高森から手倉森山

f0003138_16231846.jpg

1月19日(土)
前回は向こうに見える221.7mのとんがり山の山頂に立ち恐怖感を
感じるほどの高度感を味わいました。
いままでこの下の道路を通ってパラセーリングしている人に気づいた
ことはなく、使われているのかクエスチョンマークでしたが、ちゃんと
使われていたんですね。
山頂の200m手前位まで行って利用者がいるのに気が付いたので
今回は手倉森山まで戻っての展望となりました。
おおー飛んでる飛んでる。
f0003138_16344972.jpg

気持ちよさそう~より冷え性の私はまず寒さの心配です。
この時期にじっとして空中にいるのってどのくらい寒いんでしょう。。

蔵王36景の一つと言っても蔵王は樹木に邪魔されて今一すっきり見えない
手倉森山ですが、大東岳方面はきれいに見えてました。
f0003138_16383640.jpg


遊歩道~林道~遊歩道~林道と半分以上は林道歩きですが
車はほとんど通らず格好の散歩コースになっています。
大河原町の白石川そばの台部団地上の浄水場からとんがり山まで
往復で9キロでした。
f0003138_16451360.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-01-20 16:49 | 宮城県南

お詫び

exciteブログでコメント機能の不具合が発生していたようです。
投稿していただいた方にはたいへん申し訳ないことになってしまいました。
お詫び申し上げます。
懲りずにまたよろしくお願いいたしますね。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-01-16 14:23 | 山エトセトラ

今日の蔵王

朝ベランダから眺めると蔵王が青空に白さをきわだたせて
くっきりと見えました。
いそいで散歩に出かけましたが
あっという間に山頂に雲がかかってしまいました。
先週の木曜日に撮った写真と雪の感じはそれほど変わりませんね。
f0003138_15435033.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-01-15 15:46 | 山エトセトラ

冬の花

11日(金)はグリーンピア岩沼内を散歩です。
タネツケバナが小さな花を咲かせていました。
f0003138_10285260.jpg

昨日の雪でどうなったでしょう?
打たれ強そうなので、春にまた頑張るわよ、と体力温存している
かもしれませんね。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-01-13 10:31 | 山エトセトラ

散歩始めました。

木曜日から動き虫が騒ぎ始めました。
滑ったり、つまづいたり、転んだりすると非常事態に逆戻りなので
車のあまり通らない車道を選んで歩いています。
上の写真はわが町から眺める南蔵王です。かすんでいますが
結構いい眺めだと思います。
真ん中の野営場周辺が雪で白くなっています。昨日の雪でもっと
真っ白でしょうね。
f0003138_1014086.jpg

村田町の菅生から川崎町の支倉に抜ける道(旧富岡中があった所)
の丘陵地帯です。最近舗装されたばかりのような道を見つけ
中に進むと意外や、田んぼが広がっていました。
その真ん中にひょこりひょうたん島のように標高差50m
位で小山が乗っていました。
f0003138_109190.jpg

おなじみ釜房湖から眺める南蔵王です。山にいけない時なぜか
ここにきてしまいます。
f0003138_10155966.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-01-13 10:25 | 山エトセトラ

半田山でちょっと物好き大回り。

年またぎになってしまいましたが、12月27日に歩いた半田山です。
とらさんが歩かれたとのことで地図を眺めて見ましたら、遊べる所が
色々ありそうに思え、急に出かけてみることにしました。

南駐車場から時計回りに歩きました。数年前反対回りで歩いたので
その時の記憶を元にキャンプ場に入って上に進みましたが、北側に
もう一本登山道があったようです。
f0003138_14535092.jpg

キャンプ場上の植林地と山頂手前の急坂は覚えていましたが
中間で林道に出ることなどすっかり忘れてしまっていました。

上から見下ろす半田沼です。
f0003138_1458213.jpg

山頂から霊山のすばらしい眺めは覚えていましたが、今回も
ぽっかり浮かんだような霊山を眺めることができました。
f0003138_1501435.jpg

山頂付近で雪少々。下の写真は北駐車場側に下ってすぐの所ですが
どちらかと行ったらこちらの雰囲気のほうが好きだったことを思い出し
ながら下りました。
f0003138_1522527.jpg

今回の目的は北コース上標高750mあたりから北に伸びる林道を
辿ってみることでした。
林道も色々ありますが、この道は半ば自然にかえりつつある道で
入口もわかりにくい状態になっていました。
山頂から100m以上下って北コース上の雪はほとんどなくなって
きていたのに、林の中には10センチくらい沈む中途半端に硬い
雪が残っていて歩くにくい状態でした。
下は後半に入ってからの林道の様子です。
f0003138_15135827.jpg

牧場が見えていますが、そちら側はびっしりの潅木に覆われていて
まっすぐ下るのは容易ではないようで、道なりに進みました。
途中樹木の間から不忘山?が見えてきて慰めになりました。
f0003138_1516468.jpg

林道奥で道が突然藪に覆われ、適当に斜面を下って牧場に出ました。
f0003138_15181165.jpg

ここからはほぼ舗装で厚樫山方面を眺めながら下りました。
f0003138_15205938.jpg

途中車が止まっているのでなにをしているのだろうと思ったら
○○清水に水を汲みに来た人たちでした。

約4キロの舗装道歩きで半田沼に着きました。
全部で8.6キロの歩きでした。
沼の周り、あちらこちらに径を伸ばす「自然の小径」を歩くほうが
もしかしたら楽しかっただろうかとの思いもしましたが
雪のあるときにまた訪れたい場所として残して帰ることにしました。

沼から見上げる横長の半田山です。
f0003138_15315798.jpg


もう少し雪が多ければ今回のコースも意外とよいスノートレッキング
コースになったかもしれません。
GPSはだいぶ狂ってしまいましたので、修正しました。
ウエストポーチに入れるのはやっぱりだめなようです。
f0003138_15334599.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-01-03 15:43 | 福島県