<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大朝日岳~御影森山~朝日鉱泉

9月21日(金)の朝日鉱泉~中ツル尾根~大朝日岳~御影森山
~朝日鉱泉のパート2、下り編です。

静かな山頂でもっとのんびり休みたい気持ちはやまやまながら
長い道のりを考えて10時半に下りスタートです。
私の持っている98年版のエアリアの山地図では大朝日岳から
平岩山まで30分になっています。地図を眺めてありえな~い
と思っていましたが、実際に眺めてもやっぱりとても無理そうで
実際どのくらい掛かるものかなかば楽しみでしたが
1時間たっぷり掛かりました。
以前の朝日のエアリアはとても無理無理、と思うようなコースタイム
の所がありましたが、今のものは普通の人が歩ける早さに変わって
きたでしょうか。新しい地図も必要ですね。

なだらかな平岩山はやさしいイメージがあります。
f0003138_13281.jpg

振り返って大朝日岳。紅葉はまだ全然ですね。
f0003138_1311417.jpg

平岩山からの下りで御影森山を眺めます。遠いぞ。高いぞ。
f0003138_13143469.jpg

まだまだ。御影森山は次の小ピークのかげです。
f0003138_13225962.jpg

もっともっと。たぶん右端が大沢峰。
f0003138_13233422.jpg

大沢峰を下った所の水場標識。
どうしようか迷いましたがまだ1.5Lほど残っているのでパスすることにしました。
f0003138_1317413.jpg

果てしなく続くアップダウンの連続に上がらなくなってきた脚を
やっこら持ち上げながらやっとの思いで御影森山に近づいて行きます。
f0003138_1335434.jpg


360度展望の御影森山頂から祝瓶山方面を眺めます。
平岩山から祝瓶山もいつか歩いてみたいコースの一つですが
こうして眺めるとなかなかたいへんそうです。
f0003138_13301120.jpg


徐々に高度を下げ日差しをさえぎる樹木が恋しくなってきた頃
ブナが現れだしました。色の白いきれいなブナが多くみられました。
f0003138_13434981.jpg

緩やかな下りから緩やかな登りに転じると上倉山。
f0003138_13452591.jpg


栄養補給してすぐにまた歩きだします。
10分ほど下った所にお目当ての水場がありました。今日のように
長い距離を歩く時には登山道すぐ脇にある水場はこのうえなく
うれしいですね。
スポーツドリンクでは癒せなかった口の渇きが不思議に消えました。
水も必要ですね。

下に行くに従って急な坂が連続して現れ、思うように下れず
慎重な足運びになりました。

やっと旧朝日鉱泉跡地そばの橋が見えてきました。
この橋横揺れがすごくて一番怖い橋でした。
f0003138_1350356.jpg


いくつもの山を連ねたような御影森山のコースは
2,3日分の山を歩いたくらいの充足感の味わえるコースでした。

大朝日岳10:30-平岩山11:30-御影森山13:15-
上倉山14:40-沢15:50-朝日鉱泉16:10
[PR]
by miyagi1305 | 2007-09-24 14:28 | 山形県

中ツル尾根で大朝日岳

9月21日(金)
朝日鉱泉から中ツル尾根で大朝日岳に登り、御影森山で下る周回コース
は日帰りではたぶん自分の限界ぎりぎりぐらい。
大朝日小屋に泊まればゆとりで歩けるものの、出来れば重い荷物を持たず
にすませたい。
迷っていましたが、金曜日の晴れマークに日帰りで挑戦してみることに
しました。

10時半頃大朝日岳を出発できればなんとか明るいうちに御影森山
を通るコースで下れるだろうと目安をつけました。5時頃の歩き出しを
考えて前夜のうちに登山口近くで車中泊しました。

5時少し前から明るくなり始め、準備を急いで15分に出発です。
二又までの沢沿いの道は雰囲気のよいブナの森もあり、これだけを
目標にしてもよさそうな気持ちのよい道でしたが、足元に注意して
歩かなければいけない所あり、細かいアップダウンありで、4キロの距離
を1時間半掛けて歩くことになりました。

ダイモンジソウとチョウジギクがたくさん咲いている沢沿いの道を
進みます。
f0003138_11123343.jpg


二又の手前で8人位のグループの人たちが鉱泉で作ってもらった
朝食を食べていました。中ツル尾根を往復するようです。御影森山を
周回する人達がほかにもいれば少しは心強いとも思ったのですが
いなければいないでなんとか頑張るしかありません。

このコースにも合目がついていました。標高も書いてあるので目安
になりました。
二又すぐの2合目が標高680mで1870mの山頂までを4キロで
登って行きます。

4合目1060mは長命水。2分位のようですが、あてに出来ないことも
あると書いてあるし水はまだまだ十分なので寄らないで進みます。
f0003138_11245857.jpg


おいしそうなきのこがびっしり生えた木がありました。
前に採ったことのあるブナハリダケのように見えましたが、?
f0003138_11281464.jpg


処々で右手に小朝日岳、左手に帰路通る御影森山を見ながら高度
を上げて行きます。

6合目1369mを過ぎると大朝日の手前のピークが見えてきました。
山頂付近が見えてくるとそう遠くないような気もしてうれしくなってきま
したが、よく考えるとまだあと標高差500mほどもあります。
え~ほんとにまだそんなにあるの!?の近さには見えます。
f0003138_1134286.jpg


きれいなシルエットを描いている御影森山ですが、こぶ山がいくつか
見えます。アップダウンは覚悟しなければいけないようです。
f0003138_11412445.jpg


そろそろ8合目のはず・・・と思いながら登っていると今まで見えていた
ピークの奥に大朝日岳本峰が姿を現して来ました。
f0003138_11455749.jpg

山岳展望に気をとられてしまったか、結局8合目は探せず。

通ってきた谷と尾根を眺めます。
奥には、眺めてよし、で春に歩いた頭殿山が見えています。
f0003138_11541142.jpg

平岩山が一段低い所にありながら、そのボリュームで存在感を
強調しています。奥で飯豊連峰が雲の上に浮かんでいます。
f0003138_1156195.jpg


10時10分。山頂到着です。話題になった?新しい山座同定板と
ご対面です。
f0003138_11592783.jpg

着いてすぐ大朝日小屋のほうから空身で男の人が登って来ましたが
あとは静かな大朝日岳の山頂でした。

朝日鉱泉5:15-二又6:45-五合目(1200m)8:10-大朝日岳山頂10:10
[PR]
by miyagi1305 | 2007-09-24 12:20 | 山形県

小又山(神室連峰)

Yahoo!地図情報 - 山形県最上郡最上町大字法田の周辺地図
9月14日(金)
神室連峰最高峰の小又山(1366.7m)は紅葉の季節に取って
おきたい山の一つでしたが、14日、日帰りできるお天気のよさそうな
山というとこの山になり、季節を待たずに出かけることにしました。

早く目覚めてしまいました。東北道利用でETCの通勤割を使うには
ちょっと早すぎます。
笹谷トンネル分だけ高速料を払い、高瀬を通って天童市で13号線
に出て国道13号線を北上するルートを取りました。
早朝で順調な車の流れと尾花沢北まで伸びてきた山形中央道の
無料供用道のお陰で大堀駅近くのセブンイレブン迄を2時間掛か
けないで走ることができました。
店の脇の県道325号線に入り、町頭から頭を通って、白川
の左側に沿って進む林道への道に直進しました。

セブンから4キロで未舗装路、更に3キロで西ノ又登山口への林道
分岐、根ノ崎沢口の登山道入口は大又沢沿いに更に7キロ進ま
なければなりませんでした。おおむね(2ヶ所ほどで土砂が堆積して
道が波打ち状態でした)平坦な走りやすい道でしたが距離が長い
ので心細い思いがしました。

林道が大又沢を渡る手前に「根ノ崎・越途線」登山口の大きな
看板と登山届の箱がありました。
f0003138_1358160.jpg

こちらからのコースには○合目の柱が立っています。今回は
この合目に注意を払いながら進んでみることにしました。

20分 1合目 急坂中間点で一番の足場注意が終わったあたり
25分 2合目 急坂一段落で868.9mピークが見えてくる
15分 3合目 868.9m下。ひと登りですぐに983ピークが見えてくる。
25分 4合目 983mピーク下
20分 5合目 4合目と6合目の中間
20分 6合目 越途。西ノ又からの道と合わさる
10分 7合目 越途から下り切ったあたり。
30分 9合目 潅木帯から草付きに 変わる
20分 頂上  

8合目は壊れてしまったのかありませんでしたが、もしあったとしたら
小刻みのアップダウンが続く7合目と9合目の中間だったでしょうか。
この山に関しては大体ポイントを抑えて付けられている感じがしました。

のっけから急坂でたっぷり汗を搾られましたが、ブナ林の高い空間
にそれほど息苦しさを感じないですみました。
f0003138_14272510.jpg

2合目手前から右手に神室山(上)と天狗森(下)が樹間越に見えてきて
急な登りの慰めになりました。
f0003138_143129.jpg

f0003138_14315876.jpg

越途で西ノ又からの道が合わさると2m位の幅広の道になりました。
越途付近のブナはそれほど太いものはありませんが、気持ちのよい
林になっていました。
f0003138_14344199.jpg

山頂からの眺めは圧巻です。
丁度1年前火打岳に登り、小又山方面を眺めましたが、今度は反対に
火打岳(奥)を眺めます。歩行距離にして5キロということでかなり遠くに
思えます。
f0003138_14392788.jpg

天狗森の奥の神室山もはるか彼方。
f0003138_1445135.jpg

元気があったらサンショ平か天狗森まで行ってみるのもいいと思って
いたのですが、歩き出しからの急坂でかいた大汗に水分補給もことの
ほか進み持ち水も心細くなってきていました。
眺めるだけで満足して小又山で引き返すことにしました。

山頂下の草付きも幅広く刈払いがされているため登山道がはっきり
見えます。
一旦下って登り返しのピークが越途で、下る時は短く感じましたが
こうして眺めてあそこを登りかえすと思うと少し気が重くなりました。
f0003138_14535629.jpg

帰り道は9合目を過ぎると潅木帯のトンネルに入ります。
f0003138_154961.jpg

おまけで「地味な花にも一筋の光を」コーナーのツルニンジンです。
本によると花の大きさがスズメバチに丁度よいらしくて彼らのお気に入り
とのことです。見慣れぬ花を見つけて喜びましたが、スズメバチが
いたら危ないところでした。
f0003138_15103839.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2007-09-17 13:15 | 山形県

六十里越街道(田麦俣~湯殿山本宮~志津)

9月8日(土)
六十里越街道のうち田麦俣から志津までを通して歩くには車が
2台必要なため誰かいないかと思っていたところ、さすらい人さん
も興味があることを知り一緒に歩くことになりました。

さすらい人さんの車を月山荘そばの駐車場に残して田麦俣に移り
ました。車で走るとやけに遠い。8時間位のコースですが、それで
歩けるのか少し不安が持ち上がりました。

蟻越坂の街道入口の立派な門からスタートしました。
f0003138_12151993.jpg

車では大回りで距離がかなりありますが街道ではあっと
いう間に国道112号線に飛び出しました。
車で112号線を通る時に何度も入口を探したのに見つけられ
なかったのは標識が少し奥のほうにつけられていたため
でした。
横断して花ノ木坂に入っていくと気持ちのよいブナ林を通ります。
f0003138_12213443.jpg


独鈷清水や護摩壇跡といったポイントには云われの説明付き
看板と、斎藤茂吉の歌碑も随所に立っていて飽きることのない
街道歩きが続きます。

座頭まくりの崩落地からは湯殿山スキー場が見えました。
f0003138_12231946.jpg


続いて小堀抜(コホノギ)大堀抜(オホノギ)の掘切を過ぎれば
細越峠。
戊辰戦争に際して作られて砲台跡のあるいっぱい清水まで下ると
湿地帯に入り、笹小屋跡でした。

地形をうまく利用してつけられた道は思ったよりも平坦な道が多く
よく整備されていて気持ちよく歩くことが出来ました。

笹小屋そばの池です。
f0003138_124322100.jpg

笹小屋跡からは豆腐道で湯殿山本宮へ。こちらのほうは登り
下りがあり、小沢を何本かと幅のある沢(私はバランスが悪い
ので靴を脱いで渡りました)もあって今までの街道歩きに比べれば
いささか難所続きでした。

本宮のレストハウスで休んだ後、登山者用駐車場からほんの
少し下った所に本宮参道の入口がありました。
ここから薬師小屋跡へとくだり、六十里越街道を志津へと
近づいて行きます。

こちらのほうは街道というよりは山道歩きといった感じの
道が続きました。

なんのため人の手が入っているのか理解できない場所も
ありました。
f0003138_12564943.jpg

刈払い済とは言ってもブナのような大樹がないため草が蔓延りやすく
余計雑然とした印象があります。
f0003138_1321620.jpg

標識も少なめ(薬師小屋跡、龍ヶ池、雨沼、二ノ峠ときて大グキ峠
の後はあったかな?)で地形は複雑。一人で歩くにはとても長く
感じること間違いなしの心細い道でした。
2ヶ所で姥沢方面の眺めがありました。
f0003138_13121589.jpg

月山自然博物園に近づいた所でブナ林を通ると出口はすぐでした。

こちら側にはなんの標識もないので、入口が探し難いかもしれません。
石跳沢の橋から10m位のところにありますが、草ぼうぼうです。
入口反対側の車道が膨らんだ所に工事用プレハブが3棟ほど
建って、なにか作業の作業中でした。

田麦俣入口6:35-国道112号線7:15-細越峠8:45-湯殿山本宮
10:00~20ー大グキ峠12:15~30-志津口14:00(おおざっぱです)
[PR]
by miyagi1305 | 2007-09-10 13:50 | 山形県

渋谷コースで櫛ヶ峰(磐梯山)

Yahoo!地図情報 - 福島県耶麻郡猪苗代町字グミ沢原の周辺地図
9月3日(月)
先週同じ福島県の安達太良山に行ったばかりですが、お天気を求めれば
やっぱりこの日も福島県、ということで磐梯山に行ってみることにしました。
この山でまだ歩いていないのは渋谷口と翁島口。どちらにしようか迷いま
したが、翁島口はバンダイクワガタの初夏に取って置く事にして、渋谷口
を歩いてみることにしました。
買い換えた山地図に櫛ヶ峰への薄い破線が入っていて、これを歩け
ないものか試してみるのをこの日の目的にすることにしました。

磐梯国際スキー場の中に入って車で進んで見ました。
スキー場を挟んで左側に赤埴山から磐梯山、登山道は右側を進んで
奥に櫛ヶ峰の山頂部分が見えてます。
f0003138_9531559.jpg

登山地図にはポストのところまでは車で進めそうなことが書いてあります
が、結構な悪路に700m位進んだ所でギブアップしました。
これなら無理せずスキーセンターの駐車場に停めたほうがよかった
かもしれません。暑いスキー場内には虫も多く、準備がゆっくりできない
状態でした。
日当たりのよい所は草のはびこりがかなり邪魔でしたが、10分ほど
で樹林の下の道になり、スキー場の登りとは言ってもそれほど苦痛
を感じないで済みました。
途中カモシカが姿を現したりして自然の豊かさが感じられます。
f0003138_103633.jpg

最上部のリフト乗り場手前で磐梯山が眺められます。
f0003138_1051732.jpg

ここを過ぎるとすぐに登山ポストがありました。

沢沿いの湿った林道にはキツリフネが咲いていました。
f0003138_1074297.jpg

堰堤から流れてくる浅い沢を過ぎるとすぐに登山口の看板がありました。
f0003138_1085956.jpg

林道は左手に続いており、これを4回ほど越えたり歩いたりしてショート
カットする形で進みます。
スキー場内の林道の荒れ方で、あまり歩く人がいないのかと思いましたが
登山道は刈払いなど整備がされて歩きやすい道でした。

オヤマリンドウは今年花の開いたものをよく見かけます。
f0003138_1015664.jpg

明るいオレンジ色の花が目に飛び込んで来ました。
変色したミヤマコウゾリナ?コウリンタンポポかな?
f0003138_1017170.jpg


櫛ヶ峰の南稜下に出てからは展望の楽しい道ですが
広々しているのでガスっていると迷いやすそうでした。
写真下の左側の短い尾根の白っぽくなっているところが噴出口で
煙が見えます。
川上口登山道上にはチェーンがしてありましたが、下はしようも
ないのかなにもありませんでした。
分岐をまっすぐ進めばこの危険箇所を通ることになりそうです。
左右に分かれる踏み跡を櫛ヶ峰に近い右に取って進み、川上登山道に
ある取り付きに出ました。
f0003138_1021209.jpg

結構急そうで不安が大きくなりましたが、行ける所まで行って
みることにしました。
急斜面なので落石には注意が必要でしたが、思ったほどの
危険箇所もなく登ることが出来ました。
f0003138_103881.jpg

噴火口跡越に裏磐梯の桧原湖を眺めます。
f0003138_103577.jpg

磐梯山の眺めが絶品です。
f0003138_1043712.jpg

山頂からは赤埴山の奥に猪苗代湖が見えました。
f0003138_10451374.jpg

山頂ではほかにも安達太良山、山頂が雲に隠れた西吾妻、
小野川湖や秋元湖など360度の展望が楽しめ、のんびりお昼を取って
下山しました。

スキー場駐車地9:00-登山ポスト9:30-登山口9:55-
櫛ヶ峰取り付き11:50-山頂12:25
[PR]
by miyagi1305 | 2007-09-05 09:50 | 福島県

笹谷峠から仙台神室

8月29日(水)
秋雨前線の影響で週間天気予報に毎日小さな傘マークが付きました。
29日当日の天気予報は宮城は曇りで山形は少し晴れ。早朝には雨
が残りましたが、この日を逃せば暫く山にでかけられないあせりが出て
きて、山形の晴れを期待に出かけてみることにしました。

ぱっとm-tさんの顔が浮かんだので電話で誘ってみたら、二つ返事で
OKを貰いました。お互い急いで準備をして9時に川崎町で待ち合わせ
て笹谷峠に向かいました。

あいにくガスが掛かっていますが、雨は降っていないのでよしとしま
しょう。
山形神室までなら朝遅くてもゆとりで歩けると思って出てきまし
たが、まだ仙台神室まで行ったことがないというm-tさんの希望で
仙台神室まで行ってみることにしました。
いつでも歩ける近さにあるため、反ってもう長いこと仙台神室に足を
向けていなかったのが思い出されました。

山形神室の山頂で休んでいる時に山形側が少し見えました。
この一瞬がこんな日にはうれしいですね。
あのガスのあたりまでは去年m-tさんと長い二口林道歩きを経て
歩いたことがあって懐かしく眺めました。
f0003138_1056142.jpg


仙台神室に向かって下る時にもほんの短い時間でしたが、これから
向かう山が見えてきました。
f0003138_10583621.jpg

近づくにつれてガスに包まれて気配を消したかと思うと突然目の前に
ぬわっとまた姿を現したり、隠遁の術をうまく使い分ける生き物の
ようにも思えた仙台神室でした。

ヤマジノホトトギスが歩き出しでたくさん咲いていました。
のに撮ったのはちょっと形が崩れてましたが。
草丈がずいぶん短いと思ったら、草刈のあとに生えてきたからじゃ
ないかとのことでした。
f0003138_1142244.jpg


カワラナデシコ?タカネナデシコ?花はほとんどかわらないそうです。
見分けのポイントにはいつもながら気づかず。
f0003138_11104094.jpg


今年お初のイワインチンです。
f0003138_11123173.jpg


ヤマハハコはこの時期多くみられる珍しくない花ですが、意外と
きれいですね。
f0003138_11141556.jpg


ちょっと無粋に目立つテンニンソウ。見てうれしくなる花ではないですが
なにか気になります。
f0003138_111586.jpg


ウツボグサよりずっと色が淡いスミレ色のものが多く見られました。
もしかするとタテヤマウツボグサだったかもしれません。
そのほかにもハクサンフウロがぼちぼち。
エゾシオガマ、トモエシオガマはずーっと咲いていて、今の時期
でも花の楽しめた神室でした。

同時に秋の進行も着々と進んでいました。秋色に染まるのももうすぐですね。
f0003138_11222313.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2007-09-02 11:33 | 蔵王~面白山