<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

蔵王熊野岳

地図閲覧サービス(試験公開) 574013 2万5千分1地形図名:蔵王山 [北東]
いつも蔵王の花の情報を貰うMIさんに熊野岳のイワウメが見頃と教えて
もらい見に行くことにしました。
今回は賽ノかわらからかもしか温泉跡に下り北蔵王縦走路の追分に登る
コースを歩きました。
高校登山で歩いて以来おそろしい年月が経ってしまい、記憶に残っていた
場所がわかるか探してみる目的もありましたが、今回どこにも探すことが
できませんでした。

賽のかわらの広い駐車場(トイレあり)から歩き出して15分ほどで舗装の
遊歩道終点。
かもしか温泉で荷物運搬用に使っていたものでしょうか、ワイヤーがまだ
張られた状態で残っていました。
f0003138_12441141.jpg

ここからは標高200m位を一気に濁川まで下ります。ウラジロヨウラクや
普通のオダマキがたくさん見られました。

10年程前ロバの耳コースが通行禁止になる前に歩いた時濁川に
掛かっていたのは丸太橋で、怖い思いをしたことを大きな沢音で思い出し
不安になりましたが、今はしっかりした橋が掛かっていて大丈夫でした。
f0003138_12532399.jpg

濁川沿いの深く削られた谷と荒々しい岩の斜面がダイナミックに
眺められます。
f0003138_12561196.jpg

緩い尾根を越えた二つ目の沢の沢音も結構大きな音がしましたが
こちらはもっとちゃんとした固定橋が掛かっていて問題なし。
橋を渡ればまもなくかもしか温泉跡でした。

分岐になっている小広場のオオイタドリは刈られてありましたが
追分コースに入ってからは刈払いなしで、南斜面を巻く間
オオイタドリをかき分けながら進む辛抱が必要になりました。
f0003138_132527.jpg

思いのほか花の多いコースで、オオバミゾホズキ、アカモノ
サンカヨウ、ハクサンチドリ、コバイケイソウ、オノエランなど
をずっと楽しみながら歩くことが出来ました。
鮮やかな紫色をしたハクサンチドリはよく見かけますが
下のような白いものは数が少ないように思います。
f0003138_1345399.jpg

追分に近づくと、真ん中のエコーラインが通るなだらかな斜面の
奥に後烏帽子岳(左)と屏風岳が見えて来ました。
f0003138_13122840.jpg

追分からは北蔵王縦走路でコケモモやコメバツガザクラの小さな花々
を探しながら熊野岳に登りました。
北蔵王縦走路を振り返ります。
f0003138_13192541.jpg

もうコマクサが咲き出していましたが、今日の目的イワウメを探して
蔵王神社のほうへ向かい、更に中丸のほうへ進んで見ました。
こちらにもコマクサがたくさん見られました。
アオノツガザクラの花がたくさん咲いていてつられるようにどんどん
下ってしまいましたが、時間も遅くなってしまったので、このコースは
次回に取っておくことにして引き返しました。
f0003138_13223832.jpg


MIさんの写真には急な斜面にびっしり咲くイワウメが写っていま
したが、私が見つけたのはなだらかな所に咲く一株のみ。
すぐ下の急斜面の道などないような所から男女の「こっちでいいの?」
「そっちのほうがいいね」なんて話声が聞こえてきて、でもいつまで
たっても姿も見えず、ちょっと真夏のくわいだんめいて、一株見つけた
のに満足してそそくさと立ち去ったのでした。
f0003138_13322371.jpg


疲れたので帰りは定期バスで下ろう、とあてにしていたら
今年から定期バスの運行がなくなっていました。
未だもってヒッチハイクに手を上げる勇気がなくて大黒天からは
車道を30分歩いて下りました。

賽ノかわら9:50-かもしか温泉跡10:50-追分12:10-
熊野岳13:30~14:45-レストハウス15:25-賽16:50
[PR]
by miyagi1305 | 2007-06-29 12:41 | 蔵王~面白山

栗子山

地図閲覧サービス(試験公開) 564062 2万5千分1地形図名:栗子山 [南西]
6月24日(日)
加ト幹さんの山行き報告で歩けることを知った栗子山。いつか行ってみた
いと思っていたところ、米沢のまるちゃんからお誘いがかかりました。
一昨年測量のために刈払いが行われたということで完全な籔に戻る前に
いそげ~ということで、同じく興味があることを知った宇都宮のYさんと
だんな様も参加してくれることになり24日出かけてきました。

福島飯坂ICから国道13号線を米沢方面に進み米沢スキー場を過ぎて
すぐの米沢砕石の看板で右折。国道から200m位でゲートがあり、
砕石場が稼働日の場合はゲートが開いているそうですが、日曜日の
ためこの手前の旧道に車を停めて歩き出しました。
歩き出してすぐ砕石場の奥に栗子山の並びが見えてきました。
f0003138_1253789.jpg

30分ほどで点線の万世大路に入りました。入口の栗子川の橋の
所には今年6月に立てられたばかりの万世大路の標柱が立って
いました。
f0003138_1293442.jpg

入ってすぐに「明治の泉」の水場がありました。標柱はたったばかり
でぴかぴか立派ですが、水の流れてくるパイプは錆びていて
願わくば立派な標柱よりはきれいなパイプに変えてもらうほうが
うれしかったかなあ、なんて小さな声でひとりごとです。

万世大路はぬかるんでいましたが、下のほうは木立の路で雑草も
たいしたことなく気持ちよく歩けました。上のほうでは刈払いが
行われており、標柱の設置にあわせてかと思ったら、本日は
地元主催の「万世大路を歩こう」の会があって、それにあわせて
刈られたもののようです。栗子隋道の所に関係者の人たちが
早めに着いて準備をしていました。

隋道から先は古い林道跡を下草を掻き分け潅木をすり抜けながら
進みました。
f0003138_12221370.jpg


200mほどの我慢で赤布のついた斜面の取り付きに着きました。
f0003138_12265959.jpg

なんとかわかる位の踏み跡を赤布を頼りに1時間ほど進んで
1202mピークとの鞍部の少し北側に乗り上げました。
栗子山は下の写真のなだらかなピークのかげに隠れて見えません。
f0003138_1248684.jpg


反対側のこの1202m峰のほうがどこからでも目立ちます。
f0003138_1256464.jpg

栗子山に近づくにつれて籔が深くなり手前のピークから栗子山を
眺めて引き返えすことにしました。
f0003138_1253301.jpg

地元の方によるとあのへん全部栗子山ということなので三角点までは
行きませんでしたが、ほぼ栗子山で満足でした。
栗子隋道でいにしえに思いを馳せてから長い万世大路を下りました。
f0003138_12545815.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2007-06-25 12:02 | 山形県

不忘山~水引入道周回

18日(月)
16日の自然観察会で一緒に歩いたガイドさんから不忘山の
ユキワリコザクラがまだ咲いていたことを聞き、もう一度会いに
行って見ることにしました。

今回は白石スキー場から不忘山~南屏風岳~水引入道と廻り
ジャンボリーコースで下りました。のんびり山歩きばかりしていた
のでコースタイム大幅オーバーで7時間半ほど掛かり、ジャンボリー
コースの単調さがとても長く感じられました。

白石スキー場から不忘山まではサラサドウダンとウラジロヨウラク
ツマトリソウが多く見られました。アカモノは蕾が多くこれから楽しめ
そうです。

花のハイライトはやっぱり不忘山。
先月末に硯石から登った時には咲き出したばかりだったハクサンイチゲ
ユキワリコザクラ、ミヤマキンバイは今回数がそろって感動の連続
でした。ユキワリコザクラはもうそろそろ終わりでしょうか。
f0003138_1314165.jpg

f0003138_13143447.jpg

f0003138_1315899.jpg
f0003138_13155876.jpg

ミヤマオダマキ久しぶりに見ましたが、本当にきれいですねえ。
f0003138_13215589.jpg

南屏風に近づくにつれ花は少なくなってきました。
不忘山(左奥)を振り返って見ます。
f0003138_13261512.jpg

南屏風から屏風間はシャクナゲの木が多い所ですが、花はまばら
でした。
おととしがあたり年で、去年も今年もダメ、ということで来年は期待
できるのではないでしょうか。

屏風岳山頂手前で右折して水引入道のコースに入ります。
右の水引と左の馬ノ神岳、均整が取れてきれいに見えます。
f0003138_13313938.jpg

200mほど大くだりした水引平の池塘からに逆さ屏風岳と
南屏風岳の長い稜線(下)が映し出されていました。
チングルマがたくさん咲いていました。
f0003138_13372811.jpg

上り返して水引の山頂から360度の展望を楽しんだあと
不忘山を眺めながら下りました。
f0003138_1342629.jpg


ジャンボリーコースと沢コースの分岐の所はこちら廻りだと初めて
ではちょっとわかりづらいかもしれません。看板が取れて石にペンキ
マークがありましたがどうやら○印が沢コースで←印がジャンボリー
コースのようですが、まぎらわしいと思いました。
←印方向10m位先にはジャンボリーコースと書いてある看板が目立たなく
置いてありました。

スキー場8:30-不忘山11:20-南屏風12:20-水引分岐12:50-
水引入道山頂13:30-神嶺林道15:20-スキー場15:50

水引分岐からスキー場まで7.8キロとありました(内林道歩き1.6キロ)
[PR]
by miyagi1305 | 2007-06-20 14:08 | 蔵王~面白山

南蔵王フラワーウォッチング

6月16日自然観察会に参加して刈田峠から芝草平の
フラワーウォッチングをしてきました。
去年咲いていたミヤマハンショウヅルは蕾でちょっと早め
芝草平の花たちもこれから本番というところでしょうか。
去年木道が整備された芝草平は奥の池塘の所に20人ほど
休めるベンチも出来ていました。
f0003138_12235532.jpg


見た花を集めて見ました。
見逃してしまいそうなほど小さなコメバツガザクラとコヨウラクツツジは
どちらもおちょぼ口です。
f0003138_12255377.jpg

f0003138_12273764.jpg

初めて聞いたナンゴクミネカエデの花。この辺にあると、なぜにナンゴク?
とつっこみを入れたくなってしまいますが、花は好印象です。
f0003138_12301253.jpg

きれいな紫が印象に残るベニバナイチゴ。
f0003138_12322877.jpg

シロバナエンレイソウかと思ったら北海道の砥石山で最初に発見
されたトイシノエンレイソウなのだそうです。笹薮に隠れるようにして
咲いているのを教えてもらいました。
f0003138_12345447.jpg

単体だと目立たないと思っていたヒナザクラはアップで見ると
印象が違って見えます。
f0003138_12371229.jpg

ミネズオウも見かけるとうれしい花です。(芝草平のミネズオウは柵から
遠くて撮れなかったので、翌々日見た南屏風岳のものですが)
f0003138_12505778.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2007-06-20 12:56 | 蔵王~面白山

頭殿山

デジカメを変えたら画像がうまくブログに載らないようになってしまいました。
今回は写真なしになってしまいました。


6月10日(日)
まるちゃんと春になったら行こうね、と約束していた頭殿山(1203m)
を歩いて来ました。
この山の最大の難関は林道走り、と本にもHPにも載っており、ガイド料
を払って連れて行ってもらうほうがよいのだろか・・・と考えたこともあった
ほどでしたが、
案ずるよりは産むが易し、というか思わぬ特技の持ち主のまるちゃんの
お影で、難なく登山口まで車で入ることが出来ました。

林道は黒鴨の即身仏のミイラを奉納してあるお寺さんから登山口まで
約5キロ。分岐点には標識が付いていて迷うことはありませんでした。

ただし上のほうに行くに従って急になり、急な林道にありがちな荒れよう
でした。自分では絶対運転できない道でした。

登山口には7~8台はゆうに止められそうな駐車場がありました。
入口から20分ほどで取鳥場という尖山との分岐に着きましたが
まずは頭殿山へ行くことにしました。
ブナ林が気持ちよい斜面を30分ほど巻いて進むと朝日鉱泉との分岐
です。朝日鉱泉のほうには「悪路危険」の看板がありました。

ここからは尾根に取り付き、急な登りに変わりました。
途中深いV字谷の脇戸沢が印象的です。

山頂に近づくとタムシバやムラサキヤシオが出迎えてくれましたが
もう終わりに近い状態でした。
朝日鉱泉分岐から1時間弱で祠の周りにすずらんの咲く山頂に
到着です。
残念ながら山頂は雲に隠れて見えませんでした。

まるちゃんにトイレがあるらしいと聞いて裏手に回って見ました。
ベンキだけのオープントイレです。あまり使う人はいないのか
きれいなトイレでした。

2時間掛からず山頂に着いたので反対側の愛染峠への道を
下って見ることにしました。こちらのブナは細いけれども雰囲気の
よい道でした。20分ほどで愛染峠から伸びてくる林道に着きました。
かなり荒れた歩き難い林道で雨も降りだしてきたので、戻ることに
しました。
蕨がありました。驚いたことにこんな奥深い所にも山菜取りの人
が入っているのか、摘んだ跡がありました。
あとで地図を見るとこのへんはわらび野となっていました。

鳥取場まで戻って今度は尖山に向かいました。10分も掛からない
ヤマツツジの咲く展望のよい山頂に着きました。
白鷹山がきれいに見えます。北隣の暖日山には西側にガスが掛かり
頭殿山も山頂が見えなくなっていました。
景色を眺めながらお昼を食べてから登山口に戻りました。


林道に入ってすぐにも水場がありました。(分県山ガイドでは軽井沢
キャンプ場の跡地そばにもあるようになっていますがこちらは気づかず
素通りでした)
名前に惹かれる軽井沢キャンプ場はブロック小屋の残っている所で
しょうか、名前とのギャップが随分ある所でした。
林道走りは約35分ほど掛かりました。


そのあとまるちゃんの好意に甘えて黒鴨林道で愛染峠に連れて行って
貰いました。林道走り片道18キロで着いた愛染峠は気持ちのよい
場所でした。石作りの避難小屋があり、中には薪もあって快適に過ごせ
そうです。
まるちゃんによるとここから葉山までは3時間ほどで楽々行けるとの
こと。朝日鉱泉からのほうが楽にアプローチできるそうです。
[PR]
by miyagi1305 | 2007-06-13 09:49 | 山形県

金ヶ崎駒ヶ岳

地図閲覧サービス(試験公開) 584067 2万5千分1地形図名:夏油温泉 [南西]
6月4日(月)
高下岳の翌日は夏油三山の金ヶ崎駒ヶ岳(1129.8m)を夏油温泉の
ほうから歩きました。
トイレのある駐車場から川を渡った国民宿舎の夏油山荘そばに
入口がありました。
足元にイワカガミが絶えない新緑の森を登って行くと上から男の人
が降りて来ました。歩きだして30~40分。時間はまだ8時前です。
随分早いな、と思っていたら、途中まで行ってみたけどどんどん
下るので道を間違えたかと思って引き返してきたとのこと。
地図を見せたら、途中のとんがり山を駒ヶ岳と間違えて、そこから
段々離れて行くので間違ったと思ったのだ、とのこと。
一緒に山頂を目指すことになりました。岡山を1ヶ月前に出て、山を
歩きながら北上してきたとのこと。すごい。でも標識のまばらな東北
の山にはちょっとてこずったようです。

岡山氏にアイゼン持っているか、と聞かれた意味は最初の残雪の
所でわかりました。雪渓の末端部がちょっと急で嫌な感じでした。
こういう所の苦手な私は下の籔で巻いて越えることにしました。
そのあと2ヶ所残雪を越えましたが、そちらは私でも大丈夫でした。
とんがり山の下からは岡山氏の言うとおり、道は下り気味に三角沼
への分岐まで進みました。
ここまではシラネアオイ、サンカヨウ、カタバミ、ツバメオモト、キクザキ
イチゲ、ミズバショウが次々と現れるうれしい道でした。
とくにシラネアオイの数はすごくて一輪だけ白いものもありましたが
終わりかけで上の花びらが萎れ端がちょっと茶色に変色していま
した。
三角沼への分岐を過ぎると急登を30分ほどで山頂でした。

このコースのカタバミ(コミヤマカタバミ?コが付くにしては普通の
カタバミよりは大き目)はとても清楚だけどしっかりした表情の
カタバミで、岡山氏も疑い深げでしたが、葉はカタバミのものでした。
f0003138_8412052.jpg

山頂からは牛形山が大きく見えました。
手前の並びで左端ととんがり山の鞍部に出てくぼ地をくだり気味に
進んで来ました。
f0003138_8441393.jpg

ミズバショウの咲いている所は3ヶ所ほどありました。
f0003138_8513496.jpg

左の経塚山のほうはなかなかガスが取れません。右となりに見えるのが
焼石でしょうか。いつかは歩いてみたいコースです。
f0003138_8504831.jpg

金ヶ崎のほうから男の人が登ってきました。1時間半で来たとのこと。
花はあまりなかったとのことでした。
経塚山のガスが取れるまで待ちたい気持ちがありましたが、以外と
風の冷たい山頂に長居は出来ませんでした。
また花を楽しみながらくだり夏油温泉に近づいては森林浴を楽しみ
この日もよい一日になりました。
f0003138_94268.jpg


登り2時間半 下り2時間
[PR]
by miyagi1305 | 2007-06-08 08:10 | 岩手県

高下岳

地図閲覧サービス(試験公開) 594026 2万5千分1地形図名:北川舟 [北西]

6月3日(日)
和賀山塊の展望が楽しめる高下岳(1322.8m)を高下登山口から
往復して来ました。

1時間ほど和賀岳と同じコースを進んだあと標識に従って右手に
入りました。
和賀岳のコースほどの大木は見られないようですが、それでもブナの
気持ちのよい道が続きます。
上のほうに行くに従って枝が複雑な形をしたブナが多くなってきました。
白っぽい木のほうは見事な枝ぶりのダケカンバです。
帰りに一緒になったパトロール中のSさんによると幹廻り3m以上あり
本州では一番太いダケカンバではないかとのこと。惹きつけられる
美しさがありました。
f0003138_1551415.jpg

右手の登山道脇にはすでに残雪が続いていましたが、この先
3ヶ所で残雪を横切ると段々と展望が開けて来ました。
展望が開けると同時に笹籔が始まり続いてハイマツやミネカエデ
の籔で足元が見えない状態がずっと続きました。写真は進行方向
を撮ったものですが、道がすっかり隠れるほどのかぶさりようでした。
高下岳の山頂は右手の山でした。
f0003138_1457735.jpg

山頂に近づくと根菅岳へ続くスカイラインが見えてきました。
f0003138_1541378.jpg

花はちょっと寂しくて樹林帯でムラサキヤシオやオオカメノキ
ツバメオモトなど。
山頂付近では可憐なミツバオウレンがたくさん咲いていました。
今回新しく購入したデジカメを持っていきましたが、小さな小さな
虫がはっきり写っていて、これなら小さな花でも大丈夫そうです。
f0003138_15542259.jpg


展望をおかずにお昼を食べて下山に掛かりました。
私は熊さんに呼びかけながらいつも歩いているのですが、この日は
熊さんに変わって「どうかしたの~?」と返事があり、ちょっと恥かしい
思いをしました。
パトロールの腕章をつけた地元のSさんでした。事情を話すと一緒に
下りましょうということになりました。
こっちのほうが楽だからと登山道脇の残雪を下ります。
1週間前に来た時に比べると大分減ったとのこと。
f0003138_15521941.jpg


30数年前地域の青年団の方々で赤沢コースに変わる現在の登山口
からのコースを作った思い出などを聞きながら一緒に下りました。

登り3時間 下り2時間半

水場は入口にもありますが、Sさんはあまり勧めないとのこと。
高下岳分岐から100mほど和賀岳に進んだ水場に寄りましたが
こちらはおいしい水で、枯れることもないとのことでした。
[PR]
by miyagi1305 | 2007-06-06 14:37 | 岩手県