カテゴリ:なんやかや( 57 )

すっぽりと包まれて

大雪警報は出ていましたが、いつもはそれほどでもなく終わってしまうことが多く
ほっとしたような、小雪が少しさびしいような思いをすることがほとんどです。
今回は・・違いましたね。
朝起きてびっくり。
車が埋まってる!
雪が降りやんでから車救出に出動しました。
今のところに住んでから26年になりますが、車が出れないほど雪が降ったのは
2回目です。
f0003138_10553791.jpg

40センチくらい積もったかな。
今日は久しぶりに休みの日曜日でしたが、早い段階から大雪情報が出ていたので
あ~あ、
と思っていましたが、朝出勤前に雪かきするのはたいへんだったろうから休みで
よかったのかもしれません。
肩こりこり、腕ぷるぷるでなんとか車が出せる状態になりました。
f0003138_11105742.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2014-02-09 11:12 | なんやかや

かわいい

昨日の朝、なにげに外をみたら、おやっ?なんだあれは?
とびっくりするようなものがいました。
f0003138_5253650.jpg

ニホンカモシカの親子でした。
f0003138_5265143.jpg

クマが最近市街地でよく目撃されるようになりましたが、流行はニホンカモシカにまで
広がったのでしょうか。
また訪ねてきてくれれば、とは思いますが。。。
f0003138_5303911.jpg


こちらはうちのおちびちゃん。
f0003138_5322616.jpg
じこしょうかいさせましょうね。
“はじめまして。まごちゃんです。いつもおばあちゃんのブログ見てくれてありがとです。
わたし本当はもっとかわいいのよ。おばあちゃんが面白がって強面の写真を載せちゃいました。
口と眉はママ似で目と鼻はパパ似です。おばあちゃんには全然似てないかも。
悩みは二重あごにできたアセモです。ママのおっぱいおいしくてつい飲みすぎちゃうのよね。
今は手足ばたばた運動しかできないけど、大きくなったらおばあちゃんに山に連れてってもらう
つもりよ。”
[PR]
by miyagi1305 | 2013-08-16 05:41 | なんやかや

明けましておめでとうございます。元旦は韮神山から羽山。

明けましておめでとうございます。
今年ものんびりマイペースでやっていきますが、よろしくお願いいたします。

今年の目標は
≪重から軽へ≫
とにかく最近は体が重い。
足取り軽く歩けるようになるまで体重を減らしたいです。
大台が切れたらいいな。
恥ずかしいから写真に写りたくない・・から脱却できるよう頑張ります!
と書きながら、2日の初売りは思いっきりお菓子の福袋を買ってしまいました(^_^;)

さて、山の話へ移っていきます。
前にもふれましたが、車を替えて2駆にしたのですが、この車、雪道の登りは
めっきり弱いことがわかりました。
通勤の帰り、遠刈田温泉街の傾斜のある所で信号待ちをしていて危うく立ち往生
しそうになりあわてました。
どうしよう。。。
冬の山歩きは里山がメインになりそうです。

そんなわけで穏やかな元旦は山頂が村田町にある韮神山からスタートです。
最近柴田町で韮神山から太陽の村まで稜線伝いに歩けるよう道を整備して歩き易くなりました。
(去年1月SONEさんたちが歩いた時はすでにしっかりした道になっていたようでブログで紹介
されています)
ここから羽山までを往復するとウォーキング山歩きコースとして最適ですので、改めて書いてみたい
と思います。

韮神山という名前は柴田町の『里山ハイキングコースガイドブック平成22年度』
によると、黄韮が自生していたことから付いたのだそうです。

国道4号線柴田バイパスの韮神橋交差点の入口に車を停められるスペースがあるので
そこから歩き出します。
観音様を拝みながら登っていきます。
わりとあたらしいものかなと思ったら1846年に建立されたものなのだそうです。
おもしろい名前がいろいろあるので適当に名づけたような気がしましたが、ずいふん
不勉強なことでした。
改めてしらべてみたら
こちらの青頸観音様。
えっ?!あおくびってなによ?と思ったら
ただしくは『しょうきょう観音』
シヴァ神のことで、慈母の如く、私たちの災難を取り払い繁栄を与えてくれる観音様
なのだそうです。
f0003138_1444261.jpg

三十三観音像の途中に展望台があり蔵王の展望が開けます。
大河原町の街並みは真ん中あたりの目立つ建物が県南中核病院で、右側にえずこ
ホールやフォルテが見えています。
f0003138_14302859.jpg

白石川を挟んだ反対側の舘山には大きな観音様がいらっしゃいますが、こちら側の
三十三の観音様から離れてちょっとさびしそうです。
f0003138_1442482.jpg
六時観音も不思議と思った名前でしたが、四六時中常に私たちを憐み慈しんで守護して
くれる観音様なのだそうです。
今度はちゃんと手を合わせることにしましょう。
f0003138_14383953.jpg

杉やヒノキの薄暗い林を進み林道に出てしばらく歩くと『太陽の村』に導かれます。
本当はここで初日の出を見る予定でしたが。
いつもは必要ないくらい早起きなのに、元旦だけは大みそかの遅寝でどうしても
早く起きることができないのでした。
f0003138_14571662.jpg

反対側には南蔵王の山並みも展望できました。
f0003138_14582542.jpg

ブーケみたいなミツマタの樹が植えられています。
f0003138_1504013.jpg

3月ごろに咲きますが、ちょっとフライングしていた花芽がありました。
ふわふわの細かい毛が冬の寒さから蕾を守っているんですね。
f0003138_152727.jpg

町民いこいの森を抜けて羽山に向かいます。
こまかいお金の持ち合わせがなく、お賽銭はごめんなさい。
でもお願い事はしっかりしちゃいました。
f0003138_1541882.jpg

杉林の急坂をどんどんくだります。振り返って上を見上げます。
杉の小枝と葉っぱが散乱していて写真では道が見えませんね。
足を取られないで下ることができました。
f0003138_1575516.jpg

黄色いものは標識で、迷いやすいところには必ずつけられているので安心して
歩くことができます。
f0003138_15183088.jpg

この鳥居の所から南側に進むとほどなく太陽の村に通じる車道に出ました。
f0003138_1512466.jpg

100m位上に進むと『町民の森』入口があり、どうせならと町民いこいの森の中を歩くことにしました。
f0003138_15142563.jpg

杉やヒノキが多く、常緑樹が混じります。
f0003138_15152245.jpg

椿畑です。ぼちぼち花をつけ始めていました。
f0003138_15213479.jpg

ことりを呼んでみようとしましたが、失敗。
野鳥の森ではひまわりの種、大人気なんだけどね。
私がおいしくいただきました。
それにしてもめちゃくちゃな、私の人生そのものの運命線。。。
f0003138_15223979.jpg

帰りは霜が融けて道がぬかるんできたので車道を下ることにしました。
トキリマメの実が残っていました。
鞘の両端に実が残って面白い形になります。
f0003138_1529218.jpg

ヤマコウバシがありました。ヤマコウバシは枯葉が枝に付いたまま冬を越して
春に落葉する面白い樹です。
f0003138_1537195.jpg

9キロ3時間のコースでした。
f0003138_15375829.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-01-02 15:54 | なんやかや

キュウシン

f0003138_1615238.jpg

約13年で約20万キロ。文句も言わずよく走ってくれました。
もっともっと頑張ってくれそうな気もして本当に名残おしい残念な思いでいっぱいです。
あと10万キロは大丈夫だから任せて!と確約してもらえたら絶対乗り続けたはずです。

この車を選んだ理由はただ一つ。
車中泊できるなるべくコンパクトな普通乗用車。
外観は中途半端でなんとなく変な感じがしたし、すぐにリコールもあったので複雑な
思いで乗り続けてきましたが、そのあと故障もなく調子のよい車でした。
お出かけのベストパートナーとして、本当に愛着を感じていたのでなんだか涙がでそう。
感謝の気持ちいっぱいで手放しました。

できれば東南アジアあたりで第二の車生?送ってほしいところだけど。。。
f0003138_16124780.jpg


ただ毎回給油のたびにため息は出ました。
去年の震災の時は並ぶの嫌さに、ガソリンが普通に出回るまでただひたすらうちで
じっとしていました。
そんなことで今度は絶対燃費の良い車と決めていました。
でもエコカー補助金がなかったらやっぱり乗り続けることになっていたかも。
補助金が打ち切りの場合でもうちで保証しますよ、というクルマやさんの策略に乗ってしまいました。

ちょっと若向き風のスタイルや乗ってみたら視界が結構狭いこと、その他色々自分の
好みに合わないことも多いけど、満タン給油で走行可能予測距離が900キロを越えた
のはやっぱりうれしい。
f0003138_16231080.jpg


慣れるまでは前の車を引きずってしまうんだろうな。
それともずっと引きずってしまうことになるのかな、なんて思ったら新しい車が
スネそうだから考えないことにしよう。
[PR]
by miyagi1305 | 2012-10-17 16:36 | なんやかや

2012.4.19山形市野草園で早春の花に出会う

お手軽に季節の花々を楽しめるんじゃないかと山形市の野草園へ行ってみることにしました。
笹谷あたりにはまだ道路脇に残雪が残っていて、標高500mをちょっと超えている野草園の
花には早かったかな?と杞憂しましたが、思いのほかいろんな花をみることができました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2~3日まえに雪が消えたばかりというところにセツブンソウがさっそく花をつけていた。
f0003138_18182794.jpg

ミスミソウ
f0003138_18201155.jpg

フクジュソウと
f0003138_1821116.jpg

ちょっと小ぶりで、フクジュソウより少し遅れて咲くという山形限定のミチノクフクジュソウ
f0003138_1822863.jpg

クリスマスローズはクリスマスとついているのでヨーロッパあたりの出かと思っていたら
意外や中国原産だそうである。
f0003138_1823525.jpg

ツノハシバミもかわいい花をつけていた。
垂れ下がっているのは雄花。
f0003138_1825539.jpg

ザゼンソウ
f0003138_182543100.jpg

ザゼンソウより遅く咲くという水芭蕉は咲きだしたばかりなのでまだ小さくてかわいい。
f0003138_18272874.jpg

水芭蕉の池の斜面にはオオミスミソウ。
f0003138_18282356.jpg

広場の丘や池のほとりからは瀧山の眺めもよく、こまめに全部見て歩いていたら
歩行距離も5キロほどになり、大満足の野草園だった。
f0003138_18302217.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-04-23 18:33 | なんやかや

コチャルメソウ

地味なので見ても気に留めなかったのか?実際見たことがなかったのか?
初めて意識した小さな花らしくない花。
面白い名前だけど、そう、あのチャルメラから名前が付いた花だ。
花が終わった後、花の下の筒の部分が伸びてラッパの形みたいになるそうだ。
f0003138_18101438.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-05-19 18:12 | なんやかや

もうすぐお花見

身体の調子が悪いとすぐに大騒ぎをしてしまう。
耳が圧迫されるような、ぼわ~っとするような、ちょっと嫌な違和感を感じたことのある人
は結構多いようだ。
治るまでに結構掛ったということだが、私もよくなったかなと思えばまたぼわ~っが
出て来て、今度は10日分の薬をもらって様子をみることになった。
強いめまいを伴わない蝸牛型メニエールというのがあるようだけどそれほど
ひどいわけじゃないから今の違和感さえ消えてくれたらと思う。

耳鼻科から近い船岡の館山城址公園に寄ってみた。
柴田の花見山にする計画か、整備が進められいろんな花や樹が植えられ初めていたが
今年は震災の影響で花見は中止にすると張り紙がしてあった。
被災地の酒造会社は花見を盛大にやって酒を飲んでほしいと要望しているので
一概にどうともいえないが、私としては静かに純粋に桜の花を見ることを楽しむのは賛成だ。
いつもは青空宴会場で盛り上がっているところに一人立ち入るのは勇気が入るので避けて
いたが、今年は見に行ってみようかという気もしている。

3月の寒さで足踏み状態だった梅が今見ごろだ。
亘理地塁山地と千貫山を奥に見る。
f0003138_17225153.jpg

樹が伐採されて蔵王の展望がよくなっていた。
写真には入っていないが大東岳まで見えた。
大きな建物は宮城を代表する銘菓となった「萩の月」の菓匠三全だ。
f0003138_17343171.jpg

集団でわっと咲いていても印象の薄いナズナだけど、ひとつひとつの花はとっても
かわいい。
f0003138_17385229.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2011-04-07 17:43 | なんやかや

突発性難聴

このところ嘆いたり喜んだりショックを受けたり忙しい。

10日ほど前から左耳が詰まって音が響く感じがし始めていた。
この感じは朝起きた時にあったり、疲れた時にあったり、標高の高いところに
いる時にあったりするものの、症状が治まる時もあった。
断水の時は風呂水を何日も変えずに洗髪もその水でしていたので黴菌が入ったに
違いないと思っていた。耳の中で水が動く感じはないが、違和感は似ている。

すごく辛い、という場合を除けば、医者に行くタイミングは難しい。
行ったほうがいいかなと思いながら1週間が過ぎてしまった。
昨日ガソリンが満タンに入れられた安堵感もあって隣町の耳鼻科に行ってみることにした。

聴力検査と鼓膜の状態を調べてもらったら軽度ではあるが正常な右耳より聴力が落ちていて
低音域に障害が出ていた。
地震による突発性の難聴の疑いがあるとのこと。
突発性の難聴は1週間以内に治療をすれば効果があるがそれ以上になると治りにくいのだそうだ。
1週間の薬をもらって様子を見ることになった。

薬局に行き薬を受け取ると薬剤師さんがめまいの話をしてくる。
イソバイドというのはメニエール病の治療薬なのだそうだ。
先生は私が突発性難聴にショックを受けていたのでこれ以上ショックを与えるのは
よそうと思ったのだろうか?

アデホスコーワは血管を広げて血液の流れをよくしたりめまいの症状を改善する薬で
メチコバールというのはビタミンB12を補給し貧血や末梢神経障害を改善する薬とある。
なんだか更年期障害にも大いに効きそうな薬ばかりである。
f0003138_1329599.jpg


大震災後
揺れてなくても揺れを感じる
耳の中に圧迫感を感じ音が響いて聞き取りにくい
は確かにひどくなった。

しかし
体が時々ふらふらっとすることは以前からあったし、男性の声が聞き取りにくいというのも
感じていた。
ということはメニエール病の可能性のほうが高い気もしてくる。

薬をもらったあとすぐに近くのスーパーに寄ってお腹を満たし、もらった薬を飲んだ。
(この服用が私を突発性難聴から救ってくれるかもしれない)

近くの公園を散歩し買い物をしてから帰る予定で出かけたが、そんな気力もうせて
帰宅したのであった。

私には大きめの声で話しかけてね。というお話でした。
[PR]
by miyagi1305 | 2011-03-31 14:01 | なんやかや

嗚呼ガソリン。いつになったら?

今回の大震災では
食べ物や紙類などいろいろ買いだめしてあった
実家からポリ容器を借りられたし空ペットボトルもたくさんとってあって水も近くから
とることができた
プロパンガスはずっと使えた
電気と電話は1週間ほどで使えるようになった
灯油も間に合うくらいあった
水道は12日目で復旧した
ということでたいへんはたいへんであったが生活の不便さについては喉元過ぎれば
になってきた。

が、ガソリンである。
これも大地震の前日に満タンにしてあったのは幸いなことであったが。。。
仕事先は片道20キロ以上あるが、3月は休館ということになり、この事情では内心
ほっとしていた。その間にはガソリンも安定供給がされるようになると楽観していた。
車に乗るのは必要最低限にしてきたつもりだが、残り1目盛りとなってしまった。

今日は歩いて町の2大ガソリンスタンド(ほかの2か所はとっても小さいのでたぶん
やっていないはず)を巡ってみたが、1か所は本日はガソリンの販売はなしの張り紙で
もう1か所はまだ10時をちょっとすぎたばかりというのにもう残り僅かで並んでも入れ
られるかどうか、次回入荷の予定もわからないという。

さすがにこれはまずい、と帰ってネットで調べてみたら、来週いっぱいくらいはこの状態
が続きそうとの書き込みがあった。

道路を歩いていると自動車は何事もないように、あるいはいつもより交通量が多いんじゃ
ないかと思えるほど走っている。
みんな並んでガソリンいれたのかな。

私の車は近場走りでは燃費は極端に悪くなる。エンジンを切ったり点けたりしたら
余計燃料を消費してしまう車でもある。
すすが出やすいとその後悪名高くなったGDIエンジン車であり、ハイオク仕様だ。
ハイオクは今扱っていないスタンドも多い。
そんなわけで並ぶに並べない事情なのだ。

この車を買う時はシートがフラットになる、なるべく小さめの車ということで選んだが
次の買い替えは絶対燃費で決める。
今の車に乗っていると、信号待ちでエンジンが自動で切れて燃費が良くなる
なんてうそみたいに思えるが、絶対そんな車を選ぼうと思う。

なんだか酒でも飲まなきゃやってられない気分だ。
というわけで梅酒をちびっとやって飲酒投稿である。
でちょっと気が大きくなって、なんとかなるさ。
[PR]
by miyagi1305 | 2011-03-29 12:33 | なんやかや

2週間ぶりの宮城県蔵王野鳥の森

大震災後まだまだ続くガソリン不足の中みなさまのお仕事状況はいかがでしょうか?
私は今月いっぱいは自宅待機となりましたが、
昨日は出勤できるなら来てくださいと連絡をもらい、いつもよりうれしい気分で蔵王に
向かいました。
自分の仕事が終わったので午後からの遊歩道点検に付いて行きました。

ヤマハンノキの雄花が風に揺れています。
ハンノキの仲間は窒素などの栄養分を取り込んで根に蓄えるため土壌改良に役立つのだそうです。
かわいい実はクラフトにも使えます。
f0003138_12471835.jpg

ところどころ日陰の雪だまりでは膝くらいまでもぐるほどの雪がまだ残っていました。
標高はあまり変わらないはずなのに澄川近くでは沢風で気温が低いせいか残雪が残り
その上に新雪が10センチ位ありました。

澄川に近い一番奥まで進んだあたりでは吹雪いてものすごい風の音がし、もうすぐ4月とは
とうてい思えない天気でした。
f0003138_1371289.jpg

折れて転がっている枝を退かし、路を跨ぐ横倒しになった木を切ってコゲラコースと
ホオジロコースはすんなり歩けるようになりました。
f0003138_1345321.jpg

ワサビ沢に掛る橋はびくともしなかったようです。

今月初めから咲き始めていたオオバマンサクですが、時間差で咲きだしたばかりのものも
ありました。マンサクの花は咲きだしのこのくるくるっとした感じがたまりません。
f0003138_13142729.jpg


いつもどおり、そこにある蔵王の自然にほっと出来た一日でした。
[PR]
by miyagi1305 | 2011-03-27 13:31 | なんやかや