カテゴリ:青森県( 3 )

2013.6.2階上岳

折爪岳から眺めた階上岳(左)ですが名峰という名にふさわしい山容をしていますね。
f0003138_11455139.jpg

ずっと上の大開平まで車道が通じ、そこからは山頂まで15分で登れるほど便利な
山ではありますが、樹木と林床の下草が美しい、癒される空間の広がる山でもありました。
なかでもシラネアオイの大群生にはただただ感激でした。
f0003138_1157962.jpg

あちらもこちらも。
亘理人さんもお花畑にすっかりとけこんでしまいました。
f0003138_1310955.jpg

フォレストピア階上では6月1日2日お祭りがあるということで交通整理が行われていました。
山開き行事?と思ったらそうではなくて物産展だったようです。

フォレストピア階上から歩き出している人を車で追い越ししるし平に車を停めて歩き出しました。
(写真は帰りに撮ったものです)
f0003138_126255.jpg

つくし森はあとで寄ることにして、まっすぐ登るコースを進みました。
杉林の中に白いエンレイソウが咲いていました。
f0003138_12113366.jpg

広葉樹の森に代わると
クルマバソウが一面のところや
f0003138_12114318.jpg

マイヅルソウが一面のところ
f0003138_12123159.jpg

花はないけど、トリカブトやエンレイソウ、フキがまとまって見られるところも出てきました。
緩やかな傾斜には幾本も道が付けられてどれをとったらよいのか迷いますが、どこを
すすんでも気持ちのよい道でした。

エゾノコリンゴかな。普段みなれない花をみるとうれしい。
f0003138_12181729.jpg

山頂の鳥居が見えてきました。
f0003138_12212639.jpg

太平洋と八戸市街を見下ろします。
f0003138_12244421.jpg

南にある南岳まで足を延ばしてみることにし龍神水、田代口コース方面へ進みます。
最初の分岐右は「田代口コース」と書いてあったので左へ入ったら種市町へ下るコースだったようです。
f0003138_12325634.jpg

途中軌道修正して南岳へ向かう道に合流しました。
f0003138_12332263.jpg

南岳は独立した山というよりは階上岳のだだっ広い山上台地の南端っていう感じです。
ヤマツツジはほとんど蕾ですが、彩を添えていました。
昨日歩いた山上が長い折爪岳(左)と尖がった名久井岳が見えています。
f0003138_12364996.jpg

手前に久慈平岳を見ます。奥の北上高地方面はぼんやりしています。
f0003138_1241428.jpg

暖かい日差しを浴びながらお昼を食べて戻りました。

龍神水に寄って水を飲もうとしたら「飲料水ではありません」と書いてあったのでやめました。
でも途中の急坂ですれ違った人によると毎月水質検査をしていて飲める水とのことでした。
f0003138_12445599.jpg

階上岳山頂には大勢の人が登ってきていました。
f0003138_12472934.jpg

途中ルイヨウボタンを見
f0003138_12475361.jpg

シラカバ林を通り
f0003138_12493927.jpg

トクサを懐かしみ
f0003138_12493739.jpg

つくし森の神社でお参りをして
f0003138_1250617.jpg

下山しました。
f0003138_12521321.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-06-05 12:57 | 青森県

2013.6.2せっかくだから海も見てみる

八戸のビジネスホテルに泊まったので、翌日は山歩きの前に少し観光もしてみることにしました。
八食センターが気になるところだけど、ここは9時からの営業のようです。種差海岸を見る予定
なので、陸奥湊駅前の朝市に寄ろうと思いましたが、あらららら。わからないまま通り過ぎてしまい
ました。

ということで2日最初の観光は葦毛崎展望台です。
ハマナスが咲き始めていました。
f0003138_1151667.jpg

磯までおりたのは本当に久しぶりです。
f0003138_11151474.jpg
磯から眺める展望台です。
f0003138_11153234.jpg

ちょっとボケちゃったけどアズマギクが咲いていました。
f0003138_1132112.jpg


続いて天然芝で有名な種差海岸です。
芝生の上を歩くのは気持ちいい・・けどサンダルで歩いたら足が朝露にぬれました。
f0003138_1122477.jpg
f0003138_11223545.jpg


ちなみに泊まったのはホテルルートイン本八戸駅前でした。
朝食付きでシングル5900円。
ラジウム温泉があります。浴室で足を折り曲げて入るよりは疲れが取れました。
朝ごはんは結構種類がたくさんあり、味も良かったです。
せんべい汁っておいしいんだね。
[PR]
by miyagi1305 | 2013-06-05 11:40 | 青森県

2013.6.1名久井岳

岩手県北部の折爪岳を登ったあとは青森県南部の名久井岳(615m)を目指しました。
一日で県をまたいで二つの山を登れるというのはちょっと得した気分です。
直線距離だと15キロもないくらい近い位置関係にあり、車でも25キロほどの
距離でした。

県道33号線を走っている時に亘理人さんが感嘆の声をあげました。
後ろから車が来ないのでちょっとバックしてみました。
宮城県では藤色のフジがほとんどですが、青森県にはこの白いフジのほかに
黄色のフジもあったそう(そちらは車の往来が多いのでバックできませんでした)で
感激しきりの亘理人さんでした。
f0003138_91958100.jpg

名久井岳には法光寺、恵光院、三戸の3つの登山口があるようですが、日本最古の
仏舎利を収めた三重塔が有名な法光寺からスタートすることにしました。
でも三重塔の見学は時間の関係で省略です。
かわりに、と言ってはなんですが三重塔風のこちらを。
f0003138_921888.jpg

法光寺の駐車場に車を停めましたが、登山者の駐車場はお寺から少し上のこちらでした。
f0003138_927333.jpg

すぐそばにかもしか遊歩道の入口がありました。健脚コースと書いてありますが
車まで上に上がれるからのことで、普通の登山者感覚でいえば悠々コースでした。
f0003138_930176.jpg

西側のアカマツ林は火事で燃えたのでしょうか、幹が黒っぽく葉が付いていないか
付いていても元気のないものばかりでした。
f0003138_9311229.jpg

下からの車道の樹海ラインから分岐した長谷林道(長谷ぼたん園へ、と標識にありました)
に出たら左に少し進むと登山口がありました。
f0003138_936532.jpg

こちらは広葉樹の林が続きます。
真ん中頃に岩岩した急なところがありました。
f0003138_93804.jpg

こんな避難小屋も。これなら中が明るく快適そうです。
f0003138_9385886.jpg

1時間ちょっとで一等三角点のある山頂に到着です。
(上の入口からは30分ほど)
f0003138_9461022.jpg

4時近い時間になっていましたが、三戸からペットボトルだけで上がってきた人や
小学校低学年の子供さん連れの家族と山頂で一緒になりました。

ガスが出て展望はありませんでした。こちら方面折爪岳が見えるようですが、残念。
f0003138_9495972.jpg

今年初めてのマルバシモツケ(近類種があれこれありますのでそちらかも)を見ました。
f0003138_9512713.jpg

下りは長谷林道に向かい真北の尾根を取りました。
すぐ下を林道が走り草刈り機の音もしますが、奥山の雰囲気がありました。
f0003138_953915.jpg

途中分岐は右の「名久井岳下山道」を選び、ほどなく長谷林道に出ました。
f0003138_9552682.jpg

林道を1キロほど歩くと登りに使ったかもしか遊歩道の入口が左手に見えてきました。
f0003138_956020.jpg

車道を歩くよりは早いだろうと同じ道を下ることにしました。
登りでは気づかなかったハナイカダの木をたくさん見ました。
f0003138_958032.jpg

f0003138_9574225.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-06-05 10:16 | 青森県