飯坂温泉の大作山(567・7m)(11月13日)

福島市の飯坂温泉の里山に紅葉を探しに行ってみました。
おおさく山はずいぶん前に山渓で紹介されていた山
(もとは福島登高会編の「福島市郊外の山」で紹介されているということでした)
でしたが、歩行時間がそれほど長くないため、この山だけを目的にして出かける
ことがなかなかできないでいましたが、やっとお告げがありました。

記念広場の大きな駐車場(トイレあり)まで舗装路(舗装はその先奥の森の泉まで
続いているようでした)でした。
f0003138_1350775.jpg

まずは東側のひめさゆりの丘へ行ってみました。
朝通ってきたガスの上に霊山など阿武隈高地の山が浮かんでいます。
f0003138_1351294.jpg

樹間からですが、北側の展望も得ることができました。
R399号線を挟んだ北東の御在所山が目立っています。
f0003138_135158100.jpg

駐車場まで戻って本峰を目指します。
車道をわずかに奥に進むと左手に登山道がありました。
f0003138_13555676.jpg

途中東コースと南コースの分岐があり私は東コースを進んでみました。
日当たりがいいので夏は草など邪魔になりそうですが、今の時期は陽だまり
ハイクの道となります。
ゆっくり歩いても40分で東屋のある山頂に到着です。
f0003138_1445453.jpg

ここからは北に続く広い遊歩道を進んで森の泉まで行ってみることにしました。
途中で下から上がってきた舗装路が、外周する未舗装の林道に変るところに
出ますが、森の泉はこれを少し下って左に続く舗装路を進んだ先にありました。
森の泉というからもっと自然な泉を想像していましたが、整備されすぎて
普通の池って感じになってしまったような?
この手前を歩いていた時になにかとても神秘的な泉が現れそうな
とても雰囲気のよい林を歩いて期待感が高まっていたので、開放感に
戸惑ってしまったともいえるかもしれませんが。
f0003138_14114794.jpg

大作山から下りてきたところまで戻って今度は外周する林道を歩いてみましたが
この道はどうってことのない普通の林道でした。
西側まで回り込んで下から登ってきた大作林道にぶつかったところから
西北の眺めです。
左手のピーク(標高470m位)に登れないものかと思って近づいてみたら
ゲート(開いている状態)のそばのレリーフの裏に踏み跡があり思いが叶い
ました。展望も得られない、なんのことないピークですが、ちょっと得した
気分になれました。
f0003138_14171071.jpg

そこからも林道で駐車場まで戻りました。
車が来なかったからいいようなものの、この林道はほこりが舞い上がりそうな道でした。
山歩きに行って林道を選ぶのもヘンですが登山道を取れば急斜面の下りになりそうで
足の爪が剥がれたばかりの身としては傾斜のゆるやかな道を選んだのでした。

林道歩きもそろそろお終いという頃下の景色が見える草地がありました。
白い塔は浄水場の施設です。このあと駐車場でひめさゆりの丘から下りてきた
グループと会いましたが、この人たちは浄水場のそばに車を置いて歩いて
きたのだそうです。帰りに車で距離を測ってみたらこの間1.6キロでした。
大作山だけでは歩きたりない人にはこの手もありですね。
f0003138_14576100.jpg

f0003138_14181174.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-11-17 15:10 | 福島県
<< 潟沼と胡桃ヶ岳(11月15日) 消えゆく峠道・奥山寺周回(11... >>