大黒天から三宝荒神山まで

8月18日(月)
蔵王エコーラインの大黒天から刈田岳~五色岳~熊野岳~地蔵山~三宝荒神山
と5つのピークを歩いてきました。
季節はヨツバヒヨドリの最盛期。
食事に忙しいアサギマダラの邪魔になりながら登山道をお散歩モードで進みます。
f0003138_125233.jpg

刈田岳避難小屋手前で雲を抜け出しました。
山形県側のほうがお天気がよく西側の山並みが雲の上に頂稜部を出しています。
f0003138_1275918.jpg

対象的に宮城県側はガスに包まれたままでお釜と五色岳も隠れていますが
やがて視界がクリアになることを祈りながらお釜へと下りました。
f0003138_12134842.jpg

願いがかないガスがどこへともなく消えていきました。

五色岳へはお釜の手前の土手から急な斜面を登りました。
f0003138_12171872.jpg

見た目たいへんそうですが、溶岩の所を登るとざらざらしていて滑らないので
案外すいすい登ることができました。
f0003138_12184530.jpg

急坂が終わって台地状の所に出てからは内側を進んで東側に回りこむように
進み山頂に至りました。
f0003138_1222351.jpg

ケルンがたくさんある山頂からは北西に下りました。
少し下った所から五色岳の山頂を見上げます。
なだらかで歩きやすい斜面でした。
f0003138_122816.jpg

下りきったところで少し右に進み北側の急な斜面に取り付いて
(下からは見えませんが登って行くと岩に○印が付いています)
半分くらい登ったところからトラバースに入り暫く斜面を巻きながら
進んでロバの耳岩コースに合流しました。
人懐っこいイワヒバリが今回も挨拶に来ていいポジッションで写真撮影に
協力してくれました。
f0003138_1236125.jpg

久しぶりの好天に熊野岳で引き返すのが惜しくなりました。
地蔵山(写真左)まで進み
f0003138_12412032.jpg

更に欲が出て三宝荒神山(上の写真右)まで足を伸ばしてみることにしました。
以前歩いた時は潅木が邪魔で歩き難い道でしたが、
「蔵王自然植物園」
として整備され一周400mの歩きやすい遊歩道になっていました。
山名柱がとても立派です。
奥の熊野岳(ワシ岩)の手前に地蔵山が大きく横たわります。
f0003138_12523849.jpg

ここからは最短コースで大黒天に戻りました。

全工程13.8キロ、6時間半の歩きでした。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-08-20 13:14 | 蔵王~面白山
<< メタボ対策 秋の気配に咲く花いろいろ >>