中丸山コースでふたたび熊野岳へ

7月9日(水)
久しぶりに坊平高原からの中丸コースを歩いてみることにしました。
といってもどうせ周回するなら少しでもガソリン代節約のコース取り
ということで、リフト乗り場の山交駐車場からスタートすることに
しました。

駐車場からお田神・スキー場を通って仙人沢まで下り、登り返す変則
(下から登って下に下るのが普通として)周回は、苦手な下りを疲れる
前に済ませることができて案外いいアイデアかもしれない
と思いましたが、最後での足の疲れ具合は同じだったかもしれません。

チングルマの綿毛に付いた水滴が宝石のように見えました。
f0003138_8511420.jpg

花の時期もよいですが、綿毛も結構好きです。
f0003138_901159.jpg

今年初めてのトキソウです。今年はちょっと少なめ?
淡いピンクがなんともいえなくて好きな花の一つです。
f0003138_915516.jpg

スキー場の下り。緩やかです。
f0003138_951192.jpg

途中から樹林帯に入ります。スキー場の中ながらブナも多く気持ちのよい道です。
f0003138_9121649.jpg

歴史を感じさせる水場。すぐそばには鳥居があって太い注連縄が
掛けられていました。
f0003138_9144415.jpg

水場からほんのちょっとスキー場を歩くと仙人沢への入口がありました。
f0003138_9153383.jpg

仙人沢まで下って仙人橋を渡ったら、あとはぐいぐいと登って行きます。
すぐ手前からの中丸山です。
上はガスが掛かって展望があまり得られませんでした。
f0003138_9194247.jpg

ワシ岩(中央)と地蔵山(左)のガスもなかなか取れませんでした。
f0003138_9211978.jpg

中丸山の次のピークでオシラビソのかぐわしい香りをかいだあとは
こんな感じの所を暫く歩きます。
f0003138_9241658.jpg

ガレ場に出れば山頂はまもなくです。
こちらにもコマクサがたくさんあって敷石を飾っていました。
ふみ跡を辿ってワシ岩の縁近くまで行って見ました。
オノエランが崖の景色を眺めながら
「ちょっと絵になるでしょ」
と咲いていました。
f0003138_9301560.jpg

雲の間から時々青空が現れるので五色岳も回ってみたいと進んでみましたが
お釜の中(右手)はすっぽりと隠れていてなかなか雲が取れません。
今回はあきらめることにしました。
f0003138_9335258.jpg

馬ノ背ではなんとかお釜を見ることができました。
f0003138_9353237.jpg

リフトの乗り場とレストハウスの間からほんのちょっとの下りで
山交の駐車場に戻りました。
宮城側のエコーラインは朝も帰りもガスにすっぽり覆われていたので
そんな中少しでも展望が得れたのはラッキーでした。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-07-11 10:00 | 蔵王~面白山
<< 鬼面山~箕輪山~鉄山 お釜のそばを歩いてきました。 >>