南雁戸は今日(25日)も霧だった

6月25日(水)
ぐずついたお天気が続いていましたが、25日宮城に小さな晴れマークが
付きました。
1週間以上山歩きができなくて体調が優れなくなってきています。(回遊魚?)
なんとしても出かけなきゃ、と気合が入りすぎたか前夜なかなか眠れなく
なってしまいました。
去年10月にガスと強風で途中であきらめた南雁戸山を選んで
出かけることにしました。
笹谷で青空が見えてきて喜んだものの、カケスガ峰でいくらか展望が
あったくらいで、雁戸山も南雁戸山もガスがとれませんでした。
天気だめもとで近くの山を選んだのですからしょうがないとも
いえます。
南雁戸山への登りで一瞬山頂が見え、なんとか風景が撮れた
と喜んだ写真はなぜかぼけていました。
f0003138_10294745.jpg


というわけで、今回は花のアップが中心です。
カケスガ峰のウスユキソウ。
f0003138_10342699.jpg

ベニバナイチヤクソウが一箇所にこんなにたくさん。
f0003138_1042582.jpg

蟻の戸渡りはコケモモロードでした。どうしてコケモモかは知りませんが
この花をアップで見たらやっぱりコケモモだという気がしてきました。
f0003138_1045363.jpg

マルバシモツケもたくさん。
早い頃のツボミはどうしても仁丹を連想してしまいます。
まだ咲き出しの頃はかわいいですね。
f0003138_1049397.jpg

仁丹が咲きそろうのですからその数には圧倒されます。
f0003138_1050264.jpg

(北)雁戸山手前では大きさでコバイケイソウが目だっていました。
f0003138_10534156.jpg

北と南の間の鮮やかなサラサドウダン。
ベニサラサドウダンは花も葉っぱもサラサドウダンより小型とのことですが
これは普通の大きさでした。
中間もあって区別が難しいとのことです。
f0003138_10584337.jpg

キバナウツギでしょうか?標高の低い所でキバナウツギを見たのは
ずいぶん前ですが。。。
f0003138_11301412.jpg

南雁戸山で多く見られたブーケのようなハクサンシャクナゲ。
f0003138_1111356.jpg

山形側のコースを下る途中にヤマオダマキ。
f0003138_1185474.jpg

このほかにハクサンチドリ、ミヤマハンショウヅル、ミヤマカラマツ
タニウツギなどなど、たくさん咲いていました。
花が少ないと思っていましたが季節があえばいろんな花に会えることが
わかった北・南雁戸山でした。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-06-27 11:33 | 蔵王~面白山
<< バンダイクワガタを見に磐梯山へ。 こちらも食べごろ >>