野鳥の森の探検隊

6月1日(日)
探検とはなにぞよ?
普通思い浮かべるのは「危険をおかして、実地をみとどけること」
ですが、今回の場合は
「実地にさぐり調べること」

植物や鳥に詳しい隊長と副隊長に連れられて隊員3名で
五本ナラまでの往復7キロほどを6時間半掛けて「知る」を楽しんできました。

ハナイカダ。不思議な花の付き方ですよね。
f0003138_12573641.jpg

おお、エビネもあるんだ。
f0003138_1311749.jpg

かわいい三つ葉ですが、ツタウルシだそうです。
(えっ?みんな知ってる?)
ほかに蔦系のツルアジサイとイワガラミも観察しました。
両方ともアジサイの葉に似ますが、イワガラミのほうは鋸歯が粗いです。
(飾り花はツルアジサイが4個でイワガラミが1個だそうです)
f0003138_1334983.jpg

エゾハルゼミの抜け殻があちらこちらに。エゾハルゼミの季節が
終わって暫くすると夏のセミ達の出番となり、エゾハルと
夏のセミ達の鳴き声がかぶることはないのだそうです。
f0003138_1365112.jpg

トリガタハンショウヅルだそうです。
鳥の形を探してみましたが、そうではなくて高知県の鳥形山で発見
されたのでこの名前だそうです。
f0003138_139771.jpg

草のツクバネ(ツクバネソウ)
f0003138_1312967.jpg

ウツギのツクバネ(ツクバネウツギ)
前回教えてもらったキバナウツギにちょっとにていますが、ツクバネウツギ
にはツクバネがついているんですね。
f0003138_13212487.jpg

五本ナラを眺める探検隊です。
f0003138_13223611.jpg

葉と同じ色で探し難いアカシデの花。神棚に上げるお札のようです。
望遠鏡を使って写真を撮らせてもらいました。
真っ暗なトンネルを抜けて緑の光が飛び込んできたときのような
すぐそこのものを見ているのに、異空間を眺めているような。。。
f0003138_13285553.jpg

望遠鏡ではかわいいキビタキとウグイスとトビの雛をのぞかせてもらい
ました。オオルリの囀りを聞くこともできました。
野鳥は今回も25種くらい観察できたようです。
なかなか覚えられないけど、少しは進歩してるかな?
[PR]
by miyagi1305 | 2008-06-04 13:57 | 蔵王~面白山
<< 朝日連峰のスプリングエフェメラル 陣ヶ峰 >>