名号峰紅葉台コースで初お姿拝見でした。

5月21日(水)
2ヶ月前に歩いたコースでしたが、暫く前に歩いた夏道の様子を案外
思い出せないことに気づきました。
雪道の記憶が薄れないうちに比べてみたいとまた出かけてみました。
歩いているうちにそうだった、そうだった、と思い出してきましたが
雪があるとないではやはり同じ所でも受ける印象がずいぶん違うものですね。
夏道はコース・上のほうは低い樹木や笹が少々邪魔な感じがしますが
その下のブナ帯の森林浴が目的なら楽しくあるけると思います。

前山を越えるあたりから残雪が現れだしてきましたが短い区間で
問題のある所はありませんでした。
ただ縦走路合流の手前の所だけは雪から樹木が出てごちゃごちゃして
突然道が消えたよう、まっすぐ進めばよかったのですが、ちょっと迷いました。
山頂では展望は上のほうは雲に覆われていましたが
下る途中に段々雲が上がってきて前~後烏帽子は山頂まで見えてきました。
f0003138_11341621.jpg

今回のもう一つの目的はまだ歩いていなかった猫鼻から紅葉台への
道を歩いてみることでした。
昭文社の山と高原地図に「ヤブ多い」と載っているので後回しになってしまって
いたのでした。
猫鼻の分岐から伺う限りは刈払いもされて快適そうです。
f0003138_11393092.jpg

進んでみても快適でした。
f0003138_1140563.jpg

なんだ、なんだ、よいコースじゃないの~、とニコニコ顔で進んで
暫くすると緩い斜面の上のほうでがさっと大きな音がしました。
そちらを見ると笹薮から背中だけ出した熊さんが大急ぎで私の来た
方へ逃げて行くのでした。
びっくりしたけど結構距離があったので怖いという感じはしませんでした。
そして案外うれしかったりしました。
でもこれから隠れトラウマ(自分ではなんでもないつもりでも
なんでもあったりする)になるかどうかはまだわかりません。
1回会うと何回も続けて会う気もするし。。。
でも山に行けなければ窒息すると思うので、やっぱり山はいつも
どおりでしょうね。
出会ったのはお昼を少し過ぎたあたり、熊さんも昼ごはんの時間
だったのでしょうか。出没に時間はあんまり関係ないことがわかり
ました。

コース自体は森の豊かさが感じられてとてもよいものでした。
今年初めてのエゾハルゼミの鳴き声を聞き、シロヤシオ
の花の涼しげなようすを楽しみながら進みました。
f0003138_11554419.jpg

ヤブっぽくなりそうなところとしては
だいぶ下に下った
f0003138_1156289.jpg

とか
f0003138_1157623.jpg

のあたりでしょうか。
実際の道は地図の線とは結構違っていて、県道青根峨ヶ温泉線のすぐ
上を暫く歩きました。
ずーっとなだらかな道でした。
f0003138_1201234.jpg

ホウチャクソウが咲いていました。
f0003138_1231584.jpg

紅葉台そばの入口のようすです。
f0003138_1234228.jpg

車道上にある紅葉台からは樹木が邪魔で展望は得られませんでした。
車道歩き2.8キロで峨ヶ温泉に戻りました。
峨ヶ温泉8:10-猫鼻9:00-山頂10:20-猫鼻11:55-
紅葉台13:00-峨ヶ温泉14:00
12.8キロでした。
赤が3月のコースで青が今回のコースです。
f0003138_12101322.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-05-23 12:51 | 蔵王~面白山
<< もやと強風の杢蔵山は肩まで 翁山(翁峠) >>