新田川渓谷のアカヤシオと野手上山のイワウチワ

4月16日(水)
f0003138_1311777.jpg

パート先でお世話になっているMIさんが「新田川にアカヤシオ
を見に行ってきた、イワウチワもすごかった、」といいます。
去年同じ新田川で同じものを見ていた私はうなづき、話を弾ま
せましたが、段々ズレが出てきました。
地図で確認するとMIさんが行ったのは上流の野手上山そば
とわかりました。

アカヤシオを見る目的以外にもあのへんでは確認したいことが2つ
3つあるので早速行ってみることにしました。

高の倉ダムから先の細い道を進んで、杉林を右手に入る助常林道を
進むこと4キロ地点に落合橋があり、このあたりの斜面上に
アカヤシオが咲いていました。

上の写真は右岸のものを山歩きのあとに撮ったものですが
暖かい陽気に朝よりも開花がぐっと進んだ感じでした。

下の写真は朝に左岸のアカヤシオを撮ったものです。
こちらはちりばめたようでした。
f0003138_1312010.jpg


アカヤシオを見たあと、野手上山へ向かいます。
落合橋の脇にゲートでしまった道がありこれを中に入ると
すぐに2手に別れて右に進めば新田川沿の道、左に進めば
比曽川沿の道となります。
この2つの道を利用して野手上山を周回することができるので
どちらへ進んでもよいのですが、まず新田川沿から歩くことにしました。
2・5キロの長い道をスミレやイチゲ、ヒトリシズカ、ユリワサビなどの
花々や奇岩を見ながら進みます。
f0003138_13395418.jpg


緑黄色のきれいな色の花で目を引く木がありました。
図鑑で調べてみたらアブラチャンでしょうか。
f0003138_1338564.jpg

渓谷歩きから開放されて野手上山の遊歩道に入るとすごい数の
イワウチワがあちこちで出迎えてくれました。
f0003138_13461643.jpg

f0003138_1348392.jpg
f0003138_13494415.jpg

花びらのさきっちょが少し尖ったスミレを見つけました。
葉には斑が入っています。なにスミレでしょうか。
f0003138_1352089.jpg


ここで今回したかったことの1つ。
2004年4月18日に歩いた時に、シロヤシオコース(下の地図
行き止まりの線)でアカヤシオを見たのでそれをもう一度見ること。
残念ながら今回見ることはできませんでした。
このあと、去年会ったおじさんにまたケヤキの森コースで
出合ったので、そのことを言うとまだ早いんだろうとのこと。
去年おじさんが言っていた4月末5月はじめ頃、がやはり普通の
開花時期のようです。
2004年は暖冬だったのでしょうか。
狙って開花に合わせるのは結構難しいものだということを
実感したのでした。

このあと風兼ダムからの比曽川沿いの道を3.5キロ歩いて
落合橋に戻りました。
全部で11・5キロ。花を見ながらゆっくりで4時間半でした。

下の地図の「野手上山」の「山」の字の上の黒い点がおじさんの
住んでいた家でおいしい湧水が飲めます。
ここまで車道があり去年は北口のこちらを起点に歩きました。

*新田川渓谷の狭い所ではGPSの軌跡に狂いが生じたようです。
f0003138_14112199.jpg


確かめたかったことその2。
助常林道をそのまま進めば八木沢峠に通り抜けできるのか?
釣りに来ていた人達に聞いてみたところ、できた、ということなので
帰り道に進んでみることにしました。
好奇心から必要のない林道に入って何度も後悔しているのですが
今回は?
しっかりした道が続いていました。
福島の林道はすばらしい!と感心しながら9キロ進み出口も見えて
きてほっとしたすぐあと。
チェーンとバリケードが!!
いくら走りやすくても9キロは戻りたくありません。
チェーンを持ち上げたりゆすったりしているうちに端が外れることに
気が付きました。あとはバリケードを動かして
「ひらけごま」

ごみ捨て防止のためのようです。この付近はごみの山になって
いました。ごみ捨て事情はどこでも同じようですね。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-04-18 15:14 | 福島県
<< 移ヶ岳 葛尾・風越からの天王山(日山) >>