姥ヶ岳

3月30日(日)
石跳沢から離れるあたりから見上げる姥ヶ岳です。
f0003138_10481133.jpg

去年の3月に歩いて味を占めた姥ヶ岳へまた行ってきました。
去年使ったのは志津の東側に下りてくる尾根(清水コース沿い)でしたが
今年はネイチャーセンターから登るコースを歩いてみました。

志津温泉少し先の駐車地には20台位の車がすでに停まっており
人気の高さが伺えます。
ネイチャーセンターまでの除雪はほぼ終わっていましたがまだ
通行止め解除にはなっておらず、センターまでの1キロ位は身長
の倍ほどの壁のプチ雪の回廊歩きとなりました。

20台ほどの車の持ち主は三々五々、センターから先は
一人とニアミス、一人とスライド、遠目で数人目撃、下りで4~5人
と接近という、ほどよい静けさの姥ヶ岳でした。

本日のコースは初めて。どこを歩いてよいものかわからないので
すでに付いているトレースを当てに歩きました。
おととい降った雪がほどよいクッションとなり、またトレースが沈みの
負担の軽減となり、この上なく楽な雪上歩きとなりました。
下る頃には気温の上昇に伴い起こる雪質の変化で滑りやすい
所があったり、段々雪が重くなってきたりもしましたが、歩きやすい
範囲内でした。

ーーーーーーーーーーーーーー
石跳沢を馬立沢手前で離れて北東に進むあたりは広々としたブナ林
が広がる気持ちのよい場所でした。南側を振り返ります。
f0003138_11154918.jpg

リフト乗り場手前で姥ヶ岳から降りてきた尾根(左手、下りはこちら)
を乗り越え、一旦リフト乗り場に下ってからリフト沿いに登りました。
f0003138_11202630.jpg

疲れたら振り返って朝日側を眺めては、また登ります。
f0003138_112364.jpg

かろうじて残っていた霧氷です。ばらばらとすごい音をたてて落ちて
きていました。
f0003138_11272611.jpg

歩き出しが遅かったので山頂まで行けるか心配でしたが、間に合いました。
山頂から月山です。肉眼では鍛冶小屋が見えました。
紫灯森でスキーヤーが二人少し下ってみたり、名残おしいのか
戻って品倉尾根上部を歩いてみたりしていました。
f0003138_11301212.jpg

湯殿山参籠所へ下る薬師岳が結構目立ちます。
f0003138_1132205.jpg

この日は風もほとんどなく穏やかな姥ヶ岳の山頂でしたが、紫外線
ダメージが怖いので、ぐるりと360度の展望を楽しんだ後はすぐに
下りに掛かりました。
尾根を登ってきたスキーの人から話を聞いてそちらを下ってみることにしました。
写真中ほどの姥沢にまっすぐ突っ込むような爽快な下りでした。
f0003138_1136409.jpg

途中湯殿山がきれいな形で見える所がありました。
f0003138_11375443.jpg

駐車地9:00頃ーネイチャーセンター9:35-リフト下11:20-
リフト上12:10-山頂12:35-駐車地14:20
10・9キロでした。
f0003138_11171038.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-03-31 12:21 | 山形県
<< 雄勝峠から上品山 峨ヶ温泉~名号峰 >>