ライザからお田神

2月25日(月)
f0003138_1513768.jpg

荒れに荒れた週末明けの月曜日、お天気は西から回復傾向で穏やか
になって行く、との予報に再び山形に出かけてみることにしました。
西から、と言っても、この場合、宮城の西側に位置する山形のほうが
回復が早い、という意味でないことはわかっていましたが、「西」に
賭けてみることにしました。

笹谷IC付近は明るい日差しが注ぎ、山肌が白く光っています。
何ヶ所か候補がある場合、この辺の様子をみて決めることが多いのですが
この日差しにライザからの刈田岳に賭けてみることにしました。
山形市に入っても晴れは続きました。
山の上のほうの雲もやがて取れてくるに違いない、と予感し
朝の市内の渋滞がもどかしく感じられながら進みました。

しかし、エコーラインに入るころになると山の上には暗い雲が
重く掛かっていているのが見て取れるようになってきました。
今更候補地を変更する気にもなれないので、そのまま進んで
ライザスキー場につきました。
上のほうはガスに包まれているし風も結構ありますが
このコースの良いところはリフト2本を乗り継げばもう樹氷がみられる
ことです。
最悪、上でリフトを降りてちょっとだけ樹氷見物をしてそのまま下って
きてもいいじゃないかと結論を出しリフトに乗りました。

スキー場トップでは風は強さを増し視界も悪いですが、スキー用の
ポールは見えるのでこれを頼りに歩いてみることにしました。
雪の軽さにびっくり。まさしくパウダースノー中のパウの感触は
捨てがたいですが、しかし深みにはまることにもなってしまうので
油断ができません。
新雪が風で吹き飛ばされ硬くなったトレースの上を歩くほうが
スノーシューにとってはやはり楽なようです。

思いのほかの近さで現れたお田神の避難小屋です。
f0003138_160299.jpg

液晶が見えないのでシャッターをめくらめっぽうで押します。
エビの尻尾がよく発達しています。
今年は樹氷まだまだ楽しめそうですね。
f0003138_1604662.jpg

小屋からもう少しだけ登ってみましたが、後ろから吹き付ける風が強く
登りは良くても帰りには顔がかなりつらいことになりそうです。
視界もますます悪くなってきたので引き返すことにしました。
下り始めると太陽の輪郭が現れたりして、しばし行きつ戻りつを繰り返し
ましたが、結局あきらめることになりました。

霧氷もすばらしい芸術を見せてくれました。
f0003138_161826.jpg

雪に覆われ静まり返ったエコーラインに自分だけのトレースを付けるのは
とっても気分のよいことでした。
f0003138_1613792.jpg

雪花をまとったブナの森は白の世界に幹をほの暗く浮かび上がらせて
独特の雰囲気をかもし出していました。
この中を自由に下るのに心が浮き立ちました。
f0003138_162625.jpg

今回のコースです。
f0003138_1623647.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2008-02-27 16:51 | 蔵王~面白山
<< 不忘山 盃山から馬見ヶ崎川沿いの東側ピ... >>