刈田岳樹氷鑑賞会

2月10日(日)
昨シーズンからやっと冬の蔵王を歩くことができるようになりました。
自分の足で歩いてみた樹氷はすごかった。
あの時の感動を、関心を示してくれた人達と分かち合いたい・・
そんな思いの
    蔵王の樹氷を見にきてね~

が実現できました。

f0003138_1658983.jpg

山頂でhigurashiさん、佐藤さん、ヤマガラさんエンタシスさんにいっちゃん
ポーズを取ってもらいました。

私を入れた写真も撮ってもらいました。
f0003138_15325564.jpg


南岸低気圧の接近で強風注意報もでていて心配だったお天気も
10日に絶対刈田岳!の私たちの熱い思いが通じたのか
穏やかなお天気に終始し青空も気まぐれにですが見ることが
できました。

1年前はリフトトップから左手に進みスキーのあとを追いかけて
樹林帯を進みましたが、正規の直進コースはトップから右手に
進んだところから樹林帯に入ることをエンタシスさんに教わりました。
ピンクの紐が結んであり、先行者のトレースもあり楽に進むことが
できました。
積雪したばかりの雪はふっかふか。スキー場すぐ上で40センチ位で
しょうか。ついトレースを外れて遊んでみたい衝動に駆られてしまい
ましたが、足を上げるのはとってもたいへんでした。

エコーラインを跨いでからの尾根歩きは風で雪が飛ばされてトレースが
わかり難くスキーツアー用の柱を頼りに歩くことになりました。

ちょうどお昼時に刈田岳の非難小屋に到着。
お天気の回復を願いながらゆっくりお昼を食べ、それから刈田嶺神社
まで行きました。
f0003138_1755197.jpg


お昼で1時間、山頂で1時間。ゆっくり過ごしてゆっくり下りました。
f0003138_1750272.jpg


リンク集にあるhigurashiさんの「イーハトーブの麓からpart2」
とヤマガラさんの「ヤマガラの山旅日記」に
写真がたくさん載っています。
[PR]
by miyagi1305 | 2008-02-13 18:08 | 蔵王~面白山
<< 盃山から馬見ヶ崎川沿いの東側ピ... 様変わりの青麻山 >>