とっさの山歩き~えぼし千年杉トレッキングコース

昨夜からの雨で、今日の南蔵王の雪はだいぶ薄くなったように感じられます。
去年はお正月をはさんでどっと降雪がありましたが、今年もそんな感じに
なりそうな現段階の天気予報です。

25日火曜日のことになりますが、この日は職場が休みなのを忘れて
出勤してしまいました。
休みが週5日ともなるとこんなことも起きてしまいます。

せっかく遠刈田まで来たので、近くを歩くことにしました。
上はユニクロのヒートテックのインナーにユニクロのフリースタートル
ジャケットは山歩きには厚すぎてだめですが、車の中には予備の藪用
ウインドブレーカーが入っています。
ズボンはIスポーツブランドの山用のもの、といつでもほぼ山歩き、の格好
なのが幸いして服装はなんとかなりそうです。

車にはいつもザック、ウエストバッグ、山靴2足に長靴も2足
それに小物もほとんど入っているのでこれらも問題なし。
仕事の合間に食べようとお菓子をたくさん持ってきていました。
愛情込めたお弁当は・・・残念ですが箸と飲み物がないので
置いていくことにしましょう。

のどが渇かない程度の距離を歩くということで
えぼし千年杉トレッキングコース(赤点線)を歩くことにしました。
f0003138_1458446.jpg

えぼしスキー場の駐車場入口20m手前に小さな「千年杉」
の看板がありここから入ります。
地形が読みにくい幅広の尾根ですが、ピンクのリボンがいたる
ところにありこれを辿ることができます。
標高約700mの入口で雪の沈みは4から5センチほど。
このへんは古くて硬い雪だけでしたが標高1000mあたりまで
進むと柔らかい雪が10センチ以上になり長靴の隙間から入り込んで
くるようになりました。
もうちょっとですが、この上は何度も歩いて事情がわかり
どうしても、ということでもないので引き返すことにしました。

携帯で写真を撮ろうとしたのですが、マクロマークがどうしても
消えません。なんで?なぜ?どうしたらいいの?
と10分おきくらいに5回ほど設定を見直してみましたが
どうしてもだめ。
ぼけた写真しか取れませんでした。
帰って説明書を見たら、なんのことはない、外側折り曲がる
所に切り替えがあったのでした。やっと思い出し
もう遅い「そうだった!」

そんなで時間を食ってしまいましたが、石子ゲレンデまでの
ひとゴンドラ分で大体1時間20分から30分位の登りだと思います。
下りはちょっと手前からの下りで40分ほどで下りられました。

今回の赤点線コース、前回歩いた時は沢の下り登りが急だった
ような気がして昨シーズンはすべて(3回)青コースで歩いたのですが
今回歩いてみたらそれほどでもありませんでした。
ゴンドラを2回横切るので目立ちたがり屋さんにはうれしいコースです。
大きく手など振って挨拶したいところです。
えぼし千年杉ってどうなのよ?
はっきりいいましょう。
いえ、やっぱりだめです。
樹齢は600年くらいのようです。

青点線コースは今はまだ笹が邪魔で歩きにくい状態でした。

*北側の緑点線の白龍の滝への夏道があるコースは太いブナの木
も見られる気持ちのよいコースで、わかんやスノーシューで歩く
のにももってこいです。
下の野鳥の森からつなげて歩くとよい1日コースになると思います。
[PR]
by miyagi1305 | 2007-12-29 16:00 | 蔵王~面白山
<< 明けましておめでとうございます トリップコンピューター >>