焼岳石(金明水直登コース)その2

7月25日(水)
その2.金明水~六沢山~東焼石岳~姥石平~中沼登山口

平成14年に建て替えられたという気持ちのよい避難小屋でほっと
一息ついて先に進みます。
f0003138_1539955.jpg

広々と気持ちのよい草原のふちにはキンコウカが咲き、初めての
モウセンゴケの小さな花も見られてこれから進む縦走路への期待
が高まったところで
うわっ!ぬしの新しい糞が!!
やっぱりいるんだ。。
気を引き締めてホイッスルを鳴らしながら進むことにしました。
展望はおおむね良いのですが、登山道は部分的に潅木などで
視界が悪い所もありました。
また六沢山までは下草が結構蔓延って足元が見えず、暑苦しくも
感じられて大変でした。
f0003138_15472737.jpg

今はもう籔がすごくて歩くのが困難になった牛形山への分岐までは
ずいぶん歩いてきたような気がしたのにたったの600m。
牛形山への稜線を眺めて、歩くことができたら、と思う人は多い
のではないでしょうか。
f0003138_15535125.jpg

六沢山手前のピークが大きく見えます。
f0003138_15514482.jpg

六沢山手前のピーク手前から歩いて来た道を振り返ります。
白い点が避難小屋です。
奥の経塚山が目立ちます。
f0003138_15574235.jpg

六沢山手前で初めて単独の男性とすれ違いました。同じころ登山口
に着いた人で、私とは逆回りで歩いて来たようです。
六沢山は雄大な雰囲気をもった山で、ゆっくり休みたい所でしたが
下山時間をあまり遅くしたくなかったので通り過ぎてしまったのが
心残りです。
ここから先は下草にもそれほど悩まされることなく気持ちよい稜線漫歩が楽しめました。
f0003138_1612419.jpg

東焼石岳手前で六沢山を振り返ります。小さな沼がよいアクセント
になっています。
f0003138_1661370.jpg

東焼石岳はだだっぴろい草原の山頂を持つ山でとらえどころのない
印象でした。
ここから緩やかな道を南本内岳や焼石岳、横岳を眺めながら
姥石平まで下りました。

ここまでの花はトウゲブキが一番目立ったでしょうか。
イワテトウキ、ウスユキソウ、ハクサンフウロ、ハクサンシャジン
ミヤマリンドウなども咲いていました。
姥石平ではハクサンイチゲがまだ結構残っていました。
群生をなしているというわけではありませんが、いろんな花が
途切れることなく楽しませてくれました。

姥石平から下では前回見ることが出来なかったヒオウギアヤメに
あうことが出来ました。まじまじと見ると面白い形と模様ですが
花は次回でまとめることにします。

金明水避難小屋10:30-六沢山12:00-東焼石岳12:35
ー姥石平13:00-銀明水14:00-中沼登山口15:30

(金明水~六沢山2.3キロ~姥石平2キロ)
[PR]
by miyagi1305 | 2007-07-27 16:34 | 岩手県
<< 焼石でみた花 焼石岳(金明水直登コース)その1 >>