不忘山(硯石からのコース)

地図閲覧サービス(試験公開) 574003 2万5千分1地形図名:不忘山 [北東]
ユキワリコザクラがそろそろ見頃ではないかとの情報をいただき
28日不忘山に行ってみることにしました。
今回は久しぶりに硯石の南蔵王キャンプ場跡の南蔵王縦走コースの
南端からスタートして不忘山に登るコースです。
まっすぐ一本道で登るようなコースでガイドには単調と書かれています
がじっくりと森林浴を楽しめる道が暫く続きます。
最近付けられたと思われる「癒しと学習の森」硯石のコナラ・ミズナラ林
の看板が入口にありましたが、そんな落ち着ける雰囲気からスタート
できるのもよいことです。標高700m位なのでまだ新緑のやわらかい
感じが残っていました。
f0003138_10335521.jpg

すぐにミストゾーンに入りました。見えない先から得体のしれない
ものが現れそうな不安感はありますが、それを払拭できれば
霧に包まれた森はマイナスイオンたっぷりで心が落ち着くもの
です。
f0003138_10405685.jpg

シロヤシオやムラサキヤシオの花々に迎えられます。
f0003138_10495062.jpg

見事な花付きのシロヤシオがありましたが、花をつけていない木も
多く、個体差があるように思えました。
ダケカンバが多く見られる所を過ぎると1時間10分ほどで最初の
落石注意の看板が現れます。ここから低木帯となり登山道にも石が
ごろごろするようになります。
f0003138_10512195.jpg

上に行くに従って潅木帯になるとミネザクラが多く見られるように
なりました。そんなことにも気づいていなかったので、季節を
変えて歩いてみるとまたいろんな発見があってよいものです。

コース4キロのうちの残り1キロの看板の所から広い砂礫地の
登りが始まりました。ガスが出ると道がわかりにくくなるため
黄色のペンキマークが短い間隔で現れます。
なにか花はないかと探しながら歩きましたが、こちら側には
ありませんでした。

ユキワリコザクラを探しに不忘の碑の所から白石スキー場
のほうへ少し下ってみたら、ミヤマキンバイ、ハクサンイチゲ
が咲いていました。
そして、今日の目的ユキワリコザクラも。まだ咲き出したばかり
で、花数はそれほど多くありませんでしたが、可憐な花をみら
れて満足です。
f0003138_1181058.jpg

上で雲海を見られたら最高だな、と思っていたら希望通り
晴れてきました。不忘の碑のところから硯石コースを振り
返ります。
f0003138_1111385.jpg

南屏風から水引入道を眺めるとまた周回したい思いが湧きあがって
きました。
f0003138_11155810.jpg


山頂近くで植物に詳しいMIさんにばったり出会いました。
奥様と一緒にユキワリコザクラを見に来たとのこと。
1週間から10日後が見頃なのではないかということでした。
サクラソウは葉で見分けるのだそうで、ユキワリコザクラは
裏側に葉が巻き、ハクサンコザクラは手前に葉が巻くのだ
そうです。

登り3時間 下り2時間
[PR]
by miyagi1305 | 2007-05-30 10:34 | 蔵王~面白山
<< 高下岳 三方倉山 >>