1月21日(日)後烏帽子岳(1681m)

さすらい人さんと7時半にえぼしスキー場で待ち合わせをして
後烏帽子岳を目指します。7時前に入ったさすらい人さんは
駐車料金を貰わない、と言われたとのこと。7時15分に入った
私はしっかり500円取られました。知っていたら20分早くきた
のに。じゃ~ん残念!(←ちょい古)

ゴンドラとリフトでスキー場トップへ。リフトを降りるの大丈夫だろう
かと不安に思っていたら案の定、押されて転んでしまいました。

えぼしスキー場でもMSRのスノーシューの貸し出しがあるよう
ですが、さすらい人さんのご好意に甘えて、今日もMSRを貸して
いただきました。先日野営場で貸してもらったTSLも歩き易かった
ですが、さすらい人さんのMSRのデナリEVOアッセントはさらに
快適でもうこれ以外考えられないくらいの歩き易さでした。

おしらびその間を縫うように進みます。
トレースがありますが前日のもののようだとのこと。
f0003138_17132865.jpg

山頂には一番乗りでした。
きのうに勝るピーカン青空に白い雪が映えます。雪のない季節は
樹木で北蔵王が見えなかったように思いましたが、雪に乗っている
分でそちら方面の展望もしっかり見えます。
南雁戸山がよく目立っていました。
f0003138_17214069.jpg

中央ちょっと窪んでいるところが刈田峠で右に刈田岳から馬ノ背
左が南蔵王縦走路の稜線です。
f0003138_1724786.jpg

右の屏風岳と水引入道を結ぶ稜線の奥に不忘山がちょこんと
見えます。
f0003138_17275851.jpg

後烏帽子岳からの展望は無雪期でも十分味わえますが積雪期
のすばらしさは言葉にあらわせないほどの感動でした。

下りで6人ほどとすれ違いました。
スキー場上部からはゲレンデで石子まで下り、そこからはえぼし
スキー場のパンフレットにも載っている「スノーシュートレッキング
コース」で千年杉コースの沢の手前から分岐する小滝に下るコース
(黄色いテープが木に巻いてありました)
で前烏帽子岳の登山道下部に出、車道を700mほど歩いて
スキー場に戻りました。

スノーシュー歩きの楽しさ、雪をかぶった展望のlすばらしさを
十二分に味わった2日間でした。
さすらい人さん、本当にありがとうございました。
[PR]
by miyagi1305 | 2007-01-22 17:11 | 蔵王~面白山
<< 1月30日(火)七ヶ浜巡り 1月20日(土)安達太良山(1... >>