6月13日瀧山(1362.1m)

久しぶりで瀧山の山頂を踏みました。
1度目は西蔵王放牧場から前滝で登り、姥様コースで下りました。
前滝コースでは蔵王温泉から見る瀧山とは印象の異なる豊かな
自然を感じつつ、足場の悪い場所でスリルと充実感を味わい、
下りの姥様コースでは少しユーモラスな姥様の姿を
自分に投影しました。
開放的な放牧場で海外旅行でもしているようなおまけをもらえる
のも西蔵王コースのよい所です。

2度目は中央高原から夏の暑い日、大釈山付近の潅木帯でじりじり
照りつける太陽にさらされ、早くに体力消耗し、なかばやけくそのよう
になって歩いたものの、前滝コースへの分岐のヘラハギ山でギブ
アップして引き返しました。

そして今回は瀧山ゲレンデからのコースで登りました。このコース
は10年も前の山渓の付録の秋山ブックで紅葉の山として紹介され
ていたのを目にしてから気にしながらも時期をずっと逸し続けてい
たのでした。今回いつものあの山・里山文庫の人たちに声を掛けて
いただきやっと歩くことができました。
f0003138_1555685.jpg

春先に流行った植物ど根性シリーズではないけれど
岩の上のわずかな土でこんな立派な木に育つんだから植物は
すごい。
f0003138_1581693.jpg

冒険の国への入り口みたい。
f0003138_15364811.jpg

蔵王温泉から上のゲレンデは今の時期はスイスのアルブそのもの。
なんてったって今回はハイジさんもいますから。
f0003138_1593063.jpg

山並は最奥の熊野岳へ。今回はちょうど手前の真ん中へん
に見えるピークの先の一段低い所にあるドッコ沼まで歩きました。
f0003138_15143180.jpg

ドッコ沼は静かな雰囲気があり、ゆっくり腰を落ち着けて
休みたくなる場所です。ここで休んでいたら歩くのが嫌になって
しまいました。
そんなわけで今回はスカイケーブル乗り場まで戻ってらくちん下山
をしました。
そのあとは渓流沿いの大露天風呂で極楽、極楽。
そんなのんびり山歩きが今の自分には合っているな、と感じた
一日でした。

みんなで歩くといろんな発見があり、またいろんなことを教えて
いただきました。
Tさんがまずベニバナイチヤクソウの群生を見つけました。
1本2本でみることはあってもこんなにたくさん一ヶ所でみたのは
初めてです。その後もみなさんが次々とギンラン、エビネチドリ、
ヒロハヘビノボラズツリバナ、ウリハダカエデの花と、私にとっては
初めて気付く花々を教えてくれました。

以前廃道だった蔵王温泉から瀧山のもう一つのコースと、
2度目に歩いた時に入り口が草ぼうぼうで、歩けるのか不安に感じた
宝沢のコースはしっかり整備されているようで、いずれ歩いてみたい
と思いました。
[PR]
by miyagi1305 | 2006-06-15 15:44 | 蔵王~面白山
<< 6月18日「蔵王の野鳥・植物ウ... 泣面山(751m) >>