2014.9.21鉄山(僧悟台・湯川渓谷周回)

塩沢スキー場から鉄山と箕輪山の鞍部、笹平に登る僧悟台コースはヤエハクサンシャクナゲの
季節か紅葉シーズンに歩きたいと思いしばらく実行に移せないでいました。
笹平には「僧悟台コースは自然保護のため刈り払いなどされずに整備不良で迷いやすい」との
注意書きもあり、少し心配なコースでしたが、思い立って出かけてみることにしました。
9月は朝晩涼しい日が多かったせいでしょうか、紅葉は期待していなかったのですが、思いのほか
色が付いていて、一緒に歩いた亘理人さんと喜びながら歩いたのでした。

7時ちょっと過ぎにスキー場をスタートしましたが、ちょっと前に男性2人組とちょっと後に男女3人
組もスタートし僧悟台コースに進んだので少しほっとしながら歩を進めました。
湯川コースとの分岐を右に進み、すぐに湯川を3本橋で渡ります。
f0003138_1219138.jpg

このあと湯川からはだんだん離れますが、上のほうから落ちてくる小沢は4本橋で渡ります。
f0003138_12204658.jpg

新しい標識がありました。
f0003138_12211782.jpg

これを過ぎると急坂の上りが始まり、しばらく続きます。
f0003138_1222748.jpg

緩やかになってくると細い木の多い林になってきました。
f0003138_12231315.jpg

見晴台からは北側が展望できました。
f0003138_12245478.jpg

ワレモコウやエゾオヤマリンドウが秋の気配を感じさせます。
f0003138_12271855.jpg

「霧降滝分岐」とある小湿原に出ました。
進行方向奥に箕輪山と鉄山の鞍部が見えます。
f0003138_12275647.jpg

「霧降滝」へのコースは廃道になっており、ロープが張られた先には道は見えない状態でした。
奥には安達太良山のぽっちんです。
f0003138_1230633.jpg

思いのほか色づいた斜面を眺めながらの楽しい歩きが始まりました。
f0003138_12311313.jpg

箕輪山の斜面もきれいです。
f0003138_12312621.jpg

笹平が近づいて背丈の低い植物だけの道になってきました。
f0003138_1235821.jpg

笹平で10時ころでしたが、2人ともお腹がすいたのでゆっくり休憩しましたが、上のほうは
風もあり座ってゆっくりするには寒かったのでここで休んで正解でした。
そのあと鉄山に向けて登って行きました。
途中の大岩の所から眺める箕輪山方面の色づきがまだちょっと早いけどきれいでした。
f0003138_12352826.jpg

鉄山山頂からくろがね小屋を見下ろします。
f0003138_12354797.jpg

矢筈森に向かって進みます。
f0003138_12422721.jpg

矢筈森でたくさんの登山者が休んでいたので、私たちも寄ってみることにしました。
矢筈の片割れ東側のピークと奥に篭山を眺めます。
f0003138_1243460.jpg

安達太良のピークもこちらから眺めるとよい形ですね。
f0003138_12483775.jpg

先に進み分岐の所で沼ノ平と船明神山の眺めを見納めて下りにかかりました。
f0003138_12465796.jpg

最近は勢至平のコースを使うことが多かったので久しぶりでくろがね小屋へ下りました。

さすが日曜日です。大勢の登山者が往来していました。

くろがね小屋が下に見える見晴場で鉄山を見上げます。
f0003138_12573013.jpg

ころがね小屋の前でも多くの登山者が休んでいました。
塩沢スキー場へ下る湯川渓谷沿いの道へ入るととたんに人影がなくなりましたが、
それでも3組とすれ違ったのは時間が12時半を過ぎていたので驚きでした。
小屋泊まりなのか、途中で引き返すのか?なんて余計な心配を亘理人さんとしながら
下りました。
上のほうに1か所だけ小さな湿原があります。
f0003138_136026.jpg

渓谷は去年紅葉の盛りに歩いたばかりなので、緑の状態でみると物足りなく
感じてしまいました。
天狗岩に寄って滝を眺めたあとはもくもくと下ったのでした。
f0003138_138697.jpg

2時10分頃に駐車場に戻った時には12台ほど車が停まっていました。

私のGPSでは14キロほどの歩きでした。
[PR]
by miyagi1305 | 2014-09-22 13:09 | 福島県
<< 2014.9.29女子会で蔵王... 2014.9.8姥沢から月山大... >>